Mr.としゆき さん プロフィール

  •  
Mr.としゆきさん: 真面目にワイ談-エロ親父の独り言-
ハンドル名Mr.としゆき さん
ブログタイトル真面目にワイ談-エロ親父の独り言-
ブログURLhttp://kyoutoshi12345.blog.fc2.com/
サイト紹介文ワイ談、下ネタ、幾つになっても大好物。 セックス、オナニー、濡れて、勃って、楽しんで下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供204回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2016/06/20 13:18

Mr.としゆき さんのブログ記事

  • キスは好き・・・?
  • さて、キスを初めてしたのも、夏休みの事だったと思います。ただ、キスって言うのは場面によって色んな意味があるように思いませんか?外人だと挨拶の代わりにと言うものもあれば、行ってらっしゃいのキスとか、おやすみのキス。他にも外のデートで出来る唯一の体を合わせる愛情表現だったり、セックスの前戯、或いは、挿入後の欲望おもむくままのキスだったりと、ホント多岐にわたる。そこで、まず場面を限らず、キスの効用っての [続きを読む]
  • カーセックスと車選び・・・
  • カーセックスでやっぱり大切なのは車。そこで、当時、話題になった事を紹介します。カーセックスにとらわれず、彼女と車でドライブデートに、夜景の綺麗なところで車の中から夜景を見ながら、助手席の彼女に覆い被さるようにキス。こんな、経験は皆さんお持ちだと思います。ただ、この時に邪魔になるのが、シフトレバー、パーキング・レバー、強いて言うならランバーサポート。これが、大学の研究室で話題になった。同級生、先輩、 [続きを読む]
  • カーセックスでの失敗・・・
  • 寝室でのセックスと先日書いた屋外でのセックスとの間に位置するのが、カーセックス。こじつけって感じもありますが・・・まあ、カーセックスは、夏がベストという訳ではないですが、やっぱり、シーズンとしては、初夏から盛夏にかけてでしょう。それは、やっぱり、薄着だという所が大きいと思います。大学4年になって、車を手に入れ、初めてカーセックスを経験したのが夏でした。ついこの前、竹藪に向けて車を止めてっていうシー [続きを読む]
  • 外でセックス・・‼?
  • 書いているうちに、夏のメリットをもうひとつ見つけました。思い出すと、色んなセックスを経験したのも夏でした。色んなセックスと書きましたが、体位とか、道具や技という類ではなく、『場面』という意味です。夏は、気温が高い。という事で、人目さえなければ、屋外でも裸になれる。つまりは、セックス出来るって事です。中学の時、ぼくはまだ興味が無かったんですが、夏休みに、夜、大阪城まで行って、公園のベンチや、草陰で繰 [続きを読む]
  • アルコールも味方・・⁉?
  • 他にも、夏は男の手助けをしてくれる。そのひとつがアルコール。アルコールに関しては、年中無休で彼女のガードを緩めてくれますが、夏は、特別な場面設定をしてくれる。例えば、仲間とバーベキューなら、午後の明るいうちからビールで乾杯となると、暗くなり始める頃にはイイ気分。そして、何人かはうつらうつらとしている。こんな時に意中の女性と2人きりになれたら・・・・開放的な状況と高揚した気分、アルコールでちょっとエ [続きを読む]
  • 夏のフェロモン・・
  • もうひとつ、夏のフェロモンがある。何か分かりますか?どちらかというと、男の方が好きかもしれませんが、それは、『異性の汗』。基本的に、汗の中には異性を惹きつける本能的な力がある。まあ、これをフェロモンというんでしょう。女性が、どんだけ男の汗を好きなのかは分らいのですが、男は好きです。時々、一生懸命仕事している時とか、スポーツで汗をかいて、タオルで拭っている姿なんかに魅力を感じるっていう女性に会った事 [続きを読む]
  • 夏は逝きやすい・・・⁉?
  • 先日は、太陽も味方になる事を書きましたが、その他にも、夏は、色んな機会を与えてくれます。 学生にとっては、夏休み。大学生になって、セックス未経験という男子なら、この夏休みこそって思うのは当然でしょう。ぼくも、そうだったから、その気持ちは、よく分かります。 そして、海水浴や旅行、サークルの夏合宿、夏祭り、等々色んなイベントがあって、気持ちもワクワクする。当然、女の子も、開放的になって、いつものブレーキ [続きを読む]
  • 太陽は味方・・‼?
  • 前回は、薄着の面を主にして、夏の性欲を考えていましたが、その他にも味方になってくれる要素はいくつもあります。 男性の場合も、女性の場合も、性欲については、男性ホルモンの関わりが大きいと言われています。 これは、年齢と性欲の関係にも表れていると言われています。男は、男性ホルモンの分泌が増える思春期から20代が一番性欲が強い。ぼくは、20代前半に結婚したんで、家に帰ったら毎日、妻とベットの上で戦ってまし [続きを読む]
  • 真夏の性欲・・
  • まだ、7月なのにこの暑さ、堪りません。関西は、異常な暑さに占領されてる感じです。暑い夏は、食欲が落ちる。そして、その食欲と共に、性欲も落ちると思われがちですが、僕だけではなく、皆さんの中にも、男女に関わる経験を夏にしたっていう方多いのでは。さて、夏は性欲が落ちるのか、増すのか、どっちなんでしょうか?実は両方の要素がある。ただ、セックスの回数の多い月はという統計があるんですが、結果、一番多いのが、8 [続きを読む]
  • サバト
  • 日本だと、祭りの後の饗宴ということになりますが、欧米では・・・魔女との宴だったり、アメリカなら、ゾンビでしょうか⁉?妖気の満ちた夜の、肉と欲望の宴、真夏の余韻って、同じように有るんだと思います。赤き月熱射の余韻 内に秘めサバトに揺れる 魔女の肉欲 ランキングが上がると、テンションも上がります。三つ共、ポチポチっと宜しく! [続きを読む]
  • 夏祭り
  • ホントに暑い毎日、こんだけ暑いと、食欲も性欲も落ちる。なんて、思ってるかもしれませんが、そうじゃない。夏は祭りの季節。そして、祭りの後は、月灯りの中、男と女の秘めたる世界が、繰り広げられた。そんな、古の祭りで燃え上がりたいモノです。 肉欲を 求め貪る 裏鎮守 祭りの後に 満ちる嬌声 ランキングが上がると、テンションも上がります。三つ共、ポチポチっと宜しく! [続きを読む]
  • 熱帯夜
  • 真夏の夜の夢・・・狂おしい程に貫かれ、獣のように体を貪り合う。そんな、激しい欲望の交換をしていた夜を、夏になると思い出してしまいます。欲望に体が溶ける 熱帯夜眠れぬ夜に 募る愛しさ ランキングが上がると、テンションも上がります。三つ共、ポチポチっと宜しく! [続きを読む]
  • 夏本番‼?
  • 少し、更新が滞っていました。元気にはしていましたが、大変な暑さです。それは、さておき、この前、久しぶりに電車に乗りました。出張にはよく行くので、新幹線だとか、JRの特急なんかにはよく乗るのですが、地元の電車は久しぶりでした。ぼくの最寄り駅からは、昼間なら、まず座れるので女房と並んで座っていました。そして、大阪に近づくにつれ、徐々に人が増え、ぼくの前に小学校の高学年くらいの女の子とそのお母さんが立ちま [続きを読む]
  • リアル過ぎる・・・⁉?
  • 女性器を表現する方法として、もうひとつの方法があります。それは、植物ではなく動物に喩えるというモノです。以前書きましたが、大学時代に北海道の鄙びた温泉街のストリップ小屋で、初めてオソソを見た時に頭に浮かんだのは花よりも貝だったのを思い出します。どう見ても、色といい、その形といい、ストリッパーの大きく開いた股の中央には、複雑にヒダが重なった、貝の身があった。 [続きを読む]
  • 女性器は、美しい花・・・?
  • 前回は、若い時の経験を思い出しながら書きました。女性の裸に関して、その美しさに魅了される男は沢山います。写真というものがない時代から、芸術家達は、絵や彫刻でその美しさを残しています。遥か昔に遡ると、古代ギリシアのビーナス彫刻もそうだし、例えば、ルノワールの裸婦の絵の神々しいまでの女性美、ふくよかで柔らかく描かれた裸の女性。すごく魅力的です。更に、裸体という外面の魅力だけでなく、隠され秘められた部分 [続きを読む]
  • 美しい女性器・・・⁉?
  • 若い頃、隔週で発行される雑誌が、色んな影響をもたらせた。当時の雑誌は、セックスを題材にした話題においても、女性器を晒す事はなかった。勿論、今も、女性器を晒す雑誌なんて無いですが、確か、アンダーヘヤーを見せる事に関してでさえ、もっと後になって論争になる、そんな時代でした。その雑誌、何度か話題にした事がありますが、『GORO』っていう雑誌です。 [続きを読む]
  • 憧れのオソソ・・・
  • 此の所、ずっと、オナニーの話題を書いてきました。ここで、男にとってのオカズを少し書いてみようと思います。先ず、思いつくのがAVです。ただ、無修正動画が氾濫しているインターネットを考えると、もう、モザイクの掛かった動画なんてって思ってる男性陣も多いのでは。ただ、ここで好みが分かれると、ぼくは思います。そう、女性器含め、結合部も全部見えている動画派と、全部見えてる事に拘らない派のふたつです。前者は、リア [続きを読む]
  • 先進のオナニー・・・⁉?
  • この話題の最後に、A10サイクロンSAとA10ピストンSAの優れた点を紹介しておきます。それは、『VR+1D』という機能です。『4D』と言われたり、『3D+1D』と呼ばれたりしていますが、3D映像にもう一つ何かを加えた映像で、『体感映像』とも呼んだりします。例えば、テーマパークでは、3D映画の中で、風、におい、ミスト、或いは振動、揺れなんかを付加して、疑似体験をよりリアルにするなんて事をしています。USJの『ハリー・ポッター [続きを読む]
  • 電動オナホの頂点・・・⁉?
  • ハンズフリーというテーマからは、少し離れるのですが、今後のハンズフリーへの期待を込めて紹介したい道具があります。『性家電』で、日本のオナホシーンに旋風を巻き起こしている(株)RENDSさんの商品。注目は、A10サイクロンSAとA10ピストンSAです。どちらも、電動オナホの王道的構造ながら、先進技術と男の快感を追求した商品ということで、非常に興味深い商品です。ただ、現段階では大きいので刺激は電動なので手で動かした [続きを読む]
  • 亀頭バイブで、スローオナニー⁉?
  • さて、『ブラックロック7』に関して。基本的に、まあ、満足できるかなって思っています。ブラックロックシリーズは、ローターの配置や使うローターのサイズなどの違いで何種類も出ており、何処を刺激されるのが好きかで選ぶことができ、ぼくの選んだ『ブラックロック7』は尿道口と亀頭裏筋にローターが当たるように設計されています。そして、その配置が数字の7に似ているので、この名前となったようです。 [続きを読む]
  • 男のハンズフリーオナニ・・・⁉?
  • さて、引き続き男の為のハンズフリー関連グッズです。男の場合、女性以上に手が自由になるというのは重要です。その理由は、勿論、快感に集中する事はありますが、その他にも2つの大きな理由があります。1つ目は、快感に集中する事に通じますが、我慢を極めるって言えば良いでしょうか・・・自分で扱きながら、射精をコントロールする場合、快感に耐えて、射精を我慢するだけじゃなく、手のスピードもペースダウンさせてしまう。 [続きを読む]
  • オルガスターの由来・・・⁉?
  • もうひとつ、この『オルガスター』という命名についてです。開発者含めて、商品を売り出すにあたって商品の名前は、非常に重要です。更に、これほど精魂込めて開発した商品、この名前の由来が、非常に気になって、ネット上ではありますが調べてみました。結果、分からなかった。と言うか、はっきりこんな理由で、『オルガスター』と名付けたと書いてある記事が見つけられなかった。開発・販売元の(株)メルシーの高橋社長の対談記 [続きを読む]
  • 真面目なバイブ・・・⁉?
  • さて、前回書いた『オルガスター』っていう道具については、画期的だった点があります。勿論、形もだし、材質、発案者が女性だった事などいくつもあります。そして、更に重要な点として、ベストセラーになる条件のひとつ、購買者を変えたという点があります。バイブって、女性が使うモノと考えてる方が多いと思いますが、『オルガスター』が売り出される前までは、男が女性に対して使う事が多かった。この前、僕たちの事を書きまし [続きを読む]
  • ベストセラー・バイブ・・・⁉?
  • ちょっと、大袈裟な装置になってしまったので、本来のバイブに話を戻します。実は、バイブとかローターに関して、ネットではあったんですが、勉強した時期があります。当時、彼女と付き合い始めて半年とか1年とか経った時期で、2人で色んな事にチャレンジしていました。彼女にしてみたら、恥ずかしい事をさせられたと、振り返れば思うでしょう。ただ、僕たちは、痛い事や公衆の面前での行為、露出も含めてしない事前提に、秘めら [続きを読む]
  • ピストンチェア・・・!
  • さて、前回は装着タイプの紹介をしました。でも、ベルトが面倒っていう女性もいるんではないか・・・・って事で、発売されたのが、『ラブパートナー』の第2弾。『ラブパートナー・ピストンチェア』と言います。装着の面倒さは無く、ペニスをセットして座るだけ。勿論、リモコンだけは手に持って、後は、体を椅子に預けて感じてもらえばイイだけです。 [続きを読む]