かみやま さん プロフィール

  •  
かみやまさん: kami014's diary
ハンドル名かみやま さん
ブログタイトルkami014's diary
ブログURLhttp://kami014.hatenablog.com/
サイト紹介文鬱、不登校、引きこもり、だった人間が書く、日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/06/19 15:04

かみやま さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 2017年9月23日。
  • ひとり暮らしをはじめました。もうすぐ2か月くらい経過するけど恐ろしく寂しいし、たまにこのまま死んでしまうことが怖くなります。ひとりってこんなに怖かったのかって思うし、自分はこんなに寂しいことに慣れていない人間なんだって思うし、まあ可愛く言えば寂しがり屋ってやつなのかって思います。文章をつくるのが久々すぎて、仕事もパソコン使うけど、こういざ自由になんでも書いていい、思ったことを誰かに届くようにって、 [続きを読む]
  • 2017年4月13日
  • ウォーキングデッド、観てる。自殺のために暮らせるアパートがあったらいいなって思った。大家さんがカウンセラーで、死にたい人が暮らせて、本当に死んでいいところ。定期的に大家さんが見に行って、死んでたら始末してくれて、死にたくなくなったら正規に出ていけばいいってアパートの話を想像しながら帰ってきた。お父さんが高血圧で、最近具合が悪い。お母さんはもとからずっと具合が悪い。お母さんは私を助けるためにって、宗 [続きを読む]
  • 2017年2月9日。
  • 今日は伝説のすた丼、肉増量の日です。2月9日だから。コンビニの夜勤から仕事を変えました。女性9割、男性1割の職場です。出来上がったカーストに組み込まれるように少しずつ馴染めるように努力していますが、近づくと見える人間関係のくっきりとした境目がなんだか毎日憂鬱です。カースト上位の、なんだろう、ずっとこの人たちは上に、位置的な問題ってより、心的な問題の、上に、ずっといて、ずっとそこで生きてきたんだろうな。 [続きを読む]
  • 2016年10月22日。
  • 私が生まれる前、私のお父さんになる人と、お母さんになる人は、それぞれ別の人と結婚していて子供もそれぞれの家庭に1人ずつ生まれたけど、うまくいかなくなって離婚した。うまくいかなくなった経緯なんかは知らないけれど、シングルファザーと、シングルマザーになったバツ1のふたりが出会って私が生まれた。私の両親は結婚していなくて、だから離婚もしないし、私は片親の戸籍しか入っていない。だから小学生の時には「お父さ [続きを読む]
  • 2016年9月16日。
  • なにを食べても吐き気がする。それなのに、いくら食べても満たされない。実際に吐くまで食べて、吐いて、そうすると少し満たされる。自分が苦しんでいることが明確にわかると楽になる。つらいとか痛いとか苦しいとか、どうしようもなくなることがあって、自転車をこいで帰るとき、いつの間にか泣いている。アホみたいだな、と思うし、同情されたいのか、愛されたいのか、心配されたいのか、気を惹きたいのか、全部かもしれないけど [続きを読む]
  • 2016年9月5日。
  • 仕事を休みました。昼過ぎまで眠って起きてから冷蔵庫にあったごはんでおじやをつくりました。吐き気がすごくて食べ終わってからすぐにトイレに行こうかと思いましたが、昨夜も吐いてしまっているのでさすがに体に良くないよなあと思い、気持ち悪いままに今をむかえています。昨日はよく知らない人とセックスをしました。セックスをしてもまったく何も感じないようになりました。作業です。仕事と何も変わらない、感情がわずかに混 [続きを読む]
  • 2016年8月15日。
  • 「そと」からはしゃぐ若者の声がする。「そと」は「外」ではなく「そと」で、柔らかくて近いけれど、決して交わることのできない「なにか」だ。今日、さっき、お母さんを殺したいほど憎んでたことを不意に思い出した。それは突然で、(ああ、そういえばたしかお母さんのこと殺そうとおもったな)程度で、その「殺そう」は「ころそう」っていう感じだったかもしれない。はっきりとせず曖昧でただ、いなくなってくれたら楽だな、と [続きを読む]
  • 2016年7月23日。
  • 1人暮らしをするようになったら以前同じ部屋に住んでいた人宛に切手の貼られていない手紙が投函されるようになって、気になって確かめたら前の住人の元恋人からの手紙で、何度も投函される手紙を盗み読むうちになぜか心のどっかにひっかかって、ついに投函してるところを発見して対面して話して何度か会っていつの間にか恋に落ちる、ってストーリーをさっき考えたけど、物語にする気力はないのでやめました。あと小さい頃に両親 [続きを読む]
  • 2016年7月2日。
  • 今年の上半期が終わりましたね。年齢を重ねるほどに時間が過ぎ去るのは早くなるらしいけど、子供の頃からあんまり変わってない気がします。まだ。過去を振り返ると濃縮された時間が薄っぺらく転がっていて、未来を思うことはあまりしないけれど、したとして明日のバイト嫌だな、何時に起きようかな、くらいで。小学生の時に好きな文字をそれぞれが紙皿に書いて教室の前に飾ってたけど、私が書いたのは「今」って文字で、今思えば、 [続きを読む]
  • 2016年6月23日。
  • こんばんは。しんどいです。毎日、死ぬほどに、死にたくなるほどに、しんどいです。少し話しただけで、会話は出来るけどこの人は違う、そうやって人を遠ざけてしまうことがあります、よく。でも、だいたい、絶対に感覚的に、無理な部分があるのは、誰だってそうで、全部、ぜんぶ、ぜんぶがぜんぶ、まるっとすっきり、大好きでいられる人間なんてそうそう現れません。好きです、好きですけど、でも、一部、すこしだけ、ほんの、わず [続きを読む]
  • 2016年6月15日。
  • 前回の記事ではうどんにはもう飽き飽きしてきたなんて書いたけど、今日はうどん3玉食ったし、たぶん頑張らなくてもあと3玉余裕だし、異常に香川県に行きたいし、住みたいし、住み込みで香川のうどん屋さんで働いたらもうそれで人生終わりでいい気がする今日この頃っす。うどんにしか埋められないへこみ、凹みが、私にはある気がします。凸凹、これって漢字なんですかね。記号かな。最近、私の心はガラスなんじゃないかって思います [続きを読む]
  • 2016年6月11日。
  • 腕時計のほそい秒針が細かく時を刻むのを見つめていると、その秒針がわずかに反動で揺れているのが分かる。止まるために揺れているのが。それを見ながらぼんやり時間をやり過ごして、1秒が積み重なって、いろんな1秒が過ぎ去って、私はもう21年もいきてしまっているのだなあと、感傷に浸ったりする。私は現実世界よりもインターネット上の仮想世界での方が知り合いが多い。顔も知らない人を知った気になって、恋愛もどきや友情も [続きを読む]
  • 2016年6月4日。
  • 起きてすぐに線香の匂いが部屋を満たしていた。また母親が新しい宗教にハマってしまったんじゃないかと焦ったけれど、それは、昨晩現れた蚊を撃退するために焚かれた蚊取線香の匂いで。あの独特の辛気臭い匂いに包まれながら、今日も今日とて、しんどい1日だなあ。と。そんな風に目覚めた。いま連絡をくれている異性が3人ほどいるのだけれど、まあ3人とも出会い系アプリで知り合った人なので、本気で恋愛どうこうすることもな [続きを読む]
  • 2016年5月24日。
  • 3年半前にネット恋愛をした。相手は遠方に住んでいて、最初は別にそんなつもりもなくて、ただ、底抜けの寂しさを埋めてほしくて、話していた。けれど、家庭のことや自分のことを説明したら「養ってあげたい」なんて言ってくれて、冗談でも死ぬほど嬉しくて当時の自分には。ものすごいスピードで惹かれて依存していった。常々、依存先を求めてしまっているのかもしれない。100%以上の愛情をかけて求めて、70%くらいは返してくれ [続きを読む]
  • 2016年5月15日。
  • ※性的描写を多分に含む記事なのでご理解の上で読み進めてください※よく知らない人とセックスすることは私にとって割と普通で、今までの経験人数は覚えている限り9人ほど、そのうち好きでたまらない相手だったのは1人だけ、好きになれそうと思えたのがもう1人、あとの7人には刹那的な好意こそあれどはっきりと好きだと思ったことはなかった。好きでもない人とセックスをすることに抵抗がないと言えばそれは嘘で、そりゃ好 [続きを読む]
  • 2016年5月12日。
  • もう5月も半分終わりかけてるんですね。あっというま。この勢いで今年が終わって20代が終わって30代になっていつのまにか死んでまたどっかの誰かになって生まれてくるか、地獄の業火に焼かれながら魂の浄化でもするんですかね。あーいやだいやだ。また小学生の時の話ですけど、私はそこそこ頭が良くて、通信学習あるじゃないですかベネッセコーポレーションさんの赤ペン先生に毎月毎月ご指導ご鞭撻していただいてました。それ [続きを読む]
  • 2016年5月6日。
  • 先日ブログにかいた好きになりかけている人からのお返事が来ない。どんどん時間があくようになって既読無視も増えて、そもそも既読無視を気にすることのないペースで人と関わりたい私としては非常にまずい状態で、すごくすごく困惑している今日この頃。本日は家族で居酒屋さんに行ってきた。家族といっても両親ふたりと私、3人で歩いていける距離のこじんまりした居酒屋さんに行った。うちの家庭は、一般的に理想の近くで想定され [続きを読む]
  • ヘラ子の恋。
  • 私はヘラ子。メンタルが弱い。私は近くの喫茶店にいる店員くんに恋してる。でも、好きだから会いに行くけれど、好きだから声がかけられなくて、好きだから近づきたくて、好きだから嫌われないために近づかないようにしている。私は何か身の回りで嫌なこと、誰かが死んだり、離婚したり、浮気したり、不倫したり、怒ったり、泣いたり、叫んだりするたびに、心の調子が悪くなって、何も出来なくなる。嫌なことはよく起きる。だから、 [続きを読む]
  • 2016年4月26日。
  • 好きになりかけている人からの連絡を待つのが暇なので、ブログを打ちます。今回の相手は出会い系、といっても本格的な出会い系ではなくてアプリでメッセージのやり取りができるやつ、で知り合った人です。まだ顔もみたことない。あ、写真はあります。写ってるのを見る限りは好きなタイプの人です。インターネットがこれだけ活用されている世の中ですからインターネットからの恋愛なんてわんさか溢れているわけで珍しいことでもな [続きを読む]
  • 2016年4月18日。
  • 今日のテーマはじゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃ(ドラムロール)ど、ドーン(タイトルバック)将来の夢!珍しく太文字処理しちゃったしめちゃくちゃ改行してみましたん。そんで夜だからすげー酔ってるし、いつも以上にチョー適当だけど、寝る前にサーッと読んでくれてこのブログ更新をツイートしたやついいねしてくれたらいいなーはい。そんなこんなで将来の夢についてです。将来の夢ありますか。ていうか、まあ働いてる人も [続きを読む]
  • 2016年4月13日。
  • 今日は珍しく書くことがたくさんある。目的をもってブログを打つのは初めてじゃないかなあー。いや、まあ大事なことでもないけど、ゆるくお付き合いください。まず、Twitter論!Twitterについて色々私の考えをまとめるでもなしに書き留めておきたいなと思った。そもそも私がTwitter(打つのが面倒なので以後ツイ)を始めたのは精神病を患った中学生の頃で、その頃は別のブログサイトに切れた手首の写真を載せていたらサイト側か [続きを読む]
  • 2016年3月27日。
  • もうすぐニートになって一カ月が過ぎます。ガチのニートなので家にいて本当に寝るか漫画読むしかしませんでした。一日一本観ようと思ってた映画も三日経たずに観なくなったし、毎日新しい小説読もうと思って開くのは何度も読んだ漫画本だし、そういうのを一カ月繰り返すと自分の限界というか、自分の人間の器とか幅が見えてきた気がして、悲しいとか悔しいとか苦しいとかいう感情も沸かなくなります。布団に横になって何も考えずに [続きを読む]
  • 2016年3月10日。
  • 特に書き留めなければいけないこともないけど、久しぶりにブログを書きます。私の人生を順を追って書くのもいいかと思いましたが、私のことを嫌いな人だって目にするだろうし、興味のない人たちに片手間に読まれて(ふーん)と思われるのがなんだか癪なので、それはやめます。私は、そもそも、自分のことがひどく嫌いです。いつだって自分の思うように生きてきたけど心底クソみたいな人生だと思うし、誰からも愛されていないし [続きを読む]
  • 2016年1月29日。
  • 自分の上で腰を振る人間が生々しくてどこか滑稽で激しい快楽の波が押し寄せてくるのに比例するようにこの状況の滑稽さと醜さを痛いほど理解してそのズレていく感覚達さえ心地よくて身をゆだねる相手に少しの恐怖と多くの愛情を抱いて愛おしい、の言葉を思い切り込めたくちづけをしてこの一瞬に生命の輝きを見出したりなんてしてなんて後から考えたらいくらでも情景は歪むけどその場は、きもちいい、きもちいい、バカみたい、きも [続きを読む]
  • 2016年1月23日。
  • ある日、僕の目の前に神様が現れた。そいつがなんで神様だって分かったかって言うと、彼は白い顎ひげが腰のあたりまで垂れていたし、真っ白いワンピースみたいな一枚布の服を身に着けていたし、なにより目の前に突然現れて一番に「わしが、神じゃ」なんて名乗ったんだ。僕は結構驚いたけど、案外素直に事実として受け止めることが出来た。だって、あまりにも神様が神様らしかったし、にっこり微笑む初老の彼には1ミリの悪意だって [続きを読む]
  • 過去の記事 …