多田幸生 さん プロフィール

  •  
多田幸生さん: 時事法談〜弁護士多田幸生のブログ〜
ハンドル名多田幸生 さん
ブログタイトル時事法談〜弁護士多田幸生のブログ〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/upsmonday/
サイト紹介文弁護士多田幸生が時事ネタをいじるブログです。なるべく法律的に。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/06/27 01:08

多田幸生 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 「地面師」の被害を免れるにはどうしたらよいか
  • 積水ハウスが63億円の「地面師」詐欺にあったそうです。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170802-00050136-yom-soci「・・・関係者によると、所有者になりすまして不動産取引を持ちかける「地面師」の被害に遭った可能性が高いという。」つまりこういうことです。「地面師」と言われる人たちは、不動産の所有者やその代理人を装って、善意の不動産業者に売却の仲介を依頼します。 不動産業者は善意で買い手(被害者です。 [続きを読む]
  • 未払い賃金の消滅時効は、債権法改正によってどう変わる!?
  • みなさまご存じのとおり、今年(平成29年)5月に民法(債権法)の改正法が成立しました。これにより、消滅時効制度は、債権の消滅時効期間が原則として5年に統一されるなど、大きく変わりました。 しかし、消滅時効制度の改正は、まだこれで終わったわけではありません。賃金(いわゆる「給料・給与」)の請求権については、民法ではなく、労働基準法によって、「2年」という短い時効期間が定められています。これは民法改正 [続きを読む]
  • 定年退職後の有期雇用で給料を下げたら違法!?
  • 今年5月13日、労働実務に大きな影響を与える可能性のある裁判例がでました。 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG13H9O_T10C16A5CC1000/「定年後再雇用、同じ業務で賃金格差は違法 東京地裁判決」(日本経済新聞)  定年退職後に再雇用された嘱託社員が、正社員との間で賃金に差があるのは不当として、差額の支払いを求めた訴訟です。東京地方裁判所平成28年5月13日判決は、「定年後も業務内容が同じなの [続きを読む]
  • 「刑の一部執行猶予判決」の実例と運用状況
  • 平成28年6月1日から「刑の一部執行猶予判決」制度が始まっています。早速、各地の裁判所で一部執行猶予判決が言い渡されているようです。 以下は全国初の一部執行猶予判決のニュース。 http://www.asahi.com/articles/ASJ6240X8J62UDCB00N.html「刑の一部執行猶予判決 覚醒剤取締法違反罪の被告 千葉」(朝日新聞デジタル)  「刑の一部執行猶予判決」とはいったいなんでしょうか。 これはもう、 [続きを読む]
  • 「別れさせ屋」は恋愛の自由を侵害する?
  • 今回は、男女間の交際を終わらせる「別れさせ屋」についての面白い裁判例をご紹介します。ニュースはこちら。 http://www.sankei.com/west/news/151109/wst1511090083-n1.html「“別れさせ屋”の工作、一転『適法』 大阪地裁判断、依頼人に97万円報酬支払い命令」(産経ニュース)  以下、ニュースの引用です。 「探偵業者が男女間の交際を終わらせるよう仕掛ける『別れさせ契約』が公序良俗に反し無効か [続きを読む]
  • 舞台の主演女優の出演契約の法的性質は?
  • はじめまして。弁護士の多田幸生といいます。 弁護士は判例を読むのが仕事のようなところがあります。私は、世間の耳目を集めるような事件にはアンテナを張っていて、判決の原文が見つかればそれを読むようにしています。 このブログでは、私が面白いと思った事件やその判決を取り上げ、弁護士の目線からの雑感を書いて行こうと思います。 記念すべき第一回はこの事件です。 http://www.asahi.com/articles/A [続きを読む]
  • 過去の記事 …