sin さん プロフィール

  •  
sinさん: Koroブロ
ハンドル名sin さん
ブログタイトルKoroブロ
ブログURLhttp://onokorotabi.com/
サイト紹介文地元は淡路島を中心に地元民ならではなディープで、タイムリーな情報発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供333回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2016/06/28 19:07

sin さんのブログ記事

  • 春の渦潮豪快に、今年は、GW大潮で、おすすめ
  • 春の渦潮豪快に、今年は、GW大潮で、おすすめ 兵庫県南あわじ市沖の鳴門海峡で、巨大な渦潮が見られる春の大潮の時期を迎えている。次々と海面に現れる大小の渦を間近で見ようと、観潮船は家族連れらでにぎわっている。同海峡を挟んだ瀬戸内海側と紀伊水道側の水位に約1・5メートルの落差が生じて海水が急流となり、海底の起伏も手伝って渦潮が起こる。大潮には直径最大30メートルにも達する。同市からは、福良港と伊毘港から [続きを読む]
  • 淡路島の食材が安く買える「御食菜采館」がオープン
  • 淡路島の食材が安く買える「御食菜采館」がオープン神戸新聞より淡路日の出農業協同組合(兵庫県淡路市)による直売所「御食菜采館」が、洲本市本町2にオープンした。地元淡路産の新鮮な野菜や果物、淡路ビーフなどが並び、早速大勢の買い物客でにぎわっている。同農協直営の常設直売所は初めてで、洲本市役所の東側に位置し、敷地内には金融・共済などの相談窓口となる同農協洲本本町店がある。店内には、島内の組合員が丹精した [続きを読む]
  • 淡路島 バスで観光 春の淡路島「花の島」へ行こう!!
  • 淡路島 バスで観光 春の淡路島「花の島」へ行こう!!淡路島北部の観光におすすめなのが、「フラワーリングバス」です。淡路島 北部をバスで観光することができる。これを使えば、バスで淡路島を回ることが出来、マイカーなくともお手軽で観光することが出来る。今回は、春の淡路島かんこうにおすすめ「フラワーリングバス」のご紹介。今年は、桜の季節が早く、もう散ってはいますが、「花の島」淡路島は、菜の花にチューリップ春 [続きを読む]
  • 淡路島生シラス丼18日解禁100万食めざすぞ!!
  • 淡路島生シラス丼18日解禁100万食めざすぞ!!神戸新聞より兵庫県の淡路島産の新鮮な料理を提供する「淡路島の生しらすプロジェクト」が18日、島内の飲食店などで始まる。今年は過去最多の63店が参加。島内で提供される「生サワラ」料理と食べ比べる「対決企画」もあり、関係者は「過去最多の100万食達成を」と意気込む。地元の豊かな食材を知ってもらおうと、淡路市の観光施設や水産業などでつくる「北淡路ブランド推 [続きを読む]
  • 「慶野松原荘」が、リニューアルオープン
  • 「慶野松原荘」が、リニューアルオープン兵庫県南あわじ市が運営し、赤字が続いてきた国民宿舎「慶野松原荘」が、リニューアルオープンした。指定管理制度を新たに導入し、同市阿那賀の観光旅館「うめ丸」が運営する。地場産業の瓦や農漁業などと連携した「地元密着型」の宿泊施設として、団体客や外国人客の利用増を目指す。慶野松原荘は1969年に旧西淡町が開業。海水浴客でにぎわい、明石海峡大橋開通時には年間7万人を超え [続きを読む]
  • 南あわじ市「エイベックス」とタッグPR動画作成
  • 南あわじ市「エイベックス」とタッグPR動画作成 音楽ソフト大手の「エイベックス」と兵庫県南あわじ市が、『南あわじ市“見力”発信PR映像』として、同市の産業や観光をPRする動画を、歌や音楽に乗せて発信している。歌手の倖田來未さんらの楽曲とともに同市の農漁業や観光地などの風景が映し出される。動画投稿サイト「ユーチューブ」で視聴できる。同市が地域密着型の映像で情報発信しようと、国の地方創生推進交付金事業と [続きを読む]
  • 明石海峡大橋開通20年 記念のライトアップ
  • 明石海峡大橋開通20年 記念のライトアップ神戸新聞より神戸市と淡路島を結ぶ明石海峡大橋(全長3911メートル)は、開通から20年を迎え、節目を記念した特別バージョンのライトアップが始まった。青や紫、ピンクなどの鮮やかな光の筋が、夜の海に浮かぶ大橋を彩り、輝かせている。 通常のライトアップは計31パターンで、今回、「揺らぐ波」「真珠のネックレス」「花火」などをイメージしたという10パターンが新たに加 [続きを読む]
  • 旅行に便利な圧縮袋おすすめ5選
  • 旅行に便利な圧縮袋おすすめ5選旅行の支度をしていると、あっという間にバックにいっぱい。そんな時に、便利なのが圧縮袋旅行に、出張にぜひおすすめの圧縮袋のご紹介。 【Amazon.co.jp限定】 衣類圧縮袋 M・L 各5枚 10枚組 (Bon Voyage Go Goセット)日本製【Amazon.co.jp限定】 衣類圧縮袋 M・L 各5枚 10枚組 (Bon Voyage Go Goセット)日本製posted with カエレバホームクオリティAmazon●押さえるだけで、衣類を約1/2にスピード [続きを読む]
  • 淡路島この春おすすめのイベント「たまねぎ収穫体験」
  • 橋を渡ると、昭和の匂いがする淡路島にきませんか!!今年の春は、淡路島では、イベントが目白押しです。淡路島この春おすすめのイベント「たまねぎ」と聞けば、淡路島!!といえるほど、淡路島のタマネギは、美味しいと有名ですね。そんな、淡路島のタマネギの収穫体験ができるイベントがあります。この機会に、家族でどうでしょうか?「たまねぎ収穫体験」淡路島の新たまねぎ(早生)の収穫体験を楽しめます。収穫後は淡路島の風物 [続きを読む]
  • 淡路島の生しらす丼2018年の解禁日は?発表です!!
  • 今年もやってきました!「生しらす丼」の季節。淡路島のこの時期しか食べることが出来ないのが、「生シラス丼」わざわざ「生シラス丼」を食べる為に、毎年淡路島に来島される人が多いと聞きます。淡路島の生しらす丼2018年の解禁日は?発表です!!この「生」ってところがいいんです!!1年のなかでも決まった時期にしか食べれない!!「生シラス丼」絶対に見逃せませんよ!! 解禁日例年解禁日は、GW前の週末でしたが、今年は4月 [続きを読む]
  • 淡路島春のおすすめイベント「チューリップアイランドパーティー」
  • 淡路島春のおすすめイベント京阪神から一時間ほど、アクセスも良く、日帰りでもちろん泊りでも人気の観光スポットだ。そんな、淡路島は、今年で神戸淡路鳴門自動車道開通20周年になり、島内では、イベント目白押し。そんな淡路島でのこの春おすすめのイベントのご紹介。「チューリップアイランドパーティー」色とりどりのチューリップが園内を彩る「チューリップアイランドパーティー」が始まっている。園内には約250種類20 [続きを読む]
  • 淡路島夜桜におすすめ!!この春おすすめのイベント桜回廊ミュージアム
  • 淡路島夜桜におすすめこの春、どこへいきますか?都会の喧噪を離れ、ゆっくりと流れる島時間アクセスもいい淡路島で夜桜で、癒されませんか?この春おすすめのイベント桜回廊ミュージアム夜桜見物におすすめです。また、これからの春の行楽シーズン、淡路島はイベント盛りだくさんですよ。 桜回廊ミュージアム「国生みの島・淡路」が日本遺産に認定された記念として開催されるイベントです。「国生み神話」「香り」をテーマに柔ら [続きを読む]
  • 洲本市休耕田に、菜の花20万本の巨大迷路
  • 洲本市休耕田に、菜の花20万本の巨大迷路神戸新聞より 淡路島の洲本市大野の休耕田に、約20万本の菜の花による巨大迷路が登場した。ここ数日の陽気で黄色い花が一気に色付き、静かな集落を鮮やかに彩っている。大野地区では、循環型社会を目指す市のエコプロジェクトに25人の農家らが参加、休耕田で菜の花やヒマワリの栽培を進めた。迷路は今年で3回目。大野小学校南にある約20アールの畑の中に、総延長300メートルの通 [続きを読む]
  • ラッパスイセンが、兵庫県淡路市多賀の「水仙の丘」で満開
  • ラッパスイセンが、兵庫県淡路市多賀の「水仙の丘」で満開 山の斜面を埋めるように咲く約10万株のラッパスイセンが、兵庫県淡路市多賀の「水仙の丘」で満開となっている。春風に揺れる黄色や白の花が、行楽客の目を楽しませている。同市井手の井上善人さん(77)が1997年、ミカン園だった丘陵地に約7千個の球根を植えたのが始まり。分球を続け2010年頃、現在の規模に。水仙の丘と名付け無料開放すると、多くの人が集 [続きを読む]
  • 淡路島おすすめお花見スポット 淡路市「静の里公園」
  • 淡路島おすすめお花見スポット 今年のお花見は、誰とどこへ行こうか?聞こえてくるのは、小鳥の鳴き声の、淡路島で癒しのお花見。都会の喧噪を離れ、ゆっくりと流れる島時間淡路島でのおすすめのお花見スポットのご紹介。一人で、家族で訪れてみてはいかがでしょうか? 淡路市「静の里公園」ここ、静の里公園は、源義経との悲恋で名をとどめる静御前終焉の地と言われ、御前の墓と伝わる石塔があり、女性がお参りすると縁結び、安 [続きを読む]
  • 夢の淡路島バーガー23日から限定販売
  • 夢の淡路島バーガー23日から限定販売 子どもたちが考えた「夢の淡路島バーガー」が23日から、兵庫県の淡路島内の4店舗でそれぞれ発売される。淡路島の野菜や肉、魚などの特産品をたっぷり使った4種類で、4月22日までの限定販売。淡路島バーガー協議会が企画し、2回目。今回は昨年7〜9月にアイデアを募り、143点の応募の中から、小学生のメニュー3点と高校生のメニュー1点が選ばれた。商品化に向けて各店舗が工夫 [続きを読む]