リトルマナ さん プロフィール

  •  
リトルマナさん: AKB小説~散り急ぐ桜の花びらたち.
ハンドル名リトルマナ さん
ブログタイトルAKB小説~散り急ぐ桜の花びらたち.
ブログURLhttps://ameblo.jp/doujouji1991/
サイト紹介文AKBの世界をリアルに描きます。小説家志望ゆえ毎回4千文字でガチで書いてます。是非ご覧下さい
自由文小説翼はいらない、塩と呼ばれてParu story、小説指原莉乃、3シリーズを展開中です。AKB48の2017のパラレルワールドをご覧ください。






参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/06/30 15:50

リトルマナ さんのブログ記事

  • AKB グループセンター試験 横朱里に想う
  • もう最古参に近い、AKB の生き字引みたいな大家さんがランクインもできなかったのは驚き。でも既にAKB の内仕事において、モチベの切れてるしぃちゃんには仕方のないところかも。問題はジキソーと目されている高橋朱里が何も結果を残せなかったこと。 要はアイドルとしてのプロ意識の違いと言ってしまえばそれまでやけど、与えられた課題にひとつひとつ全力を尽くすこと、それは自らの道を切り開く為にはこの世界に限らず至極当 [続きを読む]
  • 塩と呼ばれて paru story 〜第六章
  • 塩と呼ばれて、なんと去年の6月以来の更新になります。下手をしたら年一の更新と言ってもいいくらいf(^^; 言い訳にしかならないんですけど、何通りかのお話は書けてはいるんです、でもどうもしっくり来るものがなくて、出すに出せなくて、伸び伸びになってしまいました。まぁ、私的には良くあることなんですけどねww おそらく次回は書き綴ったものを編集するだけなので、春までには第七章、八章と更新できると思います。あまり期 [続きを読む]
  • めちゃイケ由依はん「絶対勝つからな」
  • その場にいた全ての人々を釘付けにした、今やもう伝説と言っていい由依総監督の前方回転エビ固め。こんな鮮烈の由依はんが来週、ラストめちゃイケに帰って来ます((o(^∇^)o)) 4年前、それはあまりにも衝撃的。リングの上で大久保佳代子、光浦靖子の対戦相手が待ち構えるなか、姿を現したのは当時は並ぶものどころかその影を追いかける者さえいなかった、国民的アイドルグループ。勢い真っ只中のAKB 48の次代を担う2人+1。 [続きを読む]
  • カーリング女子「そだねーず」
  • 「どうだい?ドローでいくかい?」  「そだねぇ 」  「キュウハンでいいかい?」  「そだねぇ」 時差のないオリンピックはどうも感動が少ないと思うのは私だけでしょうか。オリンピックって夜からやって深夜にピークを迎えるそんなイメージがあります。深夜にガンバレ日本で人知れずガッツポーズ。 そして翌朝眠気眼をこすりこすりしながら通勤通学。自国開催ならいざしらず、外国のオリンピックではいまいち乗っていけ [続きを読む]
  • 2018年、新しいぱるるが生まれる・・かもしれない
  • まず最初に、ぱるるファンとしてはあるまじき事をここで吐露します。実はリピート、刹那過ぎて辛すぎて、ずっと見れてません(苦笑)。ハードディスクのぱるちゃんフォルダーにはずっと録画したやつが貯まっていってる。 演技がうまいとか鬼気迫ってる素晴らしいとか成長を感じるとか、もうそんな第三者的なフィルターを通しては見れないんですよね。少数派でしょうけど、おそらくそんな想いでこのドラマを見てるぱるちゃんファン [続きを読む]
  • 幕末の桜の花びらたち第七章〜是非に及ばず
  • 幕末の桜の花びらたち、あらすじ 映画幕末の桜の花びらたち撮影中、京の新選組の聖地壬生寺で姿を消したアイドル達。幕末の世に降り立った彼女たちは時代を生きる御霊を背負い、姿はもののふ、心はそのままにその世を生きます。アイドル戦士たちが維新の世で織り成す幕末ファンタジー。未来と今を交差させながら彼女達の生き様を描きます 幕末ファタジー幕末の桜の花びらたち全六章(2017年3月〜)https://ameblo.jp/doujouji199 [続きを読む]
  •   「どうか、私の背中を押して下さいませんか?」 生駒里奈
  • 私が少数派なのかどうかわかりません。でも今日のネットの反応を見る限り、まだまだアイドル生駒ちゃんの需要はかなりのものがありそう。 欅で平手ちゃんの教育係にとかSTUでなぁちゃんとダブルセンター、瀬戸内ブルーは生駒ちゃんに似合いそうとか、当然麻友さん無きあとの後継者、今のAKBなら堂々のセンターも張れます。 要は生駒ちゃんの気持ちひとつなんですよね。いろんな対談やインタビューの記事を読んで感じた [続きを読む]
  • 欅坂への警鐘 あなた達は何者でもない
  • 一昨夜のドラフトは途中からしか見れなかったんですけど、ネットでうかがい知るところによれば、ドラマが多くてイベントとしては成功だったようですね。ファンが選ぶと言う点では朱里のツイートにもあったように、戸惑いも言いたいこともあったようですけど、メンバー同士のアイドル目線女子目線ではどうしても偏ってしまうのは避けられない、トラブルモンスター須藤りりぽんのその正体を見抜けなかった反省もあったんでしょう。 [続きを読む]
  • 生駒ちゃんのその涙、乃木坂がいらないんなら、AKB がいただきます
  • なんか切なくて、やるせない光景でしたね。これが乃木坂の日常? そう思ってしまう。 押しも押されもせぬ乃木坂のオリメン生駒里奈。楽屋のモニターに写し出されているのは乃木坂を含む秋元グループの盟主であり、女神とも言っていい渡辺麻友。ステージではAKB がひとつになろうとしていました。まゆゆのNHK 紅白の最終章、それはとりもなおさずアイドルまゆゆのグランドフィナーレ。 舞台にいるメンバーは勿論のこと [続きを読む]
  • AKBにはAKBのなりたい色がある
  • どう思った、今日?笑えんかった。うん。さしこは?一緒。うん、でも麻友さんは笑ってたし。つよいよね、やっぱり麻友は。 今日という日が全てを変えそうな気がしていた。目の前で見せつけられた姉妹グループの圧倒的なパフォーマンス。結果は予想された通りに落ち着いた。その名前が読み上げられた瞬間、顔こわばらせ目を見開いていたメンバーが三人いた。 私とさしことさや姉。作り笑いなんかできないし、それでいいんだと [続きを読む]
  • 小説指原莉乃第二十三章〜沖縄夢散(後編)
  •   いつか見た、沖縄のコバルトブルーの海の色がどうしても思い出せなかった。窓の外には雲間から淡いオレンジ色の夕陽が覗いているというのに。雨はもうすっかり上がり打ち寄せる波は驚くほど穏やかだというのに。昨日までの自然の荒事は神様の悪戯か。もしこの空の下で彼女たちが自分たちの夢を叫べていたならこんなことは起きなかったのかもしれないというのに。 「どういうことやねん・・」 みるきーさんの抜けた穴は私達 [続きを読む]
  • まゆゆの夢が叶いますように 〜 a letter from Yuihan
  • a letter from Yui Yokoyama (抜粋) 今、ここにいる私たちメンバーが今後のAKB48を作っていき、今後のAKB48をずっと残していきます。 メンバーみんなが自分らしくできることをやって進んだ先に東京ドームコンサートができるようにしたいです・・・ファンのみなさんとあの景色がもう一度見たいです。そのときには素敵な女優さんとしてぜひ会場に足を運んでくださいね。 麻友さんが卒業されてもAKB48を応援したいと思っていただけ [続きを読む]
  • 神の聖母マリアに祈りをささげる、まっこじに今一度夢を・・・
  • 「私の列はもうガラガラだから。いつもなぁちゃんのところへ行ってファンの人達と話してる」 一昨日のANN、久しぶりに見れたその笑顔はやっぱり素敵でした。何をやっても許される、その彼女の唯一無二の空気感はまだまだ健在。総監督からまっこじと呼ばれる彼女らしい立ち位置。喧嘩の絶えないけれど仲の良い、そんな姉妹を見てるようでなんとも微笑ましい。先輩からはやんちゃな妹。後輩からは少しあぶなかっしいけど憎めないお [続きを読む]
  • 小説指原莉乃第二十三章〜沖縄夢散(前編)
  • 前日から沖縄に降り続く雨の勢いは治まる様子もない。それどころか、ますますその激しさを増しているようにも思えた。会場に設定された豊崎浜の空にはまるで悪魔が手を広げたようなどす黒い雲が覆っていた。 鳴りやまない雷鳴、ヒューヒューとうなりを上げる風の音。なぜこの時期に沖縄だったのか、不信と疑心に満ちた言葉ばかりが掛け巡る。誰がどういう経緯で何の為に。メンバーたちの間で広がる魔女狩りにも似た犯人捜し。代替 [続きを読む]
  • AKB12周年〜乃木坂にやられっぱなしではいられない
  • まゆゆはもうしっかりとオーラを消していた。ゆきりんもあえて前へは出ない。 今年はお祭りではない。いつもと何かが違う。みんなこれから先に起こることを予期しているかのよう。そんな空気が漂う組閣発表。「チームAキャプテン、岡部麟」 空気が止まる。けれど驚きの声も意外に少ない。もう選択肢はチーム8、そんな意識がAKBの内々には当然のように根付いていたのかもしれない。 前日、戸賀崎元AKB支配人が呟いていた。「もう一 [続きを読む]
  • ソルト エピソード1「お礼はいつでもウエルカムやで」
  • こんにちは、マナです。今日はソルト様のちょっとしたエピソードです。彼女は物を書いていく中で私の大切なライフワークのひとつなので、日記になぞるように自分のなかでソルトという人をいろいろと掘り下げてます。生い立ち、家族、親友、影響された人物。秋元先生の原作では描き切れなかった諸々を何気に形にしていっています。今回みたいに本編の小説が行き詰っているときなどに、苦し紛れに(笑)ちょこちょこと小出しにしてい [続きを読む]
  • ひよっこ牧野由香、もう一つのシナリオ
  • こんにちは、マナです。 島田晴香、島ちゃんの卒業。彼女がいるだけで、いてくれるだけで九期はAKBは幸せでした。万年圏外でも夢を追いかけられる、こんなにも強く素敵に生きられる。それを間近に感じさせてくれていたのが圏外上等島田晴香。「ランクインさせてあげられなくてごめんなさい」卒業公演での皆さんの言葉にただ涙。「女将になって僕たちを暖かく迎えてください」にまた涙涙。島田旅館で九期の女子オフ会、誰かやってく [続きを読む]
  • ソルオトメ、今からお前を脅迫する
  • 「まだね、みんなは私を死んでるって思ってて。お葬式までしてもらって。別にいいんですけどね」 「馬路須加学園最後のラッパッパ部長にして史上最強のヤンキーJKか」 「やめてよ、千川完二 」 「で、なんで名乗らないんだ、生きてるって?」 「なんでかなぁ。けど、その方が生きやすいんで・・」 「栃乙女、いやソルオトメ」 「うん?」 「今からお前を脅迫する」 「な、なに? 何言ってんの?千川完二」 「バラしてほし [続きを読む]
  • ポムポムまゆゆさんを信じてはいけないんですか?
  • こんばんは、マナです。 先日書いた「心安らかにポムポムまゆゆさん」https://ameblo.jp/doujouji1991/entry-12322665794.htmlそれに対してMさん(仮名)からいただいたコメントです。まずはご覧ください。 ※※※ Mさん(仮名) 唐突で申し訳ないてすが、残念ですがポムポムまゆゆのツイッター内容、闘病は100%嘘ですよ。私は実際に闘病していたので、分かります。ツイッター内容にツッコミどころは満載ですが、1つだけ挙げ [続きを読む]
  • その地図のむこうには・・・
  • こんにちは、マナです。 週末の午後、いかがお過ごしでしょうか。先週末の全国を揺るがした72時間からもう一週間。 「自分はちっぽけだけど、ファンがいるから頑張れる、ホンネテレビを見てそう思った」メディアに対しては独特の感性をもつ我らがぱるちゃん。そんな彼女もホンネテレビにはくぎ付けだったようですね。放送のなかではぱるちゃんの話題も出たようです。 元々ブログを書き始めた当初は彼らの話は書いていたので、ここ [続きを読む]
  • ぱるるのオレンジデイズとこの一年 そしてこれから
  • 〜ぱるるのオレンジデイズ こんばんは、マナです。 雨が降りしきる先週の日曜日の朝のこと。 「台風も来てるし今日はもう無理やんなぁ」   「無理、無理」 「え〜、そんなん、せっかくみんなのクラブサンド作ったのに。。」   「それにUSJは持ち込み禁止、なかで食べれへんで」 「そうそう」   「・・・・・」 そんなラインの思わぬ一言、二言で、ずっと楽しみにしていた大学の同窓会を兼ねたUSJ行きはドタキャンの憂 [続きを読む]
  • 心安らかに ポムポムまゆゆさん(改、追伸有) 
  • 私達にとってぱるるやAKBがどれほどのものなのか。ポムポムまゆゆさんを見て考えたりしてました。もし自分の残された日々が僅かだと知ったら、そこに気持ちを持っていけるだろうか。取り乱して、狼狽して、涙して、呆然として、周りの何も見えなくなって、泣いて泣いて時ばかりがいたずらに過ぎてしまう。それを思うとポムポムまゆゆさんがどれだけ立派に生き抜いたのか、自分というものを貫いた方なのか想像できます。 みなさ [続きを読む]
  •   幕末の桜の花びらたち第六章〜鴨とぱるるとさや姉と。
  • 幕末の花びらたち第六章 映画幕末の桜の花びらたち撮影中、京の新選組の聖地壬生寺で姿を消したアイドル達。幕末の世に降り立った彼女たちは時代を生きる御霊を背負い、姿はもののふ、心はそのままにその世を生きます。アイドル戦士たちが維新の世で織り成す幕末ファンタジー。未来と今を交差させながら彼女達の生き様を描きます 幕末ファタジー幕末の桜の花びらたち全五章(2017年3月〜) http://ameblo.jp/doujouji1991/entry- [続きを読む]
  • 指原莉乃を目指す中井りかの迷走、その憧憬の危うさ
  • 〜SHOWROOMER中井りか こんなりか姫を最近ずっと見てますww AKBの今を知る手段としてのSHOWROOM。それが私のなかに常にあって,ある意味義務的に環境ビデオのようにいつも流しっぱなし。 一人の子をずっと見る方法と全体をざっと見流してその時々に話題を集めている子に目をやる方法。大まかにいうと私の見方はこの二つ。 このプライベート配信の形がどこまで続いて何処へ伸びていくのか。それはわからないけど、確かにアイドル [続きを読む]