ウラニウコン さん プロフィール

  •  
ウラニウコンさん: ウルトラ バイオレント 銀座
ハンドル名ウラニウコン さん
ブログタイトルウルトラ バイオレント 銀座
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/manequinbeach/
サイト紹介文古いバイクと正しい家族計画。
自由文トライアンフ、BSA、XLCH、KH、CL、
また乗りたい、乗ってみたい。
性欲は減退したが、物欲はいまだ健在。
時折ファッション、サブカル、カウンターカルチャー
を織り交ぜながらお送りする
無害なプッチンブログ猟師風。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2016/06/16 07:56

ウラニウコン さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 23号機 CL72考②
  • 本日は5時起きで奥多摩→都留→道士→宮ヶ瀬コース。CL72は好調ですが、燃調を少しやった方が良いかも。今回は予告通り、ハンドルグリップの交換効果を検証。薄いオリジナル→レンサルの柔らか目→今回はビンテージ [RAID]のグリップグランツーリスモと同じくメイドイン イ... [続きを読む]
  • 23号機 CL72考
  • CL72がウチに来て、早くも走行距離2,000km超え。チョイ乗り、郡山一泊旅行等々で走り回っております。本命機のトライアンフTR6が修理待ちと言うこともあり、CL72に乗ってばかり。酷暑の今夏は総アルミエンジンのCL72の方が良い、と言うのもありますね。で、新たに発見が。■... [続きを読む]
  • 23号機 CL72 道志道ツーリング
  • 仕事だと偽って家族を置いてツーリング。昨日までの天気予報では曇りでしたが、晴れ間も見える好条件。朝5時起きで出発。未だスプロケットを34丁には換装しておりませんが、最後の40丁ツーリングにする予定。道志道 道の駅でマッタり。やはり日曜の道志は旧車がイーッパイ来るのでメチャタノシー!cb750fcb450初期型gt750r75/5tr6ユニットw2ttw3etc上記は心に刺さったバイクですが、基本 宮ヶ瀬と道志はZ系や80年代車が多いですね [続きを読む]
  • 23号機 CL72の件 ⑧完結
  • 少しずつ記憶が薄れてきました。喉元過ぎれば、とは上手い事言うなあと感じます。キャブ絡みでの痛打。それはフロート取り付けの上下間違いでした。確かに、キャブをバラした後はドレンスクリューからガスが出てこない…フロートにガスが空っぽでしたよ…。何故これに気づかなかったのか…。間違えたにしても、何故もっと早く気づかなかったのか?まんが道ならぬバイク道のゴールはまだまだ遠いです。そもそも、今回の顛末の元凶は [続きを読む]
  • 23号機 CL72 バーガー自販機ツーリング 鉄剣タロー編
  • 昭和のプリント写真風に加工済みCL72引き取り時の備忘録から箸休め。昨日は「自販機バーガーを食いたい」と思い、ドライブイン七輿を目指していましたが、道中に急遽変更して鉄剣タローに行ってまいりました。254から田園地帯を抜けてタローに到着。バーガーとトーストを購入。以前は「美味い!!」と思っておりましたが、早朝の食事のせいか「フツー」に感じました。近くにはステキな4人組もおります。和みますな…。顔色が悪いの [続きを読む]
  • 23号機 CL72の件 ⑦
  • 相当疲れていたので、ビジホとラブホのハイブリットホテルでは爆睡するぞー、と思っていましたが意に反して朝6時に起きてしまったボク。向かうは昨晩停めた駅の自転車駐輪場。これから自走で帰れるかのジャッジが始まる。愛車を前に、まずはキーを刺してキック。呆気なくエンジンはかかったが…3分程でストール。その後はシートを外し、サイドカバーを外し、タンク、右のエキパイ、そしてキャブのフロートへ。よく見りゃスクリュー [続きを読む]
  • 23号機 CL72の件⑥
  • 若い警官2名は発砲後に「どうしたんですか?」と流暢な日本語で問いかけてきました。「僕は英語でなくて良いんだ」、と安堵し「故障で御座います」、と伝えました。聞けば、「バイパスに歩行者が居り、大変危ないし、いい年して泣いてる」と複数件通報があり、馳せ参じたと申されました。警官から免許の提示を求められ、3人でCLの点検。「ガソリンが無いんじゃないの?」と言われましたが、「バカ、チゲーよ」と一喝。嫌でしたが [続きを読む]
  • 23号機 CL72の件⑤
  • いつまで引っ張るか、このタイトル。誰も見てはいないが、自身の備忘録としては有効だ。さて、キックし続けた結果、当然疲れました。気分を変えてバイパスを歩いてみよう、 とCLを押しながらトコトコと可愛らしく歩いて行きました。トラックに踏みつけられる恐れもありましたが、ノーフィアーでした。待避所がある度にキック、たまにかかるがまたまた200m位でストール。バイパスの標識が「幸田」出口を示していましたがスルー。 [続きを読む]
  • 23号機 CL72の件④
  • その後、順調に家までの距離を縮めていくcl72 と私。18時を過ぎて落陽も近づき、予約した浜松のホテルまで突っ走ろうと思っていた その時!またまたエンジン不調。「あんた最高だよ!」と心の中で褒めると何故か不調になるヘソ曲がりなコイツ。豊橋まで約25km手前での事でした。歩行者侵入禁止のバイパス走行中で、道の駅にしお岡ノ山が近くにあったので避難。暫く休んでキックすると普通にエンジンがかかりました。再び浜松に向け [続きを読む]
  • 23号機 CL72の件③
  • 快調に走るCL72。よく回るエンジンに つい魔が差してしまいました。130km出してみよう…。結果、いきなりの片肺で後輪がロック。ですが、時間にして1秒はなかったのではないでしょうか。肝を冷やしながら走行を続けました。もうやるまい、と誓いながら。そこから10kmほど走行中にエンジン不調。そしてストップ。キックを50回はしたでしょうか。クランク回るプラグ右側が若干白い火花飛んでるリザーブにしてもかからない400m手前に [続きを読む]
  • 23号機 CL72の件②
  • 快晴の中、11時45分頃に和歌山市から東京に向け出発!帰省行は1日目 浜松泊2日目 15時頃自宅着1日目は7.5時間下道を走行すれば良い計算でした。ナビタイムの案内で川沿いの道を快走。走行中に感じたのは、■ギア比が低速に寄り過ぎている■ミッションの入りが今ひとつ■ブレーキがトライアンフより効かない位で、後は60年代ホンダの[やる気]を感じさせる名車だ!と思いました。下道をホッコリ走る予定でしたが、エンジンはそれを [続きを読む]
  • 23号機 ホンダCL72の件
  • 5年ぶりにやってしまいました…。愚かな行為です…。背徳行為。天罰は下ります。個人売買でCL72の初期型を見つけ、電話連絡。トントンと商談は進み、日々引き取りの事で頭が一杯故に仕事もミスります。そしてついに昨日、引き取りに行きました。始発の新幹線で新大阪、急行で和歌山まで。和歌山駅まで迎えに来て頂き、ご自宅へ。そして遂に対面。ときめきメモリアル。心を射抜かれ、試乗後にお金を渡して東京行 約600kmの旅に!こ [続きを読む]
  • 15号機 BSA B441VS ビクター スペシャル
  • 14号機 441の次の15号機はモノホンの441VSでした。ちょっと我慢してこれを買っていれば、金の無駄遣いしなくて済んだのに…。愚か也、我が人生。。この車輌は本当に良かった。まず、アメリカで見つかった時はフレームからエンジンが降りた状態だったとの事。理由は前オーナーであるヤンキーがグリーブスのフレームとビクターのエンジンを合わせたミーティスを作ろうとして放置していた模様。そのお陰で実走200マイルというほぼデッ [続きを読む]
  • 過去の記事 …