Kabekichi さん プロフィール

  •  
Kabekichiさん: あなたの生活を守る! 危ない商品の見分け
ハンドル名Kabekichi さん
ブログタイトルあなたの生活を守る! 危ない商品の見分け
ブログURLhttp://dangerousproduct.sblo.jp/
サイト紹介文日々生活している中で危険と思う事をお話ししています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 295日(平均0.7回/週) - 参加 2016/06/26 07:39

Kabekichi さんのブログ記事

  • ハム・ソーセージの添加物
  • 見栄えを良くするために 発色剤が使わねているすつかり洋風になつた日本の食卓で、人気の食材 がハムやソーセージ。食べやすく用途も広いため、 子どもからお年寄りまで、フアンは多い。ところがこれらの食材は、時間の経過とともに黒ずんで見栄えが悪くなる。それを防ぐために使われる発色剤の亜硝酸ナトリウムは毒性があり、発がん性物質に変 化するといわれている。発色剤の亜硝酸ナトリウムは発がん性物質に変化する豚肉が主原 [続きを読む]
  • タール色素を使った魚肉ソーセージ
  • 発がん性が疑われるタール色素が使われている。根強い人気がある魚肉ソーセージは、食欲をそそ るために人工的に着色されている。なかには合成着色料のタール色素が添力□されているものもある。タール色素は化学合成物質で、発がん性が疑われることがあるので、てんちから しかく 添加されている食品は、大量に摂取するのを避けたほうが安全だろう。諸外国で使用が認められていない 赤色106号着色料には天然色素と合成色素があ [続きを読む]
  • 漂白剤入りのシリアル
  • 漂白剤が胃の粘膜を刺激する事もある!朝食などで便利なシリアルには、食物繊維が多く 含ま楓ているため、特定保健用食品の許可を得ている製品もある。しかし、乾燥果実に漂白剤として亜硫酸塩が使われているものもある。亜硫酸塩は、大量に摂取すると胃の粘膜を刺激することもある。健康へのある影響が疑われる亜硫酸が使用されている製品がある亜硫酸塩は、ワインの酸化防止剤としても使われていることで知られている食品添加物 [続きを読む]
  • 添加物過多のサンドウィッチ
  • 10種類以上の添加物が胃の中で混ざり合う!店頭に並んでいるサンドイッチは様々あるが、加工食品の中で最も多くの添加物が使われている。具 材のハムやツナなどに発色剤の亜硝酸ナトリウム等が添加されていて、バンにもイーストフードなどが使われている。それらは、大量に摂取すると胃の中で粘膜を刺激して、胃に不快を感じたり、下痢を起こしたりすることもある。気になる添加物が使用されている事もある。サンドイッチの具材の [続きを読む]
  • 気になる添加物入りカレー
  • カレールーには気になる添加物も入っている?合成甘昧料のスクラロースや力ラメル色素 が添加されている力レール一製品がある。特にカラメル色素はほとんどの製自に添加されている。そして最近は、スクラロースを使った製品が増えてきた。2つの添加物はともに発がん性があるとする説もある。発がん性を疑われるスクラロースとカラメル色素スクラロースは、最も新しく1999年に認可された食品添加物だ。砂糖の600倍の甘みがあり、多 [続きを読む]
  • 植物油のトランス脂肪酸
  • 悪玉コレステロールを増やすと言われているトランス脂肪酸は、牛の肉や乳のほか、植物油を 加工して作る油、特にマーガリンやショートニング に比較的多く入つているため、揚げ物などのファーストフード、焼き菓子などに多く入つている。トラン ス脂肪酸を多く摂ると、悪玉コレステロールを増やすといわれている。動脈硬化になって狭心症や心筋梗塞を起こしやすいトラ ン ス 脂 肪 酸 に つ い て は 、 食 品 か ら 摂 る 必 要 [続きを読む]
  • こわいフグの毒
  • フグは青酸カリより猛毒のテトロドトキシンを持っているフフグ科の魚類のほとんどの種類が、テトロドトキ シンという毒を持つている。これは青酸カリの500 ~ 1000倍という強さの猛毒で、特に肝臓、卵巣、皮に多く含まれている。食べられるフグの種類や部 分については厚生労働省が指定していて、お店など でフグ料理を提供するには、専門の資格を持つたフグ調理師が調理する事が義務づけられている。フグ以外にも、ハゼ科のツムギ [続きを読む]
  • ジャガイモの 芽や皮にある毒
  • みじかな食品ジャガイモにも中毒を起こす化学物質が含まれている。シチューやカレー、ポテトフライなど身近な食材 であるジャガイモ。しかし、このジャガイモを食べ て中毒を起こすことがある。その原因はソラニン、 チ ャ コ ニ ン と しヽう 物 質 。 ジ ャ ガ イ モ の よ う な ナ ス 科 の植物に含まれている化学物質で、ジャガイモの芽 や緑色になつた部分に特に多く含まれている。腹痛や嘔吐などの症状が出ることがあり死亡 [続きを読む]
  • ビールに入っている痛風の原因物質
  • プリン体の摂り過ぎが 痛風の原因になる最近は「プリン体オフ」と銘打ったビールなどが 目につく。プリン体は悪いものというイメージが広 まつているが、実は体内でDNAの成分などになる大切な存在なのだ。しかし、プリン体を摂り過ぎると、余分なものが 「尿酸」という化含物に変化してしまう。この尿酸は水に溶けにくいため、関節に溜まつてしまつて痛風を引き起こすことになる。プリン体は、酒類のなかではビールに多く含まれて [続きを読む]
  • 食品遺物混入
  • 虫の一部や幼虫が 混入していることもある食品に虫の死骸やビニール片、金属片、プラスチ ック片、砂・石などの異物が混入していることがある。異物の内容では、ゴキブリやハエ、ハエの幼虫 などの虫が最も多く20%近 くを占めている。なかには針金やカッターの刃、ガラスや陶器の破片など危険なものもある。 さらに、外食や宅配の弁当類でも異物が混入して いるものがあるので気をつけよう。気づかずに食べてしまい、 健康被害につ [続きを読む]
  • 大腸菌による食中毒
  • 有害な病原性大腸菌は4種類。そのなかの腸管出血性大腸菌は腸の細胞を壊すヒトの小腸から大腸にはたくさんの種類の大腸菌がすんでいる。その多くは無害だが、015アなどのように害を与えるものもある。有害な大腸菌は「病原性大腸菌」と呼ばれ、病原血清型大腸菌、組織侵入型大腸菌、毒素原性大腸菌、腸管出血性大腸菌の4種類がある。なかでも0157のような腸管出血性大腸菌はベロ毒素というものを作り、腸の細胞を壊して出血を引き [続きを読む]
  • ノロウイルス食中毒
  • 冬に発生する食中毒で、感染力が強く集団感染になることもある食品が傷みやすい夏場ではなく、冬場に発生するのがノロウイルスによる食中毒。ノロウイルスはカキなどの内臓に多く、カキなどを生で食べたり十分に大を通さないで食べたりすることで食中毒が起こる。しかし、仕出し弁当や食パン、大福での感染例もあり、特定の食品を避けるだけでは感染は防げないのが現状だ。感染力が強いので、一度発生すると集団感染につながつてし [続きを読む]
  • 学校給食の誤食アレルギー
  • 【乳製品のアレルギーを持つ児童にチーズ入りチジミを!】近年、食物アレルギーを持つ人が乳幼児から成人に至るまで増えてきて、食物アレルギーに起因する事故がマスコミにも取り上げられる事が多い。その中でも、2012年東京都調布市立小学校で起きた事故は大きな衝撃を与えた。乳製品にアレルギーがあった児童がおかわりを求めた際に担任教諭が食べられない食材の一覧表を確認せずに、チーズいりチジミを渡してしまった。児童がそ [続きを読む]
  • 合成甘味料入りのガムやプリン
  • 【健康に悪影響が心配な合成甘味料が使われている】近年、子供の肥満が問題になり、ガムやプリンは合成甘味料を使って低カロリーになっているものが多い。しかし、添加されている合成甘味料アスパルテームは大量に摂取すると健康に悪影響があると指摘されている。【脳腫瘍の可能性を指摘されているアスパルテーム】アスパルテームは1990年代後半にアメリカの複数の研究者によって脳腫瘍を起こす可能性が指摘された。また、2005年イ [続きを読む]
  • カラメル色素が添加されたハンバーグ
  • 【発がん性が疑われる色素が使われている製品もある】ハンバーグは褐色を際立たせるといかにも美味しそうに見えるので、その為に人工的に褐色に着色されている製品が多い。その褐色を出す為には、カラメル色素が添加されている製品がある。しかし、カラメル色素の中には、発がん性が疑われる種類のものがある。カラメル色素が添加されている製品は、大量に摂取するのは避けた方が安全だろう。【カラメル色素のⅢとⅣが発がん性が疑 [続きを読む]
  • コクゾウムシが発生した無洗米
  • 【購入後4か月経ってから開封したら黒い虫がゾロゾロ・・・】国民生活センターのサイトに、インターネット通販で購入した無洗米の袋を4か月経ってから開封したところ、中から黒い虫がゾロゾロ出てきてびっくりした、という相談例が紹介されている。米は生鮮食料品を同じく長期保存に向かないし、保存方法も冷蔵庫などの冷暗所にて保存するのが望ましい。消費者の意識にも問題がありそうだ。【米にわきやすい虫は3種類いるが、その [続きを読む]
  • 合成甘味料入りのドレッシング
  • 【人体に及ぼす影響が懸念される合成甘味料が添加されている】野菜サラダに使われるドレッシングは、最近はカロリーを抑えたノンオイルのものが人気が高くなっている。そして更にカロリーを抑える為に合成甘味料を使った製品もある。しかし、合成甘味料のスクラロースは、大量に摂取すると、人体に影響を及ぼす事が懸念されている。【2000年以降に急激に普及したスクラロース】アスパルテームの人体への悪影響が知れ渡ると、それを [続きを読む]
  • タール色素を使った福神漬け
  • 【タール色素を数品目も使って独特の色を出している】カレーライスに欠かせない付け合わせになっている福神漬けは、独特の赤い色と甘味があるのが特徴だ。こうした特徴は何種類もの化学合成物質が添加されて作りだされていて、安全性に問題がありそうだ。数品目のタール色素と複数の甘味料が使われ、まさに合成化学物資が複合的に添加されている要注意の食品だ。【タール色素と合成着色料が添加されそれぞれに健康被害の危険性があ [続きを読む]
  • サッカリンNaを使った“たくあん”
  • 【黄色が鮮やかで強い甘味がある製品は発がん性が疑われる】昔から親しまれてきた漬物の“たくあん”。色鮮やかに黄色をしていたり、強い甘味があったりするものは、タール色素や合成甘味料もさっかりんNa(さっかりんナトリウム)が使われている事がある。この2つは発がん性を疑われている物質だ。【一度は安全性が認められたが、絶対に安全とは言えないサッカリンNa】サッカリンNaは砂糖の500倍の甘さを持つ合成着色料だ。漬物や [続きを読む]
  • タール色素を使った魚肉ソーセージ
  • 【発がん性が疑われるタール色素が使われている】根強い人気がある魚肉ソーセージは、食欲をそそるために人工的に着色されている。中には合成着色料ののタール色素が添加さえているものもある。タール色素は化学合成物質で発がん性が疑われる事があるので、添加されている製品は、大量に摂取するのを避けたほうが安全だろう。【諸外国では使用が認められていない赤色106号】着色料には天然色素と合成色素があり合成色素のなかで多 [続きを読む]
  • 漂白剤入りのシリアル
  • 【漂白剤が胃の粘膜を刺激する事もある】朝食等に便利なシリアルには、食物繊維が多く含まれている為、特定保健用食品の許可を得ている製品もある。 しかし、乾燥果実に漂白剤として亜硫酸塩が使われている製品もある。亜硫酸塩は大量に摂取すると胃の粘膜を刺激する事もある。【健康への悪影響が疑われる亜硫酸塩が使用されている製品もある】亜硫酸塩はワインの酸化防止剤として使われている事で知られている食品添加材だ。 亜 [続きを読む]
  • 添加物過多のサンドイッチ
  • 【10種類以上の添加物が胃の中で混ざり合う】店頭に並んでいるサンドイッチは色々あるが、加工食品の中で最も多くの添加物が使われていると言っても良いだろう。人気の具材のハムやツナ等に発色剤の亜硝酸ナトリウム等が添加されていてパンにもイーストフード等が使われている。それらを大量に摂取すると、胃の中で粘膜を刺激して胃に不快を感じたり下痢を起こしたりする事がある。【気になる添加物が使用されている事もある】サン [続きを読む]
  • 気になる添加物入りカレー
  • 【カレーのルーには気になる添加物も入っている?】合成着色料スクラロースやカラメル色素が添加されているカレールー製品がある。特にカラメル色素はほとんどの製品に添加されている。 そして最近はスクラロースを使った製品が増えてきた。この二つの添加物は発がん性があると言われているから注意したい。【発がん性を疑われるスクラロースとカラメル色素】スクラロースは最も新しく1999年に認可された食品添加物だ。砂糖の600 [続きを読む]
  • 植物油のトランス脂肪酸
  • 【悪玉コレステロールを増やすといわれています。】トランス脂肪酸は、牛肉や牛乳の他、植物油を加工して作る油、特にマーガリンやショートニングに比較的多く入っている為、揚げ物等のいわゆるファーストフードや焼き菓子などに多く入っている。トランス脂肪酸を多く摂取すると悪玉コレステロールを増やすと言われている。【動脈硬化になって狭心症や心筋梗塞を起こしやすい】トランス脂肪酸については食品から摂る必要がないと考 [続きを読む]
  • こわいフグの毒
  • 【フグは青酸カリより猛毒のテトロドトキシンを持っている!】フグ科の魚類のほとんど種類の魚がテトロドトキシンという毒を持っている。これは青酸カリの500〜1000倍という強さの猛毒で肝臓、卵巣、皮に多く含まれている。 食べられるフグの種類や部分については厚生労働省が指定していて、お店などでフグ料理を提供する時は専門の資格をもったフグ調理師が調理する事が義務付けられている。フグ以外にも、ハゼ科のツムギハゲや [続きを読む]