takkete さん プロフィール

  •  
takketeさん: コマンドの達人
ハンドル名takkete さん
ブログタイトルコマンドの達人
ブログURLhttps://life-is-command.com/
サイト紹介文ドラマや映画やアニメを見ながらLinuxコマンドの達人を目指すブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供372回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2016/06/24 21:26

takkete さんのブログ記事

  • Minecraft PI ED ブロックをダイヤに変える
  • アニメ『魔法使いの嫁』 登場する魔法使いというのは外見は馬か何かのガイコツっぽくて、嫁は人間の女子なので、美女と野獣的な設定なんだろうなあと見始めましたが、野獣だと思ってた魔法使いは、紳士で優しくて声もいい。最初っからこの女子、チセに好印象っぽいです。ガイコツなんだけど、かっこよく感じてしまいますね。これかあ、男は顔じゃないってやつは。 チセが魔法を使うシーンで水晶が大変なことになりましたが、マイク [続きを読む]
  • Minecraft PI ED 海を割る
  • アニメ映画『聖☆おにいさん』(2013) 漫画も面白いです。なかなか勉強になります。 さて、モーゼのように海を割ります。やはり今回も、マイクラPIです。 剣を持った状態で、ブロックを右 すると、ヒットイベントが発生します。face変数が1(上面)で されたら、地面を空洞にするスクリプトです。 プレイヤーの向きを気にせず、z軸の-方向に地面を割ります。 適当に海のあるワールドを作成してゲーム開始したら、上記ス [続きを読む]
  • Minecraft PI ED 歩く道、全てダイヤ
  • アニメ『宝石の国』 寒くなったというのに、まだ部屋の中には、私の天敵の蚊がいます。血液を提供するのは全然良いのですが、痒くされるのと、夜中に耳元でうるさいのが半狂乱の原因になります。部屋に撃退装置を3個仕掛けてたので安心してましたが、いつの間にやらどれも薬剤がからからに乾いてました。今夜は蚊との死闘かと思います。 さて、アニメですが、これスゴイ発想です。宝石でできた人間のような生物。外見は女子っぽい [続きを読む]
  • Minecraft PI ED ダイヤモンド鉱石を見つける
  • ドラマ『今からあなたを脅迫します』(ディーン・フジオカ 武井咲) 脅迫屋のタイトル連呼が、くどい!! いやあ、面白いんですけどね。かっこいいし。何が一番面白いかというと、女子大生なのにわんさか金持っているところ。自分で使いたくないお金ってなんでしょう。不思議ですね。なぜそんなにお金を持ってるのか、なぜ使いたくないのか、すごく気になります。きっと、最終回まで視聴すると思います。 私ももちろんお金が大好 [続きを読む]
  • 2文字の取り扱い注意コマンド
  • ドラマ『奥様は、取り扱い注意』 特殊工作員の奥様が、町内に起こる難問題を解決します。勧善懲悪ものです。見ていてスカッとします。奥様役は、綾瀬はるか。精霊の守り人で本格アクション見てからでしょうか。美人というより先にカッコイイと思ってしまいます。西島秀俊が夫役で出ていますが、絶対強いです。すごく雰囲気出てます。取り扱い注意はきっと夫の方です。正体が暴かれるのが楽しみ、楽しみ。 今回はドラマのタイトルか [続きを読む]
  • Minecraft PI EDでエレベータ(その1)
  • アニメ『UQ HOLDER!〜魔法先生ネギま!2〜』 冒頭にネギ先生が登場して懐かしいです。オープニングが「ハッピー☆マテリアル」でうるうる来ます。ネギまが最後どうなったのかまったく覚えてませんが、ネットで調べてみたら謎のままのようです。このUQ HOLDERで明らかになるのでしょうか。 いつか村を出て都に立つ「アマノミハシラ」と呼ばれる軌道エレベーターで、天空に上りたい。そんな夢を見る少年・近衛刀太が主人公です。近 [続きを読む]
  • 2017年10月以降の視聴予定
  • ドラマ いつもどおりできるだけ見ます。 (月〜金)08:00 『わろてんか』葵わかな/NHK (月〜金)12:30 『トットちゃん!』 清野菜名/テレビ朝日 (月)21:00 『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』篠原涼子/フジテレビ (月)深夜 『ぼくは麻理のなか』池田エライザ/フジテレビ (月)深夜 『アイ〜私と彼女と人工知能〜』香里奈/フジテレビ (火)21:00 『明日の約束』井上真央/フジテレビ (火)22:00 『監獄のお姫さま』小泉今日子/T [続きを読む]
  • Cを使う
  • アニメ『[C] THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL』(2011) お金はお金に集まってくるので、お金があればお金が増える。パワーゲームにつぶされてしまうこともある。本物のお金のやりとりの方がスリリングだと思うのだけど、それをバトルで表現することがよくわからないなあという感想です。Cは自分をControlするという意味なのでしょうか。 さて、Cで思い出したのはもちろんC言語です。ずっとC言語を学習メニューに取り入れ [続きを読む]
  • 繰り返しが外にあるワンライナー(Perl/Ruby/Python)
  • 複数行の標準入力を受けて、フィルタ処理するワンライナーです。 PerlやRubyなら、-nオプションや-pオプションで、全行処理ができるので簡単です。ただし、改行は取り除いておく必要があります。 Perl Ruby 驚くことにオプションがPerlと同じ、$_は暗黙のgetsで受けた文字列ですが、クォート中に書けないようですので、+で結合しています。 Python Pythonはなかなか辛いものがありますね。PerlやRubyのような-nオプションがないの [続きを読む]
  • 繰り返しのワンライナー(Perl/Ruby/Python)
  • Perl/Ruby/Python各言語をかじったところで、ワンライナーを使えるようになっていきたいと思います。 PerlやRubyでは-eオプション。Pythonでは-cオプションを使って直接スクリプトを書くことができます。 この時点で、Pythonのprintは改行が付いてて便利だなあ、と思ってしまいますが、Perl/Rubyそれぞれ別の表示方法を備えています。しかも()は省略できます。 Ruby Perl さて、繰り返しのワンライナーを書いていきましょう。0から [続きを読む]
  • Python(書き込み)
  • 読み込みが出来たので書き込みも簡単かと思います。きっと何も調べなくても大丈夫でしょう。読み込みではreadメソッドだったので、おそらくwriteですね。 スクリプト作ってみます。 Rubyの書き込みの時の失敗を教訓に”w”も指定してみました。 一発で実行できました。 out.txtが生成されていました。中身を確認しましょう。 ちゃんと書かれてます。改行してないので、プロンプトと同じ行に表示されて、見難いですが。 “w”がない [続きを読む]
  • Python(読み込み)
  • Pythonでもテキストファイル読み込みします。 これまでの学習で、なんとなくRubyの書き方でPythonもいけるんじゃないか、という気がするのでやってみます。 スクリプト自身を一行だけ読み込んで表示するスクリプトです。 これをRubyで実行すると、 当然表示されます。では、Pythonで実行してみましょう。 エラーになりました。でも、共通の書き方があるような気もします。次はgetsをreadに変えて実行してみます。 まずはRubyから。 [続きを読む]
  • Python(辞書)
  • PerlやRubyでいうところのハッシュです。連想配列です。 Pythonでは辞書と呼ばれているようです。 なんで辞書なんて呼び方をするのか、初めて聞いた時は戸惑いましたが、使ってみると辞書そのものでしたね。 もちろんPerlやRubyのハッシュでも辞書にように使えます。 こうしてみると、RubyとPythonってまったく同じですね。 どの言語も知らない場合は、Rubyを最初に覚えておけば、PythonもPerlもスムーズに覚えられるかもしれませ [続きを読む]
  • Python(リスト)
  • 多要素を入れる入れ物を配列と呼んだりリストと呼んだり、各言語で言葉の意味が異なってるのがものすごくややこしいのですが、それぞれの思想なんでしょうね。 Perlでリストというと、 や といった値を並べて()で囲ったものを指し、配列は、入れ物のことを指します。 左の@arrが配列、右の(1,2,3)がリストですね。 Rubyは、というと、[]で作成できるのはArrayオブジェクトというぐらいだから、配列と呼んでるようですが、リストと [続きを読む]
  • Python(変数)
  • Pythonもインタラクティブモードがあるので、こちらを使って学習していきます。 インタラクティブって言葉、意味分からず使ってましたが辞書で調べると、相互作用するとか、その場のとか、の意味ですね。まあインタラクティブモードってのは、対話モードってことでしょうね。 使い方はpythonを入力して実行するだけ。 2.7.xも3.xもどちらもexit()で抜けられます。 では、3.x系で変数を使っていきます。 おっと、忘れてました。3.x [続きを読む]
  • Pythonを使う
  • Perl,RubyときたのでPythonです。 コマンドラインを使うときの言語にこだわりはなく、パイプが上手くつながればいいんじゃないかぐらいの感覚でPythonも使います。使うといっても他の言語と同じく入門的なことしか覚えてませんが。 Python2.7と3の違いも良く分かってないので、なるべく3の方を使っていこうかと思います。 私がPythonで一番好きなところは、{}ではなく:を使うところです。 Perl Python なぜだかうっとりします。Lis [続きを読む]
  • Ruby(書き込み)
  • 読み込みはこんな感じでした。 書き込みは読み込みの反対なのだから、もしかしてputs使うだけでは? と思い、やってみるとエラーになります。 読み込みの時は省略していましたが、書き込みモードを指定する必要があります。第2引数に”w”を指定します。 実行してみます。 out.txtが新規作成されて、内容が書き込まれているようです。 openはFile.openでもよいです。 openを使わずに一発で全行書き込むにはFile.writeを使います。 [続きを読む]
  • Ruby(読み込み)
  • Rubyのテキスト読み込みです。 例のごとく読み込むファイルを作成します。 openとgetsを使って読み込みしてみます。getsメソッドで一行だけ読み込んで表示するだけのスクリプトです。 実行するとsample.txtの先頭の一行だけ表示されます。 繰り返し読み込んで全部表示するには、whileを使います。どの言語も似たようなものですね。 実行結果です。 File.readで全行を一括で読み込めます。 標準入力は$stdinで読めます。 しかもgets [続きを読む]
  • Ruby(連想配列)
  • Rubyの連想配列もPerlと同じくハッシュと呼ばれます。定義するには{}で囲んで、キーと値を書きます。 数値もキーでできます。 文字列や数値だけではなく、Rubyのハッシュではシンボルが使えます。:から始める名称はシンボルとなります。 Perlの連想配列の定義は, %変数名=( キー => 値, …) で、参照するのは、 $変数名{キー} でしたが、Perlと比べてRubyの方が分かりやすい気がします。連想配列なんだから、配列と同じアクセス方 [続きを読む]
  • Ruby(配列)
  • Ruby続きです。配列は、全体を[]で囲って要素を,(カンマ)で区切れば作成できます。 要素へアクセスするには、0始まりのインデックスを指定します。 クォートで囲まれた要素であれば、文字列の配列となります。 配列の各要素には、数値でも文字列でもその他オブジェクトも格納できます。 文字列の配列を作成するときに、クォートが面倒なら、%wが使えます。 Perlと同じく空白を含む文字列を要素にできません。 要素のサイズを取得す [続きを読む]
  • Ruby(変数)
  • Perlの変数(スカラー)は頭に$がついてました。Rubyの変数も同じように$をつけることができます。Perlでは$はスカラー変数を表していましたが、Rubyではグローバル変数を表します。ローカル変数の場合は、$をつけません。 このように、$aはグローバル変数なので、aaaの中で参照できますが、bは、ローカル変数のため、aaa内から参照できません。 コマンドラインで使う分には、ほとんどローカル変数で事足りますので、$をつけないこと [続きを読む]
  • Rubyを使う
  • Rubyを使うといっても、本ブログではそこまで本格的にということではなく、あくまでもコマンドラインでパイプをつなげて組み立てるrubyコマンドとして使います。 インストールは、apt-get install ruby等で。 私の環境ではバージョン2.3.3でした。 Rubyで私が一番好きなところは、さくっと試せるってところです。 インタラクティブモードを備えてます。irbコマンドを実行するだけです。 はい。表示されましたね。 Hello World!と表 [続きを読む]
  • Perl(書き込み)
  • Perlです。読み込みの後は書き込みです。 書き込みするファイルを開くのにもopenを使います。 open(ハンドラ,”>ファイル名”); 書き込みするには、 print ハンドラ 書き込む文字列; 使ってみます。 out.txtというファイルを作成してHELLOという文字列を書き込むスクリプトです。 実行結果です。 次は、ファイル読み書きをしてファイルコピーするスクリプトです。 コピー元ファイルを作ります。 実行してみます。 コピーされました [続きを読む]
  • Perl(読み込み2)
  • 「Perl(読み込み1)」では、ファイルをopenしてテキストの読み込みを行いましたがが、今回は標準入力から読み込みを行います。 ファイルを開いて読み込みするスクリプトと実行結果はこうでした。 対して標準入力を読み込んで表示するスクリプトと実行結果はこうなります。 標準入力を使う場合は、open/closeが不要になります。 標準入力のファイルハンドラは、ですが、に省略して書けます。 さらにwhile()のループを書かなくても実 [続きを読む]
  • Perl(読み込み1)
  • Perlでテキスト読み込みします。 入門書ではPerlのテキスト読み込みはから入るのが王道かもしれませんが、 初めてPerlを使う人はいきなりから入ると、理解するのに時間がかかると思うんです。 なので、ファイルオープンから始めます。 ファイルの読み込み。ファイル名を指定してテキストを読み込むには、openを使ってファイルハンドラを取得します。 “”でファイル名を指定しますが、読み込みの場合は”ファイル名”となります。 [続きを読む]