ジージ さん プロフィール

  •  
ジージさん: ジージのドイツ花便り
ハンドル名ジージ さん
ブログタイトルジージのドイツ花便り
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ji-ji87
サイト紹介文ドイツで撮った花を紹介しています。海賊版でお困りの方、対処法を掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供812回 / 365日(平均15.6回/週) - 参加 2016/06/27 03:42

ジージ さんのブログ記事

  • サルビア・フォルスカオリー
  • 本日は3回更新していますので、アマランサス・ヒポコンドリアクス、そして白いホトトギスの花をご覧になりたい方は、下にスクロールしてください。今日紹介させていただくのはサルビア・フォルスカオリー、学名は salvia forsskaolii です。模様が楽しいサルビアですよ。10月8日に撮影しました。横から見ていると、典型的なサルビアですが、正面に近いアングルで見ると、このような模様が見えます。どうですか、楽しい模様だと [続きを読む]
  • 白いホトトギスの花
  • 今日紹介させていただくのは白いホトトギスの花です。色が白いと、鳥のホトトギスのような模様がありませんね、でもホトトギスの花ですから(笑)10月8日に撮影しました。花が白いと汚れが目立ちますね。まあこの花はきれいですが。花期は長いですが、そろそろ終りかもしれません。葉も痛んでいるし、花弁の先も痛んで見えます。はい、お別れの画像になりました。皆様、白いホトトギスの花はいかがでしたか?花を検索したい方は [続きを読む]
  • アマランサス・ヒポコンドリアクス
  • 今日紹介させていただくのはアマランサス・ヒポコンドリアクス、学名は amaranthus hypochondriacus です。この花は知っているのですが、いつも名前探しに苦労しますね。まあ僕の秘密のフォルダーには入っているのですが。10月8日に撮影しました。今回、真っ直ぐ立っている穂は少なかったですね。穂には小さな花が無数に付いていて、そこにシベを見ることができます。いまだにわからないのは、たまに白い物があって、それがメシ [続きを読む]
  • ペルシカリア・ミクロセファーラ
  • 今日紹介させていただくのはペルシカリア・ミクロセファーラ、学名は persicaria microcephala です。今年、すでに記事にしていますね。10月8日に撮影しました。なにしろ小さな花です、それしか言いようがありません。それにとても可愛いです。ハキダメギクも撮り難いですが、この花はそれ以上ですね。はい、お別れの画像になりました。皆様、ペルシカリア・ミクロセファーラはいかがでしたか?花を検索したい方は、左のカテゴ [続きを読む]
  • シャクナゲの返り咲き
  • 今日紹介させていただくのはシャクナゲの返り咲きです。返り咲きをする花は多いですが、シャクナゲはその筆頭でしょうね。10月8日に撮影しました。かなり高い位置に咲いていたので、狙いをつけにくかったですね。花を撮るのに脚立が必要かも(笑)実家でバラの花を撮った時に、1度脚立を使いました。近くにあるのならば使いますよね。はい、お別れの画像になりました。皆様、返り咲きのシャクナゲはいかがでしたか?花を検索し [続きを読む]
  • 濃いピンク色のコスモス
  • 今日紹介させていただくのは濃いピンク色のコスモスです。個人的には薄いピンク色が好きなんですが。9月29日に撮影しました。ごく当たり前のコスモスですね。チョコレートコスモスを見たいと思っているのですが、チャンスがないですね。匂いもかぎたいです。はい、お別れの画像になりました。皆様、濃いピンク色のコスモスはいかがでしたか?花を検索したい方は、左のカテゴリーより「花の名前による検索」を選んでください花の [続きを読む]
  • ダキバアレチハナガサ
  • 今日紹介させていただくのはダキバアレチハナガサ、学名は Verbena incompta です。三尺バーベナとは同属異種になります。花は三尺バーベナによく似ていますから。9月29日に撮影しました。花の下が長いし、痛そうですね。花は三尺バーベナに似ているのですが、こちらの方がごっつい感じがします。野蛮な雰囲気がしますね。はい、お別れの画像になりました。皆様、ダキバアレチハナガサはいかがでしたか?花を検索したい方は、左 [続きを読む]
  • 真っ赤なバラの花
  • 今日紹介させていただくのは真っ赤なバラのはなです。昔はバラの花を撮るのが下手で、特に赤いバラはダメでしたね。まあなんとか見ていただけるようになりました。10月1日の撮影です。なんとか色飛びを抑えられるようになりました。この日は途中で小雨が降ったので、花弁に水滴が見えます。もう少し付いていてくれればアクセントになったのですが。はい、お別れの画像になりました。皆様、真っ赤なバラはいかがでしたか?花を検 [続きを読む]
  • これもコスモス?
  • 今日紹介させていただくのはコスモスですが、今までに見たことのない色でした。茎や蕾、葉はコスモスなのですが、種類が多いのでビックリしました。9月29日の撮影です。この日は風が強くて、僕が撮ろうと思ったらこんにちは、をしたまま顔を上げてくれませんでした。もうだいぶ痛んでいますね。どう見てもコスモスには見えません。はい、お別れの画像になりました。皆様、コスモスの花はいかがでしたか?花を検索したい方は、左 [続きを読む]
  • キバナアキギリ
  • 今日紹介させていただくのはキバナアキギリ、学名は salvia nipponica です。以前アキギリの花を紹介しましたね、逸れの黄色版だと思ってください。10月8日に撮影しました。天候が悪かったので、発色がイマイチです。淡い黄色の花だと天気の悪い日ははっきり色が出ません。でもそんな事言っていてはいけませんね。はい、お別れの画像になりました。皆様、キバナアキギリはいかがでしたか?花を検索したい方は、左のカテゴリーよ [続きを読む]
  • ピンク色のコスモス
  • 今日紹介させていただくのはピンク色のコスモスです。コスモスは撮りやすいですね。その代わり、いつも凝った撮り方をして失敗しますが。9月29日に撮影しました。最初から逆光での透かし撮りですね。真面目に撮る事もありますよ。↑これはごく普通に撮っていますね(笑)これも普通に撮っていますね。今日はどうしたのでしょうか(笑)はい、お別れの画像になりました。皆様、ピンク色のコスモスはいかがでしたか?花を検索した [続きを読む]
  • 白いペルシカリア・アンプレクシカウリス
  • 今日紹介させていただくのは白いペルシカリア・アンプレクシカウリス、学名は persicaria amplexicaulis alba です。 alba は白の意味ですね。白でなくてピンクだと persicaria amplexicaulis ですから。9月29日に撮影しました。一つの穂に小さな花がたくさん付いている、これも撮り難いタイプですね。いつも撮り難い、と愚痴こぼしをしていますが、撮りやすい花もありますから。撮り難い、と書いてなければ撮りやすい花だと思 [続きを読む]
  • ピンクのバラの花
  • 今日紹介させていただくのはピンクのバラの花です。バラの花はこの時期であると様々ですね。花の枯れている株が多いですけれど、まだきれいに咲いている株もあります。10月1日に撮影しました。僕にしては珍しくしっかり開いたバラです。僕は少し開きかかったバラが好きなのですが、この日にはなかったですね。はい、お別れの画像になりました。皆様、ピンクのバラの花はいかがでしたか?花を検索したい方は、左のカテゴリーより [続きを読む]
  • 白いコスモスの花
  • 今日紹介させていただくのは白いコスモスの花です。説明は必要ありませんね。9月29日に撮影しました。コスモスの花を太陽光で透かして撮るのが好きなんです。きれいに撮れたな、と思っても、その場では花に虫がいることはわかりません。まあ撮った花をもう一度よく見ればいいのですが。例外のアングルです(笑)はい、お別れの画像になりました。皆様、白いコスモスの花はいかがでしたか?花を検索したい方は、左のカテゴリーよ [続きを読む]
  • カリオプテリス・クランドネンシス
  • 今日紹介させていただくのはカリオプテリス・クランドネンシス、学名は caryopteris clandonensis です。学名のカタカナ読みは嫌いです。この花の名前は絶対覚えられない自信があります(笑)9月28日に撮影しました。こういう花は撮り難いんですよーシベが長くて小さな花がかたまって咲いている。そして天気が悪いと最悪です。凝った撮り方をしたのですが、少しも面白くありませんね。はい、お別れの画像になりました。皆様、カ [続きを読む]
  • イトシャジン
  • 今日紹介させていただくのはイトシャジン、学名は campanula rotundifolia です。お断りしておきますが、葉が一緒に写っていますけれど、違う種類の植物の葉ですから。9月28日に撮影しました。茎が葉の間から伸びていれば、誰でもその葉がその花の葉だと思いますね。それでかなりだまされてしまいました。↑この写真の右に花が写っていますね。その近くにある細い葉がイトシャジンの葉ですから。この写真だとよくわかりますね。 [続きを読む]
  • ヒマラヤユキノシタ
  • 今日紹介させていただくのはヒマラヤユキノシタ、学名は Bergenia stracheyi です。この花の花期も長いですね。二年前の11月、僕が高尾山に登った時、頂上の茶屋の近くに咲いていました。9月29日の撮影です。きれいな花なのですが、1本の茎に咲いている花が全部きれいなのは珍しいですね。この花も条件が合えば、群生します。アップで撮ったのですが、面白くなかったです。はい、お別れの画像になりました。皆様、ヒマラヤユ [続きを読む]
  • キレンゲショウマ
  • 今日紹介させていただくのはキレンゲショウマです。つい最近記事にしたばかりですね。今日は違う場所で撮りました。9月29日の撮影です。この群生を見てください。ハンブルクの気候に合ったのでしょうね。この花の花期は長かったのですが、そろそろ終りのようです。本場、日本ではどのように咲いているのでしょうね、一度見たいものです。はい、お別れの画像になりました。皆様、キレンゲショウマはいかがでしたか?花を検索した [続きを読む]
  • ハナハギ
  • 今日紹介させていただくのはハナハギ、学名は Campylotropis macrocarpa です。この花は小さくて撮り難いんですよ。少しでも風が吹くとゆらゆらするし。9月28日に撮影しました。この花を撮る時には感度を上げるようにしています。そうすればシャッタースピードが上がりますから。場合によりけりですが、曇りであれば、ISOを6400に上げますね。そして2回続けてシャッターを切ります。距離が僅かにずれる場合もありますので [続きを読む]
  • 野生の白いシクラメン
  • 今日紹介させていただくのは野生の白いシクラメンです。ハンブルクの冬は寒いのですが、環境に慣れてしまったのでしょうか。9月28日に撮影しました。花は小さいし、茎も背が低いですね。ここのところ雨が続いていたので、泥が跳ね上がっています。花は自然の中で咲くのが1番ですね。はい、お別れの画像になりました。皆様、野生の白いシクラメンはいかがでしたか?花を検索したい方は、左のカテゴリーより「花の名前による検索 [続きを読む]
  • デルフィニウムが咲いていた!
  • 今日紹介させていただくのはデルフィニウム、学名は delphinium です。delphinium は属名ですが、種類は特定できませんでした。9月28日の撮影です。デルフィニウムは5月か6月の花ですね。それが今咲いているとは驚きです。デルフィニウムの特徴は、花の後ろにあるチョンマゲです。そのチョンマゲの中に美味しい蜜があるらしくて、時期だとよくハチが花の中にもぐり込みます。はい、お別れの画像になりました。皆様、デルフィ [続きを読む]
  • サルビア・パテンス
  • 今日紹介させていただくのはサルビア・パテンス、学名は salvia patens です。サルビアらしい典型的な形状をしていますね。9月28日に撮影しました。周りに咲いている赤い花が気になりますね。サルビアも種類によって違いますが、春から秋まで花を楽しませてくれます。この種類はそろそろ終りでしょうか。はい、お別れの画像になりました。皆様、サルビア・パテンスはいかがでしたか?花を検索したい方は、左のカテゴリーより「 [続きを読む]
  • キレンゲショウマ
  • 今日紹介させていただくのはキレンゲショウマです。拙ブログでもおなじみになりましたね。9月28日に撮影しました。この花も花期がかなり長かったのですが、そろそろ終りのようです。時々枯れた花が見えますね。ハンブルクの気候がよほどこの花に合ったのでしょうね。はい、お別れの画像になりました。皆様、キレンゲショウマはいかがでしたか?花を検索したい方は、左のカテゴリーより「花の名前による検索」を選んでください花 [続きを読む]
  • シュウメイギク
  • 今日紹介させていただくのはシュウメイギクです。日本のシュウメイギクのシーズンは終わったのでしょうか?こちらではまだきれいに咲いています。9月28日に撮影しました。シュウメイギク、見ると撮りたくなる花です。気品があって、気高ささえ感じるというのは言いすぎでしょうか?はい、お別れの画像になりました。皆様、シュウメイギクはいかがでしたか?花を検索したい方は、左のカテゴリーより「花の名前による検索」を選ん [続きを読む]
  • スカビオサ・コルンバリア
  • 今日紹介させていただくのはスカビオサ・コルンバリア、学名は scabiosa columbaria です。セイヨウマツムシソウの同属異種ですね。9月28日に撮影しました。セイヨウマツムシソウにそっくりですね。ですがこちらはピンクですから。いったい花にはどれくらいの種類があるのでしょうか。死ぬまでの間に見ることのできる花は限られているでしょうね。この花は、まあ野草なのですが、色に親近感を持ちました。はい、お別れの画像で [続きを読む]