ipn*015 さん プロフィール

  •  
ipn*015さん: 五十の手強い資格ハンドブック
ハンドル名ipn*015 さん
ブログタイトル五十の手強い資格ハンドブック
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ipn2015
サイト紹介文二電工・基本情報技術者・一陸技・航空通・電気通信主任技術者・工担や金融法律系資格の攻略法
自由文攻略法掲示中の資格名:第二種電気工事士・基本情報技術者・情報セキュリティマネジメント・第一級陸上無線技術士・航空無線通信士・電気通信主任技術者(伝送交換)・工事担任者AIDD総合種・第一級陸上特殊無線技士・銀行業務検定・ITパスポート・証券外務員・宅建士
現在結果待ちの資格:第三種電気主任技術者
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/06/25 18:01

ipn*015 さんのブログ記事

  • 電験三種 合格発表前ひとり出張
  • 電験三種発表まで5日筆者が電験三種の受験を決断したのは、50歳の時でした。筆者の人生は折り返し点を過ぎ、資格取得を続ける時間は少なくなっています。そんな中、電験三種の科目合格を重ねて3年が過ぎています。筆者にとっては貴重な時間を費やしてここまで来ました。試験の最終結果が出るのは、10/20です。なぜ電験三種を受験したのだろう筆者が電験を受験した動機は、たまたま仕事関連で太陽光発電プロジェクトがあったからで [続きを読む]
  • 一人前の資格マニアは文理両道のはず
  • 理系資格と文系資格がある資格は大きく分けると理系資格と文系資格があります。筆者は文系(法学部)出身のため、文系資格、特に法律関連の資格が得意なはずです。ところが筆者は宅建士を法律資格の入門として取得したのですが、その後に続く資格は未だ取得していません。勤務先推奨の銀行業務検定やビジ法2級などは取りましたが、難易度の易しいものでしたので考慮に入れないことにします。なぜなら資格マニアも筆者の年齢(50代)に [続きを読む]
  • 資格マニアは仕事ができるのか
  • 資格マニアは仕事ができるのかここで資格マニアとは、資格を沢山取っている人のこととします。そのような資格マニアは、仕事ができるのでしょうか。あるいは出来ないのでしょうか。まずは、資格マニアの性質を考えてみたいと思います。資格マニアの特性とは資格を取れば取るほど自分の仕事とかけ離れた資格を取ることになります。まず言えるのは、仕事と関係ない資格も取るので、仕事と関係ない知識がつくはずという事です。次に、 [続きを読む]
  • 第三級海上無線通信士試験結果発表
  • おかげ様で合格筆者が平成29年9月に受験した第三級海上無線通信士(三海通)の結果発表がありました。試験実施機関の日本無線協会のホームページを閲覧したところ、筆者の受験番号が掲示されていました。休暇を取って受験した甲斐がありました。無線従事者の結果発表は、試験日から1ヶ月も立たないうちに行われます。筆者が別途発表待ちの電験三種と違って早くて良いと思いました。筆者の資格受験回数・得点一覧表も更新しました→こ [続きを読む]
  • ビジネス実務法務検定2級攻略法
  • ビジ法2級とは筆者は2011年12月実施のビジネス実務法務検定2級を受験し合格しました。筆者のビジ法2級攻略法を公開します。受験を検討されている方のご参考になれば幸いです。ビジネス実務法務検定とは、東京商工会議所が主催する公的資格です。国家資格ではないのですが、商工会議所が実施しているので民間資格とは一線を画すと筆者は考えます。1級から3級の三段階がありますが、2級までは受験資格に制限がありありません。ちなみ [続きを読む]
  • ビジネス実務法務検定1級申込みしてみました
  • 申し込まないと始まらない資格試験筆者は12月10日に実施されるビジネス実務法務検定1級の申込をしてみました。東京商工会議所のホームページから申込み登録が可能です。筆者は試験の準備は着手したばかりですし、参考書も試験範囲の半分ほどしか揃っていません。しかし、資格試験は申込みをしなければ受験出来ません。受験しなければ合格できませんので、まずは申込してみました。今後の試験準備方針ビジ法1級に合格された方のブロ [続きを読む]
  • 次の資格目標はビジ法1級
  • 次の資格はビジネス実務法務検定1級現在筆者は電験三種と第三級海上無線通信士の受験が終わり結果待ちとなったので、次の資格受験申込みを検討中です。筆者はここ数年、自分の仕事と全く関係ない資格試験を受験し取得して来ました。そこで久しぶりに自身の業務に近い資格を受けてみることにしました。それは東京商工会議所主催のビジネス実務法務検定1級です。民法のやり直し筆者の業務は日々民法に関わっています。資格を取るなら [続きを読む]
  • 三海通の自己採点をしてみました
  • 試験実施機関による公式解答発表三海通とは、筆者が平成29年9月13日と14日に受験した第三級海上無線通信士のことです。昨日試験実施機関の日本無線協会が公式解答を公表しましたので、自己採点してみました。試験科目は無線工学・法規・英語・電気通信術の4科目ですが、解答が公表されるのは、電気通信術を除く3科目です。筆者の自己採点結果筆者の自己採点結果等は以下の通りでした。①無線工学…筆者は一陸技(第一級陸上無線技術 [続きを読む]
  • ツイッターの集客パワーと暗黒面
  • ツイッターの集客力恐るべし筆者は、今年の電験三種の試験前日からツイッターを始めました。始めたと言っても一言つぶやくだけですので、ブログと違って簡単です。電験三種ネタ一言で見る見るうちにインプレッション(ツイートを見られた回数)が100を超えました。筆者のブログは1日経っても100アクセスなど無かったので、これは驚異でした。ブログへ誘導試しに筆者ブログへのリンクを張り、誘導の為のツイートを開始して見ました。 [続きを読む]
  • 第三級海上無線通信士(2日目)受験して来ました
  • 英語と電気通信術の一日筆者は昨日に引続き、第三級海上無線通信士(三海通)試験を受験して来ました。(1日目は→こちら)2日目の受験科目は午前が英語で午後が電気通信術です。電気通信術の実施日ですが、試験案内によれば9/4から9/14の間の指定する日とされていますが、筆者の知り得る限り英語のある日の午後に指定されます。どういう人が別の日を指定されるのか、筆者にはわかりません。筆者は航空無線通信士(航空通)を取得済みで [続きを読む]
  • 第三級海上無線通信士(1日目)受験して来ました
  • 電験三種からわずか10日の三海通筆者は今日、第三級海上無線通信士(三海通)試験を受験して来ました。三海通の1日日は午前に無線工学、午後に法規の試験が実施されます。筆者は第一級陸上無線技術士(一陸技)の資格所持により無線工学が免除となり、午後からの試験でした。9/3の電験三種の試験日までは三海通の準備は出来ず、休暇の関係もあり、準備期間は実質3日半しかありませんでした。うち3日を法規の標準教科書の読み込みに充て [続きを読む]
  • 平成29年電験三種 ひとり反省会
  • 平成29年9月3日に筆者は電験三種の機械科目を受験してきました。出題された内容や感想を簡単にまとめました。解法や解説は筆者には手に余りますので、専門誌に譲らせていただきます。と言うより、そのような実力が筆者にあればこんなに苦労はしていないはずです。機械科目問題および受験感想問1 界磁に永久磁石を用いた小型直流電動機=マブチモーターですね。 筆者は直流機にヤマを張っていましたので、当たりでした。自己採 [続きを読む]
  • 資格のあと味〜電験三種受験報告
  • 受験報告筆者は今日電験三種を受験して来ました。試験会場の様子と今後のスケジュール、業者解答速報による自己採点結果を報告させて頂きます。なお、電験三種の受験科目は4科目(理論・電力・機械・法規)がありますが、筆者は昨年までに機械以外の3科目を科目合格しています。今年は3科目とも科目合格有効期限内のため、機械のみ受験しました。試験会場の様子筆者の受験会場は東京都市大でした。機械科目の試験時間は14:00〜15:30 [続きを読む]
  • 電験三種試験当日
  • 日付が替わった勝負の日日付がかわり、電験三種試験日となりました。今日という日は電験三種受験者にとって特別な意味を持つのは、当然です。勝負をする人としない人とは大きな差があると筆者は考えます。資格試験であっても、仕事であっても何度も勝負することが重要です。奇跡よ起これ勝負を重ねていると奇跡を呼び込むと筆者は信じています。しかもそれは、努力を重ねた者のみに起こると思っています。仕事することはたいへん尊 [続きを読む]
  • 電験三種 試験前夜祭
  • 早くも1年経ってしまった明日の日中は、電験三種試験が行なわれているはずです。筆者が受験した昨年の試験からもう1年間経ってしまいました。それから現在この記事執筆時点までに解いた過去問は、12年分×1.2回転となりました。筆者の今年の受験科目は、午後2時スタートの機械科目のみです。残された時間は30時間ほどになりました。エネルギー充填120%明日試験場へ出発する時点で気持ちが最大速度となるよう、筆者自身に追い込み [続きを読む]
  • 電験ターミネーター
  • 資格試験にある貴重な価値筆者の電験三種3回目の受験日まであと1週間となりました。あと機械科目1科目を残すのみですが、3年間受からず、引っ張り続けています。資格は取るまでは0(ゼロ)ですが、取れば1です。これは老若男女どなたにあっても平等です。理不尽が多いこの世の中に存在する数少ない貴重な価値だと筆者は考えます。一身独立して一資格取得す1資格を取得するためには、それなりの準備が必要です。電験三種のような手ご [続きを読む]
  • 三海通の受験票も来ました
  • ダブル受験票三級通とは、第三級海上無線通信士の略称です。本日三海通の受験票も到着しました。筆者は既に9/3受験の電験三種の受験票を持っていますので、受験票が二枚になりました。今年の三海通の試験は9/13と14に行われます。科目免除で攻略筆者は受験票が来ると勉強机の目の前に掲示し、モチベーションを高めるようにしています。特に科目免除の表示欄を見えるようにしておきます。筆者は第一級陸上無線技術士の資格により、 [続きを読む]
  • 電験三種受験票が来ました
  • 平成29年度第三種電気主任技術者試験受験票筆者に電気技術者試験センターより封書が届きました。電験三種の受験票と写真票が封入されていました。予定通り9月3日に試験が実施されます。受験者あり遠方より来たる試験会場は、去年と同じT大学です。東京都内の会場はいくつか設定がありますが、筆者自宅から2番目に遠い場所です。おまけに最寄駅からも結構歩かされます。昨年は空調が快適ではありませんでした。午前9時開始の理論科 [続きを読む]
  • 電験三種合格祈願神社
  • もう奇跡を待つしかない筆者は電験三種機械科目の過去問に取り組んでいます。数年分を解いたのですが、いつも得点が50点止まりで伸び悩んでいます。電験三種の配点は1問5点で20題出題され、60点以上で合格です。年度によっては得点調整で55点程度が合格ラインになることがあります。筆者の現状では、余程の奇跡が起こらないと合格は望めません。通勤途上の神だのみこれは早めに神頼みが必要と筆者は判断しました。早速通勤途上の神 [続きを読む]
  • 爽やかマイ故郷
  • 筆者の夏休みは9月へ先送り筆者の夏休みは、勤務先の上司と部下との調整により9月に先送りとなりました。そこでお盆休みの代わりにこの連休で故郷に帰って来ました。筆者の出身地には、避暑地として有名な軽井沢や蓼科があります。筆者の実家はそれらの避暑地からやや外れますが、十分爽やかに感じられました。転勤族の東京暮らし筆者は転勤族で、今回の東京勤務は10年になろうとしています。故郷で生まれ育った頃は、故郷の夏にあ [続きを読む]
  • 金のブログ 鉄のブログ
  • 資格ブログの作り方筆者はいつも資格記事を掲示しています。今回は、筆者の資格ブログ作成方法をアップさせていただきます。先ず「金のブログと鉄のブログ」(お前が書いたのはどちら)といったようにまずブログタイトルを思いつくまま決定します。その後、資格ネタを後付けし本文を作成しています。ブログタイトルは、筆者が言うまでもありませんが耳目を引くものが良いです。ところが、本文を先に書き後からタイトルを考えるとタイ [続きを読む]
  • 電験戦線異状なし
  • 過去問正答率V字回復電験三種の試験日から4週前となりました。筆者の過去問正答率は、30点台(100点満点)の地獄を見ましたが、V回復を遂げ50点台になっています。未だ合格ラインの60点に足りませんが、グラフの趨勢は合格圏を向いています。やっと灯りが見えてきたところです。その男機械残しにつき筆者は、電験三種4科目のうち機械だけを取りこぼしています。なので今年は筆者の全精力を機械の勉強に投下することが出来ます。現 [続きを読む]
  • 夏資格クルージング
  • 電験の夏 日本の夏電験三種の試験日は毎年9月の第1日曜日です。筆者は、電験三種の科目合格を続け、ここ3年というもの、夏は電験の勉強です。筆者にとって電験は夏の風物詩となっています。電験の試験は全国で行われます。少々強引ですが、電験は日本の夏の一部となっていると筆者は言いたいです。夏資格一覧夏に試験日がある資格を筆者は夏資格と呼ぶことにします。筆者は取得していませんが、興味を引かれる夏資格は次の通りで [続きを読む]