Mr.としゆき さん プロフィール

  •  
Mr.としゆきさん: 真面目にワイ談-エロ親父の独り言-
ハンドル名Mr.としゆき さん
ブログタイトル真面目にワイ談-エロ親父の独り言-
ブログURLhttp://kyoutoshi12345.blog.fc2.com/
サイト紹介文ワイ談、下ネタ、幾つになっても大好物。 セックス、オナニー、濡れて、勃って、楽しんで下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供216回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2016/06/20 13:18

Mr.としゆき さんのブログ記事

  • 真面目なバイブ・・・⁉?
  • さて、前回書いた『オルガスター』っていう道具については、画期的だった点があります。勿論、形もだし、材質、発案者が女性だった事などいくつもあります。そして、更に重要な点として、ベストセラーになる条件のひとつ、購買者を変えたという点があります。バイブって、女性が使うモノと考えてる方が多いと思いますが、『オルガスター』が売り出される前までは、男が女性に対して使う事が多かった。この前、僕たちの事を書きまし [続きを読む]
  • ベストセラー・バイブ・・・⁉?
  • ちょっと、大袈裟な装置になってしまったので、本来のバイブに話を戻します。実は、バイブとかローターに関して、ネットではあったんですが、勉強した時期があります。当時、彼女と付き合い始めて半年とか1年とか経った時期で、2人で色んな事にチャレンジしていました。彼女にしてみたら、恥ずかしい事をさせられたと、振り返れば思うでしょう。ただ、僕たちは、痛い事や公衆の面前での行為、露出も含めてしない事前提に、秘めら [続きを読む]
  • ピストンチェア・・・!
  • さて、前回は装着タイプの紹介をしました。でも、ベルトが面倒っていう女性もいるんではないか・・・・って事で、発売されたのが、『ラブパートナー』の第2弾。『ラブパートナー・ピストンチェア』と言います。装着の面倒さは無く、ペニスをセットして座るだけ。勿論、リモコンだけは手に持って、後は、体を椅子に預けて感じてもらえばイイだけです。 [続きを読む]
  • ハンズフリーオナニー・・・
  • さて、何故ハンズフリーなのか・・・ハンズフリーで先行していて重宝されているのが、Bluetoothを手段とした、自動車のハンズフリーフォンでしょう。携帯電話が、車載のオーディオやナビに繋がり、携帯電話に触れずに電話できる機能です。この機能、何故、必要とされたのか?勿論、運転手も電話をしたいというのは前提として、運転中の通話による交通事故の増加が社会問題となった。つまり、ハンズフリーにする事で、運転手が通話 [続きを読む]
  • 魅惑のオナニー・・・
  • さて、スケスケ話題が終わったところでひとつ気になった事が。と言うのは、パンティの中のお話。そう、性器弄りの話です。男でも女でも、自分で触れて、弄って、自ら愉悦に導く行為、オナニーについて考えてみたいと思います。このオナニー、男女共、いつのまにか覚える、後ろめたさを覚えながらも止められない行為です。自分ひとりで、好みに応じて絶頂に導けるのが、セックスと少し違う。基本、男も女も、手を使って性器を弄る。 [続きを読む]
  • 透けて見える肌・・・
  • 透けて見えるシリーズ、最後はやっぱり素肌でしょう。それも、下半身。前回も少し、話題にしましたが、黒の網目のワンピースっていうのは、女性のボリューム感というか、凹凸感を強調してくれるので、凄く官能的な演出をしてくれる。この写真は、プロフィール写真の衣装で、前から撮ったモノです。この時も、ラブホではなかったけど、2人で長時間ホテルで過ごし、セックスの合間に彼女がその日着てきたアウターを羽織って、飲み物 [続きを読む]
  • ボディコンワンピの魅力・・・
  • それでは、今回はパンティについて。これは、季節に関係なく、スマホを使っての盗撮なんかよく聞きます。それでも、やっぱり夏は、スカートもの丈も短くなるし、意外な場面での、女性のパンティを見かけると何となく得した気分になる。まあ、言うなれば、ぼくは、安上がりの男です。ただ、最近、駅のベンチの設置方向が変わったので、向かいのホームのベンチに座ってる女性のパンティが見えるっていう状況は無くなっちゃいましたけ [続きを読む]
  • 夏の乳首・・・
  • 前回は、揺れについて話しました。夏になると、やっぱり気になるのは、乳首とパンティ。まずは、乳首について話ししたいと思います。乳首って、男でもTシャツ一枚だけだとプチっと飛び出すので分かる。つまり、女性なら当然、はっきり、その存在はわかります。特に、授乳した事のある女性にとっては、乳首が大きくなっているから余計に分かる。熟女のノーブラ・Tシャツがエロいのはその点が大きい。ただ、男でさえ、擦られて痛いっ [続きを読む]
  • 魅惑の揺れ・・・
  • 週末になって急に暑くなりました。6月になったので、世間では完全に夏服に衣替えですが、平服というか、オフで着ている服も一気に薄着になっています。先日、駅から歩いて帰ってくる時に気がつきました。前から、白いTシャツとジーンズという、まさに夏の装いの女性が歩いてくる。少々、ダイナミックな歩き方。30代半ばくらいの平均的な肉付きながら、遠目で見ると何かが違う。近づいてくる姿を見ながら、何が引っかかるのか考えて [続きを読む]
  • まるでセミ・・・
  • さて、昨日の続き、190cm近い女性についてですが、この話は、そういう女性を見かけたというだけで、なんかしたとか、勿論、セックスしたなんて事はないので、ぼくの妄想と思って聞いて下さい。兎に角、背の高さで、20cm違う。足先を合わせてベットに寝たら、頭のてっぺんでも彼女の肩くらい。丁度、目の位置がトップバスト辺りでしょう。こんな事を考えながら、彼女とセックスしている姿を妄想しました。思わず笑っちゃったんです [続きを読む]
  • 背の高い女性・・・
  • 最近、忙しさにかまけて、更新できませんでした。話題不足という点もあるんですが、自由になる時間も少なくて・・・御心配のメールを頂いたり、スイマセンでした。もう少し、古くなっちゃったんですが、載せさせて頂きます。日曜日に、凄く背の高い女性を見かけました。素知らぬ振りをして隣に並んでみましたが、はるかに背が高い。きっと、190cm位はある感じ。がたいもしっかりしてて、きっと、どこかのバレーボールとか、バスケ [続きを読む]
  • 男より女の方が長生きできるのは・・・?
  • 土曜日の朝のテレビ番組なんですが、『チコちゃんに叱られる』っていう番組を知っていますか?NHKの番組ですが、中々面白い。まあ、塚原アナウンサーも可愛いですし、一度見ることをお勧めします。今回、その中で、『なぜ男より女が長生き?』という話題がありました。その答えに関して、そうだったんやって感心したんですが、その答えは、『男も初めは女だったんだけど、無理して男になったから』という事。 [続きを読む]
  • 遠き日の彼女彼女・・・
  • 彼女が、背を向けて着替えていた。下着だけになったかと思うと、その上からスカーフ一体になった上着を着て、スカートを上げた。腹の肉が少しぷっくりとし、脚の肉が付き、二の腕に揺れるものが見えるが、魅力的な、セーラー服の後ろ姿。ゆっくり、向き直り、ぼくの目の前には、セーラー服を着た彼女がいた。生唾を呑み込み、上から下まで、舐めるように見る。そして、顔を上げた時・・・・彼女の顔が、少しふっくらし、シワが無く [続きを読む]
  • 大人セーラー服・・・
  • 前回、女子高生のセーラー服姿を見ても、エロく感じない。そんな事を書きました。中には、ロリコンで少女好みの方もいるでしょうが、一般的に感じないと思います。じゃあ、何でラブホ・コスプレの定番がセーラー服なのか・・・ぼくも、彼女とコスプレにハマっていた頃、セーラー服を着てもらおうとした事もありますが、彼女は拒否でした。ミニスカポリスとか、チャイナドレス、レースクイーンなんかは着てくれたんですけどね。セー [続きを読む]
  • 夏の楽しみ・・・
  • 5月も後半になって、爽やかな季節です。まあ、梅雨に入るまでの何週間かが、一番イイ季節だと感じる方も多いと思います。ぼくは、出張が多いので、いつもの車通勤の他、ホテルから会社までの間、ひと駅とかなんですが、地方の電車に乗ります。都会の満員電車とは違って、人の観察も出来るし、多いと言っても見渡せる程度なので綺麗な女性を見つける事も出来るし、それなりに楽しいもんです。会社の始業時間が8時という事もあって、 [続きを読む]
  • オナニーに耽る・・・
  • オナニーをしている彼女を妄想して作ってみました。女性のオナニーって、綺麗に見えちゃう。男って、そうなんでしょね⁉?不思議です、でも、そそられる。それが、女のオナニー現場なんだと思います。耐えきれず揺れて仰け反る 快楽美股間の指に 委ねる女体 ランキングが上がると、テンションも上がります。三つ共、ポチポチっと宜しく! [続きを読む]
  • 女の顔・・・
  • 翌日、昼休みに、その女性からメールが届いた。『今日、どうですか?』流石に翌日、メールが来るとは思わなかったので、電話番号書いてあるにも拘らず、ぼくはメールで返信した。『いいの? ラブホ行くんだよ?』『はい、時間が経つと決意が揺るぎそうなので・・・』『分かった、どこへ行けばいい?』『昨日、私を下ろしてくれたところで、待ってます』『分かった、6時に行きます』 [続きを読む]
  • 40代の女性・・・
  • 何人目という話題はこの辺にしとこうと思っています。他にも聞いた結果としては、『もし、トシとそうなったら、21人目かなぁ・・・』っていう女性もいました。結局は、未だにそれ以来、会えていないので、どうなっているかは知らないのですが、結婚してからはと聞くと、3人目。もう一人、その人とはベットの中で、裸での会話でした。『恥かしいけど、トシが3人目・・・』ただ、初めての不倫ではなく、ぼくは彼女の2人目の不倫相手 [続きを読む]
  • タイムスリップ・・・
  • 彼女の昔の男に関してもう少し話をします。仮に、『トシは、20人目位かな・・・』って言われたなら、そんなに多いのかで終わって、昔の男に関心を示すことは無い。5人という微妙な数字が興味をそそられる。横で寝ている、少し前には下半身で繋がり、喘ぎながら、体を揺らせ、全身で快感を表現していた女体をぼく以外に4人の男が触れて、同じように淫らに揺れる彼女、それも若き日の彼女を感じながら、彼らも快感の中にいた。自分の [続きを読む]
  • 昔の男達・・・
  • 前回は、経験人数の多い強者女性の話を書きました。小心者ゆえかもしれませんが、やっぱり、自分より経験人数が多いと言われると、縮こまる部分があります。ただ、これが風俗の女性だと何とも思わない、不思議です。以前のブログも含めて、ネットで知り合って、現実世界で顔を合わせた女性が何人かいます。彼女達には、『ぼくは、何人目の人』って大体聞いています。このブログの中に登場する彼女もこの中の1人ですが、勿論、彼女 [続きを読む]
  • 男は、びびる・・・
  • 『僕で、何人目?』この質問を何人かの女性にした事があります。嘘を付かずに、ちゃんと答えてくれる人は、3人に1人位だそうです。そして、東京のOLを対象とした統計では、0から1人と2人から5人を合わせて、50%を超えるという結果で、それでも平均を取ると8人弱になる。何故か?強者が居るからです。15人以上という部分に10%強の女性がいました。この中には、50人を超える人も何人かは居ると思います。そして、彼女達が平均を引き [続きを読む]
  • やっぱり、経験者・・・⁉?
  • 印象に残っている人・・・勿論、初めての人もその中のひとりです。ただ、1番じゃ無いのは、上手くいかなかったからなんでしょうネ。この辺りは、上手く分からないのですが、それ以上に強烈な印象の方が居たからという事は間違いないでしょう。でも、初めての事、彼女のスベスベの肌や、柔らかい乳房やお尻、その感触は、生まれて初めての事、忘れられるものではありません。ただ、挿入した感触は、楽しめるものでは無かった・・・ [続きを読む]
  • 忘れられない相手・・・
  • 瞳と俊之の再会もハッピーエンドという訳には行きませんでした。という事で、今後もこのシリーズを続けて行くんですが、この物語の中で、俊之にとって、瞳は特別な女性として描いています。それは何故か?それは、俊之のセックスに最も大きな影響を残す女性だからです。つまり、セックスまでは自嘲したものの、女の性を若き俊之に教えた。男の人生の中で、何人かの女性に巡り会いセックスをする。ただ、誰しもその中のひとり、或い [続きを読む]
  • 第六章 再出発⑤
  • 『瞳さん』俊之は上半身を起こすと周りを見ながら、大声で呼んだ。『まだ、居るわよ』隣の部屋から、声と共に瞳が姿を見せた。『昨日は、激しかったわね。腰が、少し重い。でも、気持ち良かったわよ。俊君もシャワーを浴びて、服を着たら、朝御飯に行きましょ』『はい、ぼくも下半身、ジーンとしてます』俊之は、少し重い体を起こすとシャワーを浴び、服を着た。その間も、下半身に残る疲れが、昨夜の炎を思い起こさせていた。 [続きを読む]
  • 第六章 再出発④
  • 『瞳さん、という事は、今日でお別れって事ですか?』『そうね』『そうですか・・・』俊之は、別れの悲しみを紛らすかのように、瞳を抱き寄せ唇を重ねようとした。『ちょっと、待って・・・、私、俊君に謝らないとないと。ごめんね、結局、二股になって・・』俊之は、その点については、意外に冷静だった。『それは、イイんです。きっと、瞳さんには、そういう人が居るって思ってました。でも、どうして、ぼくだけじゃダメだったん [続きを読む]