そば雅 さん プロフィール

  •  
そば雅さん: そば雅
ハンドル名そば雅 さん
ブログタイトルそば雅
ブログURLhttps://ameblo.jp/sobamasa/
サイト紹介文蕎麦打ち職人のブログ
自由文長野県に行った帰りに蕎麦打ちの棒を一本買ってみた。蕎麦など簡単に打てると馬鹿にしていたが 何とも難しい!上手く打てない。絶対美味い蕎麦を打つとムキになり 蕎麦の勉強に明け暮れ 独学でも美味しい蕎麦を打つ!!とまたもやムキになり(笑)
蕎麦打ちにのめり込んで数年!なんとも奥深い蕎麦打ちに魅了された!
蕎麦の話が何より好きだ。蕎麦の魅力をブログを通じて広めていきたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供225回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2016/06/17 23:10

そば雅 さんのブログ記事

  • 宅急便で届いた「三輪匠」のセット
  • 東京お友達からネット通販でも人気の「三輪匠」のセットが届きました。人気がある、ということで名だけは知っていましたが、嬉しいですね。 (蕎麦)信州の乱切り蕎麦・手折り茶蕎麦・藪蕎麦・麺つゆ   (うどん)葛入りうどん・讃岐うどん・手延べうどん -ロック近影- ご訪問有難うございます。(そば・うどん)のボタンを して頂きますと励みになります。 ↓ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 蕎麦探訪記/67 (異国編-7)
  • POCKETALK片手にタイ・バンコクで蕎麦探訪。 初日は二軒で日本蕎麦を食べましたが、当然ながら乾麺と既製品のつゆ。でも異国で日本蕎麦を食べると、美味しく思えるのは不思議ですね。 飲食店では殆どPOCKETALKは不要でした。 TV何度も放映された、列車が来ると急いで店をたたむ、という場所。勝手に出店しているという多くの店には、滑車とレールが着いていて列車が合図をして近づくと、すぐに手前に引っ込めるように合理的で [続きを読む]
  • 蕎麦探訪記/66 (異国編-6)
  • 本格的な日本蕎麦を謳い文句にする、タイ・バンコクの蕎麦屋「あずま」。 メニューは豊富で料金は超良心的、蕎麦に丼物や・カレーを組み合わせたセット等々が1,000円未満。更には蕎麦が一人前〜三人前まで同じ料金で、これまた驚きです。 日本人の経営なので味に違和感がなく、タイ米も使っていません。突き出しには、揚げ蕎麦が出てきます。 厨房には押し出し式の蕎麦製造器があり、石臼挽きの粉を日本から送らせているとか。 [続きを読む]
  • 蕎麦の効率的な食べ方
  • (栄養分豊富・ダイエット食品・サプリマント効果)のスーパー・フードとして知られる蕎麦ですが、単品で食べるだけではなく補足食品と組み合わせることで効果的で栄養の偏らない理想的な摂取バランスになるそうです。  -至宝の伝統食から-※もり蕎麦  薬味をたっぷり使い、柿などの果物+牛乳や玉子※かけ蕎麦  玉子・豆腐・納豆のいずれか一品+野菜炒め+果物or野菜ジュース※五目蕎麦  蜜柑orトマト・ジュースを一緒に※野 [続きを読む]
  • 「下り酒」と「蕎麦」
  • 創業400年以上前の慶長元年(1596)に、初代豊島屋右ヱ門が江戸・神田橋近くで、関西から船でお酒(これが下り酒)を運び、船着き場近くで武士・職人・商人などを客として食べ物も提供する一杯飲み屋を始めました。(今でいうところの居酒屋の形態ですね)当時の江戸には美味しい酒はなく、精々濁酒(どぶろく)程度。更に、江戸っ子に人気のあった蕎麦を一緒に勧め、大繁盛したのです。こんなことから(蕎麦+清酒)のコラボが大いに受け入れ [続きを読む]
  • 蕎麦の柿膾(かきなます)
  • 柿膾は自宅で簡単に出来るので、隠れた人気食材でもあります。「蕎麦の柿膾」という美味しい食べ物があると知り、早速作ってみました。乾麺でも生麺でも構わないので、麺を茹でた後に4〜5?に切り、柿と一緒に甘酢など和え、柿の中身をくり抜いて盛り付け、季節感を出しました。    --柿膾はネットで沢山のレシピが載っています-- レシピは、適量の柿・酢・砂糖か味醂と少量の塩で和えますが、柚を入れるとひと味変わります甘酸 [続きを読む]
  • 珍しい頂きもの
  • C・Tさんから、珍しいパスタを頂きました。全て国産の蕎麦粉を使ってできたパスタの袋詰めセットです。そばパスタ/カール/シェル/ペンネ/ガレット用粉の5種。 早速ミートソースで美味しく頂きました。 同時に粋な大皿も頂きましたので、笹の葉を乗せて蕎麦をお洒落に盛り付けてみました。 C・Tさん、心のこもった嬉しいものをありがとうございました。 長野市戸隠26401   株式会社 おびなた (蕎麦パスタ製造元)   [続きを読む]
  • 元禄時代・江戸の蕎麦ガイド・ブック
  • 「蕎麦切り」という言葉が初めて登場するのは、四代将軍家綱の明暦年間(1655〜)あたりとされていますが、数年後には町に蕎麦を商う店が少しずつ登場します。更に時代を経て元禄時代には蕎麦への嗜好が庶民にも高まり、手打ち蕎麦の看板が賑やかに建てられ始めました。元禄3年発刊「江戸惣鹿子/えどそうかのこ」に載っている案内書が時期的にも最初のようで、この頃には乱立する江戸の蕎麦屋名店などを集めた本格的なガイドブックが出 [続きを読む]
  • 麺切り庖丁(蕎麦用・饂飩用)
  • 究極的に洗練された形とされる蕎麦切り包丁は、刃が柄の部分まであり片刃です(一般的には右研ぎ/左利きは左研ぎ)。使い勝手によって柄の形や刃の長さも異なりますが、標準的な大きさとしては、幅(約11?) 長さ(30〜33?) 重さ(1?前後) です。そして切る時には駒板を使って、包丁を前方に擦り出しながら切り幅を揃えていきます。 饂飩切り用庖丁は、特に決まった形は少ないようです。 蕎麦切り用と違って片刃ではなく両刃 [続きを読む]
  • 北海道産蕎麦の不作
  • いつも世話になっている製粉会社から、書簡が届きました。 -要旨-本年度の北海道蕎麦生産は(歴史的な積雪・悪天候・台風・地震)などの影響に加え、異常気象に見舞われたこともあり、例年の80%減という所(幌加地区)もあります。 積雪で播種出来なかったり、雨量が多いために根腐もあり、刈り取り前に実が落ちてしまうことも。 早々に原料確保したものの、安定供給が困難な事態となりました。 価格とご提供量の見直しを致したく、宜 [続きを読む]
  • そば雅・新年ご挨拶
  • 2019年、明けましておめでとうございます。 干支は亥で、そば雅は年男、気持ち新たに正月を迎えました。 今年も何卒宜しくお願い申し上げます。                     -そば雅- ご訪問有難うございます。(そば・うどん)のボタンを して頂きますと励みになります。 ↓ にほんブログ村 [続きを読む]
  • そば雅・年末ご挨拶
  • 2018年、今年もありがとうございました。 大晦日の今日、年越し蕎麦を召し上がる方も多いと思いますが、今年を全て流して良いお年をお迎え下さい。 皆様におかれましては、来年が今年以上により良いお年でありますように・・・。 来年も何卒宜しくお願い申し上げます。                   感謝を込めて  -そば雅- ご訪問有難うございます。(そば・うどん)のボタンを して頂きますと励みになります [続きを読む]
  • そば雅のブログ
  • ブログの先輩に勧められて、2016.6.17にブログを始めて、約2年半になりますが、知名度も認知もない当初は、訪ねてくれる方も少ないスタートでした。 コメントを頂いた方への返信の仕方も拙いので迷惑をお掛けしたり、メッセージの送り方も当初は分かりませんでした。 始めるにあたって先輩からのアドバイスは「堅苦しい」ブログは駄目、と。※簡潔に纏めないと読んで頂けない(疲れる長文はスルーされる)※必ず写真を挿入する(文 [続きを読む]
  • 仲良し姉妹の蕎麦打ち(2-2)
  • 仲良し姉妹のお二人が久し振りにそば雅で蕎麦打ちです。妹さんのM・Kさんは蕎麦粉500?・擦り胡麻5%で胡麻切り蕎麦。 胡麻の芳ばしい香りが蕎麦打ち小屋に拡がります。 少しだけ延しに戸惑ったものの、お二人で仲良く楽しそう。 昼酒で酔ったそば雅は、余計な手出しや口出しをせずに傍観のみ(笑)。 楽しく・美味しく出来れば、最高ですね。 ご訪問有難うございます。(そば・うどん)のボタンを して頂きますと励み [続きを読む]
  • 仲良し姉妹の蕎麦打ち(2-1)
  • 仲良し姉妹のお二人が久し振りにそば雅で蕎麦打ちです。お姉さんのC・Tさんは蕎麦粉500?・抹茶4%で茶蕎麦打ち。 そば雅の計った加水量が多かったのか、ズル玉気味になってしまいましが、抹茶の良い香りが一面に漂っています。 菊揉み段階で少しだけ手間取ったものの、お二人で明るく仲良く楽しそうに。 昼酒で酔ってしまったそば雅は、余計な手出しや口出しをせずに傍観です(笑)。 楽しく・美味しく出来れば、最高ですね。 [続きを読む]
  • カレンダー作製
  • 過去のブログから保存用に4冊の書籍を作りましたが、その業者からの提案で蒐集の蕎麦猪口をベースに来年度2019年のカレンダーを一部だけ作ってみました。なかなか良い出来上がりで自己満足(笑)。 ご訪問有難うございます。(そば・うどん)のボタンを して頂きますと励みになります。 ↓ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 麦飯石の濾過水
  • 蕎麦打ちには水が極めて重要なので、そば雅はアルカリ蒸留水に炭を浸した水を使っています。今回は「麦飯石」を取り寄せて、麦飯水を試すことに。美味しくなった・繋がりやすくなった、という結果に期待です。 -資料から-麦飯石は古来から漢方薬に用いられますが、中国・明時代の李時珍(1518〜93)が編纂した「本草網目/1590年」に記載されていて、上位の薬石とされています。火成岩・半深成岩に属す石斑岩の一種で、国内では岐阜県・ [続きを読む]
  • 俗諺 「蕎麦屋のこんくらい」
  • 「蕎麦屋のただいま」と同様の俗諺「蕎麦屋のこんくらい」。 「こんくらい」は「これくらい」の意で、数量・重量・個数などを身振り手振りで「こんくらい」と言ったりすることで、根拠の薄いことやアバウトなことを揶揄して使います。実際に視覚や触覚で確かめることは重要なのですが、?・ml・?・g等を計る道具がなかった数百年前から続いた手作業の延長ですね。 木鉢作業の水量は、温度・湿度・気候・蕎麦の種類や粒子、等々によって触覚や視覚、 [続きを読む]
  • 増えた蕎麦猪口の仲間
  • 新しい蕎麦猪口が増えました。 渋くて趣のある琉球焼きが沢山並んでいたのですが、選んだのは「金城??作」とある蕎麦猪口。 琉球ガラス工房に並んでいた手作り硝子の蕎麦猪口も仲間に。 ご訪問有難うございます。(そば・うどん)のボタンを して頂きますと励みになります。 ↓ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 素人の打つ蕎麦
  • 言うまでもなくプロはお金を頂くために蕎麦打ちをしますが、アマは喜んで頂くためや趣味・道楽として蕎麦打ちをします。 プロの方に「美味しいお蕎麦とは?」と質問を投げると「材料が八割・茹での腕・水次第・技術」が大凡の返答です。意外なのはプロをして「実はプロよりアマの打った蕎麦の方が美味しいよ」という意見の多いことです。 美味しい、と評判の京都にある蕎麦屋の自慢を含めたご主人談。「うちの蕎麦は日本で三本指に入る。 [続きを読む]
  • 蕎麦の実ダイエット
  • 蕎麦は健康食でダイエットにも効果的、ということは以前から広く知られていますが、2018.8日テレの「得する人・損する人」で、蕎麦の実ダイエットが紹介されました。食事制限や運動なしで○○?痩せた・ウエストが○○?締まった、というものです。 蕎麦の実には蛋白質の一種である「レジスタントプロテイン」が含まれているので、脂肪の吸収を抑える効果があるといわれています。毎食事前に僅かスプーン一杯の蕎麦の実を口にするだけで [続きを読む]
  • 雀斑(そばかす)
  • 普段何気なく使っている(雀斑/そばかす)という言葉は、江戸時代から使われていた言葉です。 語源は蕎麦から来ていますが、玄蕎麦を挽いた滓(かす)や、それを蕎麦に混ぜて打ち込んだものが似ているから。 ※読みの(そばかす)は玄蕎麦を挽いた滓に似ていることから※漢字の(雀斑)は雀の羽・卵に色や形が似ているからと、別々のものに由来します。 別の漢字も存在します。雀卵の殻模様に似ているので(雀卵斑/じゃくらんはん)、夏 [続きを読む]
  • 高山・信州物産展
  • スーパーの入り口・催事場で「高山・信州物産展」があり、民芸品などと一緒に並んでいた下記三点を購入。 煎餅(蕎麦の郷) そのまま食べればお煎餅、お湯を注げば蕎麦粥に、と但し書きがあったので両方を試しました。香りは麦のようで、食べるとポン菓子よりも軟らかな食感、蕎麦粥用にお湯を注ぐと溶けたようで妙な食感でした。珍しいと思って期待したのですが、残念ながら態々取り寄せてみようとは思えないですね、これは。 その [続きを読む]
  • 松茸のとうじ蕎麦
  • 信州の方から、ご自分の山で採れたばかりの松茸を頂きました。松茸のお吸い物と松茸ご飯で秋を満喫。 風味豊かな松茸がまだ残っているので、今日は同梱で入っていた「寒干し蕎麦」を入れて「松茸とうじ蕎麦」に。鍋に入れてとうじ籠を使って食べる信州の郷土料理ですが、今回は料理用の小鍋に入れて(蕎麦汁2:出汁8、松茸・人参・白菜・葱・マイタケ)です。 美味しかったですね。 ご訪問有難うございます。(そば・うどん)のボタ [続きを読む]
  • 蕎麦探訪記/67 (美濃作)
  • す沖縄で「沖縄そば」はどこでも見かけるのですが、日本蕎麦は珍しく探すには大変苦労します。そこで(全国・新そば会)のメンバーであるお店を事前に調べ、予約して訪店。 テレビやラジオに度々登場し、現地では有名な日本蕎麦のお店だそうです。月桃の葉を粉末にして混ぜ込んだ淡い緑色の月桃(げっとう)蕎麦は、オリジナルで名物。 昼時で満席の中、態々ご主人が席へご挨拶に。「今お食べの蕎麦は機械打ちですが、別途手打ちの月 [続きを読む]