chiwatch さん プロフィール

  •  
chiwatchさん: 日々のこと
ハンドル名chiwatch さん
ブログタイトル日々のこと
ブログURLhttps://ameblo.jp/chiwatch/
サイト紹介文日々のこと。環境教育のこと。
自由文よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供152回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2016/06/26 23:00

chiwatch さんのブログ記事

  • はじめての帰国報告会
  • 日本に戻って2週間。 環境教育職種の20周年式典で、代表隊員に選ばれて帰国報告会をした。 報告会用にと帰国してから作った新たな紙芝居とゴミ帽子持参で。(紙芝居はデータがあるので簡単に複製できる) 自分で言うが、帰国報告は93点の出来だった。 うん、いいだろう。 場慣れが大切だと思うので、またこんな機会をいただけたらいいな。個人的にでも要望があればいつだって披露するんで。 ガツガツ前に出よう。 特 [続きを読む]
  • 職務質問され38歳無職とこたえる元協力隊
  • タイトルで全て言ってしまった感じはあるが。 帰国してから、何かと飲む機会が多い。 あっという間に減っていく貯金に、軽く恐怖を覚える。 終電を調べるなんていう日本社会の常識もすっかり忘れ、案の定見知らぬ深夜の街に放り出され そして4時間ほど歩いて帰る途中のまさに今。 観念し日が昇るまで公園で時間を潰すことにした。 購入したてのスマホで初めてブログしてるけど、なんか書き心地が落ち着かない。 せっかく夜の [続きを読む]
  • 2年間のワークショップおよび教材・動画をまとめる
  • 個人的な話だが、僕は諸事情あってブログをふたつしている。 ライブドアのブログと、アメーバのブログと。 で、せっかくなんで凍結していたライブドアのブログを『ワークショップや教材や動画のまとめサイト的なもの』としてリニューアルしようかなと思っている。 工事が未完で機能していない部分がいくつかあるんだけど、とりあえず公開しよう。 これは、『未熟でもまずは公言する』という自分の信念に基づくものである。 完璧 [続きを読む]
  • 日本の空手道場に行って『日本式教育』について考える
  • 帰国してからしばらく、今月半ばまでは実家でなんやかんや作業する事に決めている。 この2年間の文章をまとめたり、配属先に寄贈してしまった教材を複製したり。僕は真面目な人間なのである。 そんななか、小学2年の甥っ子が空手道場に通ってるというので、興味本位で同行させてもらった。 実はエジプトでも空手はまぁまぁ盛んで、エジプト人師範の道場に10回近く通っていた。月謝を払ったりはしてないんだけど、ノリで練習 [続きを読む]
  • 帰国報告会の要約
  • 先日、エジプトでおこなわれた帰国報告会の内容について、ブログ用として自分なりにまとめてみた。 この場で文字だけでお伝えするのは難しかったが、本番では『パワポ・動画・教材の実物』を用いてのプレゼンだった。(ご希望の方にはいつでもお見せします) なお、帰国報告会の方法は国によって大きく異なり、エジプトの場合は日本語でのプレゼンのみで、配属先の参加も基本的にはない。(日本語以外でのプレゼンがマストとされる [続きを読む]
  • 帰国あるある あるある言いたい
  • 帰国5日前くらいから、めちゃめちゃ慌ただしかった。 そして今。帰国して既に3日ほど。 研修と健康診断を終えて、とりあえずのひと段落。ふぅ。。 帰国前の出来事についてはまた改めて触れるとして、現在の心境をなんとなく記す。 これも、赴任時の心得と一緒で、最初の印象は次第に薄れていってしまうからだ。 現状に慣れる前に、外人もどきとして日本を眺めた違和感をまとめておく。 日本食、うめー! 水出るー! 電気つ [続きを読む]
  • 任地で過ごす最後の3連休【ストリート流しそうめん】
  • 同国で活動する隊員が遊びに来てくれた。 首都からバスで6時間半。 総勢9人いるので、流しそうめん&手巻き寿司パーティーをした。 手巻き寿司は、帰国する同期隊員のさよなら日本食放出。ありがたや。 流しそうめんは、この国でやるのは実は3回目。 1度目は日本人同士。2度目はジャパンデー。そして3度目の今回は念願のストリート流しそうめん。 スーダン産の竹で台を組み立てるのは僕の役。 他に、茹で担当。薬味担 [続きを読む]
  • 任地を離れる直前【イベント報告書・後半】
  • 【イベント当日・朝】 Gさんを交え、ようやく出勤した上司と話し合いをするが、当然のように噛み合わない。ここ数日、配属先の活動として朝から夕方までとある保育園で壁画を描いていた私に、「どうしてイベントの準備をしていないんだ?」と問いかける上司。長期の不在について全く悪びれもしない彼に私は幻滅し、重ねてGさんは連日のオーバーワークで殺伐とした空気となる。多くのすれ違いのなか、3人ともが声を荒げ衝突し、一 [続きを読む]
  • 任地を離れる直前【イベント報告書・前半】
  • 8月半ば【イベント発案までの経緯】 現在、小中学校が長期休み期間であるという理由で、環境庁ではワークショップを開く機会があまりない。 そこで、保育園でワークショップをしてみては?という私の提案から、社会連帯省(以下、社連省)の協力のもと、幼児教育隊員とのコラボワークショップを何度か続けて開催していた。 実施者は環境庁同僚Gさん、幼児教育隊員ふたり、私の計4人。 毎回新規で保育園を巡回しながら、同じ内容 [続きを読む]
  • 配属先での活動最後の日
  • ここでひとつ訂正がある。 これまで『任地を離れる○日前。。』と続けてきたが、正確には『配属先での活動を終えるまで○日』ということだった。 つまり今日で活動は終わりだが、細かく言うとこの国は明日から3連休で、連休明けまでは任地で過ごす予定ということになる。 では、本編のはじまり。↓ 協力隊経験者ならおわかりだろうが、赴任時に何を持って行くか選別するのに困っちゃう。。というのはよく聞く話。 飛行機会社 [続きを読む]
  • 任地を離れる1日前。最後のワークショップ。
  • 同僚Gさんと、保育園でのワークショップ。今日は幼児教育隊員とのコラボではないので、これは僕の帰国後に近いカタチと言えるだろう。 もう明日で最後だからね。僕が帰った後で困らないよう『Gさんと僕』ではなく『Gさんと上司』というチームで今日のワークショップはしようよ。 デスクワークしている上司にそう進言するも、「それはお前がいなくなってからやれるから心配しなくていい」とのこと。 ホントに信じていいのだろう [続きを読む]
  • 最後の三者結果確認【JICA×配属先×ボランティア】
  • 朝から僕が落ち込んでいたので、上司や同僚にどうかしたのか?と心配される。 とりあえずまぁいろいろあって疲れているとだけ伝えた。 そんな中。 首都から調整員さんと現地人スタッフさんが来てくれて配属先で最後の三者面談。 モヤッとした気持ちを抱えたまま、提出した報告書を元に話し合いをする。 最後に配属先と揉めても仕方ないので、ここではなるべく聞き役でいようと思っていた。 僕は彼らの役に立っていたのだろうか [続きを読む]
  • 任地を離れる2日前。配属先を嫌いになる。
  • こんな話をしたところで誰も得しないんだけど。 ネガティブな時の方がアクセス数がよさげなので敢えて文章にしてみる。なんつって。 嫌いという言葉を選ぶのは、ちょっと安易すぎるかな。 なんというか。 今になって彼らのことをきちんと信頼できていない自分に気づいてしまったというか。 同じ空間にいるのがしんどいというか。 目を見て話せないというか。 こんな風に文章にしてみると、まぁ結局は僕の受け止め方の問題なの [続きを読む]
  • 若気の至りは10代の専売特許ではない
  • アラフォーだって至るときは至るのである。 先日、YouTubeで光GENJIを見た。当時はお兄さんだったのに、今では息子みたいな年齢なんだなぁ。 躓きはいつだって僕たちの仕事なのである。 僕は訳あってブログをふたつしている。 赴任当初のブログと、このブログと。 お時間ある人は読んでみてね。 http://blog.livedoor.jp/shuwawa/ 赴任当初の文章を読むのは恥ずかしい。でも、たまに恥ずかしさを味わいたくてわざと読み返 [続きを読む]
  • 業務費申請というもの【その2】
  • 先日書いた業務費申請についての話は前フリで。 今日のブログは現在進行形。厳密には5日前(上手くいかない、のちょっと前)の出来事) 活動にて。 帰国前に何か出来ないかなということで、イベントとかしてみたいねーと隊員同士で盛り上がっていた。 何度かやっている幼児教育隊員とのコラボワークショップからの流れで、幼教&環境のコラボイベント。来場者が楽しんでくれて、いろいろ学べるお楽しみ祭り的な。 職種の枠を [続きを読む]
  • ぼぉ〜くぅら〜の街にぃ 今宵もゴミが降る〜
  • 夕暮れの道ばた。 同国の隊員と缶ジュースを飲みながら、近々おこなわれるイベントについて会議。 近隣民家の軒先にある椅子を当然のように占拠する自分たちに逞しさを覚える。 と、その時。 「ドスン!!」 背後に大きな物音。 どうやら空からゴミが降ってきたようだ。 これはこの国特有の異常気象で、犯人は数階上のバルコニーにいるおっさん。 ポイ捨てというにはあまりにも壮大な、給水器に取り付けるタイプの20ℓく [続きを読む]
  • 任地を離れる1週間前。配属先と上手くいかない。
  • なんだこれ。 この期に及んでこんな試練。 この世にアッラーがいるならば、すべてはお導きなのだろうか。 イスラム教の連休が先週5日ほどあって。 それ絡みで直属の上司が何のホウレンソウもなく2週間ほどの大型バケーション。 帰国を控えた僕はそれなりに活動の段取りを決めていたのに、だからこそすごくイライラしている。 こんな風に急遽長期休みする上司なんて、たぶん僕のことなんかどうでもいいと思ってるんだろうな [続きを読む]
  • YouTubeで小藪の動画を見たら両親を思い出した
  • (リスペクトの念を込めて、敢えての呼び捨てである) 先日、帰国後はちょっとガーナまで、みたいなことをブログに書いた。 スカイスキャナーでぽちっとチケット購入のつもりが、まさかのカードエラー。 何度試してもダメで、同期のカードで買おうとしてもダメで(往復12万円くらいなのに快く借金受け入れてくれて感謝)、日本にいる姉ちゃんにLINEで頼んでみた。 「頼む!オレオレ詐欺じゃないから値段上がらないうちに買って [続きを読む]
  • 業務費申請というもの【その1】
  • 協力隊には業務費というシステムがある。 然るべき理由があって然るべき手順を踏んだ場合に限り、JICAから支給されるお金。それが業務費。 元を辿れば日本国民が支払った税金であることは言うまでもない。 僕はなんとなくの自分勝手な嗅覚で、それはあまり使わない方がいいと考えてきた。 公金だからという教科書的な答え以上に、配属先に対しての個人的な心情によるところが大きい。 そのシステムを行使することで、『与える側 [続きを読む]
  • ふと、自己嫌悪になる
  • 特に何って理由がある訳でもないんだけど、ふと、自分が調子に乗っているなと感じて、ブログを小休止してみた。 周りに迷惑ばっかりかけて、今までの全てはお陰さまでしかなかったり。 または連休ごときで活動が停滞してしまう現状だったり。 その結果の、僕は大して何も成し遂げられてないんじゃないかという妄想。 焦りではなく、これでいいのだろうかという漠然とした不安だな。 ひと通りモヤっとした感情がぐるりと巡っ [続きを読む]
  • 10ヶ月ぶりくらいの路上サッカー
  • 協力隊員なら誰もが経験するであろう定番シチュエーション。 任国での路上サッカー。 近所の青年にたまたま声をかけられ、久々に参加してみた。 砂埃を巻き上げながら。 空気が抜けてベコベコになったボールをひたすらに追いかける男たち。 15分ともたずにハンパない息切れ感。 僕はゴールキーパーの癖に。 やはり体力の低下は否めない。 帰国したらいろんな面で(+2歳)の現実に直面するんだろうな。気持ちは出国前の [続きを読む]
  • 任地を離れるまで3週間を切る
  • 帰国まであとわずか。 こんな時期に毎日ブログを更新してると、暇なやっちゃなぁと思われてる気がしてくる。 そこには自己満以外にもたくさんの理由があるのだ。 いま貴重だなという実感が今更あって、帰国前の気づきを残したいということ。 帰国直前だと自分に言い聞かせて、やる気スイッチを入れるということ。 やるべきことがたくさん詰め込まれてる毎日に、頭を整理しないと対応できそうにないということ。 なのにイスラム [続きを読む]
  • 全身リサイクルのひと
  • 1年ほど前。とある後輩隊員に言われた。 「○○さんって、現地の人から『全身リサイクルのひと』って呼ばれてたよ!」 、、そうか。わざわざご報告ありがとう。 存在そのものが環境教育ってことだな。(環境教育職種のイメージダウンに繋がってたらごめんなさい) 身に覚えがあるかと問われれば、僕が愛用しているリュックが理由のひとつかもしれない。 日本にいた時、「バックパッカーでインドを巡りたい!」って話す僕に、バ [続きを読む]
  • くだらないことで同僚とケンカした
  • 最近やっている寸劇のワークショップ。 登場人物が環境に悪いことをして、子どもたちに「これはいいこと?」と問いかけるもの。 その中にパパがタバコの吸い殻をポイ捨てするシーンがある。 今まではジェスチャーのみでやってたのだが、せっかくだからと思い、小道具を作ってみた。 紙を巻いたものにタバコっぽく見えるよう彩色を施したもの&本物のタバコの箱。 自分でも驚くほどのクオリティだったので、ドッキリな感じでい [続きを読む]
  • ノッス争奪戦
  • 協力隊が行くような国ではよくある話かもしれない。 ノッスとは、この国の言葉で『半分』のこと。 つまり、この国の通貨【1ポンド】の半分、【0.5ポンド硬貨】のことである。 ノッスをはじめ、硬貨は流通量が少なく、ことあるごとにお釣りがないと言われる。 ある日のスーパーマーケットにて。 紙幣で支払うと、お釣りの代わりに正体不明の10円ガム的なものを手渡される。しかも何の断りもなく、シレっと次の客の対応を [続きを読む]