原理主義者 さん プロフィール

  •  
原理主義者さん: 鹿島アントラーズ原理主義
ハンドル名原理主義者 さん
ブログタイトル鹿島アントラーズ原理主義
ブログURLhttp://fundamentalism.blog54.fc2.com/
サイト紹介文鹿島アントラーズを愛するBlogです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1741回 / 365日(平均33.4回/週) - 参加 2016/06/23 15:11

原理主義者 さんのブログ記事

  • ガンバ戦報道
  • 首位鹿島が5連勝、G大阪4戦○なし/鹿−G27節[2017年9月23日21時15分]鹿島対G大阪 後半、ゴールを決める鹿島DF植田(中央)(撮影・狩俣裕三) <明治安田生命J1:鹿島2−1G大阪>◇第27節◇23日◇カシマ 日本代表ハリルホジッチ監督が見守る一戦で、日本代表DF植田が勝ち越し点を挙げた。 公式戦3試合未勝利と苦しむガンバ大阪が先にチャンスをつかんだ。前半7分、GK東口のゴールキックを1トップで先発 [続きを読む]
  • サッカーダイジェスト ガンバ戦寸評
  • 【J1採点&寸評】鹿島 2-1 G大阪|執念のAT弾! カシマの空は植田のものだった!!サッカーダイジェストWeb編集部2017年09月24日鹿島――GK曽ケ端のミスを全員の力で取り返す。【警告】鹿島=L・シルバ(49分) G大阪=今野(11分)、金(45分)【退場】なし【MAN OF THE MATCH】植田直通(鹿島)前半終了間際にレアンドロが同点ゴール。今季10得点目を奪った。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)[J1リーグ27節]鹿島 [続きを読む]
  • 仙台・野沢、トドメの一発
  • 【C大阪 vs 仙台】仙台がアウェイで貴重な勝点3を獲得!2017年9月23日(土)仙台が後半にゴールラッシュをみせて、上位のC大阪に4-1で勝利!アウェイで貴重な勝点3を獲得した。(写真)ダメ押しの4点目をあげた途中出場の野沢拓也(仙台)。今季12戦全勝の“要塞”陥落…元市船主将DF椎橋のJ初弾など仙台がC大阪に4発快勝17/9/23 21:00[9.23 J1第27節 C大阪1-4仙台 金鳥スタ] 12位ベガルタ仙台が敵地で4位セレッソ大阪に4-1で快 [続きを読む]
  • ガンバ戦コメント
  • 2017明治安田生命J1リーグ 第27節鹿島アントラーズ:大岩 剛前半、失点してから自分たちでゲームをコントロールすることができていた。同点に追いついてからも、なかなか勝ち越すことができなかったが、選手がやりつづけてくれたことが最後のゴールにつながった。コーナーキックを蹴る前のサポーターの雰囲気が、ゴールを呼び込んでくれたのではないかと思う。サポーターの皆さんにすごく感謝している。Q. 連戦で疲れもあっ [続きを読む]
  • ひと皮むけはじめた背番号13のプレイから目が離せない
  • 【今節の顔】MF中村充孝 勝利引き寄せる技巧派20日の天皇杯・浦和戦は1得点1アシスト。創造性あふれるプレーで勝利を引き寄せた技巧派アタッカーは「もっと取れるように、貪欲さを出していく」と誓う。足元の技術に自信を持つため、ボールを持ちすぎ好機を逸することが多かったが、浦和戦の決勝点は左からのパスを直接シュート。「いつもは止めて狙うけど、自然にダイレクトで打てた」と、らしくないゴールに苦笑いする。「(攻撃 [続きを読む]
  • 源と永木、ガンバの井手口を警戒
  • 昌子、井手口警戒「勢いづくと手が付けられん」23日G大阪戦明治安田生命J1リーグ・第27節 鹿島―G大阪 ( 2017年9月23日 カシマ )リラックスゲームでFW鈴木(右)と競り合うDF昌子Photo By スポニチ ハリルホジッチ日本代表監督も視察する23日のG大阪戦を控え、鹿島DF昌子はMF井手口との“日本代表対決”を待ちわびた。普段は「兄貴のような感覚で見てまうくらい、ほんま愛くるしいやつ」だというが、「 [続きを読む]
  • アントラーズのエース、金崎夢生。今夜も、聖地に夢を生むゴールを
  • G大阪戦の注目プレーヤーは、金崎夢生!「ゴールは充孝のおかげだよ」 いつも通り、多くを語ろうとはしなかった。浦和のゴールネットを2度揺らした、熊谷の夜。鮮やかなパスワークから刻んでみせた先制のスコア、そしてPKでの追加点――。エースとしての任務を力強く遂行し、背番号33は58分にピッチを去った。その後、一時は同点に追い付かれたアントラーズ。予期せぬ打ち合いとなったが、最後は底力を見せ付けて準々決勝への切符 [続きを読む]
  • 熊本・佐藤昭大、戦列復帰
  • [熊本]約5ヵ月ぶりにGK佐藤昭大が復帰。今節・山形戦でのメンバー入りも 4月末から負傷離脱して別メニューで調整を続けていたGK佐藤昭大が先週から全体メニューにも復帰。22日は今節・山形戦に向けて行った紅白戦でも問題なくプレーした。 紅白戦では最後尾から大きな声でフィールドプレーヤーに指示を出して存在感を発揮。今シーズンは、負傷離脱する前の第3節の山形戦で同点に追いつくヘディングシュートを決めているが、昨 [続きを読む]
  • Jリーグを代表する強豪同士の対決
  • 【鹿島vsG大阪プレビュー】Jリーグを代表する強豪同士の対決…G大阪はリーグの敵地戦で鹿島に3連勝中首位を快走する鹿島は金崎夢生が好調だ。リーグ戦は2戦連続得点中で、天皇杯の浦和戦では2得点を挙げた [写真]=J.LEAGUE■鹿島アントラーズ 前節の新潟戦でハットトリックのレアンドロが好調「今日だけじゃなく、ここ数試合、ルヴァン杯も含めて立ち上がりが自分たちの課題だった」。リーグ前節の新潟戦後、大岩剛監督はこう話し [続きを読む]
  • 鹿島――エース金崎の“不敗神話”更新に期待
  • 【J1展望】鹿島×G大阪|“ダブル連覇”に向け、鹿島は難敵を下せるかサッカーダイジェスト編集部2017年09月22日鹿島――エース金崎の“不敗神話”更新に期待。故障者/鹿島=町田、田中 G大阪=藤本、ファビオ出場停止/鹿島=三竿健 G大阪=なしJ1リーグ 第27節鹿島アントラーズ−ガンバ大阪9月23日(土)/19:00/県立カシマスタジアム 鹿島アントラーズ今季成績(26節終了時):1位 勝点58 19勝1分6敗 44得点・25 [続きを読む]
  • 曽ケ端準が抱く相手GKへの意識
  • 【鹿島 vs G大阪】 ウォーミングアップコラム:曽ヶ端準が抱く相手GKへの意識2017年9月22日(金)第13節のG大阪対鹿島戦、アディショナルタイムが5分になろうとするところで、その出来事は起きた。G大阪が右CKを獲得するとGKの東口順昭がゴール前まで駆け上がる。試合は1点ビハインド。追いつく最後のチャンスを逃したくない守護神は、こぼれ球を抱きかかえる曽ヶ端準(写真)に突っ込み、両チームの選手が揉み合うきっかけをつく [続きを読む]
  • 勝負強さと勝負弱さを分けるもの――
  • 結局、鹿島と何が違うのだろうか。浦和の「勝負強さ」問題はまだ続く。posted2017/09/22 13:00 text by飯尾篤史Atsushi Iio どんなトレーニングでも妥協せず、厳しく取り組む姿勢が、目に見える結果になって表れたとき、人はそれを「勝負強さ」と呼ぶのかもしれない。 天皇杯ラウンド16は、浦和レッズ対鹿島アントラーズという昨季のチャンピオンシップ決勝と同じ顔合わせになった。 埼玉県熊谷市で行われたゲームは、金崎夢生 [続きを読む]
  • 三竿健斗出場停止、過密日程。悪条件重なる中、鹿島は“らしい”勝利を目指す
  • 三竿健斗出場停止、過密日程。悪条件重なる中、鹿島は“らしい”勝利を目指すリーグ戦4連勝中の鹿島がホームにG大阪を迎える。首位を走る鹿島は現在勝点58と、2位の川崎Fに6差をつけており、ここで勝点3を得れば残り7試合で『60』を超えてくる。すでに6敗しているが、残りを19勝1分という高い勝率が勝点の多さにつながっている。対するG大阪は勝点40。3位の柏とは10差と逆転するにはギリギリのラインだ。水曜に開催され [続きを読む]
  • 浦和撃破の立役者、中村充孝が受け継ぐ鹿島の伝統
  • 浦和撃破の立役者、中村充孝が受け継ぐ鹿島の伝統。「やってはいけない試合」に込められた想い梶山大輔(サッカーダイジェスト)2017年09月21日「やってはいけない試合」と反省を口に。決勝点は「自然にダイレクトで打てた」と振り返った。写真:徳原隆元[天皇杯4回戦]浦和2−4鹿島/9月20日/熊谷スポーツ文化公園陸上競技場 殊勲の決勝点。しかし、ヒーローの語り口は淡々としていた。 「鹿島としては、やってはいけない試 [続きを読む]
  • 「和製クライフ」安部裕葵
  • 小野伸二を超える衝撃。鹿島の「和製クライフ」安部裕葵は代表でイケる杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki佐野美樹●撮影 photo by Sano MikiW杯出場を決めた今、代表で試してほしい選手(2)安部裕葵(FW/鹿島アントラーズ) こちらの目を釘付けにした高卒ルーキーは、19年前にも存在した。1998年、浦和レッズに入団した小野伸二(現コンサドーレ札幌)だ。 プレシーズンマッチだったと記憶する。時の中心選手、ゼリコ [続きを読む]
  • 浦和戦報道
  • 鹿島エース金崎2発などで8強進出 浦和ねじふせる[2017年9月20日21時18分]浦和対鹿島 後半、ゴールを決め雄たけびを上げる鹿島MF中村(左)。右はFW鈴木(撮影・横山健太)浦和対鹿島 後半、ゴールを決める鹿島MF中村(撮影・横山健太) <天皇杯:浦和2−4鹿島>◇4回戦◇20日◇熊谷陸 鹿島アントラーズがエースFW金崎夢生の2ゴールなどで4点を奪い、浦和レッズをねじふせた。 前半7分に金崎が先制ゴールを [続きを読む]
  • 浦和戦コメント
  • 第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16鹿島アントラーズ:大岩 剛自分たちの課題である立ち上がりに関しては、選手たちが非常に集中して入ってくれたと思う。リードした時に戦い方はもう一度整理して、次へ生かしたい。ただ、最後に突き放す力があるということは自信を持っていいと思う。選手たちにも「評価している。自信を持っていい」と伝えた。Q.リードされた後の戦い方について、アントラーズとして2-0から2-2とい [続きを読む]
  • 三竿健斗、23歳以下のJ1月間ベストプレイヤー選出
  • 『TAG Heuer YOUNG GUNS AWARD』への推薦状(8月) タグ・ホイヤー社が今季から始める『TAG Heuer YOUNG GUNS AWARD』にならい、『エル・ゴラッソ』では23歳以下のJ1月間ベストプレーヤーを毎月選出。7月の川辺駿(磐田)に続き、8月は進境著しい鹿島の三竿健斗を選出した。“大岩アントラーズ”の申し子MF 20 三竿 健斗(鹿島) 大岩監督が就任して以降、天皇杯を除くすべての公式戦でフル出場してきた。まさに“大岩アントラー [続きを読む]
  • Jリーグ、秋春制シーズン移行を断念
  • Jリーグ秋春制断念へ、加盟51クラブの8割反対[2017年9月20日7時36分 紙面から]  Jリーグが、開幕時期を春から夏にずらすシーズン移行を受け入れない方針を固めたことが19日、分かった。各クラブ代表者による実行委員会が東京・JFAハウスで行われ、春秋制から秋春制への移行について議論。関係者によると、J加盟51クラブ対象の正式調査で約8割が反対を表明していることが村井チェアマンから報告され、移行を目指す日 [続きを読む]