リトルマナ さん プロフィール

  •  
リトルマナさん: AKB小説~散り急ぐ桜の花びらたち.
ハンドル名リトルマナ さん
ブログタイトルAKB小説~散り急ぐ桜の花びらたち.
ブログURLhttps://ameblo.jp/doujouji1991/
サイト紹介文AKBの世界をリアルに描きます。小説家志望ゆえ毎回4千文字でガチで書いてます。是非ご覧下さい
自由文小説翼はいらない、塩と呼ばれてParu story、小説指原莉乃、3シリーズを展開中です。AKB48の2017のパラレルワールドをご覧ください。






参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/06/30 15:50

リトルマナ さんのブログ記事

  •   幕末の桜の花びらたち第六章〜鴨とぱるるとさや姉と。
  • こんばんわ、マナです。 本文に行く前に前々回のぱるちゃんの記事、ぱるるの親知らず考の事について。あれからも複数メッセージをいただいています。でも私みたいなアメブロの世界の片隅で小説をちまちまとブログを書いている人間にまで良くそこまで突っ込めるものなんですね。改めてさしヲタの方、ぱるヲタの方のその計り知れないパワーには驚くばかりなんですけど(笑)。それについて、少しだけ我が儘な自分を解放させてください [続きを読む]
  • 指原莉乃を目指す中井りかの迷走、その憧憬の危うさ
  • 〜SHOWROOMER中井りか こんなりか姫を最近ずっと見てますww AKBの今を知る手段としてのSHOWROOM。それが私のなかに常にあって,ある意味義務的に環境ビデオのようにいつも流しっぱなし。 一人の子をずっと見る方法と全体をざっと見流してその時々に話題を集めている子に目をやる方法。大まかにいうと私の見方はこの二つ。 このプライベート配信の形がどこまで続いて何処へ伸びていくのか。それはわからないけど、確かにアイドル [続きを読む]
  • ぱるるの涙と阪急電車
  • 映画阪急電車、ウエディングドレスで凛として、ひとり駅に佇む女優中谷美紀さん。その思わず息をのむほどの美しさにひと時、辺りの時間が止まるよう。 「お嫁さんがいる!」 電車に乗り込んできた彼女に芦田愛菜ちゃんが無邪気な声を上げます。 「お嫁さんは一人で電車になんか乗ってきません」 そんな言葉で孫の声を制し、見も知らぬはずの宮本信子さんがそっと声をかけます。 「討ち入りは成功したの?」その思いもかけない [続きを読む]
  • (誰も書かない)衝撃のぱるるの親知らずを考える(リライト)
  • 今回は私にしては珍しく小ネタです。ぱるちゃんの親知らず考。ファンとしてはどうかと思うんですけど、私は私なので書いてしまいます。ちょっといつもよりわちゃわちゃしてます、あしからず流石にトップにはぱるちゃんの”ソレ”は晒せないので、まずは在りし日のさしこの親知らずのインスタ。代わりにどうぞ(ごめんサシコ) 界わいがそれほどざわつかなかったのが不思議なくらい、私にとっては衝撃でした。おそらくもし私がマ [続きを読む]
  • Salt alive 第一章〜紗と遥香
  • 前号、「Salt Alive〜序章」をお見逃しの方はこちらからhttps://ameblo.jp/doujouji1991/entry-12281560841.html 〜紗と遥香 一歩前をゆく紗(すず)の洗いざらしの長い髪が風に揺れて私の頬をさらりと撫でた。背中は少し大きくなったけど歩き方はあの頃のまま。少し引きずる足についつい目がいってしまう。 「ほんと、前だけ見ててよ、はるか」」誰もが私を知っているわけではないのに、彼女はいつもこんな事を言う。 「いい [続きを読む]
  • 小説指原莉乃第二十二章〜沖縄騒動前夜
  • これまでのあらすじ2016年6月、指原莉乃は第八回AKB選抜総選挙中間発表の思わぬ結果を受けて本選三日前に突如棄権。メディアの批判の嵐のなか、AKBグループとしての衿を正すべく、横山由依が総監督の名において指原莉乃に卒業勧告を言い渡す。揺れるAKBグループ、騒動はHKTの独立分裂危機にまで及ぶが、寸前のところで回避。AKBの絶対エースと二代目総監督、二人は少なからぬ蟠りを残しながらもAKB第二章を共に刻んでいく。そして [続きを読む]
  • 島崎遥香の現在位置、そしてその着地点
  • 色んな役ができる、様々な役が回ってくる、頂けること、それはぱるちゃんにとっては夢が繋がることだし女優としての未来を開く為にはたいせつだと思います。 よく一流女優になる為の条件として、イメージを固定しない、柔軟にいろいろな役柄を演じられる事、そう言われます。 でももうこれって過去の言葉になりつつあるんですよね。地上波,BS,CS,ネットTV,これだけのメディア媒体が氾濫してる中、そんな概念は変わってきて当然で [続きを読む]
  • 私のなかの島崎遥香、そしてゆいぱるの成長に心ときめかせ
  • 〜私のなかの島崎遥香論 心なかの苛立ち、戸惑いをそのまま文章にすることが続いた私のブログやSNS。様々な意見をいただいて、考えさせられたし、少し凹みもしました。「あっ、こんなにも違うんだ」ぱるるの見方に対して自分の立ち位置がはっきりと分かったここ数週間 ぱるるの評価に関して賛否両論があるなかでも、いつの時でもぱるちゃん側に立ってしっかりと旗を振れる人達がいる。無償の愛で応援し、支えるというのはそう [続きを読む]
  • 小説翼はいらない第十七章 麗しのイヴ・サンローラン
  • こんばんは、マナです 凛々しく咲き誇る野の花のように人生を生き抜いてごらんご両親はそんな願いを込めてこの名前を選ばれたそうです りりぽん、何ごともなかったかのようにAKBを去っていきました。先日のANN、さしこ、みーちゃん、きたりえ。大人ですね。ひやひやのきわきわを上手にいじって涙と笑いの送別会に変えてくれました。おとなしくしていれば、二年もすればさしこと渡り合えるかも。そういわれた逸材曲者りりぽん。それ [続きを読む]
  • ぱるるを愛する全ての人達へ
  • こんばんは、マナです。 久しぶりの更新になります、皆様お元気でしょうか。 東京では記録的な長雨で大変なようですね、被害に遭われている方、お見舞い申し上げます。京都は昼間の暑さは相も変わらずなんですけど、カンカン照りのおひさんが沈んだ後はひんやりとした風がどこからともなく入り込むようになって、過ぎゆく夏を早くも感じ始めています。里帰りやら旅行やらで、京都を空けたこの半月ほどで季節はかなり進んだ感じ。い [続きを読む]
  • 「AKBを今一度せんたくいたし申候」ユニットじゃんけん大会考
  • こんにちはマナです。 なんかあちこちでもうすでにドラマが生まれてますね。初めに聞いた時は??しかなかったユニットじゃんけん大会だけど、メンバーの今のそれぞれの立ち位置、それぞれの顔が見え隠れして、心動かされるものがあります。それに真剣に悩んでる彼女たちには悪いけど、見ていて彼女達なりの生き様も見れて、少し切なさもあるにはあるけどやっぱり楽しい。「あっ、この子達、AKBやってるんや」そんな想いでワクワ [続きを読む]
  • Salt alive
  • こんばんは、マナです。最近いろいろ思うところがあってシリーズ物とは別に食い散らかすように色んな小説を書きだしてます。先のひよっこのお話もそのひとつでした。その中ではここでお見せできるほどの長編物はないので単なるネタということで終わりたいんですけども。でもひとつだけ。。私にとっては禁断のソルト様。出だしだけなんですけど書けました。出だしといっても4000文字弱はあるんですけど(笑)ここに出すかどうか [続きを読む]
  • AKB愛詩〜岡田奈々 抵抗勢力として。。。
  • なぁちゃん選抜。。。 なぁちゃん選抜。。総監督落選。。。いいですよ別に。さしこも入ってないんだし、ゆきりんもいないし。なぁちゃんの師匠である峯岸みなみも選んではいない。気遣い自体は手に取るようにわかるし、次世代を見据えれば間違っていないような気もする。けどね、卒業前の麻友さんは別格としても、それならさや姉も外して欲しかった。彼女を入れることで、なんか岡田奈々のきな臭いガチ感が漂って来る。総選挙以 [続きを読む]
  • それでも須藤凛々花は生きていく 〜AKB愛詩
  • 「責める人はいなかった。みんな話を聞いてくれた」 そんなの当り前だよ、もう身を削ってまであんたに物を言う人はいないんだから 「SKEなら殴りに行ってた」 そう高柳明音は言った 仲間には怒る、共に生きる、戦う友には本音をぶつける、それは裏を返せば仲間を想うちゅりの本気 あなたのさや姉は振り上げた拳を握り絞め、 そして黙って唇を噛んで、その拳を下ろした。 あなたに託した難波の未来、さや姉の夢 それを静かに胸 [続きを読む]
  • 塩と呼ばれて第五章〜「みゆいじめたらしょうちせえへんで!」
  • こんばんは、マナです。選挙後初めての朱里のshowroom見ました。先ずは元気ですよ〜の一言。謝ってる、言わされてる、いやちゃんと主張出来てる、いろんな見方があるようです。元々朱里はメンタル自体そんなに強い子じゃない、自分も常々そう言ってる。 だからちゃんと言葉を選んでから話す、それが話が諄い意味が分かんない時があるとメンバーから良く言われる所以です。それを念頭に置いて今回のshowroomを見ないと見誤ってしま [続きを読む]
  • さようなら、須藤凛々花
  • いつかは誰かがやると思っていたそう小島さんが速攻で答えていたのが印象的でした。若干皮肉に聞こえないこともなかったので、おそらく朱里と同じ気持ちだったのかも。 今回のさしこの三連覇は凄いと思うし、おぎゆかの純無垢なストレートな物言いにも泣かされた。もちろん由依ちゃんのこの順位には心が震えっぱなし。 でも何なんなんでしょう、これだけの感動、これだけの結果をだしてくれた今回の総選挙、やっぱり心が躍ら [続きを読む]
  •  横山由依 いつかきっと戻ってくる、この海に、この空の下に
  • たかみなさん、いまだに48の守護神のように見守ってくれてる。彼女をいつも仰ぎ見る由依ちゃんにとっては本当に心強い。ただそうは言ってももう彼女は旅立ったお方。相談は出来てもその手にその口に頼る訳にはもういかない。たかみなさんは後にも先にも唯一無二なお人です、才知才覚なにをどう比べても彼女に勝る人はいないし、彼女のやって来たこと自体ほとんど神懸かりといってもいい。それを誰よりも痛いほど分かっているの [続きを読む]
  • 荻野由佳、そっと昇っていくはずだったその坂道。
  • なんかさ、盛り上がんないね今年は。そうつぶやいてたら、これでしょ(笑)荻野由佳ちゃん、嫌いじゃないですよ、私は。それに少なくとも敵はそんなに多い子じゃないとも思う。わかりやすくいえば誰にでも好かれる子。でも裏を返せば強烈な個性を醸し出せる子じゃない。そういう意味でやっぱり5万越えは異常。恐らく秋元さんはこういうの大好き何だろうな、まずはそう思いました今回の事をシナリオとまでは呼べないにしても、 [続きを読む]
  • ひよっこ、ぱるる初登場第67話、書いてみました
  • こんにちは、マナです。待ちきれないですね、6月19日からの第十二週。なので私なりに牧野由香の初登場シーン第67話、書いてみました。「初登場でみね子にすごい嫌味を言います」このぱるちゃんの一言。 そして小さい頃は可愛かったけれど大きくなって性格がひねくれた。駆け落ち同然で売れない画家と結婚してたまに実家にお金をせびりに帰ってくる。分かっているのはこれだけ。 まぁ文章は稚拙でも妄想を膨らますのだけ [続きを読む]
  • 幕末の桜の花びらたち第五章〜歴史の針が動く
  • 〜ドラマ10.ブランケットキャッツこんにちは、、マナです。今、遅ばせながらブランケットキャッツの原作読んでます。でもこれってぱるちゃんの獣医看護師さんって出てこないんですよね。ひよっこに続いて、こちらもぱるちゃんのキャラが生み出した役柄という事なんでしょうか。やっぱり濃いんですよねぱるキャラ。それがいいのか悪いのか。世に打って出る上では、強烈なアピールポイントになるんでしょうけど演劇界で常にゼロ [続きを読む]
  • 小説指原莉乃第二十一章〜スクラップ&ビルダー
  • これまでのあらすじ2016年6月、指原莉乃は第八回AKB選抜総選挙中間発表の思わぬ結果を受けて本選三日前に突如棄権。メディアの批判の嵐のなか、AKBグループとしての衿を正すべく、横山由依が総監督の名において指原莉乃に卒業勧告を言い渡す。揺れるAKBグループ、騒動はHKTの独立分裂危機にまで及ぶが、寸前のところで回避。AKBの絶対エースと二代目総監督、二人は少なからぬ蟠りを残しながらもAKB第二章を共に刻んでいく。そして [続きを読む]
  • その差ってなに?りっちゃんときたりえの覚悟 〜to AKB Cafeteria
  • こんにちは、マナです。 まずはお詫びから。小説の更新、今週末ぐらいに遅れます。先の記事でお約束したのに申し訳ないです。順番から行くと小説指原莉乃なんですけど、ちょっとわかりません。総選挙ネタに突入しつつあるにもかかわらず思うような情報が手に入らず手詰まり状態。元々リアルはほぼ無視しているので、どんなサプライズ展開も自分のなかでは厭わないんですけど、そこはそれ、数パーセントの現実性も見えないよう [続きを読む]
  • AKB愛詩.島崎遥香〜 「まだまだ、まだまだ、まだまだ」
  • 〜りっちゃんの衝撃、ぱるるの予兆こんばんは、マナです。ちょっと足を怪我してしまって自宅待機なので更新早めです(^.^)今週から小説中心の平常営業、いつものうだうだの平常更新に戻ります(笑)フランケンシュタインの恋、ご覧になられている方、いらっしゃるでしょうか。綾野剛さんが何の違和感もなく役にはまり込んでいるのはちょっと笑えますよね。 顔に傷をあれだけ入れて服もズタボロでそれでもちゃんと綾野剛をして [続きを読む]