Kiyoshi さん プロフィール

  •  
Kiyoshiさん: みあげればトップ!
ハンドル名Kiyoshi さん
ブログタイトルみあげればトップ!
ブログURLhttp://miagerebat.exblog.jp/
サイト紹介文週末は愛車ジムニーにカヌーを載せ、風の向くまま気のむくままにのんびりトップを楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2016/06/16 19:14

Kiyoshi さんのブログ記事

  • 夕陽
  • 増水にもかかわらずいいサイズが出ない。日没まであと少し。今のところ食気があるのはナマズだけ・・・荒食ってるのはナマズだけ・・・なんでだよ・・・夕陽を背に食気があるバスを探してカヌーを走らせたけれど結局、ノーキャッチで終わった。 [続きを読む]
  • 水飛沫
  • ワンドの奥で何回かバイトがあった。でも、ノラなかった。なんでかな・・・仕方がないから水深がある取水塔へ向かった。途中の島で小魚が逃げていた。このシチュエーションで出たことはほとんどないけれどとりあえず投げますか小魚の先にジッターバグのウルトラマンカラーをキャスト。波紋が消えたところで頭を振らせたらドッバーンと爆発。出た!迷わずフッキン... [続きを読む]
  • 増水
  • いつものリザーバーに着くと増水していた。えっ、この時期に増水・・・水位が春先を思わせるぐらい高い。これならバスの活性も高いかも遠くに見える取水塔がずぶんと短い。減水なら取水塔周りだけれどこれだけ増水したら狙い目は流れ込みがあるワンドの奥の奥のそのまた奥。 [続きを読む]
  • 髭のある魚にご用心
  • きっちりナマズだった。お見事と自分に言いたい・・・たぶん、流れ込みでのミスバイトはブラックバス。その次の大爆発はライギョ。三度目の正直で出方は怪しかったけれど後悔したくなかったから会心のフッキング。勝負がついて髭が見えたときKiyoshiのバカバカバカと後悔した。 [続きを読む]
  • ヒットしたのは
  • 水深がある流れ込みに入り浮き草の隙間にトーピードを入れるとガボッ!と出た。かぁ~ミスバイト・・・その後、岩場に入り岩と岩の間にトーピードを入れるとドッバーンと大爆発。ラインが切れてる・・・昨日、買ったばかりのトーピード返せ!この野郎その後、三度目の正直でノッた。うっ、この出方は・・・ [続きを読む]
  • 釣り人の影
  • 9月最後の土曜日。朝マヅメを狙っていつものリザーバーに漕ぎ出した。やっと出たバスは巻き合わせの途中で首を振りルアーが口からこぼれ落ちた。その後シラミ潰しにルアーをキャストしたけれど出ない。無限に続くノーバイト・・・こうなったら一旦休憩を挟んで夕マヅメ勝負。日が傾き沖の浮草に自分の影が伸びる。その先には小魚の波紋。そのまた先にも小魚の波紋。... [続きを読む]
  • アンクルスミスでナイスワン
  • 柔らかい雨の一日。期待通りアンクルスミスでナイスワンをキャッチした。浮き物のエッジにゆるい流れがぶつかっていた。アンクルスミスをキャスト。ジャボッ・プカを3回繰り返したところで水面直下が小爆発。たぶん出た!ラインも横斜め走ってる。急いでハンドルを巻いてからのフッキング。よし!のった!ジャンプに耐え無事に40upの下顎を掴んだ。 [続きを読む]
  • 赤い橋の下で雨宿り
  • 雨が降りはじめた。季節の変わり目に降る優しい雨。いつものリザーバーにかかったフィッシングプレッシャーを和らげてくれる。朝一から子バスは5匹釣れている。このままならいいサイズを期待していい。そんな矢先帽子のつばから雨の雫が滴り落ちた。カッパが無いから雨宿りと呟きながら赤い橋の下にカヌーを進めた。 [続きを読む]
  • アンクルスミスに子バス
  • アンクルスミスに子バスがヒットした。こいつをキャッチする前水没したブッシュの手前でゴボンと水中にダイブしたアンクルスミスを金緑の魚がかっさらった。まぁまぁのブラックバスだ!突然の出来事に慌ててフッキングしたけれど急浮上からの豪快なジャンプでフックアウト。痛恨の極み・・・その直ぐ後水没したブッシュの横でゴボン・プカッを繰り返しているとアンクルスミスの真横が... [続きを読む]
  • 朝焼けと赤い橋
  • いつものリザーバーへ行くと東の空が紅く染まり始めた。今朝はどれぐらい紅く染まるのだろう。そんなことが気になって釣りに集中できない。朝マヅメを狙っているというのに釣りに集中できないおバカは僕ぐらいじゃないかと思う。 [続きを読む]
  • やっぱ楽しい
  • 朝マヅメを狙って隣のDAIGOさんといつものリザーバーへ行った。インレットを過ぎたところで水面に岩が出ていた。隣のDAIGOさんがDel-Tonをキャスト。ワンターン、ツーターン。出た!フッキングの後右に左にロッドをさばく。ぼくはルアーを回収しながら待って!待って!と叫んだ。「待てん・待てん」と叫び返された。ぼくがカメラを手に取ったと同時にフックア... [続きを読む]
  • 晩夏の子バス
  • 赤い橋を越え川を遡った。川はバスクリンを入れたような色。インレットの近くで今のは喰ってよ!と叫けぶぐらいいいサイズがミスバイト。そこからはしばらく無反応。倒木の枝にそってヴァンプを巻いていると勢い良く子バスが飛び出した。ちっちゃいけれど坊主を覚悟していたからとても嬉しい一匹だった。 [続きを読む]
  • 朝焼け
  • 朝マヅメを狙っていつものリザーバーへ行った。東の空が紅い。もしかして朝焼け。それじゃなくても朝マヅメは短い。カメラを手にしてる場合じゃない。ロッドに持ち替えて一投でも二投でもしなきゃ。そんなことは解ってる。でも、それができない・・・そう呟いて朝焼けにカヌーを向けた。 [続きを読む]
  • 曇天のナイスワン
  • 夕マヅメに雨が止んだ。整いました。後は出るだけ。緩やかな流れにのりヴァンプスクープを投げ続ける。出ない・・・日没まで残りわずか。焦りと苛立ちの中最後の最後にナイスワンが水面を割った。 [続きを読む]
  • 曇天の午後
  • 曇天の午後夕マヅメを狙っていつものリザーバーへ行った。夕マヅメにはまだ早いのに幾重にも重なった雲が空を覆いだした。雨が降るのは時間の問題。カッパがない。今のうちに撤収。でもシトシト雨ってこともある。どうする・・・悩やんでいるとポツポツと音がした。 [続きを読む]
  • ハスが釣れる
  • 夕マヅメを狙っていつものリザーバーへ行った。ハスが釣れた。釣り方はいたって簡単。ハスの群れにヴァンプをキャストし後は巻くだけ。簡単に釣れるけれど釣れてほしいのはハスじゃなくてバスなのよ。 [続きを読む]
  • スポーツパル10’トランサム
  • 朝マヅメを狙っていつものリザーバーへ行った。結果は2バイト・ノーキャッチ。釣れない時はスポーツパル10’トランサムの写真を撮る。船体はアルミ。重さ19.5kg全長3.30m全幅0.96mトランサムだからカヌーとしての雰囲気はイマイチ。でも、そのおかげでサイドハンドキャストをしてもロッドで船体を叩くことがない。サイドハンドを多用するぼくにとってはトラ... [続きを読む]
  • アンクルスミスと若マッチョバス
  • 家にヴァンプを忘れた。こうなったら今日はダーターの日と決めてアンクルスミスを投げまくり。浮島と発泡フロートの隙間にキャスト。波紋が消えたとこでジョボォンといわせた。ガボッ!ちっちゃいバスが飛び出した。ちっちゃいくせに引きが強い。下顎を掴んでもやっぱりちっちゃい。抜き上げてブリッとしたマッチョなボディに納得した。 [続きを読む]
  • 夏の朝日
  • お盆が開けたのでいつものリザーバーへ行った。赤い橋を越えいつものように川を遡ると緑の絨毯がびっしり。いい時間帯だし絨毯の手前でも出るんじゃないかな。全く出ない・・・ノリ面の流れ込み近くでアンクルスミスにドッバーンと水しぶき。ライギョだ!軽く70cmはある・・・いるとは聞いてたけれどヒットしなくてよかったーでも一番のバイトがこれだけとは。焦れば焦... [続きを読む]
  • 夏空を見上げて
  • 2ヶ月ぶりにいつものリザーバーへ行った。夜明け前に漕ぎ出したものの子バスが3匹だけ。しかもノーキャッチ。昼前まで粘ったけれどここってポイントで2バイトだけ。朝マヅメに入っていればヒットしてたかも・・・とタラレバな後悔。日差しがジリジリと熱い。もー限界!と見上げた先に眩しい夏空が広がっていた。 [続きを読む]
  • 恨めしい雨
  • 釣り始めから1時間が経ったころポツポツと雨が降りだした。ポツポツのままなら超ラッキー!と思いきやザァーと降り出した。橋の下で雨宿りをしていると隣のDAIGOさんがスマホを取り出し雨雲レーダーを確認した。レーダーの色は水色から緑そして赤へ「かなりの雨が降るという予想です」と隣のDAIGOさん。これから先は知ってます。「撤収です」と私。「残念です... [続きを読む]
  • 久しぶりのトップ
  • 日曜日の朝町内清掃だった。その後隣のDAIGOさんといつものリザーバーへ行った。「何年ぶりかな?」「こうして、カヌーで釣りをするのは」と隣のDAIGOさん。「もしかしたら」「デカバスを釣った後に」「よそ見をして」「2匹目のデカバスを」「バラして以来ですかね」と私。すると隣のDAIGOさんは「いや~恥ずかしいです。」「でも、なんだか」「とても懐かしい... [続きを読む]
  • 薄暮の若バス
  • 別れ際にKoutaが「今日は夕マヅメの浮島でドン!ですよ」と言っていた。その通りだった。早めのライト点灯が事故を防ぐっていう時間帯に入ると浮島の際にキャストしたVANPにガボッ!と若バスが飛び出した。よし!プライムタイムに入ったと思いきや、後が続かない。これで最後とブッシュと化した発泡フロートにVANPをキャストしたけれど出ない・・・諦めてVANPを回収... [続きを読む]
  • やっと子バス
  • いつものリザーバーはまたまた水位が下がっていた。こんな時は深いところ。岩盤を流しているとジョンボートに乗ったKoutaが近づいて来た。もう一人のKoutaも一緒で「坊主ですけど」「この後、仕事なので撤収します」と言っていた。朝飯前ならぬ仕事前のトップってか。Koutaも後から「寝てないっす」「睡眠時間は”ゼロ”っすよ!」と言っていた。相変わらずタフ奴... [続きを読む]