ジージ さん プロフィール

  •  
ジージさん: ジージのドイツ花便り
ハンドル名ジージ さん
ブログタイトルジージのドイツ花便り
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/ji-ji87
サイト紹介文ドイツで撮った花を紹介しています。海賊版でお困りの方、対処法を掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供412回 / 365日(平均7.9回/週) - 参加 2016/06/27 03:42

ジージ さんのブログ記事

  • 一時帰国
  • 皆様がこの記事をお読みになる頃は、おそらく空の上ですね。東京、羽田には5日着で、帰りは23日、羽田発です。この飛行機だと速くていいのですが(笑)今回はノートパソコンを持っていかないので、返事を書けないため、コメント欄を閉じさせてください。花を検索したい方は、左のカテゴリーより「花の名前による検索」を選んでください花の名前でも写真でも検索できますでもジージの撮った写真だけですから本日もジージのブログ [続きを読む]
  • ダイモンジソウ
  • 本日は2回更新していますので、真っ赤なダリアをご覧になりたい方は、下にスクロールしてください。今日紹介させていただくのはダイモンジソウ、学名は Saxifraga fortunei var. alpina です。しかし長い学名ですね。この日は小雨日和だったので、色調がはっきりしない事をお断りさせてください。10月25日に撮影しました。群生していたので、なかなか個別に花を撮れませんでした。陽が当たっているとよかったのですが。僕がど [続きを読む]
  • 真っ赤なダリア
  • 今日紹介させていただくのは真っ赤なダリアです。今、ハンブルクはダリアが真っ盛りですね。こちらではまだ見ていませんが、そろそろ皇帝ダリアも咲く頃でしょうか。10月25日に撮影しました。サングラスが要りそうですね(笑)しかしこのダリアはそろそろ終りかもしれません。見ていてピシッと決まっていませんね。撮り方が悪いのかもしれませんが。はい、お別れの画像になりました。皆様、真っ赤なダリアはいかがでしたか?花 [続きを読む]
  • ダリア “ ウィルヘルム皇帝 ”
  • 本日は2回更新していますので、キンセンカをご覧になりたい方は、下にスクロールしてください。今日紹介させていただくのはダリア “ ウィルヘルム皇帝 ” です。このような咲き方を日本ではポンポン咲きと言うそうですね。ドイツではボールダリアと言います。10月25日に撮影しました。この日は小雨日和だったのですが、このダリアはきれいな発色をしています。雨模様のせいで発色がいい、というのは聞いたことがないですね。 [続きを読む]
  • キンセンカ
  • 今日紹介させていただくのはキンセンカですが、そろそろ終りのようですね。花が終りの時期になると、物悲しさが漂います。10月25日に撮影しました。この日は小雨模様だったので、そのせいもあるかもしれませんが、痛んだ葉もあって、物悲しさを感じます。僕はもうジジイなので、花に自分の姿を重ねているのかもしれません。来年の事を話すと鬼が笑う、と言いますが、来年もきれいな花を咲かせてもらいたいですね。はい、お別れ [続きを読む]
  • ハナハマサジの花
  • 本日は2回更新していますので、またホトトギスの花をご覧になりたい方は、下にスクロールしてください。今日紹介させていただくのはハナハマサジの花、学名は limonium sinuatum です。今までは気が付かなかったのですが、日本ではハナハマサジよりも、スターチスで名前が通っているようですね。でもこのブログでは今までハナハマサジを使っていたので、今後もその名前を通したいと思います。10月25日に撮影しました。前回ま [続きを読む]
  • またホトトギスの花
  • 今日紹介させていただくのはまたホトトギスの花です。そろそろ皆様は飽きてきたかもしれませんね。でも僕は飽きていませんよ(笑)好きな花だし、すぐ撮ってしまいます。10月11日に撮影しました。花が白いと、ホトトギスらしくない、と思われる方もいらっしゃるようです。桜の花でも白かったら桜らしくないですよね。↑比較にならない。植物の世界では、往々にして白い変種があります。もともと白い花もありますけれどもね(笑 [続きを読む]
  • ダリア・コチネア
  • 本日は2回更新していますので、ホップの花をご覧になりたい方は、下にスクロールしてください。今日紹介させていただくのはダリア・コチネア、学名は dahlia coccinea です。どうも今年は花の咲き方が去年とは違うようですね。ダリアが今頃になって多く咲いています。10月25日に撮影しました。コチネアはさほど背丈がありませんが、個々に咲いていた花は、かなり低かったですね。今頃になって、やっと正常に咲くようになりま [続きを読む]
  • ホップの花
  • 今日紹介させていただくのはホップの花、学名は humulus lupulus です。ビール好きの僕にとってはとても大事な花ですから(笑)10月13日に撮影しました。この花は、今年は遅かったですね。開いている花は1つもありませんでした。次の日曜日に、僕は日本に発ってしまうので、この花は来年までおそらく見られないですね。はい、お別れの画像になりました。皆様、ホップの花はいかがでしたか?花を検索したい方は、左のカテゴリ [続きを読む]
  • 白いホトトギスの花
  • 本日は2回更新していますので、ピンク色のダボエシア・カンタブリカをご覧になりたい方は、下にスクロールしてください。今日紹介させていただくのは白いホトトギスの花です。この花も今年になって何度か掲載しましたね。10月11日に撮影しました。ホトトギスの花には様々な種類があるようです。ホトトギスの花は、日本の街並みによく合う気がするのですが。でも白花は目立たないですね。はい、お別れの画像になりました。皆様 [続きを読む]
  • ピンク色のダボエシア・カンタブリカ
  • 今日紹介させていただくのはダボエシア・カンタブリカ、学名は daboecia cantabrica ですが、前回はしろでしたが、今回はピンク色です。10月11日に撮影しました。天気が悪かったので、発色がよくないのが残念です。それにそろそろ花期も終りのようですね。本来かわいらしい花なのですが。はい、お別れの画像になりました。皆様、ピンク色のダボエシア・カンタブリカはいかがでしたか?花を検索したい方は、左のカテゴリーより [続きを読む]
  • ゲラニウム・プロクレンス
  • 本日は2回更新していますので、ダボエシア・カンタブリカをご覧になりたい方は、下にスクロールしてください。今日紹介させていただくのはゲラニウム・プロクレンス、学名は Geranium procurrens です。ゲラニウム、フウロソウの仲間で、いわゆる野草ですね。派手さは無いけれどもホッとする花です。10月11日に撮影しました。周囲が薄紫で、中央が明るくなっています。中央の明るい部分には放射状の線が見えているのですが、 [続きを読む]
  • ダボエシア・カンタブリカ
  • 今日紹介させていただくのはダボエシア・カンタブリカ、学名は Daboecia cantaburica です。以前この花をダボエシアとだけ紹介しましたが、種類も書く方がいい、と思ったのです。10月11日に撮影しました。ちょっとスズラン的な雰囲気です。この写真を撮った日は天気が悪く、色彩がイマイチですね。でもかわいらしい花ですから。はい、お別れの画像になりました。皆様、ダボエシア・カンタブリカはいかがでしたか?花を検索した [続きを読む]
  • ハナハギ
  • 本日は2回更新していますので、フクシア・マゲラニカをご覧になりたい方は、下にスクロールしてください。今日紹介させていただくのはハナハギ、学名は Campylotropis macrocarpa です。和名があってうれしいですね。こんなに長い学名のカタカナ読みはお断り願いたいです。10月11日に撮影しました。おそらくこの日がハナハギを撮る最後のチャンスだったでしょうね。なにしろ花は小さいし、遠くに咲いているので、風が吹くと撮 [続きを読む]
  • フクシア・マゲラニカ
  • 今日紹介させていただくのはフクシア・マゲラニカ、学名は Fuchsia magellanica です。1番スタンダードなフクシアでしょうね。フクシアは、踊る貴婦人とか貴婦人の耳飾とも言われていますが、中にはデブで踊れないようなフクシアもいますから。10月11日に撮影しました。撮った場所が暗かったので、ISOを3200まで上げました。なにしろジジイですから、カメラがピッタリ止まらないんです。撮る角度によっては、昔は地面に横 [続きを読む]
  • ルリジサの花
  • 本日は2回更新していますので、コスモスの花をご覧になりたい方は、下にスクロールしてください。今日紹介させていただくのはルリジサの花、学名は borago officinalis です。この花は今まで何度も撮っているのに、名前を思い出すのに苦労してしまいました。僕は花の名前が書いてある画像フォルダーを作ってあるのですが、それにも見当たらなかったのです。老人性ボケ症ですね。10月11日に撮影しました。小さくてかわいらしい [続きを読む]
  • コスモスの花
  • 今日紹介させていただくのはコスモスの花です。今の時期だとありふれた花ですね。百恵ちゃんの歌も好きです。↑関係ない!10月11日に撮影しました。コスモスは、いつもだと正攻法ではなく、逆光で撮る事が多いのですが、今日は正攻法での写真です。何で逆光で撮らなかったか、というと、小雨日和だったのです(爆笑)時々陽が差す事もありましたけれど、狙っている時に降られると困りますから。はい、お別れの画像になりました [続きを読む]
  • ラナンキュラス・リングア
  • 本日は2回更新していますので、キンセンカをご覧になりたい方は、下にスクロールしてください。今日紹介させていただくのはラナンキュラス・リングア、学名は Ranunculus Lingua です。ラナンキュラス、キンポウゲの仲間ですね。画像を見るとわかりますから。10月6日に撮影しました。ウマノアシガタに似ていますが、花弁の間に隙間がありません。キンポウゲの仲間はどれもよく似ていますね。ミヤマキンポウゲにも似ているので [続きを読む]
  • キンセンカ
  • 今日紹介させていただくのはキンセンカ、学名は calendula officinalis です。改めて紹介する必要はありませんね、皆様大変よくご存知だと思います。10月11日に撮影しました。ど派手な色ですね。いち時、花が宙に浮いているように見えるような撮り方に凝っていたのですが、最近はしなくなりました。あれはあれで、結構楽しいんですよ。はい、お別れの画像になりました。皆様、キンセンカはいかがでしたか?花を検索したい方は [続きを読む]
  • タバコの花
  • 本日は2回更新していますので、アルタエア・カナビーナの花をご覧になりたい方は、下にスクロールしてください。今日紹介させていただくのはタバコの花、学名は nicotiana tabacum です。タバコの木であれば、花よりも葉の方が重要そうですね(笑)10月11日に撮影しました。タバコの木であれば、熱帯地方の植物だと思っていたので、意外でした。かわいらしい花ですね。このような花を見ると、ついつい中がどうなっているのか [続きを読む]
  • アルタエア・カナビーナ
  • 今日紹介させていただくのはアルタエア・カナビーナ、学名は Althaea cannabina です。学名のカタカナ読みですね。この花はタチアオイと同属異種になります。10月11日に撮影しました。以前もアルタエア・カナビーナを紹介したのですが、その時は雨でした。葉や花の形状からアルタエア・カナビーナと特定したのですが、もし間違いであればご教授ください。見た時にはマルフェ属かと思ったのですが、花は似ていても葉の形状が違 [続きを読む]
  • ペンステモン・スモーリー
  • 本日は2回更新していますので、トリカブトの花をご覧になりたい方は、下にスクロールしてください。今日紹介させていただくのはペンステモン・スモーリー、学名は Penstemon smallii です。学名をそのまま読むとペンステモン・スマリーになるのですが、日本ではペンステモン・スモーリーで通っているようですね。特定に時間がかかったために、9月20日と古い撮影です。拙ブログ初登場です。ペンステモン属には楽しい花が多いで [続きを読む]
  • トリカブトの花
  • 今日紹介させていただくのはトリカブトの花です。きれいな花なのですが、猛毒があるのはご承知の通りで、毒の代表みたいな植物ですね。10月11日に撮影しました。トリカブトの花を撮影したい方は、最低でも露出補正を+0.7上げてください。特に花の中を撮る時には露出補正を+1以上にする方がいいですね。でも間違えても口にしないで下さいね。解毒剤はありませんから!はい、お別れの画像になりました。皆様、トリカブトの [続きを読む]
  • ダリアの花
  • 本日は2回更新していますので、目玉焼きの花をご覧になりたい方は、下にスクロールしてください。今日紹介させていただくのはダリアの花です。今回のダリアはかなり背が低いですから。10月11日に撮影しました。背が低いと言っても1mは越えていますから。なにかボンボンのようでかわいらしいですね。髪を三つ編みにして、そこにこの花を刺すのはどうでしょう。はい、お別れの画像になりました。皆様、ダリアの花はいかがでし [続きを読む]
  • 目玉焼きの花
  • 今日紹介させていただくのは目玉焼きの花です。もちろんこれは冗談ですから。皆様はすぐ何の花か、気が付くと思います。10月11日に撮影しました。もちろんマニュアルフォーカスにして、わざとピントをはずしているわけです。こうすればわかりますね、もちろんシュウメイギクです。他の花でもこのような冗談が出来ないか、探してみようかな(笑)はい、お別れの花になりました。皆様、目玉焼きの花はいかがでしたか?花を検索し [続きを読む]