渋谷 さん プロフィール

  •  
渋谷さん: 渋活
ハンドル名渋谷 さん
ブログタイトル渋活
ブログURLhttp://shibukatsu.hatenablog.com/
サイト紹介文2019年渋幕受験活動 渋活!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2016/06/27 12:52

渋谷 さんのブログ記事

  • しつけと親のエゴの狭間
  • 感情を完全にコントロールできる人はいない。程度の差はある。自分はどの辺にいるのだろう。普通?それとも。とかく、子供に対してはなおさら難しい。しつけなのか、過剰要求つまりエゴなのか。太陽政策推進中の我が家にとって声を大きくすることは悪という風潮がうまれた。今までのことを考えると良いことだ。ただ、節度が必要。今朝も反省しながらどうすれば良いのかを考えることがあった。息子の自主性 [続きを読む]
  • ときどきスイッチオフ
  • なぜか、やる気スイッチが オフになる。普通かもしれない。税金みたいなもので避けれないものかもしれない。昨日がそうだった。水曜日は塾がないので家庭学習に当てれる曜日にそれが起こった。疲労や「遊びたいな」と不意に襲う気持ちなどの他にも原因があるんだろうな。反抗期も重なって、しかも精神年齢低いし。。。見守るしかない。 [続きを読む]
  • 8回目がすっ飛ばされ9回目
  • いささか唐突感ありの組み分けテスト対策テスト。塾の学習スケジュールを見失いつつある。というか、もう少し予定を開示してほしい。ある程度、校舎ごとの講師の裁量により決まるのだろうが、ペースがつかめなくなったりする。混乱。最近、別件でも講師に対する不信感が高まりつつあるので不満が爆発しそうだ。優秀な講師もいるが、残念な講師もいる…回避しようがない。個別指導をつけて今の授業を抜けさせたいく [続きを読む]
  • YTとNNの共存
  • どのように共存させるかは不安がある。成績が良ければ良いが、YTの結果は目を覆いたくなる状態.(息子に秘密で結果は見ている)しかし、答えの8割は息子に委ねて親が口出しをするのは残りの2割程度か。これは一般的なことでもなんでもない。我が家、そして親の自分の考え方だ。今日も朝から自分なりに考えてやっていた。もちろんアドバイスはするがそこまで。今日もアドバイスしたのに「聞いている時間がもったいな [続きを読む]
  • 息子との約束
  • 息子とはテストの点数を親が勝手に見ないことになっている。正確にいうと最近、その様な約束をした。知らず知らずのうちに小言が出てしまい心の負担が過剰にかかっていたことを反省してのことだ。リスクもはらんでいるがのびのびやらせて自主性を持たせるための取り組みだ。結果は2~3カ月経たないとわからないだろうな。不安と隣り合わせの息子との約束。 [続きを読む]
  • NN渋幕初回が終わった
  • 家に19時過ぎに帰宅。だいぶ疲れたとの一声。2クラス、全体で60名強の規模とのことで1クラス当たりの生徒数が多い。国語、算数、社会の3教科だったが算数が一番楽しかったとのこと。前向きな気持ちで今日を終えられたのが良かった。帰ってきてからも授業の振り返りを黙々とやっているので親としてはひとまず安心。良いきっかけになってほしい。 [続きを読む]
  • 暴風雨のち晴れ
  • 朝の京葉線は暴風雨の影響で全く読めずNN初日は車で送ることにした。一人で通塾するために覚えさせたかったがそれは次回に。海浜幕張に着くと車で送迎している人がそれなりに多くいた。息子は緊張感を感じていたみたいだ。渋幕合格に向けての良いスタートになればいいな。良いライバルに恵まれて、良い講師に恵まれてそして自分の成長を感じられる時(とき)を過ごしてほしい。またまた願望 [続きを読む]
  • 模索が続く
  • ついつい口を出したくなる。でもそうすると元のもくあみだ。昨日のYTの結果も自分で分析させて弱いところは見直し、解き直しだけでなく類題チャレンジもやらせたい。ただ、時間のなさも悩みの一つだ。今日からはNNがスタート。つまり、これからの日曜日はほぼテストかNNで埋められていくので今までの様な時間の使い方ができない。ペース作りも悩みどころだ。悪天候の日曜日。心の鏡の様だ。 [続きを読む]
  • 心の状態が与える影響
  • 安浪京子先生いわく「影響は非常に大きい」話半分で受け取っていた。というより、客観的に言動を見ることを怠っていたために気付きようがなかったというのが実態かと思う。メンタルコントロールは重要だ。間違いない。大人でもそうなのだから子供はなおさら。昨日からのリスタート。時間がかかると思うが環境をまず変えて息子が変わって行けば。親次第 [続きを読む]
  • 親の覚悟
  • 息子の成績不振の原因それは親の息子への接し方だった。プレッシャーを与える言葉。知らず知らずのうちに負担をかけていた言葉。それに気づかせてくれたのが塾の先生だった。これから変わる。宣言する。親がまず変わるところをまず示すよ。明後日からのNNをきっかけにかわっていこう!救いなのは息子の言葉「やる気が出てきた」ありがとうバカな親なのに。 [続きを読む]
  • コーチングとティーチング
  • 間違いなく、5年までは息子への接し方は「ティーチング」の実戦しかなかった。その結果、自主性が高まらず、「こんなにやるの?」「できるわけない」「やらない」とまぁこんな言葉をよく口にしている。やらされ感が強く、量をこなすことに気持ちが行きがちとなり『やっつけ』の勉強になることもしばしば。成績が伸びにくい要因の一つだろう。4月から少しづつ意識して始めたのが、「ティーチング」スポーツや企業の人材育 [続きを読む]
  • 塾からの電話
  • NN渋幕とNN早稲田NN早稲田はまだ結果がわからないが、NN渋幕を勧める塾からの電話。息子も感化されつつあるようだ。息子次第だな。すでに今週の日曜からスタートとなるので金曜日に即決しなくてはならない。選択は息子の気持ち次第。今はまだ精神年齢が幼稚なやらされ感だけで中学受験に向き合っている息子。いずれにせよ、NNをきっかけに主体性が高まってくれることを願うばかり。ここに変化が得られれば、知識 [続きを読む]
  • NNオープン最終日
  • 確か今日がテスト最終日だったと思う。水曜日は塾がない日なのでNNオープンを複数受ける多くの生徒は今日テストを受けるんじゃないかな。息子もそう。NN渋幕の結果は金曜が確定ではあるものの、受講機会は得られたようだ。最終的に今日の結果を踏まえて息子に判断をさせようと思う。ところで、昨日息子が意外な言葉を口にした。普段勉強に対してネガティブな言動が多く親泣かせなのだが、「渋幕の算数は解いていて楽 [続きを読む]
  • つらい
  • 合不合の結果ひどい。ほろ苦いどころではない。算数と国語が目を覆いたいなる結果。算数はここまでひどくなった原因がわかっている。なので対策が見えている。ただし国語が問題だ。中学受験やめたくなってきた。愚痴だけの日になっちゃったな [続きを読む]
  • 合不合判定テスト①
  • 昨日より朝が早い。ちょっと肌寒い感じもする。昨日のNNオープンテストは予想通り、理科と社会が難しい。大人が解いてもわからない。特に渋幕の特徴的な問題の社会のJR電光掲示板の問題は、全くわからなかった。テストの解説を読んでも説明がイマイチで、すぐにググった。あと受験の人もいるので詳しく書けないが、ググったことでようやくわかった。算数は比較的やりやすかったみたいだ。あとでしっかり見直しして役立 [続きを読む]
  • NNオープンテスト 渋幕
  • これからスタートだ。準備らしいことはさほどせず、渋幕の過去問の解答用紙といくつかの問題を拾い読みして解答イメージとボリューム感。そして記述問題の8割埋めをしないと部分点なしの渋幕ルールを確認してテストに臨んでいる。結果は待つだけ。それと明日の合不合。そっちも最後の仕上げが残っている。連チャン大変だな。息子よ。頑張れ! [続きを読む]
  • 合不合テスト対策やってみて
  • ズバリ、理科が怪しい。その次には算数か!ちょっとやってみていろいろわかった。理科は正解率の落ちる単元。そして算数は難易度。社会は目立つところがなく、満遍なく不正解が散見される。明日は、理科、社会、算数を出来るだけやることにした。(弱点克服ために教材を作った)国語は漢字と知識だけにしてメリハリをつけた。どうなることやら。その前にNNオープンか。連チャンは辛いなぁ [続きを読む]
  • 合不合判定テスト準備
  • 予習シリーズの巻末にある合不合の教材を今日初めてやらせてみようとしている。時間配分、難易度、回答方式いろいろと慣れさせたいことがある。それと5年の前半にやってきた社会や理解など忘れてきて知識や解法の定着にムラがあるところを知っておきたいのもある。今日の結果を受けて弱いところを明日やらせよう。 [続きを読む]
  • 6年生
  • とうとう4月。春季講習もあと2日。さらに週末には、合不合、NNオープンとイベントがまっている。一方、息子は今日のことだけを考えて過ごしているといった感じた。親である自分は去年までと違って家を出る時間がはやい。朝の勉強の途中で「行ってきます」となってしまう。頑張れよ。 [続きを読む]
  • 今年の開花は例年よりも早かった。すでに散り始めていてるのが見受けられる。盛りを過ぎてからの徐々に高まっていく名残おしい気持ちを感じながら、昨日は日本銀行前の桜並木の中で見上げていた。来年の今頃は今年より眩しく輝いて見えるだろう。 [続きを読む]
  • 春季講習2日目にしてペース掴む
  • 春季講習の1日目はひどかった。息子も親も。親からみると息子の主体性のなさに呆れ、息子からみると口やかましい親に思えたに違いない。しかし結果から言うとそこまでのダメダメぶりではなく、息子は息子なりに考えて取り組んでいることがわかった。それがわかったのは塾の先生との会話を通じてだった。やり取りの詳しいことは割愛するが、親の知らない息子の姿が授業の時にあり、息子が前日に訴えていたことと先生の言葉を [続きを読む]
  • 国語の復習
  • 国語の復習はどうやるのが良いのだろう。今でも葛藤と試行錯誤が続いている読解の場合、部分点となった答案を復習で満点回答に直すことは費用対効果が少ないのだろうか?今日も息子と揉めた。「先生は部分点として6割取れれば良いと言ったので見直しいらない。。。」本当かよ!今度ばかりは国語担当に確認して適切なアドバイスを息子にしてもらう。 [続きを読む]
  • 春季講習スタート
  • 昨日まではというよりこの春休み中もだが、予習シリーズの8回目、総合回にも進めて行く予定でやらせている。それと1~4までのおさらいも。幸い、息子も理解を示して春休み中にはいつも以上にやらないといけないという意識を持ってくれて自発的な学習をしてくれている。潰さないように環境を維持していくのが親の役目。分かっているけど難しい。反抗期もあるしいかに気持ちよく自発的にやってもらうか。口を挟むのを最小限 [続きを読む]
  • 男の子の学力成長曲線
  • 先日のNN説明会早稲田で、こんなことを言っていた。「NN組み分けのクラス移動は落ち着かない。男の子なので」自分はこの一言が強く印象に残った。特に「男の子なので」の部分。早稲田は男子校。当然NNも男の子の中で競争となるので男の子の特徴が結果に出やすい(特徴を捉えやすい)。息子の成長と重ねて考えると「そうなんだ。そう言えば息子の組み分けテストの結果でも同じこと言えるな」と。みんな同じなんだなって。事 [続きを読む]
  • いいこと言っていたな昨日のNN説明会
  • NN早稲田の説明会は教科責任者の説明がどの教科も素晴らしい。プレゼンがうまいというだけでなく、内容がいい。ハッと気づかせてくれる内容や、学力を引き上げていく考え方が具体的で地に足がついたものであった。しかし、開講されるクラス数が前半が4~5、後半で8まで行くそうだからこの講師陣に必ずしも教えてもらえるとは限らない。そこが唯一の不満。 [続きを読む]