備前長船助光 さん プロフィール

  •  
備前長船助光さん: 備前長船助光 作刀受難日記
ハンドル名備前長船助光 さん
ブログタイトル備前長船助光 作刀受難日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/bizenosafunesukemitu-1982/
サイト紹介文若手刀鍛冶の日本刀造り奮闘記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供300回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2016/06/21 22:25

備前長船助光 さんのブログ記事

  • 負け組とは
  • 人間として生きていると、些細な事でも自分は負け組だと落ち込んでしまう事は多々あるでしょう。身体のハンデや病気、人間関係、社会的地位や収入による不安でなど数え切れませんが、本当の負け組からすれば、これら人間の弱音等、贅沢な悩みでしかありません。本... [続きを読む]
  • 火造り途中
  • 今日中に火造りを終わらせる予定でしたが、仕上げ打ちまで行けませんでした。あらかたは打ち終わったのですが、問題が発生してしまいました。2尺4寸5分を狙っていましたが、2尺4寸しか出ませんでした。以前ブログで、素延から2寸伸びると書きましたが、今回は念のた... [続きを読む]
  • 素延まで完成!
  • ようやく素延まで行きました。途中、疲れたので帰ろうかと思ってしまいましたが、今回の作刀は特別なイベントがある為、煩悩を封じて完成させました。刀っぽいですが、まだ断面は四角く、これから小槌で刃を打ち出し、鎬をつくります。後一息です!特別なイ... [続きを読む]
  • 自殺問題
  • 刀とは関係ないですが、もうずっと前から子供の自殺に関するニュースが連日流れ問題になっています。小学生や中学生までイジメが原因で自殺してますね。自分が学生の頃から思っていましたが、イジメが原因で自殺があった場合は、これは殺人と同じです。自殺に追い... [続きを読む]
  • 造り込み完了!
  • 芯金、皮金を合わせ、マクリました。マクリをした後、総てを纏めて一つにする為、泥沸かし3回、灰沸かし3回をして慎重に叩きます。延ばす目的では無く、くっ付ける為ですので強過ぎず弱過ぎず叩きます。1.7キロあった地金はすでに1.35キロ!まだまだ先は長いです... [続きを読む]
  • 皮金鍛錬
  • 今日は会社を休んで、鍛錬に専念しました。やはり、一気に鍛えた方が勢いがあって良いです。赤い方が皮金です。芯金と皮金、合わせて1.7キロです。今回の刀は結構な豪刀なので、多めに材料を使いましたが、求めている寸法が出るかどうかはやってみなくては分か... [続きを読む]
  • 珍しい造り
  • 先日の博物館で、珍しい造りの短刀を観ました。とても鋭く格好が良いので、懐刀にピッタリだと思いました!と言う事で落書きがてら書いてみました。5寸ない長さでしたが、現代人には6寸位がいいでしょうか。裏は平作の異形の短刀でした!とりあえず、時間が... [続きを読む]
  • 村の鍛冶屋
  • ふた昔前は、村の鍛冶屋と言う歌を学校で習っていたそうです。1982年生まれの私は、学校で習うことはありませんでしたが、この世界に入り知りました。とても良い歌詞で、読むと感動します。気になる方はググってみて下さい ^ ^今は身の回りの物の殆どが量産品... [続きを読む]
  • 作刀再開
  • 一週間程止まっていましたが、ようやく今日から再開です!芯金は終わっているので、次は皮金作りです。折り返し鍛錬で使用する、大量の炭を切る事からスタートです。二時間程炭切りをして、鍛錬で使う藁灰を焚いて、鍛錬の段取りをしました。その後、博物館の... [続きを読む]
  • 登録準備
  • 明日は脇差2振り、短刀1振り、刀1振りの登録をしに、岡山市内へ行く為、書類を作ったり段取りをしたりで慌ただしく1日が終わりました。明日、登録の会場となっている岡山県立博物館では、備前刀の展示をしており、国宝、重要文化財が多数展示されています。中々観に... [続きを読む]
  • 訓練終わり
  • 山から下りて、我が家に帰りました。歩哨で深夜、警戒に付いている時、変な虫の鳴き声や動物の気配など感じながら過ごすとよくも原子時代から今の時代まで文明が発達したなぁと感心します。今でこそ、狼は居なくなり、熊等も個体が減って脅威も低くくなりましたが... [続きを読む]
  • 訓練準備
  • 明日からしばらく山で訓練をするので、今日は工場の仕事が終わると早々に帰りました。しばらく作刀は休止です。私は即応予備自衛官ですが、即応予備自衛官とは、元自衛官で編成される部隊で、年間30日間、出頭して訓練を受けます。有事の際は、招集され実際に前... [続きを読む]
  • 芯金製作
  • 芯金を鍛えました。昨日減した2Bの団子をまとめて鍛えました。異様に粘りの強い鉄でしたので、一安心です。江戸時代や古刀の芯鉄は、だいたいが炭素の少ない生鉄で焼きの入らない代物です。しかし、2Bは炭素がある立派な鋼です。当然、鋼ですから焼きが入り... [続きを読む]
  • 作刀開始!
  • 今日から新規製作にかかります。今回使う玉鋼達。2級B、1級Aです。今回の特性は、皮鉄を2Bと1Aの複合鍛えにしてみる事です。1Aの硬さ、感度に2Bの柔らかさを混ぜる事により、強い焼きが入るのではないかと考えました。今日は、炭を切り、テコを直し、2Bを... [続きを読む]
  • 帰宅時の怪
  • 今日、原付で帰宅中、不思議な物を見ました。左側手は山の斜面、右側手は崖で下は川。道幅はせまく、徒歩はおろか自転車さえ通らない道なんですが、バイクのライトが何やら怪しげな陰を映しました。昼間でも薄暗い道ですが、夜中9時という時間に子供靴が1組道の... [続きを読む]
  • 完成!
  • 鍛治研ぎ、ナカゴ仕立てが終り、一旦完成しました。この後、研ぎと外装を誂えて、完成になります。現状920g。研ぎで20gは減るでしょうから、推定900gでしょうか。寸法は刃渡72センチ元幅3.3センチ元重8ミリ先幅2.25センチ先重5ミリですので、通... [続きを読む]
  • お呼び出し
  • 道場の先生より刀の修理を頼まれたので引き取りに伺いました。中々、刀の仕上げにかかれません(^^;)一人親方なので、書類を作ったり、挨拶に伺いに行くとその日は刀作りがストップします。専業とは違い、15時から刀鍛冶業務をしているので、用事があれば、その日は... [続きを読む]
  • 展示撤収
  • 六月から長船刀剣博物館で展示させて頂いていた短刀を撤収しました。来年また展示させて貰えるのですが、その時には成長を感じて貰えるように、研究を続けます。展示していた短刀は、去年12月の作でした。今と全然違います。玉鋼は、実験すればするほど多様な... [続きを読む]
  • 焼き入れ
  • 焼き入れ無事終了。傷はチラホラありますが、良く切れそうな刀が出来ました。焼き入れをすると、大概曲がります。私の場合は左に曲がります。曲がりは、銅槌で叩いて直します。久しぶりの2級品の玉鋼刀です。曲がりが素直に直りました。一級品玉鋼刀の時の... [続きを読む]
  • 焼き入れ準備
  • 黒皮をよく見ると、この状態でも肌が見えます。ビフォーアフターヤスリや、サンダーで削り、1キロあった重量は、970gとなりました。今まで重量は気にしていませんでしたが、これからは少しづつ把握して行きます。この後、中子仕立てや、刃付けで何グ... [続きを読む]
  • 火造り終わり!
  • 写真を撮り忘れましたが、火造りが終わりました。素延時、2尺2寸2分。火造り完了時、2尺4寸。1寸8分延びました。延びすぎです。1寸5分以内で無ければ下手くその証明です。延びたという事は、幅が出ていないと言う事です(^^;)調子が良い時は1寸程しか延びず... [続きを読む]
  • 素延べ完了
  • 最近怪しげな内容のブログを綴っていましたが、自衛隊で訓練を受けてました。昨日帰って来ましたので、作刀再開しました!明日は刃を打ち出す、火造りです!素延中、気持ちが悪くなり、早々に切り上げようかと思いましたが、包丁研ぎもあるので、結局素延を終わ... [続きを読む]
  • 護身武具
  • ある日、妻と子供が風邪を引いたので、私は別室で寝ていました。深夜2時ごろ、バタンと音がして目が覚めました。廊下からバタバタと足音が!私の寝ている部屋にせまってきました。寝ぼけて体が動かず、ようやく布団の中の刀に手を掛けましたが、布団が邪魔で抜けま... [続きを読む]