wildsum さん プロフィール

  •  
wildsumさん: 日々是好日
ハンドル名wildsum さん
ブログタイトル日々是好日
ブログURLhttps://xfcs16.muragon.com/
サイト紹介文取るに足りないたわごとです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供669回 / 365日(平均12.8回/週) - 参加 2016/06/22 21:45

wildsum さんのブログ記事

  • いよいよ総選挙!
  • 「敵基地攻撃の能力を」と言う党首がいる。戦争を推し進めようとする人、軍隊を作ろうとする人にはどうしても抵抗がある。また、一部が潤い、多くが貧しくなるような政策を推し進める人と、国民全体が貧しくなるような方向性を示す人にも抵抗がある。 [続きを読む]
  • 秋の実!
  • 「敵基地攻撃の能力を」と言う党首がいる。戦争を推し進めようとする人、軍隊を作ろうとする人にはどうしても抵抗がある。また、一部が潤い、多くが貧しくなるような政策を推し進める人と、国民全体が貧しくなるような方向性を示す人にも抵抗がある。 [続きを読む]
  • パソコンの壁紙!
  • (1)ひまわり この一年の間に、撮りためた写真を壁紙にしている。 (2)多摩川 (3)昭和記念公園 (4)新宿都庁からの光景 (5)ラベンダー畑 (6)みなとみらいの光景 (7)ルドベキア (8)竹林 [続きを読む]
  • 秋がない!
  •  駅で電車を待つ間、目の前を通り過ぎる人を見てると、上着の上にコートやダウンジャケットを着ている人が多い。  先週は夏に戻ったかのように暑いと思ったら、今週は真冬が来たかのように寒いと言う人もいる。  秋がないと言えば、「春夏冬二升五合」。秋がないから、「あきない(商い)」、二升はます(升)が二つで「ますます」、五合は一升の半分なので「はんじょう(繁盛)」。合わせると「あきないますますはんじょう( [続きを読む]
  • 信じる!
  • 自分の信じていること以外信じない人が多いが、他人の信じていることも大事にできたら平和な世の中になるはずだ。 [続きを読む]
  • 日本的!
  • この数日間、電車がよく遅れる。「前の電車/後ろの電車が遅れているため、しばらく停車します」「〜のため5分遅れて渋谷に到着」そんなアナウンスを近頃毎日のように聞いているような気がする。今日はとうとう電車が止まった。停電だと言う。本当に困った。職場に時間前につくかどうか心配で、焦った。 バスもしばしば、このごろ予定時刻を過ぎて来ることが多い。いつもは発車時刻より1分から30秒早く来て、時間まで待ってち [続きを読む]
  • 田園都市線
  • 三軒茶屋駅で停電があったそうで、田園都市線の渋谷と二子玉川間が、運転見合わせ中。渋谷まで行くには、二子玉川から、大井町線で自由が丘駅、東横線に乗り換えるのが一番かと思いきや、二子玉川までが遠い。各駅に数分停車するので大変だ。 追記 結局、いつもより1時間遅れて、職場に到着。まあ、こんな日もあるさ! [続きを読む]
  • アベノミクス
  •  与党は数字をあげ、アベノミクスのおかげで景気がよくなっているという。野党は景気がよくなっている実感がないという庶民の声を拾い上げる。  テレビの解説者も声をそろえて景気は明らかによくなっているという。景気は良くなっても、今の成熟した日本では実感としてとらえるのが難しいのだともいう。とらえ方が違うのだと言う人もいる。  確かにアベノミクスによって景気は回復しているのだろう。だが、実感がないという。 [続きを読む]
  • 並ぶ!
  • 電車が遅れた。 「前の電車が遅れたために、徐行しています」というアナウンス。 また、 「後ろの電車が遅れたために、徐行しています」というのもある。 不思議だなと思ったが、数分おきに電車が走っているのだから、こうなるのだとすぐに理解した。 ただ、今日は朝もそのために、いつもより遅く会社に着いた。 帰りも同様で、乗りたいバスに乗れず、次のバスに乗るためにバス停の前で並んだ。 いつものことだが、「日本人 [続きを読む]
  • 考え方次第!
  • 時間の長さも短さも考え方次第。 きれいもきたないも考え方次第。 おおいもすくないも考え方次第。 人生を短いと感じるかどうかも考え方次第。 自分が幸せになれるかどうかは考え方次第。 人生を苦しいと思うかどうかも考え方次第。 つらさも楽しさも考え方次第。 豊かさも貧しさも考え方次第。 よろこびも憤りも考え方次第。 花の散るのを悲しいと感じるかどうかも 秋の落葉をさびしいと感じるかどうかも 考え方次第。 [続きを読む]
  • 相対的!
  •  うちの母は感性の人間だ。  3月末に、最高気温20度以下の日が続いた後、最高気温25度になった日、母は「暑い!」と言った。そして、9月末、30度くらいの気温が続いた翌日、25度になった日に、「寒い!」と言った。母は暑さ寒さを、温度計ではなく、体感でとらえているのだ。  一番近くにある総合病院はおよそ2キロ、30分ぐらいの距離にある。以前、よく母と 歩いて行っていた。当時は近くにある病院と言ってい [続きを読む]
  • 冷たい雨!
  • 今日は寒かった。日中の気温は14度ぐらい。 それに、一日中雨が降っていた。 一週間前は暑かったのに、この急激な変化に体がついていかない。 電車の中ではマスクをした人が増えたし、コートを着ている人も多い。 インフルエンザも流行し始めているとか。 インフルエンザにかかったら、仕事ができないのがこわい! 電車の中でおしくらまんじゅうしていたら、けっこう暖かい。 駅前のロータリー、一週間前はこんなに暗くは [続きを読む]
  • ストレンジ・フルーツ
  • ”strange fruit”(奇妙な果実) 若いころ、よくジャズ喫茶でジャズを聴いていた。ある日、マスターが一枚のレコードを手に、「この曲は歌詞がわからなくても涙が出るよ!」と言った。実際に聴いていたら、途中でぼろぼろと涙が出てきた。  後で聞いたところぬよると、黒人奴隷がリンチされ、木に吊るされた姿を歌ったものだという。ビリー・ホリディという女性歌手の歌だ。  現代のアメリカにも黒人やアジア人 [続きを読む]
  • ジャズ!
  • 久しぶりに新百合ヶ丘駅に寄ったら、ジャズが聞こえて来た。 どこでやってるのかと探した。 タクシー乗り場近くの広場に人が群がっている。 中を覗けば、ドラム、ギター、もう一つはパーカッションだろうか。 3人のバンドが演奏をしていた。 そう言えば、ジャズの生演奏を聴くのは久しぶりだ。 若い時、アメリカから来たジャズマンの演奏を市民会館へ聞きに行ったり、 ジャズ喫茶でジャズを聴きながら、コーヒーを飲んだり [続きを読む]
  • わがくらし!
  • はたらけど はたらけど猶 わが生活 楽にならざり ぢっと手を見る/石川啄木  我が国のA首相はアベノミクスのおかげで、景気がよくなっているという。それにしても我が家の景気はまったくよくなっていない。  生活は楽になるどころか、ますますつらいものになっている。石川啄木の歌を思い出す。楽にならない自分の生活を思い、自分の手を見る。  ぼくレベルの景気はアベノミクスと無関係のようだ。どうやら、首相の友達 [続きを読む]
  • 生きる!
  • 人生いろいろだ。 このぼくの人生はそんな中の一つに過ぎない。 いばることもない。 主張することもない。 平凡な人生だ。 だが、譲れないこともある。 例えば、軍隊、強権、独裁、自己中心。 それが人間なんだろう。 そして、愛する人に言われたことがある。 あなったは自己中心だと。 それが人生なんだろう。 自分でも知らずに自己中心的に生きているんだろう。 それが自分だ。 嫌いなやつと同じ生き方をしている。 [続きを読む]
  • 横浜市営地下鉄!
  • 横浜のセンター北駅! ブルーのラインとグリーンのラインが交差する駅! さて、どっちへ行こうかといつも迷う。 東京の都心にも横浜の中心にもない魅力がある! センター北駅、センター南駅 東京都心にも横浜の中心にも近い。 だが、どこにもないほどの緑が豊かな所だ。 [続きを読む]
  • 花の中の宇宙!
  • 面白い花を見ると、撮影するものの、いつものことで花の名前がわからない。 この花はよく見る。 薊のように思うが自信がない。 ともあれ、小さな花が好きだ。 何故か心が和む。 おそらく、そこに小さな宇宙があるように思えるからだ。 ぼくの小さな宇宙の外にこんな花の宇宙があるのだと そう思えば、何かうれしい気持ちになる。 [続きを読む]
  • 大事なこと!
  • 先日、ネパール人の女性と話した。彼女はノルウェーで修士を取得しているという。 今、日本で日本語を学び、さらにスキルを高めようとしているのだ。ノルウェーで修士をとるのは経済的にも大変だったでしょうと聞いたら、学費は無料だったという。 ノルウェーでは学校で勉強するのにお金は要らないという。国が保証してくれるのだそうだ。日本では奨学金をもらって大学を出たけれど、働くところがなくて、奨学金返済に苦しむ学生 [続きを読む]
  • 奢侈
  •  ベトナム人学生に「ぜいたく」という言葉を教えながら、ベトナム語では何というか聞いてみたら「シャシ」だという。もしかしたら、日本語の「奢侈」と同じではないかと驚いた。  「奢侈」は中国語でも「奢侈」。発音は“shechi”。その中国語の「奢侈」が、ベトナムに行っても、日本に行っても「しゃし」なのだ。以前書いたが、ありがとう、感謝します。は韓国語で「カムサハムニダ」。「カムサ」の語源は「感謝」。ベト [続きを読む]