麻理子 さん プロフィール

  •  
麻理子さん: 恋愛寫眞
ハンドル名麻理子 さん
ブログタイトル恋愛寫眞
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mari587/
サイト紹介文40代も終わりに近ずいた頃、あなたを知った
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2016/06/18 14:49

麻理子 さんのブログ記事

  • 自分への不安
  • まず最初に。たくさんの励ましのメール、コメントを頂いた皆様、本当に有難うございます。見ず知らずの私みたいな女に、とても温かい言葉を頂き、それを読んでまた泣いてしまいました。人ってこんなに泣けるんだな、と改めて思いました。今日、彼とまた逢いました。昨日、私が取り乱してしまった為、もう一度ちゃんと話したいと。一度、断ったのですが、どうしてもという彼の強い要望で。泣きはらした顔の上に、昨日の昼から何も食 [続きを読む]
  • 彼との別離
  • いつか来る日と思っていたけれど、それは本当に突然のこと。彼からの別れ。理由は彼の海外への転勤。シンガポールへ3年。昨日それを告げられた。だからもう逢えなくなるって。私は頭も心も一瞬にして空っぽになった。正直その時、どんなことを言って、どうだったのか全く覚えていない。気付いたのは彼に抱き締められた時、突然我に返って泣いた。あんなに大声で泣いたのはどれくらいぶりだろう。でも、もう彼と逢えなくなった。色 [続きを読む]
  • 何の予兆もなく
  • それは何の予兆も予感もなく突然の事だった。同じ会社で部署は違うけれど、若い男性社員がいる。まだ20代前半くらいじゃないかなと思える男の子。仕事でも絡みがあって、話す機会もある。真面目で気弱そうな感じの子。私みたいな年齢の女から見れば本当に男の子っていう感じの社員。顔も端正な顔立ちで、背も高い。いかにもモテそうなイメージを勝手に抱いてしまう。今日、仕事の話から関係ない雑談になって、ちょっと奥手なのかそ [続きを読む]
  • 甦る感情
  • 以下、性的な表現がある為、プライベートモードになります。閲覧希望の方は、パスワード申請をお願い致します。ご足労お掛けし申し訳ありませんが、ご容赦お願いします [続きを読む]
  • 一瞬にして
  • あなたは私なんかより、遥かに多くの経験をしてきたのでしょうね。出逢いも別れも、楽しいことも辛いことも。今もそれは続いている?そんなこと怖くて聞けないし、聞いてはいけない気がしていて。私が知らないあなたを、もっと知りたくなる反面、恨んでしまうかもしれない。逢っている時に時々、鳴る電話、メールの着信。相手は誰?どんな用事?そんなふとした事に私の知らない誰かが見えてしまう気がして。存在するもの、しないも [続きを読む]
  • 後ろから見る光景
  • 朝から激しく雨が降っていて、最近2人が逢う日は雨降りが多い。私たちは今日、降りしきる雨に隠れるように逢って、愛し合った。今日のあなたはいつもよりも、少しだけ乱暴に私を扱ってくれた。でもそれは私が望んで欲したこと。優しいあなたが大好きだけれど、時々、雑に乱暴にしてほしくなる。私は動物のように四つん這いにさせられて、お尻からあなたに犯されているような錯覚に陥る。あなたは私の後ろから、何を見て、何を感じ [続きを読む]
  • いたくない理由
  • まだ彼と付き合い始めるずっと前の話。結婚して、遠地に嫁いだ女友達の話。最後にその女友達にあったのは、もう何年も前だかも忘れてしまったけれど寒い冬だった。彼女の誕生日祝いに呼ばれていったとき。週末でもあってそのまま泊まる予定だったから、週末はずっとその友達と一緒だった。でも、あの時のことだけは何故かはっきりと覚えている。自分でも驚くくらい酔い通しだった。あの朝、雪が降り出した空港の景色も覚えている。 [続きを読む]
  • してあげる
  • 以下、性描写の為、プライベートモードになります。閲覧希望の方は、パスワード申請をお願い致します。ご足労お掛けし申し訳ありませんが、ご容赦お願いします [続きを読む]
  • 彼と動物園で
  • その日、彼と動物園に来ていて、ちょっと薄汚れたフラミンゴを見ている。まだ暑い太陽の下で一本足で立っているフラミンゴもいる。平日でだいぶ昼に近い時間で、そばを遠足なのかわからないけれど小学生の集団が、ねじれた列を作って歩いていく。暫くフラミンゴを見ていると、小学生の集団が行ってしまい、視界にはまたフラミンゴしかいなくなると動物園がさびれたように見える。喉が渇いたので売店まで歩いていくけれど、視界に入 [続きを読む]
  • あなたが乗る船
  • あなたが私の家の事を気にしてくれて、送ってくれる気持ちは凄く嬉しい。けれど、まだとどまっていたい。あなたの送ってくれる世界は、現実だけれどどこか曖昧で自分の居場所なのかわからない時がある。だから、あなたのその導きに逆らってしまいたくなる時がある。あなたに送られてしまったら、私はあなたをも見失ってしまいそうで。あなたの息遣いも、顔も、声も遠くなってしまう。あなたの肌の温度もわからなくなってしまうの。 [続きを読む]
  • 雑談⑩
  • 髪を切りにヘアサロンへ行ってきました。どこのお店でもそうですが、カットしている時や待っている間の為に雑誌を用意してくれている。そこで見た雑誌の記事で、最近の若いカップルと年配カップルの対比?とかいう記事がありました。中身はセックス絡みの話だったのですが、ちょっと目を引いた内容がありました。若い男子はAVとかの見過ぎだったりして、AVでやっていることを彼女にして嫌がられたり、ひどいと別れてしまうカップル [続きを読む]
  • 湯舟の中
  • 以下、性描写の為、プライベートモードになります。閲覧希望の方は、パスワード申請をお願い致します。ご足労お掛けし申し訳ありませんが、ご容赦お願いします [続きを読む]
  • 震える
  • ここ数日のひんやりした空気に、あなたを待つ私は少し震える。そんな私を見て、あなたはそっと私の手を握ってくれる。私の手を包み込む、あなたの大きな掌。あなたの指が私の指に絡まって、私も指を絡ませる。少し寄り添ったあなたの肩が暖かくて、安心する。そんな私を見て、あなたは私の頬をそっと撫でる。柔らかく滑らかなあなたの指先が、私の頬を滑って私は目を閉じる。私たちは、人目を避けるように人通りの少ない道を歩いて [続きを読む]
  • 忘れたくない
  • 見上げる夜空には、いつか消えてしまうかもしれない私たちのように、大きな花火が上がっては消える。そうなった時、眩しいくらいの私たちの時間もいつか少しづつ忘れてゆくのかしら。ただ、ひたすら安らぎと愛を求めている。暗闇に一瞬浮かぶあなたの横顔。花火のいろいろな色が映って、とても綺麗で、私は年甲斐もなく胸を高鳴らせていた。また来年も、そしてまた次の年も・・・なんて思ってしまうけれど、私は忘れないように夜空 [続きを読む]
  • 灼熱の夜
  • 以下、性描写の為、プライベートモードになります。閲覧希望の方は、パスワード申請をお願い致します。ご足労お掛けし申し訳ありませんが、ご容赦お願いします [続きを読む]
  • メンドクサイ女
  • 「そんなに悲しまないで」私の肩を抱いてあなたは言った。涙ぐむ私を過剰にかまう事なく、そして冷たく置き去りにする事なくするあなた。 「ごめん・・・」 私、あなたに頼ってばかりいる。「いいよ こんな時は誰かがそばにいるだけでいい。 そうだろ?」 誰でもいいわけではないあなたでなければ。 こんな2人に今日の風は、なぜか湿気を帯び身体にまとわりつく。 私は聞いた。「ねえ真実の愛ってなんだと思う?」 「なんだろ [続きを読む]
  • どれほど
  • 以下、性描写の為、プライベートモードになります。閲覧希望の方は、パスワード申請をお願い致します。ご足労お掛けし申し訳ありませんが、ご容赦お願いします [続きを読む]
  • 年齢を重ねるということ
  • 年齢を重ねるという意味がわからない時期があった。でも、今ももしかしたらそれは変わらないかもしれない。怖かった事が、怖くなくなったりそれが悦びにかわっていたり何とも思っていなかったことが、怖くなったりあんなにイヤだったものが、大好きになったり目を背けていたものが、美しく綺麗に感じたり昔よりもっと、人の心が理解できたりある感覚だけが鋭く敏感になったり当たり前のことが、当たり前でなくなったりダメと思って [続きを読む]
  • 通り過ぎた道
  • 梅雨が明けてから逆に夏らしい天気も少なくて、雨と湿度で視界までもぼやけそう。仕事に追われる日々で、やっと夏休みとも言えないけど、2日間だけの休暇。所要があって車を走らせていて、通り過ぎてから気付いた。そこは私がまだ学生だったころ、付き合ていた男性が住んでいたアパートのすぐそばだった。普通の昼間や夕方だけではなく、まだ明けていない真冬の明け方や、いつまでも昼の熱気が残る真夏の夜中に夢中で通った道だと [続きを読む]
  • ホテルのバーで
  • お互いに夜まで時間が取れることもあって、別れ際までホテルにあるバーでお酒を飲んだ。彼も私もあまり飲めないけれど、何となく雰囲気のいいバーだったので、一杯だけという事になった。バーはほぼ満席に近い状態だったけれど、角の暗い2人掛けの席を案内されて席についた。ガラス越しに立ち並ぶオフィスビルや雑居ビルの灯りが、色とりどりで綺麗だった。シャンペン・キールを頼むと、ウエイターがすぐにボトルを開けて、細長い [続きを読む]
  • Q&A
  • こんばんわ。今日は趣向を変えて、皆様からメールで頂いた質問にお答えしようと思います。あくまで応えられる範囲の事にさせて頂きますが。嬉しい事に数々の質問を頂けていて、まめにお返事できていないので、この場を借りて回答させて下さい。①離婚して彼と一緒になることは考えていますか?⇒そうできたら幸せですけどね。多分、難しいし無理だと思います。色々な意味で。②彼氏さんのどこが好きですか?⇒いろいろあるけれど、 [続きを読む]
  • 変わってゆく
  • 恋愛をすると自分が変わったなと気付く時があるって、よく本や雑誌で見たことがあります。でも私はそんな意識も無いし、多分変わったとしても自覚するまでに時間がかかるんだろうな、と鈍感な自分をそう思っていました。ですが、定説通りなのか自分が変わったというか知らなかった一面が見え隠れするようになった事に最近気づきました。どうもM気質なんじゃないかと思い始めています。叩かれたり、ロウソク垂らされたり、とかそう [続きを読む]