たーれっく さん プロフィール

  •  
たーれっくさん: どうでもタイランド
ハンドル名たーれっく さん
ブログタイトルどうでもタイランド
ブログURLhttp://douthai.sblo.jp/
サイト紹介文タイ在住の漫画家が、ニッチな、しかしいつか役に立つかもしれないタイ・バンコクの情報をお送りします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2016/06/18 11:52

たーれっく さんのブログ記事

  • 今熱いチェンライ 巨大観音菩薩、ワット・フアイプラーカン 2
  • チェンライの巨大観音菩薩像のお寺、ワット・フアイプラーカン(Wat Huay Plakang 9 Tier Temple ?????????????? )。3つの建造物のラスト、純白巨大観音菩薩像を観に行ってみましょう。79メートルの高さだそうです。こちらの大仏様、ずいぶん長い期間工事をしていたようで、ネットを探ると建造中の写真がいっぱい出てきますね。現在、像自体は完成しておりますが、周囲はまだまだ工事中です。(訪問日2017年11月1 [続きを読む]
  • 今熱いチェンライ 巨大観音菩薩、ワット・フアイプラーカン 1
  • 今いろんなお寺が建っていて熱いチェンライ。僕がお勧めする2つ目のお寺は、巨大観音菩薩像のあるワット・フアイプラーカン(Wat Huay Plakang 9 Tier Temple ?????????????? )であります。チェンライ市内から北西へ6.9キロほど行った、小高い丘の上にあるお寺です。3つの大きな建造物からなっています。中央の白いお堂は外観は大体できていますが、中身はまだ建造中。2001年にこの地にお寺が創設され、2005年にポ [続きを読む]
  • 今熱いチェンライ 青いお寺、ワット・ロンスアテン
  • タイ北部の街、チェンライにできた新しい青いお寺、ワット・ロンスアテン(Rong Suea Ten Temple ??????????????? )を紹介いたします。最近のチェンライは、白い寺、ワット・ロンクンの成功で観光客が激増し、それに続けとばかりに黒い家、バーン・ダムなどユニークな観光スポットが増えてまいりました。もはや、いかに目立ってお客さんを呼ぶか?という競争になっております。「こんな競争なら観光客として願って [続きを読む]
  • ソンクラー旧市街は発展中
  • タイ南部の街、ソンクラーの旧市街にやってきました。この旧市街、観光にすごく力を入れているみたいで、1年前に来た時よりもだいぶ変わっていました。旧市街入り口の門も改装されて新品になっております。この辺りは古い港町ですね。おそらく、中国との貿易が盛んだったラマ4世の時代から続く貿易港だと思われます。当時の古い建物を観光地化するのが今のタイのトレンドですかね。最近バンコクにできた「LHONG1919」なんかも同じ [続きを読む]
  • タイと中国の文化の融合 LHONG1919
  • バンコク、チャオプラヤー川の西側、クロンサン地区にLHONG1919という観光スポットができたので行ってまいりました!2017年11月3日からプレオープンです。LHONG1919は、ロン・ヌンカーオヌンカーオ(??? 1919 )と読みます。ロンは中国語で「廊」と書いて、ギャラリーという意味です。(追記:下の動画を見ると、当時このような船着き場を「火船廊(フアチュアンロン)」と呼んでいた、と言ってますね。その廊とギャラリーの廊 [続きを読む]
  • 国王火葬場、プラメールマートを囲うヒンマパンの神獣たち
  • 国王葬儀のお堂、プラ・メールマート(??????????)を紹介しております。一般公開されているプラ・メールマートのパビリオンについての記事はこちら。「国王火葬式場、一般公開 プラ・メールマート」プラ・メールマートを護る神様の像に関する記事はこちらです。「国王火葬式場、プラ・メールマートの神様たち」今回は、プラ・メールマート周囲を飾る神獣について解説したいと思います。プラ・メールマートは、インドの伝 [続きを読む]
  • 国王火葬式場、プラ・メールマートの神様たち
  • 王宮前広場(サナームルアン)に建てられた国王火葬場が一般公開されております。当初11月2日より11月30日までの予定でしたが、12月30日まで見学できるようになりました。年末に来られる方も時間があればぜひ!早朝7時〜22時。前の記事では国王火葬場(プラ・メールマート)の周囲に建てられたパビリオンの解説をいたしました。「国王火葬式場、一般公開 プラ・メールマート」今回は、プラ・メールマートと、その周囲に飾られた神 [続きを読む]
  • 国王火葬式場、一般公開 プラ・メールマート
  • 王宮前広場(サナームルアン)にて行われたラマ9世ことプミポン・アドゥンヤデート国王の火葬の儀で使用された施設が一般公開されているので、見学してまいりました。火葬の儀が行われたお堂は、プラ・メーンもしくはプラ・スメーンorプラ・メールマートorプラ・スメールマートと呼ばれています。一般的には、プラ・メールマート(?????????? phrá meerúmâat)と呼ぶことが多い印象。ラマ9世国王は2016年10月13日に [続きを読む]
  • 蓮を船に投げ入れる伝統祭り、プラペニー・ラップブア
  • バンコク郊外バンプリーで行われる伝統行事、ラップブア(??????)に行ってまいりました。タイ語だと、プラペニー・ラップブア(?????????????)。プラペニーが伝統、ラップが受け取る、ブアが蓮です。日本語にすると、蓮を受け取る伝統、ですが、ネットニュースでは「蓮の投げ入れ祭り」と訳されていました。運河を走る仏を祀った船に蓮を投げ入れるお祭りになります。毎年オークパンサーの前日に行われます。 [続きを読む]
  • 第10回ガネーシャ・フェスティバル 2017
  • 去年訪れてみてがっかりしたガネーシャ・フェスティバル。今年もMBK横のナショナルスタジアムで開かれるみたいなので、行ってまいりました!なんだかんだで、期待はしているのです。去年行った第3回ガネーシャ・フェスティバルの模様はこちら。「第3回ガネーシャ・フェスティバル・イン・タイランド」BTSナショナルスタジアム駅を降りると、去年同様競技場に垂れ幕がかかっています。あれ?「10th Ganesha Festival 2017」って書い [続きを読む]
  • ラチャプラソン9番目の神様
  • タイで一番のパワースポットと呼ばれるエラワン廟や、タイで一番デカいショッピングモール、セントラルワールドがあるエリアを「ラチャプラソン地区」といいます。ここにはたくさんの神様の祠があり、ラチャプラソン8神と呼ばれているということは、以前このブログでも記事にいたしました。「タイで最高のパワースポット巡り@ラチャプラソン」(我ながら見事にまとめられた記事なので、ぜひ読んでみて!もちろん、僕のブログはグ [続きを読む]
  • BTS新終着駅サムローンから小旅行 ワット・バンプリー・ヤイクラン 大仏塔
  • バンコク郊外にある巨大涅槃物のお寺、ワット・バンプリー・ヤイクラン。こちらに、現在建築中の仏塔を擁する建物があります。来るときも、ソンテウからこの仏塔部分が見えるんですよね。前回来た時は中に入れなかったんですけど…今回はどうでしょう?見れますように・・・!駐車場も兼ねた手前の広場は野良犬が多くてちょっと怖いです。無事建物の前へ。 碑にはまたかしこまった名称が書かれていますが、読めましぇん〜。プラマ [続きを読む]
  • BTS新終着駅サムローンから小旅行 ワット・バンプリー・ヤイナイ
  • BTSサムローン駅からバンプリー百年市場へ。百年市場を抜けると、そのままお寺の境内になります。ワット・バンプリー・ヤイナイ(???????????????)というお寺。といっても、屋台街が周りを囲っているので、さきほどの市場の延長のような感じ。たくさんの屋台や食堂が並んでいます。ここは2回来ていますが、初めて来たときは日曜日だったので、それで屋台が多いと思っていました。しかし、平日行っても同じように屋 [続きを読む]
  • BTS新終着駅サムローンから小旅行 バンプリー百年市場
  • 2017年4月3日に、BTSの終着駅がベーリンからひと駅増えてサムローンになりました。そこで、サムローン駅から手軽に行けるバンプリーに行ってまいりましたので、何回かに分けて紹介いたします。バンプリーの位置はここになります。バンコクのお隣、サムットプラカーン県になります。バンコクから一番近い百年市場・バンプリー百年市場と、霊験あらたかなお寺と、ワットポーの涅槃仏より巨大な涅槃仏のあるお寺があります。サムロー [続きを読む]
  • 新・アート系飛行機マーケット チャーンチュイ
  • 2017年6月23日に、新しいアート系のマーケットがオープンしたそうなので行ってまいりました。飛行機がランドマークの、チャーンチュイ(????????)という名前です。チャオプラヤー川の西側、南バスターミナル方面、タリンチャン水上マーケットの近くになります。チャーンチュイは声調が難しいですね。châaŋ chûy です。チャーンが職人、チュイはだらしないで、だらしない職人。もしくは、チュイという名前の職人(チュ [続きを読む]
  • バンセンに行こう! バンコクへの帰路
  • バンセン。観たかったお寺もすべて見学完了!バンコクに戻りたいのですが・・・どうしましょう?同行していた友人は、「ノンモン・マーケットに行って買い物がしたい」と言っております。以前何度か行ったことがある場所のようです。どこにあるのか僕も確認したいのですが…僕のiPhoneがバッテリー切れ!充電バッテリーは持ってきているのですが、まさかのケーブルを忘れるという痛恨のミスでiPhoneが使い物になりません。その、ノ [続きを読む]
  • バンセンに行こう! 美しき千手観音 サンジャーオ・メークワンイム
  • バンセン。ゴージャス中華寺、サーンチャーオ・ナージャーサータイジュウの対面にある廟に行ってみましょう。大きな通りを渡ってすぐです。真新しい建物ですね。あ、3面の孫悟空の像だ!こんなの初めて見たぞ!仏陀像。その上に飾られているのは、菩提樹の葉に似せた金属板で、願い事を書いて吊るします。立派な龍の像ですね。タイ語でこちらの場所の名前が書かれています。ムラニティ・ロークトラタンマプラティープ(????? [続きを読む]
  • バンセンに行こう! サーラー・ルーシー
  • バンセン。道教のお寺、ワット・ハイタンマーから歩いて500メートルほどのところにある廟に向かいます。この辺りは猿がいっぱいいるんですよね。猿だらけであります。 ここです。サーラー・ルーシー(????????)。サーラーは東屋、ルーシーは仙人。仙人の東屋。中国語では呂氏祖師廟、とあります。呂氏って誰か調べたんですが、よくわからず。英語名はカオサームムック・ルーシーホールKhao Sam Muk Ruesi Hall。(カオサ [続きを読む]
  • バンセンに行こう! 道教のお寺 ワット・ハイタンマー
  • タイ、バンコク〜パタヤの中間地点にあるバンセン。次にバイタクに乗って向かったのは海の方角であります。と言っても、バンセンビーチではなく、西にある波止場の岬。カオ・サームムックと呼ばれる場所。カオは丘、サームムックは3方向という意味。三方向が海の岬の丘ですね。猿がたくさんいる海岸線を通り抜け、大きな聖母像のある中華寺に到着です。ワット・ハイタンマー(???????????)。ハイタンマーってなんじゃ [続きを読む]