ぱぱっち さん プロフィール

  •  
ぱぱっちさん: 父ちゃんが教えたるっ!
ハンドル名ぱぱっち さん
ブログタイトル父ちゃんが教えたるっ!
ブログURLhttp://kateikyousi.link/
サイト紹介文小1で小学算数が、小2で中2数学が終わってしまった!小4長女、小2長男の子育て記。国語・作文・英語。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/06/20 20:03

ぱぱっち さんのブログ記事

  • 語彙力アップのシンプルな遊び
  • 私はユーチューバーさんの動画がけっこう好きです。そして、最近とくにハマって見ているユーチューバーさんが、文学YouTuberベル【ベルりんの壁】https://youtu.be/R2fzKtwFszIメインは本の書評を動画で流すという読書大好き文学少女?です。彼女の影響で本も何冊か読みました。 さて、彼女が「語彙力」に言及した動画を見たとき、「本が大好き」とか「語彙力が高い」とか、そういう人ってやっぱ言葉に対する関心?執着?が強いん [続きを読む]
  • ブレイブボード、キックボードの収納を作ってみた
  • 先日、子どもたちに、「ブレイブボードとキックボードの収納方法のアイデアを考えてほしい」とお願いしてみました。立てるのか、引っかけるのか、木を使うのか、ダンボールを使うのか、ネットも参考にしながら考えてほしいと。画像検索をかけると、例えばこんなのが出てきます。ただし、住環境的な条件があります。マンションなので、壁に木を打ち付けるとかなしです玄関は狭いので、外のポーチに置いておきたい壁に穴はあけられま [続きを読む]
  • 子どもの自主性を育てる方法
  • 子どもの自主性・主体性の育て方を書いたページを読むと、だいたい同じことが書かれています。多くのおうちの方が思っている“自主性のある子”というのは、勉強を自分からやり、片づけも自分からして、お手伝いも進んでして……つまり、いちいち言われなくても、こうした生活習慣的なことがどんどんできる、やってくれる、そういう子と考えています。しかし、それは自主性のある子ではありません。それは、親がやらせたいことを自 [続きを読む]
  • 羽ばたき飛行機を作ってみた
  • 最近は、子どもたちといっしょにドラマを見ながら、やいのやいの言うのが楽しく感じる父ちゃんです。今は、『まんぷく』と『僕らは奇跡でできている』を見ています。 さて、このごろ遊びと勉強のバランスについて考えています。勉強を減らして、遊びのウェイトを増やそうと思っているわけですが。以前にも書きましたが、勉強に関してはとりあえずそこそこがんばっていればいいかなと思うのがひとつ。もうひとつの理由が変な話です [続きを読む]
  • 算数力を素因数分解してみる
  • 「算数ができる」とは具体的にどのようなチカラがあることなのか。具体化してみようと思います。なぜこんなことをしてみたかというと、子どもたちに対して、「お前たち、自分は算数ができる、賢いと思ってるだろ?それ勘違いやでw ほらね。これらのチカラがちゃんとあるかい?」っていう話。問題を理解する力問題が理解できなければ何も始まりません。解き始めることすらできません。100%国語力です。問題を整理する力問題に書い [続きを読む]
  • 初めて全国統一小学生テストに申し込む!
  • ふと思い立って全統小を受けさせてみることにしました。父「全国統一小学生テスト、受けてみる?」娘&息子「やるやる〜〜!」わけもわからず、何でもやりたがる子どもたちです。今まで見向きもしなかった全統小を、なぜやってみようと思ったのか?それは、「お前ら今、全国の小学生ヒエラルキーの最下層にいるんだぜ!」ということを教えてやろうと思ってwたぶん子供たちは自分のことを賢いと思ってると思うんです。私も子供の時 [続きを読む]
  • 【仕事算】全体の仕事量を設定することだけ知っていれば簡単
  • 過不足算に引き続き、これまた息子に教えるのを忘れていた仕事算。急遽、教えることに。過不足算に比べたら、かなり簡単に思います。A1人では16日、B1人では20日かかる仕事があります。この仕事をA、B2人で共同で4日働いて、残りをB1人でしました。この仕事は何日間で仕上がりましたか。仕事算は、全体の仕事量を設定することだけ知っていれば、難しくありません。この問題の場合、Aが16日、Bが20日ということなので、 [続きを読む]
  • 【過不足算(差集め算)】基礎から入試問題まで
  • 「そういえば、息子のほうにはまだ過不足算を教えてなかったな」ということに気づき、夏休みを利用して教えることに。お姉ちゃんの復習がてら。過不足算は線分図で解くやり方と、面積図で解くやり方の2通りありますが、面積図のほうが簡単で理解しやすいため、基本的には面積図の解き方がオススメ。基礎編折り紙を子供に配る。3枚ずつ配ると20枚あまり、4枚ずつ配ると5枚足りなくなる。子供の人数と折り紙の枚数を求めなさい。まず [続きを読む]
  • キャニオニング&ラフティングをやってきた【みなかみ】
  • 水上はなかなかいい所だった水上といえば「温泉」や「スキー場」のイメージですが、川遊び系もかなり充実していて、カヌー・ラフティング・キャニオニング・ハイドロスピードなどができます。その他にも、バギーやバンジージャンプもでき、テレビ番組の撮影なんかにも利用されます。ちょうどこの夏(2018)、けやき坂46や乃木坂46の番組でバンジーやキャニオニングなどのアウトドアをロケしていたのも水上です。マスのつかみ取り1 [続きを読む]
  • オンライン英会話を3ヵ月やってわかったこと
  • 『ネイティブキャンプ』を始めて3ヵ月が経ちました。お試しの1週間ではわからなかったこと、良かったこと、悪かったことが見えてきたのでシェアしたいと思います。長女の英語スペックそもそもオンライン英会話を始める前の小4長女のスペックがどれぐらいだったかというと、幼稚園の英語教室からはじめて、小学校に入ってからはベネッセの英会話教室に2年、3年生になってから「レプトン」に乗り換え。レプトン継続のまま、4年生 [続きを読む]
  • 【プレゼンテーション】お手本を見てみよう
  • 過去の記事その1 ICT教育を家庭でやってみるその2 思考ツールを使いこなそう!その3 テーマ・伝えたいことその4 調べる・まとめるその5 プレゼン資料を作ろうその6 筋道をたててストーリーにしよう小中学生のハイレベプレゼンこれから紹介するプレゼンテーション……レベル高いです……ここまでできなくても、「話し方」のイメトレになればいいかな。 山本恭輔くんも角南萌ちゃんも業界ではわりと有名人ですね。(動 [続きを読む]
  • 【プレゼンテーション】筋道をたててストーリーにしよう
  • 過去の記事その1 【プレゼンテーション】ICT教育を家庭でやってみるその2 【プレゼンテーション】思考ツールを使いこなそう!その3 【プレゼンテーション】テーマ・伝えたいことその4 【プレゼンテーション】調べる・まとめるその5 【プレゼンテーション】プレゼン資料を作ろう基本は意見文の流れ意見文のところでやった、主張 → 理由 → 反論 → 説明 → まとめ(【説明する力】説明力トレーニング )という流れをプレ [続きを読む]
  • 【プレゼンテーション】プレゼン資料を作ろう
  • 過去の記事その1 【プレゼンテーション】ICT教育を家庭でやってみるその2 【プレゼンテーション】思考ツールを使いこなそう!その3 【プレゼンテーション】テーマ・伝えたいことその4 【プレゼンテーション】調べる・まとめるシンプルで直感的にわかる資料づくりわが家にパワーポイントはありません。買う気もありません。圧倒的シェアを誇るので、将来、必要になるかも知れませんが、そのときは自分で買ってもらうことに [続きを読む]
  • 【プレゼンテーション】調べる・まとめる
  • 過去の記事その1 【プレゼンテーション】ICT教育を家庭でやってみるその2 【プレゼンテーション】思考ツールを使いこなそう!その3 【プレゼンテーション】テーマ・伝えたいことテーマが決まれば、それについて調べたり、考えをまとめたり、資料をまとめたりと、いよいよプレゼン作成です。「調べる」ことについては、本やインターネットで調べるということで特に言及することはありませんが、「まとめる」ことに関してはち [続きを読む]
  • 【プレゼンテーション】テーマ・伝えたいこと
  • 過去の記事その1 【プレゼンテーション】ICT教育を家庭でやってみるその2 【プレゼンテーション】思考ツールを使いこなそう!そもそもプレゼンってなに?「相手に情報を伝え、行動を促す技術」というのが一般的な理解かと思います。わかりやすく言うと「○○してもらう技術」です。身近なところだと、「商品やサービスの紹介をして、買ってもらう」というのがそれに当たります。ただ、それ以外にTEDや多くのプレゼン大会に見ら [続きを読む]
  • みんな成功したいと言うけど、そんなに本気じゃないんだ
  • ある映画の一節。「成功したいならこれぐらいの覚悟がなきゃダメだ!」という心に響くスピーチ。大人になって思うのは、「できないやつはできない」「やらないやつはやらない」できない奴、やらない奴、続けられない奴。途中であきらめてしまう。途中で自分でラインを引いて良しとしてしまう。死に物狂いで打ち込んでみろよ!って思うけど、その感覚さえも分からない奴には分からないんだよね。子どもよりも大人に見てもらいたいか [続きを読む]
  • 一生忘れない父ちゃん式記憶術
  • 夏休みに入って2日目、長女が家で「都道府県」を暗記しておりました。なかなか覚えられません。「そりゃそうだろう。そんなやり方では覚えられんわ。」ひたすら地図を眺めながら、覚えよう覚えようとしていたからです。 「たった47個、覚えられないんかーい!」と言ったら、妻ににらまれました(笑)返し縫い記憶法もエビングハウスの忘却曲線の話も散々してるのにな……とか思いつつ、「暗記の仕方がまだ身についていないんだな。 [続きを読む]
  • 【小学生の夏休み】読書感想文の簡単な書き方とは
  • 「読書感想文」「作文」毎年8月になると、この2つの単語の検索数が急激に上昇します。親が検索しているのか、子どもが自分で検索しているのかわかりませんが(笑)夏休みの最大の敵ですもんね。多くの方は「読書感想文の書き方」を調べているのでしょう。最近はあまり聞かなくなりましたが、インターネットが普及してからは、夏休みの宿題である読書感想文を「コピペ」「パクリ」で写して提出するということがニュースにもなりまし [続きを読む]
  • 学校では学校以外の勉強をしてはいけないのか
  • 小4長女の話。小学校で、自習になった時間とか休み時間とか、まあ普通は友だちと遊ぶもんだと思いますが、もしそんな時間に、学校の授業よりも進んだ内容や難しい内容(算数とか)、学校ではやらないようなことを(自主的に)勉強していたら、、、という問題です。もちろん公立小学校での話です。私立小学校では、話が変わってくる可能性が高いので。たとえば、自習時間や休み時間に中学受験問題を解いている、あるいは英単語を覚 [続きを読む]
  • 正十角形出るとオモタよ!ジュニア算数オリンピック2018
  • 山を張ってたわけではありませんが、ジュニア算数オリンピックの図形問題は、正十角形の分割か二等辺三角形(正三角形含む)を作る空中戦かのどちらかだと思って、対策もしてたのに……なんで解けてへんねーーーーーん!!ヽ(´o`;これ解けてたら、ファイナル行けてるっぽいのにな。いや、まあ、半分解けてたし健闘したよ。しょうがない、また来年。息子のキッズBEEは散々。ま、来年のための練習ってことで。面積が80cm2の正十角 [続きを読む]
  • 逃げてもいい、ずる賢くてもいい、生き残ることこそ最強
  • 〔書籍紹介〕サバイブ 強くなければ、生き残れない [ 麻生 羽呂 ]posted with カエレバ楽天市場Amazon計72種の生物から学ぶ「強い生き方」とは?「Qさま!!」などで活躍中の生物学の天才・篠原かをりと、「週刊少年サンデー」連載の奇才漫画家・麻生羽呂が描く新感覚のビジネス書。力か?速さか?毒か?…それとも?進化の過程で様々な武器を身につけてきた生物たちの「個性を強みにする生き方」をマンガで解説! ↓↓↓「いいね [続きを読む]
  • 【正答率0%の問題】2009年ジュニア算数オリンピック
  • 図のような25個のマスに、1〜25の数字が1つずつ書かれたカードを使って、以下のルールで、ビンゴゲームを行います。ルール①:1〜25の数字が1つずつ書かれたボールが箱の中に入っており、箱から取り出したボールの番号と同じ数字のマスを開く。ルール②:たて、横、斜めのいずれかで開いているマスが5つ並べばビンゴ。さて、必ずビンゴになるためには、最低何個のボールを箱から取り出せばいいでしょうか?この問題の正答率は0.00% [続きを読む]
  • 【場合の数】2013年ジュニア算数オリンピック
  • 問題図の9つの正三角形のマスに次の規則に従って、1〜9の数字を1個ずつ入れていきます。規則:辺で接している2つの正三角形に入れる数字は、左側にあるもの、上側にあるものに大きな数字を入れる。たとえば、次の例のように入れると規則を満たしています。このとき、規則を満たす数字の入れ方は、例の場合をふくめて全部で何通りありますか。正答率が1.2%の問題です。下↓↓に解説が書いてありますが、答えを見る前にお父さん [続きを読む]
  • 【場合の数】2012年ジュニア算数オリンピック
  • 問題3×3のオセロの盤のすべてのマスにオセロの駒を置いた後に、図のようにオセロのルールでひっくり返る駒がどこにもないような置き方は、図の場合も含めて全部で何通りありますか?ただし、回転したり裏返したりして重なるものも、それぞれ1通りとして数えるものとします。この問題、正答率が0.3%ということなので、ほとんどの子ができていません。やってみると、そう難しくはありません。しかし、本に載っていた解説がこちら↓ [続きを読む]
  • 場合の数って算数でいちばん難しい単元じゃね?
  • 小4になって算数は「場合の数」ばっかりやってる長女ですが、これは今までになく大きな壁です。小学生の(算数の)苦手分野といえば、「図形」と「場合の数」ですよね。図形もまあ難しいと思いますが、場合の数の難問の難易度がハンパない。特殊算なんて屁でもありません。ジュニア算数オリンピックの過去問を解いていると、場合の数がよく出てきます。今年はあきらめ半分で受けるにしても、1年後にこの問題が解けるようになってい [続きを読む]