みのるん さん プロフィール

  •  
みのるんさん: 果実な日々
ハンドル名みのるん さん
ブログタイトル果実な日々
ブログURLhttps://minorun.exblog.jp/
サイト紹介文minoltacord、minoltaXD、NikonFM3Aのフィルムとデジタルで撮っています
自由文日々の生活に花が咲き、実がなりますように。
写真大好き!フィルム万歳!!
10年以上まえに、はじめたブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2016/06/20 13:44

みのるん さんのブログ記事

  • 春の雨とにおい
  • 雨です春の雨ってずっとすきだったほかの季節にはない香りがしてわくわくと不安が入りまじった朝幼いころいってきまーす!玄関を飛び出して雨の中へとにかく傘をさすのがへたくそでした濡れるのは気になっていたのかいなかったのか学校に着くころには足はもちろん頭以外はびしゃびしゃになってそれでも一日何事もないかのように授業を受けたなーある... [続きを読む]
  • きょうも窓 series 21 心と隙間と窓
  • きょうも窓シリーズでは、わが家から見える風景を切りとっていますひさしぶりにならべてみます前半は2017年ですながれるように2018年へあぁきょうもうつくしい10月29日 日よう日16:51虹!2重!!ぜいたくだ10月31日 火よう日6:16朝陽 ポカっ11月1日 水よう日5:40グラデーション舟も星も光る6:17ぽかり17:... [続きを読む]
  • 女王への道
  • 春の森シダさんのあかちゃんがいてかわいいダンスしてるみたい!バレリーナみたい!!とおもってシャッターをきったそうそうわたしね昨年はじめてできるようになったことがあって!開脚です180°に足を開いてびたーーっっとお腹から頭を床につけられるようになったんです『開脚の女王』になりました幼いころからバレリーナにあこがれていて習ったことはないけれど自分... [続きを読む]
  • かさなり
  • ごぶさたしていました年度末までに終わらせたいいろいろが押しよせて日に日にふくれあがってぱんぱんにはりつめていた自分がいましたいまはすこしすっきりすこし力を抜いてゆるゆる写真をインスタグラムにアップしていたけどブログにさわっていなくてブログにはゆっくり向きあいたいというささやかなこだわりが自分にはあるのだなーとおもったブログを開... [続きを読む]
  • 珈琲の時間
  • 朝の珈琲の時間がすきときどき前の晩から翌日の珈琲を考えてむふっとしてしまうこともあるなんでこんなにむずむずしてしまうのか自分でも不思議におもう香りがすきなのだろうか苦さがいいのだろうか珈琲とともにある時間をたのしんでいるのだろうか甘いものを一緒に食べるわけでもなくデスクに珈琲を運んで仕事をし始めるときにパソコンを眺めながらひとすすりこの時間... [続きを読む]
  • 明日のため 今日うたう
  • ちいさい人が通信教育で貯めたポイントをつかってMP3プレイヤーに交換したいーっぱい曲が入るんだって!何千曲もはいるらしいよ〜そりゃいいねぇ入れて〜♪うんあの曲がいい♪♪そうだね、いいねいいんだけどさ、とりあえずはさ、まず試しにさ、ひとつ入れてみようようんなんでもいい?とりあえずだからさ うんうへへ???えへへ ♪ あした... [続きを読む]
  • トコトコと あたらしいコト
  • なにかと新しいことに乗りだすのが苦手らしいのです新しいことをはじめるときこわいなーだいじょうぶかなーいいのかなーうまくいくかなーと身構えてしまいます昨年末から新しいことが動きだして前からやってみたいと思っていたことだったけどいざスタートするとなると不安要素がいっぱいあふれてきた進むか立ち止まるかそういう状況に出くわすときもしかしたら自分ひとり... [続きを読む]
  • いってかえる
  • 学校へ向けて歩きだすとききのうさーまたサルの大群がここらででたよーと話した・・・ちょうどそのときダダダダダっ黒っぽい大きなものが目のまえを横切った???はははははーシカさんだったね〜でっかかったね〜一匹だけだったね〜すごい速さだったね〜はははははー学校へ行って帰る道うつくしい光に包まれる道行きは紅色の朝陽が海から昇りゆくのを眺めな... [続きを読む]
  • フィクション
  • 写真て目の前のものをそのままきっちり切りとって写すけど切りとる行為こそがフィクションを生む視界に広がるすべてを取り入れたらこうは見えない自分の見方目に入れたいと思うモノつくりたい世界切りすてることで生まれる切りすててこそ生みだせる写真部門に応募しますにほんブログ村 [続きを読む]
  • 夕暮れ時
  • 朝家族を見送ってから夕方までの間わたしはほとんどの場合家で仕事をしています月に何回か出かける仕事があってそのときには人と会って話したりするけれど基本的には毎日デスクの上で作業をしつつメールが飛びこんできたらそれに返事をしてまた作業をすすめるといった感じですほとんど人との会話はなく気づくと時間が過ぎています昼間は「時」というものに対しての感覚... [続きを読む]
  • 山茶花の頃
  • さぶいのね〜さぶいのな〜って言ってはいけないけれど言ってもしょうがないけれど山茶花の季節冬の中でも最も寒いときを迎え日に日に着ぶくれし夜な夜な布団にかけるものが増えていく掛け布団の上に毛布やブランケットを3枚かけてもふもふの敷き毛布しいて湯たんぽを抱いて あぁぁ  それでも   それでも     ・・・・・・山茶花外をあるくと道ば... [続きを読む]
  • ぷくぷく ふくふく
  • あけましておめでとうございますぷくぷくふくらんでしまいましたわもりもり食べてよくよく呑みましたわそんな年末年始よかったよかったわ年末に読みおえたヤマザキマリさんの『国境のない生き方』という本本の帯だったかな、  ― 悩みなんて地球規模で考えたらハナクソ ―みたいなことが書いてあってあはははあの『テルマエロマエ』描いた作家さんだしねおもしろ... [続きを読む]
  • 「 」へ
  • 目の前のことに夢中になっているうちに12月が終わろうとしています今年1年を見送ろうとしていますいい一年だった〜とおもいますとおもいたいです旅にも出られたしおいしいごはんもつくれたし誠意をこめて仕事に取り組めたしよかったそれと今年はこれまでながくながくながくつづけてきた写真をひとに認めてもらえる機会があってうれしかった写真は自分の表現方法の... [続きを読む]
  • 異国に降りそそぐ光 番外編3
  • 旅写真もたぶんこれで最後ほんの何枚かしか撮っていなかったフィルムカメラの中からこの一枚が出てきたとき撮った記憶があったようななかったようなはじめて眺める写真のようなつもりでじんわりといいなとおもった人生の相方さんと企画して実現した旅帰りの飛行機に乗りこんだこの時旅のおわりを惜しむというより旅の充実感にひたっていた気がする朝早く出発する予定だった便... [続きを読む]
  • 異国に降りそそぐ光 番外編2
  • 前回につづいて旅のフィルム写真を引っぱり出してきました以前書いた記事『異国に降りそそぐ光 4』のトップ写真と同じ場面で撮った2人のシルエットですあるく2人のすこしうしろをついてデジタルで数枚撮った後にフィルムカメラでも撮っておこーっと一枚だけこちらをおさめました手前の地面の柄がメロンパンみたい(*^_^*)フィルムだからといって光線がゆるくなっているわ... [続きを読む]
  • 異国に降りそそぐ光 番外編1
  • すこし前にブログにアップしていた「異国に降りそそぐ光」シリーズの番外編です旅には以前アップした作品を撮ったデジタルカメラのほかにフィルムカメラも持っていっていました2台のカメラをごろごろカバンの中にいれて空港を飛び立ったわけですが結果的に数枚しか撮らずに帰ってきましたもともと今回の旅は「写真を撮ってやるぜ!」と思っていたわけではなかったから当然といえば当然です... [続きを読む]
  • 魔法の窓
  • 丁寧に撮った写真を大事に額におさめたものを部屋に飾ってもらうことになった一生懸命つくった額が吊り具にさげられて壁に飾られたときとてもとてもうれしかったありがとう窓がひとつ増えたみたい魔法の窓異国も過去も夢の世界ものぞける窓あまりにもうれしくてうつくしくて絵にしてみた撮ったら撮りっぱなしがほとんどの作品たちだけどこの窓にこれからももっとのぞい... [続きを読む]
  • さんぽ&クイズ中の産物
  • さんぽが好きですしょっちゅう歩いてますもともと通学でも通勤でも基本30〜40分は歩いていましただからうちのちいさい人が学校にいくとき途中までついていってますいやがられる日がきたらひとりで歩きますけどね今は会話を楽しみながら主にちいさい人のおとぎの国にあふれた脳みその中の話が中心ですけどねそんな毎日を習慣にしていますだから休みの日でも体がムズムズするので... [続きを読む]
  • 写真の三大要素とLOMO LC-A
  • きょうもLOMO LC-Aからの一枚写真家のハービー・山口さんが言ってた「写真の三大要素は、決定的瞬間をとらえる『シャッターチャンス』、画面にドラマ性を持たせる『光』、そして、自分のテーマを強調させる『構図』です。それらがすべてそろって、初めて名作が生まれます。」LOMO LC-Aというカメラを構えていたらこの言葉の重要性がわかる気がしたLOMO LC-Aと... [続きを読む]
  • クセに歩み寄る
  • LOMO LC-Aは気がむいたときしか手にとらないカメラクセのつよさに自分が対応できるかどうか心の準備がないといけないような気がしてつい放置してしまっていただかど今回なんか撮れる気がすると久方ぶりにフィルムを装填した「写るんです」的なこのカメラの”カチリ”というシャッター音には信用ならないというか物足りなさを感じてしまっていたのも正直なところだったわた... [続きを読む]
  • ここだから いまだから わたしたちだから
  • minoltacordの現像ができあがり手元にとどきました9月に写真をブックにまとめてイベントに出展してひと段落したきょうの写真はそのあとにまたシリーズの延長で撮った一枚いろんな人に作品を見てもらえていろんな評価をもらったあとに自分で納得しながらシャッターをきったこの写真はわたしの新しいお気に入りの一枚に加わったここに生きる意味ここで暮らす覚悟大げさだけど... [続きを読む]
  • 異国に降りそそぐ光 7
  • 夏の旅をつづった「異国に降りそそぐ光」シリーズの最終編です闇に浮かびあがる街灯はうつくしいむかし街灯ひとつひとつに火を灯していく仕事があったという物語を読んだことがあるけれどその光景がとても似合う街だと思った異国の闇というのはその国の光と色を知るのには特徴的な時間帯だとおもうたとえば闇を迎えたときにあまりにも暗くて目をつぶっているのか開けて... [続きを読む]
  • 異国に降りそそぐ光 たべもの物語
  • 旅先のたのしみ食べること食にまつわる思い出はそのときの空間や会話も浮かびあがる今回は番外編として旅のなかで味わったものをつらつらと飛行機に乗ってまずシャンパンスナックにもらったバゲットのお菓子のなかからハート型を発見機内食とともにバゲットが!!うましこども用特別☆食べられるのは今だけだねうらやまし海外のスーパーだいすきモーニングのパ... [続きを読む]
  • 異国に降りそそぐ光 6
  • 信仰とかに興味のないわたしだけど旅先では教会をみつけると中を覗きたくなるどんなにちいさな街でも教会という建物がきちんとつくられていてそこに暮らす人たちに丁寧に守られているんだなという感じがすき中にはいると外にあった空気とはちがう流れがあり落ちついた雰囲気に包みこまれるなにより射しこむ光がうつくしい自分の外に射していた光が教会の中では自分の内に... [続きを読む]