備前長船助光 さん プロフィール

  •  
備前長船助光さん: 備前長船助光 作刀受難日記
ハンドル名備前長船助光 さん
ブログタイトル備前長船助光 作刀受難日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/bizenosafunesukemitu-1982/
サイト紹介文若手刀鍛冶の日本刀造り奮闘記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供343回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2016/06/21 22:25

備前長船助光 さんのブログ記事

  • 芯金鍛錬
  • 皮金の次は芯金です。積み沸かし台金の上に小さい玉鋼をピラミッド状に乗せます。台金が小さいと沢山積む事になりますが、今回は3段です。下鍛えまで進みました。並川で砥石を注文しました。明日着きますので、明日から鍛冶研ぎ再開です。今日、先... [続きを読む]
  • 皮鉄の鍛錬終わり
  • 今日は涼しくて、鍛錬中も苦ではありませんでした。それでも約42度!最近の異常な暑さがヤバかったのです。先週等は、炉の前の温度計は50度を越えるので避けるほどでした。思えば、去年の今頃は、コンクリート工場で土管を作ってました。夕方17時まで働いて、17時... [続きを読む]
  • 言ったもん勝ち
  • 今の世の中は、嘘でも何でも言った者が成功します。何故なら、買う方は分からないから、、、嘆かわしい。伝統工芸が廃れるのは、贅沢品になったし、現代に削ぐわない為に、自然淘汰されているにすぎません。そんなに伝統や工芸が大切なら、石器で狩りでもし... [続きを読む]
  • 第2部
  • 第2部で刀の鍛冶研ぎをしていましたが、荒砥が薄くなり割れてしまいました(T_T)砥石を買わなければいけませんが、お金が無い!どうしましょう。しかし、途方に暮れている暇はありません。列を成している仕事はたくさん有ります!!途中で止まっていたナイフに... [続きを読む]
  • 鍛錬開始
  • 居合刀真剣の製作に入りました。先週から炉や道具の補修に入り、今日から火の仕事です。テコ付け前の状態。テコ直し、玉潰し、積み沸かしを経て3回折り返し鍛錬をしました。沸かしの感触は、沸くまでに時間がかかるので、若干甘い金の様です。金が甘いと、折れ... [続きを読む]
  • 本物
  • 何かが流行すると、あっという間に商品が増えます。刀がブームになる事はありませんが、昭和の時代に軍刀の需要が高まり、やはりあっという間に刀鍛冶が増えました。野鍛冶も女学生も囚人も刀を作り出す訳ですから、猫も杓子もです。同様に、◯◯アイスが大流行... [続きを読む]
  • お盆
  • 今日は休館日です。祖母の家に行き仏壇に手を合わせて来ました。祖母と母の手ほどきを受けて、折り紙をしている娘を見ていると、不思議な思いがしました。娘には、祖母、母、のDNAが受け継がれています。詳しくは、私から見て4人の祖父、4人の祖母、2人の母、2... [続きを読む]
  • 8月公開鍛錬
  • 今日は猛暑で、湿度が高かったからなのか、公開鍛錬で疲れてしまいました。公開鍛錬は20年前からやっていて、8月の鍛錬も幾度としていますが、ヤバイ!と思ったのは初めてです。お客さんが熱中症になるのでは、と心配しましたが、客席は扇風機で何とか無事に済んだみ... [続きを読む]
  • さよならサブロー
  • サブローには兄弟が居ました。元々は、親猫が居て、某刀職者の方の自宅の屋根裏に住み着いていた、ノラでした。ある日、サブローともう一匹が、壁と壁の間に落ち、親猫にも見捨てられ、弱っていったそうです。助けるには、壁を壊すしかなかったそうですが、刀職... [続きを読む]
  • 鍛錬に欠かせない物。それは泥です。山土の粘土を使ってますが、残りわずか。土のうに入れて保管してましたが、それを今日、バケツに入れて、水を入れ手でコネコネして溶かしてました。自宅の庭でやってましたが、妻と子供が、不気味がって何をしてるのか聞い... [続きを読む]
  • 鍛冶研ぎ&ハバキ作り
  • 帝国製鉄で製作した大刀鍛冶の鍛冶研ぎが終わり、ハバキ作りに掛かりました。銅のフラットバー打ち出して幅を広げます。タガネで折り目を付けて曲げました。飲み込みを削り、、、、区金を作って、いざロウ付け‼?失敗‼?写真を撮る元気がなくな... [続きを読む]
  • 農業
  • 昔から、士農工商と言いますが、今は無くなった武士を除けば、農業、即ち食料生産者が1番偉いとなります。次が物作りの職人、今で言えば工業でしょうか。次が商売人です。しかし、儲かっているのは、商売人>工場>農業でしょうか。1番大切な食料生産者が貧し... [続きを読む]
  • 再刃
  • 再刃とは、何かしらの理由で、焼きが鈍った刀に焼きを入れ直す作業の事です。基本的には、火事で焼けた刀が多く、炭素が抜けてなまくらになってしまった刀には焼きは入りません。どういう訳か、焼け身で焼刃が無くなっているにもかかわらず、研ぎ身で、付け焼き刃まで... [続きを読む]
  • 8月の登録
  • 8月の登録は岡山城でおこなわれました。ワッサワッサ!出るわ出るわ古い刀が‼?おかげで、順番を待つ事2時間(^^;;しかし、順番待ちの間、他の刀匠や県立博物館を見学したりと、待ち時間は苦になりません^_^実際は、光っている刀が多いので、相続の際、登... [続きを読む]
  • 登録準備完了‼?
  • 明日登録の刀の準備が終わりました。これより先は第2部へ移行です。なぜ仕事が遅いのか。この刀の製作依頼は約一年前でした。毎日仕事をしているにも関わらず、全く進まないのは、経済的な理由です。それを改善するには、大幅な値上げです。しかし、値... [続きを読む]
  • 武士の刀を打つ
  • 刀鍛冶としての心構え、タイトルの如しです。公家の刀を打つ!ではあんまりしっくりきません 笑現代には武士はいませんが、武士の様な方に刀を打つ事は刀鍛冶にとって誇りであると言えます。私にとっての武士とは、自存自衛する能力があり、家族や地域、組織を守... [続きを読む]
  • 観測者
  • この世は観測されているから存在すると言う。自分が死んでしまえば、この世は終わってしまうのでしょうか。実際には、他人が亡くなっても、この世は存在し続けていますから、分かりにくいですが、この世と言う仮想フィールドに、アカウントとして参加しており、死... [続きを読む]
  • 大掃除
  • 今日は、休館日ですので、夏休みと言う事もあり、午前中は、子供と駄菓子を買いに行きました。長船には、日本一の駄菓子売場と命うって販売している大きな駄菓子屋があります。夏休みなので、平日でも賑わっていました。小さな個人商店では無く、しかも広い為、ある... [続きを読む]
  • 刀は綺麗な世界ではない
  • 日本刀、武士の魂であり、世界最高峰の鉄の芸術品である。平安時代後期から現代に至るまで脈々と継がれ、伝統的な武器、神器として、大切に扱われて来た…。なので、刀って真面目なんだ!凄いんだ!と思ったら大間違い!俺は評価しない!日本刀、それは武士の魂... [続きを読む]
  • 夏バテ
  • 今日は特に暑い気がしました。日中は仕事にならず、忙しくしているオオハシ氏を捕まえて、長い休憩をしてしまいました。オオハシ氏は、暑さで腕を何回もつってました。やはり今日の暑さは別格であると認めざるを得ません。昨日作ったナイフは、多目に鍛えていま... [続きを読む]
  • うなぎのDNA
  • うなぎの記事がありました。某チェーン店のうなぎが安過ぎるので、DNAを調べたところ、ヨーロッパうなぎだったそうです。ヨーロッパうなぎは絶滅の危惧されてるとの事ですが、中国ルートで仕入れているそうです。う〜ん。さすが!!刀も、成分分析すれば、誰... [続きを読む]
  • カスタムナイフ?
  • 玉鋼ナイフ作りも、はや焼き入れの山場を越えました。11時30分の時点ではまだ、マクリの段階でした。私も、焼き入れは明日の晩かな〜。と思ってましたが、頭によぎるのは通帳の残高!笑ひぃひぃ言いながら、沸かし述べ、火造りとピカチュウの電光石火の如く仕上げ... [続きを読む]
  • 野良犬
  • 一匹狼とは違い、野良犬と言うのは、孤高では無い。野良犬は、その日の食べ物を探す事に血眼になり、人に追われ、駆除の対象でもあります。中には優しい人間が居て、時々撫でてもらい安らぎを感じる事もあるかも知れませんが、大概の人間は脅威に思い、保健所に通報... [続きを読む]
  • ナイフ作り
  • 玉鋼ナイフの制作に入りました。炭を切り、テコを直し、玉鋼を四角に整形し、折り返し鍛錬に入りました。現在5回折り返しています。後5回‼?玉鋼ナイフ…それはナイフの形状をしているだけで短刀と何ら変わりません。違うとすれば、ナイフは登録や作刀承認が不... [続きを読む]