3分でわかる食道がんの症状 さん プロフィール

  •  
3分でわかる食道がんの症状さん: 3分でわかる食道がんの症状
ハンドル名3分でわかる食道がんの症状 さん
ブログタイトル3分でわかる食道がんの症状
ブログURLhttp://shokudou-gan.com/
サイト紹介文食道がんの症状をはじめ、原因・治療・名医・傾向などについて詳しく解説します。
自由文食道がんの症状をはじめ、原因・治療・名医・傾向などについて詳しく解説します。食道がんは初期症状がほとんどないため、自覚症状に気付いた頃には進行していたということも少なくありません。最近では検診等で食道がんが発見されることが増えてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/06/18 10:37

3分でわかる食道がんの症状 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 食道がんの再発
  • 食道がんの再発は、他の臓器やリンパ節にがんが見つかり発覚することも少なくありません。ここでいう再発とは、がんが新しく発生することではなく、以前の治療では発見できなかった小さながん細胞が育って、現れたことを指します。つまり、外科手術や放射線治療時に小さながんが、他の臓器やリンパ等に転移して生き残っていたことになります。食道がんにおいての再発率は30〜50%とも言われています。 食道がん再発後の治療再 [続きを読む]
  • 食道がんの症状・初期症状
  • 食道がんの初期症状食道がんを患っていても初期症状というものは「とくに感じない」という方が多くなります。これは正常な食道が約半周分でも残っていれば、食べ物や飲み物を不都合なく飲み込むことが可能になるからです。食べたものが上手く飲み込めない症状が出ている段階では、腫瘍が大きくなっている可能性が考えられます。食道がんの初期症状として下記のような症状がみられる場合があります。・食べた物(特に辛いもの、熱い [続きを読む]
  • 食道がんのステージ
  • 食道がんの4つのステージ食道がんの状態は、がんの進行度を示す4つのステージ(病期)に分類できます。ステージⅠ期を早期がん、ステージⅡ期以降を進行がんと呼ばれます。 ■ステージⅠ期がんが食道の粘膜の外に出ていない段階。リンパ節への僅かな浸潤はありますが転移等はしておらず、根治の可能性があります。食道がんの初期段階では自覚症状がほとんどないため、ステージⅠ期でがんを見つけるためには定期的な検診が必要 [続きを読む]
  • 食道がんの5年生存率・10年生存率
  • 相対生存率とは食道がんの生存率は、実測生存率と相対生存率に分けられます。実測生存率とは、長い間の治療予後を示す指標として使用されてきましたが、実測という言葉通り、がんの治療を始めた人が5年後(または10年後)に生存しているかの割合を指してきました。しかし、この考え方ですと「がん以外の死因の人も含む」データとなり、あまり正確な指標とは言えない状況でした。そこで近年登場したのが相対生存率です。これは、同 [続きを読む]
  • 食道がんの原因
  • 食道がんと喫煙食道がんの原因として広く知られているのが喫煙習慣です。他のがんと同様でタバコは食道にも悪影響を与えると言われています。喫煙者が食道がんになる割合は、非喫煙者と比べると3〜7倍も高くなり、一緒にアルコールが加わるとさらに数倍に高くなります。じつは、喫煙者がタバコから吸い込む煙より、喫煙しない人が吸い込む副流煙の方が、さらに多くの有害物質を吸い込んでいることが分っています。周囲の人への影響 [続きを読む]
  • 食道がんの検査
  • 食道がんの早期発見は人間ドックや他の病気の検査において、偶然発見されるケースも少なくありません。食道がんの検査と聞くと食道内部を直接見ることができる胃内視鏡検査(胃カメラ)が有名です。胃内視鏡検査では、食道のどこにどんな形状で病変があるか等が確認できます。また、疑わしい腫瘍が見つかると細胞を採取して、詳細な検査へ行なうことで悪性なのか判断できます。採血検査である腫瘍マーカーの利用では、食道がんの確 [続きを読む]
  • 食道がんの手術方法
  • 食道がん早期手術がん細胞が食道の粘膜にとどまっている早期の手術では、開腹する本格的な外科手術は必要ありません。内視鏡を使って病巣を取り除くことが可能です。この段階ですと治療の予後も良く根治が期待できます。以前までは、食道がんは自覚症状が少ないことから、早期発見が難しいがんの一つでした。しかし、近年では定期検診や他の病気検査で、偶然に早期の食道がんが発見される事例も増えてきており、この内視鏡手術で根 [続きを読む]
  • 食道がんの末期
  • 食道がんの初期では自覚症状はほとんどみられませんが、進行するにつて様々な症状が現れはじめます。食道がんは他のがんと比べて周辺の臓器や組織に浸潤しやすく、浸潤したそれぞれの臓器や組織においても症状が現れ、そして血管やリンパ管等から全身に転移していきます。ここまで来ると食道がんとしては末期という状態になります。進行が比較的速めなのも、食道がんの特徴になります。 食道がんの末期における治療食道がんが [続きを読む]
  • 食道がん治療後の食事
  • 内視鏡治療後の食事内視鏡治療の後は、数日は経口での食事が摂れません。経口での食事ができるようになっても直ぐに元の食生活に戻すのではなく、まずは重湯から始まって少しずつ柔らかいもの、消化に良い食べ物に移行していきます。とくに食事制限はありませんが食べ物が飲み込みにくい、食後に胸がムカムカする等の症状があれば、担当医や栄養士に相談しましょう。 外科手術後の食事食道摘出を伴う手術をした場合、術後1週 [続きを読む]
  • 食道がんとバレット食道
  • 通常、胃と食道はそれぞれ異なる粘膜に覆われています。バレット食道とは、食道の下部の粘膜(扁平上皮)が、胃の粘膜(円柱上皮)に似ている組織に置き換わっている状態のことを指します。バレット食道になると胸痛や胸焼け等といった症状が現れ、特に夜に胸が痛むのが特徴です。ただし、全ての患者さんに同じ症状が出るのではなく、自覚症状がない患者さんもいます。欧米では食道がんのリスク要因の一つに挙げられています。&nbs [続きを読む]
  • 過去の記事 …