Miky さん プロフィール

  •  
Mikyさん: エスプレッソをダブルで
ハンドル名Miky さん
ブログタイトルエスプレッソをダブルで
ブログURLhttp://zmikyz.blog.fc2.com/
サイト紹介文イタリアで真剣に暇つぶし
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供166回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2016/06/17 00:40

Miky さんのブログ記事

  • イタリアで... 息子の運転免許(実習)
  • 18歳になった息子、普通乗用車免許( Patente B ) 取得の申し込みをし。バイク免許取得の記事にも書いたけれど、免許取得には必ずしも教習学校へ通う必要はない。個人で勉強し、実習を受けて、個人で試験申し込みをして取得することもできる。でも、手間隙を考えると、やはり教習学校へ申し込むのが手っ取り早い。教習学校は今回も ACI 。まず、申込金が350? 。その他に視覚検査代40? 、印紙16? 。その他に「精神的に [続きを読む]
  • イタリアで... 仮想通貨と税申告
  • イタリアでは確定申告真っ最中。で、今年度世間を騒がせた「仮想通貨」の申告について。2018年5月現在のイタリア、「個人」の場合、仮想通貨保有の申告義務があるのは51000? 相当額以上を過去1年間に連続7日以上保有した場合のみ。保有に関しては無税だが、他の外貨同様、ユーロに再換金される時に利益が出れば、その利益に対して26%の課税となる。(法人の場合は、「保有外貨」と同様の扱い)イタリア 仮想通貨 [続きを読む]
  • イタリアで...「 Il commissario Bordelli 」Marco Vichi 著
  • フィレンツェ出身の作家 マルコ ヴィキ著の「 il commissario Bordelli 」( Miky評価: 4/5 )1963年、真夏のフィレンツェが舞台。富福な老女が自邸宅の寝室で亡くなる。死因が持病の喘息からくる心臓発作であるのは明らかだが、検察医は老女の枕元にあった発作鎮静薬の瓶の蓋が「きちんと閉まりすぎている」ことを警視に指摘する...殺人か?主人公のボルデッリ警視は独身53歳の中年男。社会底辺層の味方だ。利発な若手警察 [続きを読む]
  • イタリアで... ワンコ サマーカット
  • 急に暑くなったので、まるでシロクマだったワンコの毛刈り。何度かお店でトリミングしてもらったけれど、なんだか思うようなスタイルにならないので、最近はもっぱらセルフバリカン。「あ〜あ、ヤダヤダ...」という感情は十分に表現しながらも諦めたようにおとなしくしているので、まぁ、私たちでもなんとか。全然シュナウザーカットじゃないけど。来週は予防接種の予定。 [続きを読む]
  • イタリアで... 「季寄せ(角川書店編)」と春樹さんの俳句
  • 仕事場の近くにある空き家の藤。家とはいっても「立派なガレージ」程度の平屋で、2年ほど前までは工房として使われていた。近寄ってみると、花に群がるミツバチでいっぱい。その羽音の大きさに少し驚く。藤の枝は家の裏手から正面入り口まで丁寧に誘導されていて、花満開の今の時期は紫色のシャワーを浴びながら玄関をくぐるかたちに。なかなか洒落ている。「藤の花」は春の季語。私は季寄せ( 俳諧の季語を分類整理した手帳。簡 [続きを読む]
  • イタリアで... カフカ著「変身」
  • フランツ カフカ著「変身」(Miky評価: 4.5/5)主人公グレゴールの変身は「異常な事件」だろうか?ある日、昨日まで出来ていたはずのことが出来なくなる。それは「老い」であるかもしれないし、何か病気や事故による身体障害かもしれない。鬱、または引きこもりに通ずるような何らかの精神疾患かもしれない。誰にでも起こり得ることではないか?家族はその変わりぶりを哀しみながらも愛情や受けた恩をもってアシストを始めるが、本人 [続きを読む]
  • イタリアで... 私が受けたかった小学校教育
  • 私は日本の地方都市で生まれ育ち、日本で学校教育を受けた。受けた教育内容について不満はないし、日本の公共教育(=日本に納税する方々)に感謝している。教育って本当にお金かかるからね。とはいえ、「もし、私が過去に戻って小学校時代をやり直せるならば...」と思うことはあって。もし可能なら、小学校時代は「国語」と「算数」だけみーっちりやりたかったな。その「国語」も、とにかく本をたくさん読むだけ。「社会科」「 [続きを読む]
  • イタリアで... 「自立」という名の自転車
  • 1909年 NY を起源とする「 La Giornata Internazionale della Donna(国際女性の日)」(イタリアでは1922年から)、現在では国際連合により世界共通で3月8日に指定されている。「女性の参政、労働、自立の権利」を求めたはずのこの日だが、残念なことに、イタリアではいつの間にか「女性 " 感謝 "(ごますり)デー」に成り下がってしまっていた。男性が女性にプレゼント(イタリアではミモザの花がおきまり)をしたり、 [続きを読む]
  • イタリアで... ウサギのアミガサ茸ソース
  • 夫がアミガサ茸をもらってきた。イタリアでは モルケッレ( Morchelle )とか、スポンジのようなその見た目から スプニョーレ( spugnole )と呼ばれる。フランス料理での「モリーユ茸」と言えばわかるかな?生のままだと毒性があるので、しっかりと加熱する必要あり。特別個性のある味ではないけれど、滋味が深く、卵や白身の肉に合わせるのがいい。今回はウサギ肉を使って「猟師風」。もらったキノコはもう掃除・加熱済みのもの [続きを読む]
  • イタリアで... スペアリブスとアーティチョークのパイ
  • うちの近くのスーパーには「 BBQ ソース」が3〜4種類売られている。とりあえず全部試してみたけど...どれも「それなり」かなぁ。( Authentic American BBQ sauce とあるのは燻製の風味が強かった。)ま、どのメーカーのソースでも醤油を少し足すだけで味が安定するので、お試しを。うちでは、肉繊維の細やかな腹のほうに近いミニスペアリブスを使い、くっ付かない加工フライパンで調理する。リブスを骨ごとに切り分けたら強 [続きを読む]
  • イタリアで... ちらし寿司と海苔巻き
  • 近所のスーパーマーケットで生食用のサイコロ状マグロ・サーモンがパック入りで売られるようになったということは以前書いたけれど、最近は塊( SAKU と表示あり)でも売られるようになり。試しにマグロのさくを買って巻き寿しに。1パック150gで、このくらいの中巻きが2本できた。アボカドが柔らかすぎて、ちょっとひしゃげてしまったけど。マグロは赤身で味はそれほど悪くないが、塩で〆てある。そのせいか魚身も締まってい [続きを読む]
  • イタリアで... 仲良きことは美しきかな
  • 息子の彼女の M ちゃん家族、そもそもは Como の人達。お父さんの仕事の関係で10年ちょっと前にこっちに移ってきたそう。だけど、ご親戚はまだみんなコモ周辺に住んでいるとか。で、先日の感謝祭の休みを利用して、息子と M ちゃん、コモのおばさん( M ちゃんのお母さんの妹さん)のところへ2泊3日の小旅行。電車の往復チケットは、息子の誕生日祝いにと M ちゃんのご両親がプレゼントしてくれたし、2泊お世話になるんだし. [続きを読む]
  • イタリアで...「ネイティヴ」目指す?
  • 語学学習において、頻繁に「ネイティヴ並み」「ネイティヴを目指す」なんて言われるけれど、これは全く意味のない言い様だと思う。「ネイティヴスピーカー」という語は、「その言語を使い思考をする人」という意味であって、決して「その言語を使いこなす能力の高い人」を指す言葉ではないので。外国語学習者、例えば英語学習者は、ある人が英語ネイティヴスピーカーであるというだけでその人を無意識に高評価しがちだけれど、実際 [続きを読む]
  • イタリアで... 打ちのめされた本 Oriana Fallaci 著「Lettera a un bambino mai nato 」
  • Oriana Fallaci 著「 Lettera a un bambino mai nato 」( Miky評価: 5/5 )私が初めて読んだ彼女の本は「 Un uomo 」。そこから受けた彼女の印象は「自称サバサバ他称ネチネチ」、もし知り合うことがあっても、絶対友達にはなりたくないタイプだなぁ...というもの。が、それにもかかわらず手にした2冊目のこの本だけど...打ちのめされた。白旗。本が発表されたのは1975年。男尊女卑の時代・社会・業種で、それでもキャリ [続きを読む]
  • イタリアで... 英語・イタリア語の形容詞の順序
  • 英語では、品質形容詞が名詞の前に並ぶ時、その順序に決まりがある。数 ( a, two, ten ...)↓主観(nice, wonderful, fantastic, awful, horrible ...)↓大きさ ( small, big, large ...)↓年代 ( new, old, antique ...)↓形 ( round, triangular, square ...)↓色 ( white, black, red ...)↓国籍 ( Japanese, English, Italian ...)↓素材 ( wooden, cotton, iron ...)例: They have a small antique round Italian wooden tab [続きを読む]
  • イタリアで... 子ども名義の投資
  • 息子の名前で「 Buono postale dedicato ai minori(未成年対象郵便局券)」に投資してあったもの、息子が3月に18歳になり満期になったので払い戻しをし。Buoni postali とは、実質的には個人向け国債のようなもの。郵便局(現在は Bancoposta という名で銀行業務もしている株式会社)を通して提供されている金融商品だが、発行人は Cassa depositi e prestiti S.p.A. (これも株式会社ではあるが、その株の80%以上がイタリ [続きを読む]
  • イタリアで...「 The curious incident of the dog in the night-time 」Mark Haddon 著
  • Mark Haddon 著「 The curious incident of the dog in the night-time 」( Miky評価 : 4.5/5 )数学と宇宙が大好きなクリストファーは、自閉症スペクトラム15歳男子。母親は2年前に亡くなり、今は父親と2人暮らしだが、ある夜、近所に住むシアーズ奥さんの庭で彼女のプードル犬が死んでいるのを見つけてしまう。犬は鉄熊手で胸をひと突きにされていた...。犬を殺した犯人を探し、そしてそれを推理小説にしようと少年が書き [続きを読む]
  • イタリアで...中古市は楽し
  • 2ヶ月ほど前、隣町にある中古市の情報を入手。友人と連れ立ち行ってみたところ、掘り出し物満載だったので、またいそいそと。慈善団体が管理しているので、仕事をしているのはおそらくヴォランティアであろうお爺さんお婆さん。しかし私達なんかよりキビキビしているし、人当たりが良く親切な人ばかり。憧れるワ〜。市は、家具コーナー、雑貨コーナー、本コーナー、衣料品コーナー、玩具コーナーに分かれているのだけれど、どこも [続きを読む]
  • イタリアで...保存瓶デザート
  • 海辺へ魚料理を食べに行き。で、デザートのチーズケーキがコレ↓↓この保存瓶をサーヴウェアとして使う流行、はやく消滅しないかなぁ。もう...何が嬉しくて、保存瓶から食べさせられなきゃいけないのか?それなりのレストランで...さ。フードコートでもあるまいし。「既成概念を打ち砕くモダンな盛り付け」狙い?だったら、いっその事、空き缶でも使えば?...ってね。まぁ、味は良かったけど。 [続きを読む]
  • イタリアで... バカップル Roald Dahl 著「 GLI SPORCELLI」
  • ロアルド ダール著の児童書「 GLI SPORCELLI(原題 The Twits )」「 twit 」という語。動詞だと「野次る・なじる」の意味で、名詞だと「なじり・嘲り」のほかに俗語で「ばか・まぬけ」。「The Twits 」はまさに「バカップル」ってことね。ダール氏は「髭モジャ面」が嫌いだったそうで、"do something against beards" (モジャ髭反対運動)としてこの本が書かれたそう。笑The Telegraph 紙 記事 Family book club: Roald Dahl's [続きを読む]