UTA さん プロフィール

  •  
UTAさん: 日経225先物の投資方法
ハンドル名UTA さん
ブログタイトル日経225先物の投資方法
ブログURLhttp://225sp.com/
サイト紹介文日々225先物においてどのようにすれば収益を向上させる事が出来るのかを検証と研究しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供539回 / 365日(平均10.3回/週) - 参加 2016/06/25 09:27

UTA さんのブログ記事

  • 新規建玉22735円 「売り」の理由と決済
  • さて、日経225先物の価格は22500円台まで回復しております。このまま、価格が堅調に推移していく事ができれば、再度上昇の余地が残されております。そうなると、当面の節目である22750円辺り。本日、東京セッションの時間帯。価格は、22370円〜22470円辺りでストップしているという印象でした。そして、来週の相場感を考えると、一旦は利益確定してノーポジションの状態を取りたいと考えました。新規建玉2 [続きを読む]
  • 新規建玉22485円 「買い」の理由と決済
  • さて、日経225先物の価格は、V字回復達成しております。ちなみに、18日(月)東京セッションの寄り付き価格は、22775円でした。19日(火)・夜間セッションの時間帯。22100円割れる場面まで急落していきました。20日(水)・東京セッションの時間帯。午前中に、大口の買いが2発入りました。21日(木)・東京セッションの時間帯。午前中に、再度、大口の買いが入りました。とにかく、短期的な急落の場面から [続きを読む]
  • 新規建玉22280円 「買い」の理由と決済
  • 新規建玉22280円 「買い」の理由と決済20日(水)11:06分 新規建玉22280円 「買い」エントリーしました。※マネックス証券による、約定feedback通知メール添付します。「買い」の理由20日(水)・東京セッションの寄付き価格は22265円でした。想定していたよりも、高値圏にて、寄り付いた印象でした。午前9時を過ぎた辺りから、下値模索の展開が始まりました。このまま、下落して行きながら、当面の節 [続きを読む]
  • 日経225先物投資 60分足チャート分析 06月17日(日)
  • さて、日経225ミニ先物の投資において、06月11日(月)〜06月15日(金)までの5営業日。この値動きが、どのような状況だったのかチャート分析しましょう。まず、6月・第2週目の印象としては、米朝首脳会談が無難に通過した。そして、重要な経済イベント「米FOMC、欧州ECB、日銀金融政策」など。日経225先物の価格において、影響を与えるようなイベントが通過していきました。しかし、価格は乱高下することなく、 [続きを読む]
  • 【The Nikkei225 Rounge】会員様ご案内のお知らせを致します!!
  • 大変長らくお待たせ致しました!【2日間限定】になりますが、明日16(土)・17(日)の2日間。日経225先物の投資の指南書・【The Nikkei225 Rounge】の会員様を募集します。明日の朝7時より、当ブログサイトにて、ご案内いたしますのでご覧ください。わたくし、当サイト(運営者のUTA)です。日経225先物の投資を専門にして、日々トレードしております。基本的には、スイングトレードを中心にして収益を向上させております。2009年 [続きを読む]
  • 06月15日(金)の相場観 日経225ミニ先物投資 5分足チャート分析
  • 本日、【午前中】日経225ミニ先物のチャート観測になります。さて、日銀金融政策決定会合は現状維持。普段の時間帯よりも早期な発表となりました。今週は、日朝首脳会談が無難に通過しました。そして、重要な経済指標である米FOMC、ECB政策金利の通過など。とにかく、イベントが目白押しの日程でした。しかしながら、相場は予想した以上に乱高下することなく、落ち着いていった印象であります。当面は、22650円〜2295 [続きを読む]
  • 価格の「見せ板」にダマされない事が大切である
  • 日経225先物の価格において、注文を出すときには、最終的に「板」から発注する事でしょう。そして、自分自身が設定した価格帯。「指値」にて発注するのか、「成行」で発注するのか。それによって、多少は、約定価格の誤差は生じます。その時に、妙に「板が厚い」部分が見られる時があります。以下のような「板」です。↓↓上記は、日経225ミニ先物の発注板になります。ちなみに、「買い板」においては、出来高ボリュームが少 [続きを読む]
  • 日経225先物投資 60分足チャート分析 06月10日(日)
  • さて、日経225ミニ先物の投資において、06月04日(月)〜06月08日(金)までの5営業日。この値動きが、どのような状況だったのかチャート分析しましょう。まず、6月・第1週目の印象としては、メジャーSQ値が控えている中で、価格を安定させてV字回復させていったこと。当面の節目である23000円達成まで行きませんでしたが、見事であると考えております。今週のレンジは、22350円〜23050円辺りを想定 [続きを読む]
  • 投資で儲けるためには「自分の時間」を捧げる必要がある
  • 日経225先物の投資において、利益を追求する為には、マーケットに時間を費やす必要があります。当然のことながら、短い時間で高い利益が追求できれば、何も問題はありません。しかし、相場の値動きというのは「強弱」を付けながら変動していくものです。連日で、価格は上昇し続けて行ったり、逆に、価格が下落し続けて行ったり。時には、価格はストップして、停滞一服していったりなど。とにかく、何らかの要因によって、上下の [続きを読む]
  • 自分自身の判断によって「建玉の方向性」を潰してしまう
  • 日経225先物の投資の戦略において、ここから、価格が上昇するのか。それとも、下落していくのか。価格の方向性を絞るために、さまざまな分析を行ったとしましょう。そして、いざ方向性が決まった時に、自分自身で設定したラインにて、新規エントリーします。とても、良いタイミングでエントリーすることが出来た。あとは、価格の推移を見守るだけです。たった、これだけの行動をするだけで、利食いすることが出来るのか。それと [続きを読む]
  • メジャーSQ日が近づくと「上昇相場」のトレンドに期待する
  • 日経225先物の投資において、大切な数値と言えばメジャーSQとなります。ちなみに、08日(金)・東京セッションの午前中。メジャーSQ「特別清算指数」が算出されます。個人投資家であっても、外国人投資家であっても、誰もが注目する指数でもあります。つまり、指数の暫定値次第では、価格は大幅に変動する可能性が高いという事なのでしょう。今回のように、日経平均株価は23000円⇒21900円辺りまで下落。そして、2 [続きを読む]