みのるん さん プロフィール

  •  
みのるんさん: 果実な日々
ハンドル名みのるん さん
ブログタイトル果実な日々
ブログURLhttps://minorun.exblog.jp/
サイト紹介文minoltacord、minoltaXD、NikonFM3Aのフィルムとデジタルで撮っています
自由文日々の生活に花が咲き、実がなりますように。
写真大好き!フィルム万歳!!
10年以上まえに、はじめたブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/06/20 13:44

みのるん さんのブログ記事

  • 撮ったわたし 眺めるわたし
  • ひさしぶりにフィルムで写真を撮った注文に出してから1週間どきどきどきどきプリントが手元に届いて封を開けて!よし見てみようと!1回目 1枚1枚めくる→なんかちがう撮ったときと全然ちがうこりゃ何撮ったんだい?あ〜れぇ〜あぁぁぁーがっかり2回目 部屋を一周のたうち回ってまた戻り1枚ずつめくる→んん〜なんじゃこりゃーでもこの1枚だけはわるくないかも... [続きを読む]
  • たくましき2羽と
  • キラキラと笑ったきみとおどる海さあ出発だ!たくましき2羽わが家ではしょっちゅう「海外行くなら、今どこ行きたい?」という会話が飛び出すというかもっぱらたずねるのは私からなんだけど『今』って入れて聞くのがポイントで行きたいところは常に変動するとおもっていてそのときに読んでいる本やちょうど見たテレビ番組やちょっと耳にした話やいろんな影... [続きを読む]
  • さぁて、どれでしょう???
  • さぁて、どれでしょう???①「ラーメンひとつおねがいしまーす!」②「ひみつだよ、さっき冷凍庫のアイスたべちゃった」③「1等賞とるからね、運動会!徒競走もリレーも」④「おとなになったら、年収一億円かせぐからいっしょに世界中を旅しようね」⑤ "Wow! Great!! This is the greatest sky I've ever seen!!"... [続きを読む]
  • きょうも窓 series 22 自分の立ち位置
  • きょうも窓シリーズでは、わが家から見えた風景を切りとってのせています。22回目になりました。あっという間に半年。このシリーズいったい何年目なのだろう。4月26日 木よう日5:13しずかに明ける忙しい朝におだやかな心をとり戻してくれる5月11日 金よう日5:05安定した空と海ありがとう5月24日 木よう日5:05雨あがりの朝すっきり6月21日 木よう日19:03... [続きを読む]
  • 自分の底
  • なんでもなさすぎるけどなんでなのかなんだかシャッターを切ってしまうこういう光考えなしで撮ってしまうことばかりだからなんでわたしは写真を撮ってるのかなってしょっちゅう思うんだけどなんなんだろか自分の根っこの部分は自分ではわかっていないことが多すぎて言葉にしたくて表現しきれないいろいろもろもろがあってそれがたまってくるとそのバランスをとるひ... [続きを読む]
  • “今”
  • 「未来への贈り物とは “今”にすべてを捧げることである」 アルベール・カミュアルジェリア出身でフランスの小説家であるアルベール・カミュ彼の作品を読んだことはないけれどふとひとつの言葉が“今”のわたしにひっかかった“今”は目の前にしかなくてあっという間に“今”は過去になっていく駆け足で目の前のことをこなして大事にできていないことが多すぎて思い出したら... [続きを読む]
  • フィルムで写真を撮りたい・・・撮りたい・・・・・・撮りたいとおもいながらけっきょく一年前の彼岸花去年撮ったいくつかの彼岸花のなかでどれがいいか選べないまま放っておいた彼岸花今年も光を探しつづけて納得いく光にめぐり逢わないと理由をつけて過去に頼る彼岸花10年後の自分が「あぁ・・・もしも10年前のわたしだったら」なんて言いませんように... [続きを読む]
  • MONET
  •  水面の反射のおかげで 空も池も木も花も 自分が見つめたすべてを 絵のなかに 閉じこめることができた  クロード・モネ  Claude MONETちいさい頃にモネの絵に出会ったのをきっかけになんとなくモネがわたしのなかでずっと引っかかる存在としている(→過去のブログより「異国に降り注ぐ光 3」)モネのどこがすきなのだろう絵をながめているとモネの感情が... [続きを読む]
  • ちゃんとさん
  • 猛暑といわれる夏をひきづっていても冷夏のあとだとしても雨のない日がつづいても急に冷え込んだとしても台風で荒れたあとでもちゃんと咲くちゃんとお彼岸の頃にはにょきっと茎を伸ばしひょこっと花を広げる毎年裏切らないこの花はすごいと思う毎年顔を見てからそうだこの子はすごい子だったと思いだすわたし [続きを読む]
  • ☆いっぱい
  • これニラの花食べられるんやよ〜って近所の人はおしえてくれたけどいつ挑戦してみよう?花が星の形に似ているから花言葉は「星への願い」幸せの象徴である星が集まって咲いているから「多幸」ともいわれるんだってかわいい花そのにおいはやっぱり餃子を思いだすいやニラレバ食べたくなってきた鉄分補充したくなってきた〜 [続きを読む]
  • 思いこみ/フォーマット/流れゆく光
  • 前にも撮ったよねーと思いながらもまたシャッターをきったおなじような場所でおなじような光だった分かっていながらやっぱりすきだなーとだけどしばらくして前の写真を見返してみたらなんかちがう前に撮ったのは冬だった光もぜんぜんちがう「こういうの撮っちゃうよねー」っていう思いこみがもっと強かったらもしかしたら今回のシャッターにはつながっていなかったかも... [続きを読む]
  • 落としもの
  • 夏ももうおわりあしたもあさってもつづくと思ってた夏なのに四季の中で夏は季節がおわっていくなーって実感が一番あるかも春も秋も季節のおわりにおわっちゃうなーなんて思う間もなくいつのまにかあぢ〜さみ〜って言ってるし冬のおわりも花が咲きはじめて気づくとあぁだんだんあったかくなってきたねみたいになってる夏の間あんなにあづい〜べとべとだらだら... [続きを読む]
  • おかげさんのパン
  • 前回の投稿につづいてわが家の食のこといつも朝ごはんをつくってもらっているわたしです(!?)つくってもらっている間わたしは洗濯したり納豆をまぜたりお茶を入れたりテーブルをセッティングしたり夏休みなど限定でお弁当をつくったり(もっとつくれ〜!)なんとなく動いてるつもりです(あくまでも“つもり”)こうやって役割分担しながら朝時間を台所でいっしょに過ごせるのは... [続きを読む]
  • 目玉焼き
  • 相方さんが毎朝つくってくれる朝ごはんたまごとごはんとみそ汁たまごはいつも卵焼き目玉焼きは年に数回でちょっと特別この日10年以上すごしてきた日々の中で相方さん特製の目玉焼きを食べたのは何回目だっただろうほんとは相方さんがすきなのは固い黄身のはず・・・だったのにこのところとろとろの仕上がりわたしはとろっとろが大すき火加減と時間を工夫してメモ... [続きを読む]
  • アズカリモノ
  • 夏休みも2週間ほどがたち今日は登校日毎日にぎやかなわが家だったけどしばし静かな空間になっているいつも前向き発言で笑わせてくれるこの子はいったいどこで遺伝子をひろってきたのだろうと思うことがあるつい文句ばかり口から出てしまう私なのにそれを笑いに移し替えてくれる才能は申し訳ないけれどありがとうでいっぱいずっと持っていてほしいそしてなにより私がちゃんとその姿勢か... [続きを読む]
  • 旬でぐるぐる
  • 旬を食すということそれは贅沢で忙しく頭を使うことだとおもう庭にあるちいさなブルーベリーの木は3年目になり去年より実をつけてくれたフレッシュなベリーを摘んだはいいけれどどうやって食べようホットケーキにはのせたし混ぜこんで焼いたしヨーグルトにもトッピングしたチーズケーキかなパウンドケーキかなでもこないだプラムのバターケーキ焼いたしなー暑くなっ... [続きを読む]
  • もやもや
  • もやもやをあるくもやもや湿度の高いこの地域では年に何回かもやもやで目の前が覆われることがあるもやもやこういうもやっと感わたしはきらいじゃないもやもやいってらっしゃーいと見送るともやもやの中へ消えていったもやもや森をあるくと温泉の中にいるみたいに体中を水滴が覆いつくすうるおう〜もやもやわが家から見える景色は真っ白な世界... [続きを読む]
  • 毎日言う10の言葉
  • 1.おはよー!2.おいし〜い3.お椀の汁、見て食べてね4.いいじゃ〜ん!きのうよりよくなってるじゃーん5.いってらっしゃい、気をつけてねー6.夕飯なにがいいかなーーー7.おかえり、給食なんだった?8.ごゆっくり〜(お風呂)9.みそしる!! お椀のしーるー、ちゃんと見て!10.おやすみ。またあしたね、今日もありがとう [続きを読む]
  • そのまんま
  • 先週はずーっと雨だったなとおもっていたら今週はずーーっと雨なし週間予報季節はかわっていく日々のことが言葉に変換できないなー紡ぎだせないなーとなやんでいるうちに次の季節がせまってきていろいろを定義できないままいつのまにか見送ってる気がつけば昨日のことも去年のことになって去年のことが5年前になって [続きを読む]
  • うまし ほりたて
  • ほりたてのたまねぎさんじゃがいもさんにんじんさんをごろんごろんごろんとならべてオーブンで焼きますじわりじわりと火が入りますついでに手羽元もぎゅぎゅぎゅっとおしこみますこれがうましなのですた素材のうまみが頼りなのでわたしには味の責任がないところも気がラクなのですた [続きを読む]
  • そして、メガネザル
  • 前回のブログ(→ 朝露とベリー)で摘みとったちいさな庭のちいさなベリーたち休日の朝にはハチミツマリネにしてだいすきなホットケーキとともに食卓へこの時間をこよなく愛しているんですわたしこの日の朝のベリーたちはメガネザルに変身させられうきうき胃袋へ [続きを読む]
  • 朝露とベリー
  • この季節のたのしみのひとつ「朝 庭にでて ベリーを摘む」なんていい響きなんだろうその時だけはまるで北欧に暮らす少女の気分朝露の中をざくざくと歩くちいさな畑だけどほとんど手入れしていなくてベリーたちより元気にのびてしまった草木がサンダルの外からつんつん素足に攻撃してくる赤い実口に入れると野趣あふれる [続きを読む]
  • 王子さまとバラ
  • バラをうえました『星の王子さま』(サン=テグジュペリ 著)がすきだとこれまでにも何回か書いた気がするバラを見ると星の王子さまを思いだすのよー王子さまは自分の星に咲いたバラがヒツジに食べられないように覆いをしてあげたりバラのわがままを聞いたりしていたんだけどそのバラを星において旅をしている「だれかが、何百まんもの星のどれかに咲いている、たった一輪の花がすきだ... [続きを読む]