日経平均と為替 さん プロフィール

  •  
日経平均と為替さん: 日経平均と為替の見通し予想
ハンドル名日経平均と為替 さん
ブログタイトル日経平均と為替の見通し予想
ブログURLhttp://nikkei.gger.jp/
サイト紹介文日経平均株価・トピックス・為替相場などの見通し
自由文日経平均株価・トピックス・為替相場などの見通し
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/06/24 01:10

日経平均と為替 さんのブログ記事

  • 6月の為替介入ゼロ、99円台への急伸後もなし
  • 6月の為替介入ゼロ、99円台への急伸後もなし 財務省発表  :日本経済新聞麻生財務相はG7声明と併せ、黒田日銀総裁との連名で談話を発表し、為替相場の動きに「必要に応じて対応する」と、単独での円売り介入の可能性も市場では「単独介入へのハードルは高い」(国内証券)焦点:為替介入の期待つなぐ政府・日銀、参院選にらみ心理戦  | ロイター [続きを読む]
  • 2017年末に1ドル112円 野村証券予測値
  • 野村証券では、英国民投票が同社予想に反して「EU離脱」との結果になったことや米国の利上げシナリオが大幅に後退していることを主な理由に、ドル円の見通しを下方修正している。新しいドル円の予測値は、2016年12月末に104円(従来122円)、17年12月末に112円(同125円)としている。現時点からはドル高・円安を見込むという方向性は変わらないものの、水準は大きく引き下げた。今年6月末以降の四半期パターンは、100-100-104(16 [続きを読む]
  • 2016年末のドル円各社見通し
  • 年末のドル・円予想英国民投票前英EU離脱選択後修正幅野村証券122円104円18円みずほ証券112円97円15円三菱UFJモルガン・スタンレー証券104円100円50銭3円50銭スタンダード・チャータード銀行120円100円20円HSBCホールディングス115円95円20円シティグループ111円104円7円英国民投票の結果がほぼ判明した東京時間24日午前。ドル・円相場は一時99円02銭と、13年11月以来の水準までドル安・円高が進行した。同日の円の上昇 [続きを読む]
  • 日経平均株価1万3000円台入りも
  • 英国民投票での欧州連合(EU)離脱という判断は予想外だった。世界経済への影響は、どのアナリスト、エコノミストも、短期的にも中長期的にも分析しづらい。 当面は円高に起因する事象を、株価を修正しつつ織り込みに行くことになる。1ドル=101円台ぐらいの円高で落ち着くと、日本企業は減収減益に陥る。その水準では日経平均株価が1万4000円台で定着ということもありそうだ。 国内では、10兆円規模の財政出動や日 [続きを読む]
  • 日経平均株価1万7000円近辺が上値の限界ライン
  • 英国の国民投票はまさかの結果だったが、その後の再投票を求める請願が殺到している事実をみても混乱の大きさを物語っている。EU離脱に票を投じた人の中にも実際に離脱が決定して内心動揺している人は少なくないのではないかと思う。当面は事態収拾に時間がかかり、世界の株式市場もリスクオフのムードを完全に吹っ切るのは難しいとみるべきだろう。 ただし、日本は直接的に被るデメリットはそれほど大きくないということも認識し [続きを読む]
  • 日経平均ダブルボトム完成なら1万6500円まで戻す可能性も
  • ここまで何とかしのいでいた相場だったが、英国のEU(欧州連合)離脱決定で大混乱となった。事前の予想では残留へと傾いており、国民投票直後も残留優勢と伝えられていただけに、ショックが大きかったということだろう。為替市場も株式市場も大混乱となり、一部では「リーマンショック再来」と大騒ぎとなっている。 ただ、パニック的な売りが一巡すれば、為替も株式市場も落ち着いて来るだろう。英国がEUを離脱するといっても、こ [続きを読む]
  • 今秋の経済対策は10兆円超へ 複数の政府、与党幹部が明らかに
  • 政府は、今秋に打ち出す経済対策の取りまとめに向けた調整に入る。英国の欧州連合(EU)離脱で金融市場の混乱が長引けば、規模を10兆円超とすることも検討する。世界的な株安や円高で景気が腰折れしないようにするため、財政面での対応を探る考えだ。 複数の政府、与党幹部が明らかにした。28日午前に経済財政諮問会議(議長、安倍晋三首相)を開催し、具体策の協議を始める。自民党も同日午後から議論に着手する。 政府 [続きを読む]
  • 2016年末為替見通し ドル円95円、ユーロ1.10ドル
  • 英HSBCは、第3・四半期末と2016年末のポンド相場見通しを引き下げ、英国の欧州連合(EU)離脱により、多額の経常・財政赤字を抱える同国の課題が浮き彫りになると指摘した。 同社はリサーチノートで「国民投票で離脱がほぼ確実になったことで、英国の構造的不均衡にスポットライトが当たるだろう。同国の経常赤字は15年第4・四半期の国内総生産(GDP)比で7%、財政赤字は15年GDPの4%超だ」と指摘。 「 [続きを読む]
  • 為替介入に言及 谷垣自民幹事長
  • 時事通信 6月26日 15時22分  自民党の谷垣禎一幹事長は26日、英国の欧州連合(EU)離脱決定に伴う円高に関して「日銀と政府がしっかり意思疎通させ、おかしな動きや投機的動き、不安に駆られた動きが起きた時は断固たる措置を取るということでやってもらわないといけない」と述べ、為替介入の必要性に言及した。  札幌市内で記者団の質問に答えた。  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160626-00000037-jij-polhttp:/ [続きを読む]
  • 英EU離脱で当面は1ドル97ー102円台で推移も数週間内に1ドル95円か
  • ★英EU離脱で1ドル=95円も、欧州でドミノ不安−GCI岩重氏 英国の国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が確実になったことで、 GCIアセット・マネジメントの岩重竜宏チーフFXストラテジストは、 リスク回避の動きから一段と円高・ドル安が進行し、 円相場は数週間内に「1ドル=95円程度になっても驚かない」との見方を示した。   岩重氏は、英国がEUから離脱すれば、「欧州全体、例えばデンマークなどで [続きを読む]
  • ドル円週間見通しレンジ米ドル/円:99円−105円
  • 投資情報会社・フィスコ(担当・小瀬正毅氏)が6月27日〜7月1日のドル・円相場の見通しを解説する。  * * *  今週のドル・円はもみあいか。23日に行われた英国の国民投票では、欧州連合(EU)からの離脱支持が残留支持を上回る結果となった。このため、リスク回避に絡んだ取引はしばらく続く可能性がある。英国の国民投票結果を受けて世界の金融市場の反応が注目される。  ただし、ドル・円の取引では米連邦準備制 [続きを読む]
  • Brexit以降のレンジは1ドル100円から105円か
  • 23日に英国で行われた欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票は、51.9%対48.1%で離脱派が勝利した。投票率は72.2%と比較的高く、英国民は43年間続いた欧州における共同体メンバーというステータスを捨てることを決断した。この結果を受け、キャメロン首相は10月までに辞任する意向を示した。歴史的な出来事を目の当たりにして、24日の市場は大荒れとなった。為替市場における最も大きな動きは、離脱派勝利 [続きを読む]
  • Brexit翌週日経平均予想レンジ1万4300−1万5300円
  • 日経平均はこの日の取引時間中に1万4864円まで売られ、2月12日の安値水準を割り込んだ。終値では1万5000円を下回り、同日の年初来安値を更新した。まだ英国民投票のショックが完全に織り込まれたとは言い切れない。スペインの選挙でEUの緊縮財政に反対する左派政党が議席を伸ばせば、日本株を取り巻く状況はさらに悪化するとみられる。 来年にはドイツやフランス、オランダでも大統領選と議会選挙を控える中、英国民の決断はEU [続きを読む]