リトルマナ さん プロフィール

  •  
リトルマナさん: AKB小説~散り急ぐ桜の花びらたち.
ハンドル名リトルマナ さん
ブログタイトルAKB小説~散り急ぐ桜の花びらたち.
ブログURLhttps://ameblo.jp/doujouji1991/
サイト紹介文AKBの世界をリアルに描きます。小説家志望ゆえ毎回4千文字でガチで書いてます。是非ご覧下さい
自由文小説翼はいらない、塩と呼ばれてParu story、小説指原莉乃、3シリーズを展開中です。AKB48の2017のパラレルワールドをご覧ください。






参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/06/30 15:50

リトルマナ さんのブログ記事

  • 総監督は選ばれるものなのか指名されるものなのか
  • じゃんけん大会の予備選、目にも鮮やかな朝顔柄の浴衣であやか、ひじりんを引き連れて現れた美音はもうすっかりお姉さん。JKの若手メンのなかに入ってはなにやら妖艶な風格すら感じてしまう。やっぱり秋元先生言うところの立場は人を作る、「さや姉がいなくなる今、大好きな横さんを支えるのは私と朱里さんしかいない」自分のなかに芽生えたAKB 背負うと言う意識は彼女の人となりを一段高いレベルに押し上げたように思います。「通 [続きを読む]
  • さや姉卒業に贈る、「通天閣とNMB と濡れた床」
  • 安心していました油断していました 一昨日のゆいちゃんのツイート、二人でどこかで流しそうめん 二人の絆は永遠疑いのない二人の間柄がこれからもずっと続く 誰もがそう思った幸せな幸せなシーンでしたでも思えばこれって二人の何かしらのメッセージだったんですよね 由依ちゃん自身も私達由依ヲタやさや姉ヲタも誰も辞めないでなんて言わない。そんな声すら聞こえてこない。 これまで居てくれてありがとう、そんな言葉がネ [続きを読む]
  • 珠理奈復活までの軌跡、涙は貴女には似合わない。
  • Teacher teache、思いの外世間に浸透してるみたいですね。周りからも良くそう言われるし話題に上ることが多い。私がヲタということを知っての所業でもあるんでしょうけど、それでもやっぱりこの曲の評判はすこぶる良い♪ 時折開くカラオケ女子会でも最近は締めのチョイスはTT 。ここからK-POPに導線を導かれpuroduce48にはまってる子も結構居ます。そういう意味では48のセカンドウインドを肌身に感じる今日この頃です。 それだけ [続きを読む]
  • 幕末の桜の花びらたち第九章 お龍参上
  • こんにちはマナです。 前回のブログ、私にしたら過剰に反応してしまったのかもしれません。今まで自分がやって来たことを否定されたように感じました。ここで書かなければ自分が自分自身を否定することに繋がる。前へ進むためにもここは敢えて自分の一番強い性(サガ)を前面に出してみる。敢えてそんなところに身をおくことによって、自分のなかに再び前へ進める何かを見つけようとしたのかもしれないですね。ただ・・・そんなの放 [続きを読む]
  • 7月10日カクヨムの戦い、気がつけば一人焦土に立っていた。
  • ※※※ まずはこれ。故あってカクヨムサイトのある作者の方のコメント欄に張ったものです。冒頭はその人からDM です。NGT小説で、界隈ではそこそこ有名な方です。一方的に送られてきてブロックされたので返信する場所もなく投稿サイトのカクヨムに張ったという経緯です。とりあえずご覧ください。 ※※※ 「ご対応ありがとうございます。そして、すみませんが、マナさんとのお付き合いはこれきりにさせて下さい [続きを読む]
  • 何も知らないコメンテーター、ぱるるの呟き
  • 裏側を見せているようで見せないのが良くも悪くもアイドルな気がしますある意味『女優さんより女優で俳優さんより俳優』 もちろん演じるのが下手な人もいれば上手な人もいて。 何も知らないコメンテーターより。 ぱるるはみんなが見えないものが見えてる。いや見ようとしているといった方が良いのかもしれない。珠理奈の愚行、愚言、奇行。今回の総選挙に纏わる彼女の振る舞いを全く別の視点から捉えている。正か悪かではなく [続きを読む]
  • 記録的大雨、お見舞申し上げますm(._.)m
  • 大阪、京都をはじめとする近畿地方は記録的な大雨となっています。まずは今回の大雨で被災され避難されている方、お見舞い申し上げます。皆さんのところはどうでしょうか、大丈夫でしょうか? 関西では7月6日現在、20万人以上の方が避難指示、勧告を受けているそうです。特に茨木高槻などの大阪北部はつい先日地震があったばかりなので雨による二次災害が心配されます。 私の所も鴨川辺りなのでいつもとは違うゴーゴーとした唸る [続きを読む]
  • 真の勝者がここにいた
  • サッカーは普段はそんなに見ません。Jリーグ、プレミアムリーグ、ブンデスリーガ。wowwow、スカパーと見ようと思えば見れる環境は整っているのにそれでもやっぱりそれほど見ない。今、異常なほどのサッカー愛を見せてくれている小柳ルミ子さんは例外としておしなべて女子、特に良い年をしたアラサーにはサッカーは日常の言葉の端くれにも上がらない。本田さんは知ってるけど、アニメの名前のような原口元気は知らない。アモーレ [続きを読む]
  • サムライジャパン 生き抜いてこその武士(もののふの)の道
  • 武蔵と小次郎京の都での評判は圧倒的に佐々木小次郎が優位その圧倒的な戦績、技量。一刀両断の元に決着をつけるその闘いの鮮やかさ。武蔵の勝てる望みは五分もないそう言われた。では何故、あらゆる面において武蔵を凌駕する佐々木小次郎は敗れたのか小次郎の目指すところは日の本一の強者。最強剣士の称号を手にいれること。ただ単に勝つだけではなくその勝ち方も大事。一方宮本武蔵はただただ日々を生き抜くための剣攻めるも兵法 [続きを読む]
  • 小説指原莉乃第二十五章 ──お前じゃないのか・・
  • 「松井珠理奈・・・10年前から好きでした」名古屋ドームに掲げられた大きなポスターが風に煽られてぱたぱたと揺れていた。市内はもうすっかり選抜総選挙一色、主要な駅の構内には色鮮やかな宣伝ポスターがずらりと並び行く人々の足を暫しの間とどめる。栄のメインストリートを歩くと終日AKB やSKE の楽曲が流れ、時折各所に出没するメンバーたちが囲まれ、あちこちでファンの輪ができる。そんな景色がここそこで見られる名古屋 [続きを読む]
  • それぞれの赤い糸2−AKB愛詩
  • 小指に繋がっているという運命の糸。恋愛が自由にならないその身にその赤い糸はどう見えるんでしょう。それぞれの赤い糸になぞらえて今回の総選挙を綴ります。 それぞれの赤い糸(2016,8)https://ameblo.jp/doujouji1991/entry-12193657337.html?frm=theme ─────小嶋眞子知ってるよ、あるのは繋がってるんでしょ誰かとふふっでもだよ繋がってるということは切れる事もあるんだよねふふっ切っちゃおっかな [続きを読む]
  • NGT愛詩 〜 (改)削除予定) これでいいのか中井りか? これでいいのだ中井りか
  • ─お断り─元々アンチ記事に近いものなので放置でも全然構わないんですけど、自分のブログにこの子が載っているだけで気持ちが萎えるので、このブログは二三日中に削除させていただきます。ある意味去年の須藤凛々花よりたちが悪い。こんな子をごり推して世に送り出した大人達の責任、追及する意味でもまた後日ブログにしたいと思います。何かコメントありましたら、それまでに書き込み宜しくお願いします。           [続きを読む]
  •  AKBとは島田晴香のこと。
  • 『島田が須藤に大激怒は本当だった「なんであそこで言った!?」関係者によると第九回選抜総選挙終焉後、須藤凛々花さんに食い下がったメンバーがいた。』http://blog.livedoor.jp/akbip/archives/52072950.html 小説指原莉乃弟二十三章沖縄夢散後編(2017年12月)からhttps://ameblo.jp/doujouji1991/entry-12336562363.html 「大丈夫、由依ちゃん?」 ステージを降りるなりさしこが足早に肩を寄せるようにして歩み寄る。私は [続きを読む]
  • 小説指原莉乃第二十四章 その手は握れない〜真幌繭 後編
  • 「見て、髪ちょっと軽くしたんだ」そう言いながら左手を後ろ手に軽く添えて、その場でクルリとお嬢様ターンを決めるさしこ。その姿を朝の柔らかな光が優しく包む。ふわりと靡く前髪に窓から差し込む陽光が反射してキラキラと光の粒を撒き散らしていく。「真幌繭、辞めないらしいね」久しぶりに会ったそんなさしこの口から出てきたのは、やっぱりグループのことだった。「結構やりあったそうやねんけど、運営と・・」「ふ〜ん」ウイーク [続きを読む]
  • 被弾七瀬丸
  • ブログでのなーちゃん推しの溜め息は増すばかり。可愛さ余って叩いていいものか。いやいやこんな時こそ擁護に回らないと。ほぼトップを走り続けていたアマゾンでのフォトブックの売り上げも急降下らしいです。 ただならぬ事態。 ここしばらく辛酸を舐め続けていたAKB ヲタがここぞとばかりに高笑い。界隈では、そんな嫌な光景も続いています。 まずは坂道自体のイメージ戦略を早急に立て直す必要がありそう。彼女達がここまで [続きを読む]
  • AKB愛詩〜島崎遥香 その先に落ちているもの
  • はーちゃんはいったい今どこにいるんだろ そう思うときがある 溢れる才能をもてあまし 潤んだその瞳の眼差しは いつも遠くを見つめてる はーちゃんへの日々のSNS での宛書は5月の空に溶けてゆく 私達は何を待てばいんだろう この想いはどうすればいいの みんなが今そう思ってる みんなが今、島崎遥香を想ってる 困難の少し先には、ご褒美として、幸せが落ちているものです。 誰に向かって言ったのか、秋元先生の有名な言葉 [続きを読む]
  • ソルトアライブ 第九章 理子と巫子
  • こんにちはマナです。今回はカクヨムで八章まで進んでいる、ソルトアライブの第九章です。ほぼ読み切りスタイルで書いているのでこの章だけでも違和感なく読んでいただけるはずですけど、できればサラッと六章辺りから読み返していただけると、より深くソルトの世界観に浸っていただけると思います。これからは数回に一回ぐらいの割合でカクヨムに投稿する前にソルトアライブをこちらで更新しようかと考えています。ストーリー的に [続きを読む]
  • 明石家紅白 誰も知らないAKB
  • 誰に突っ込んでいいのかわからないそれほどもう知ってる人間が誰もいない、そうさんまさんがヤンタンで言ってたそうです。お笑い怪獣にそこまで言わせたAKB 48彼の言葉は今はだれよりも何よりも重い。だからなのか、さしこにしか話を振らず、さしこにしか触ってくれなかったさんまさん。由依ちゃんも総監督としてさしこの横に陣取ってはいるものの言葉が流れて、拾ってもらえる程のインパクトがない。彼女は突っ込んでいただいてな [続きを読む]
  • 生駒里奈卒業 そう、君はずっと私たちの希望だった
  • 生駒里奈卒業メッセージ(全文) 振り返ると私はすごく変な子だなって思います。最初は猫背でがに股でした。ちょっとO脚だけど、びっしり立っているつもりです。最初はこのスカートを着るのも恥ずかしかったです。スースーするなって思っていました。今はこんなに見ている人がいるのに、ターンすることだって出来ます。変化したんです、この7年間で。こんなに人間って変わることが出来るんだなってことも乃木坂46で教えてもらったこ [続きを読む]
  • 小説指原莉乃第二十四章 その手は握れない〜ある研究生の告白 前編
  • 自分をそんなにキレイだとは思わない。手だってトイレから出たとき洗わない時もあるし、お風呂もそんなに好きじゃない。鼻もほじるし朝起きたら目やにが一杯。便秘で悩まされていないメンバーもいない。それでも男(ひと)をどうしても斜めに見てしまう時期がある。異性を汚く見てしまう時が女子にはある。肌のセンサーが敏感なときは朝からわかる。そんな日は遅刻してでも女性専用列車を待つのはそんなに珍しいことじゃなかった [続きを読む]
  • 幕末の桜の花びらたち第八章「島原の風に揺れる命一つ」中編
  • 「麟太郎さんって、あの勝海舟?」「どの勝海舟だい、花魁?」人懐っこい笑顔が浮かぶ。幕臣の旗頭とも言えるいかつさはそこには微塵もない。まるで、京の寺町の骨董品屋の前で日向ぼっこをしてそうなのが似合いの笑顔が素敵なナイスミドル。「勝さん、なんでこんなとこに」「来たんだってかい?」そうさなぁ、あんたはどう思う?、そう言いながらドスンと音を立てて美音の前に胡座をかいて座り込む。その勢いに押されて思わず龍馬に [続きを読む]
  • 幕末の桜の花びらたち第八章 島原の風に揺れる命一つ(前編)
  • 島原の朝は遅い。夜が明けて東山の空高くにお陽さんが昇る頃になっても通りを行く人影はまばらで、チュンチュンと舞い降りてくる雀たちの囀りが聞こえてくるだけ。人々は夜な夜な続いた昨夜の宴を夢見て未だ朝のまどろみのなか。一日の始まりを告げる、東本願寺の鐘の音もどこか控えめに聞こえてくる。朝の緩やかな日差しが寝屋の側まで忍び寄る。太陽の位置からするともう八時は過ぎているはず。隣でスースーと気持ち良さそうに [続きを読む]