kana さん プロフィール

  •  
kanaさん: わが家の時間
ハンドル名kana さん
ブログタイトルわが家の時間
ブログURLhttp://wagayanojikan.blog.fc2.com/
サイト紹介文時間に追われることもなく、スローライフ楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供173回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2016/06/30 21:10

kana さんのブログ記事

  • わが家の『籠の犬』
  • わが家の愛犬ミニチュアダックスのトモ。今年7月、日本動物愛護協会から長寿犬として表彰され月が変われば御歳19歳となり人間に換算すれば92歳のお婆ちゃん。最近は痴呆の症状が益々進み、寝ている時以外はウロウロと歩き回るトモ。寝たきりになって歩き回ることが出来なくなるのも可哀想そう思えば歩き回ってくれるのは良いのだが・・・・・何かに突き当たってもバックが出来ないトモ。今日もそんなトモの姿が見えない。どこにい [続きを読む]
  • 分かりづらい消費税の引き上げ
  • 来年10月の消費税率10%の引き上げが表明された。誰しも増税は好まない。しかし多額の借金に頼る日本の財政事情、さらに高齢化で増え続ける社会保障費を思うと仕方ないことなのか。 でも分かりづらいのが飲食料品に適用される8%の軽減税率とポイント還元制度。前者の場合、店内で飲食すると10%持ち帰りの場合は8%の軽減税率が適用される。こうしたとき小心者が考えることは店内で食べるつもりが急用が出来て持ち帰ったときはど [続きを読む]
  • 富有柿を求めて大野町へ
  • 完全甘柿で甘みが強く、肉厚、果肉が柔らかい富有柿(ふゆうがき)その富有柿の発祥地は岐阜県・瑞穂市そのため瑞浪市周辺の町では富有柿の生産が盛んに行われている。今日はその富有柿を求めて岐阜県・大野町へわが家から大野町までは距離にして約40Km、約1時間の道のり。大野町に近づくにつれ、たわわに実をつけた柿の木とその柿畑の一角に設けられた富有柿を販売する無人販売所が目につく。そしてわが家が立ち寄ったのが美味し [続きを読む]
  • 恩人のコメントに誘われ
  • 今月7日、次のようなコメントが入った。【H漁港の釣り人】  夜アジングで15cmぐらいのアジ爆釣してます。私は日本海が荒れる季節になると三重県紀北町の漁港によく釣行するが【H漁港の釣り人】さんはそこで知り合った青年。彼はH漁港をよく知る地元のアングラ―でH漁港ではいつも気楽に情報を提供してくれる。また彼は私には恩人。今年始めH漁港へ釣行した際にバッテリー上がりを起こした。時刻は午後9時過ぎ。  さぁ〜てど [続きを読む]
  • 根菜の美味しい季節到来
  • 10月も中旬に入り朝晩、寒くさえ感じるようになってきた。今日、気象庁が発表した向こう1カ月の長期予報で近畿地方は気温、降水量ともに「ほぼ平年並」連日猛暑日が続いた夏を振り返ると「平年並」という予報に少し安堵する。そしてここ一週間で白菜などの冬野菜が順調に育ってきてくれた。何事もなくこの状況が続けば、こちらの方の収穫も「平年並」となりそうです。そして昨夜は妻が夕食後、台所で何やらゴソゴソしている。覗い [続きを読む]
  • KIRINとAsahi
  • 娘が彦根市のお隣り多賀町で操業するキリンビール滋賀工場へ工場見学に行きお土産を買ってきた。ビール工場のお土産とあって期待して袋を開けると・・・・ビール酵母入り柿の種と生地に一番搾り生ビールを加え焼き上げたオリジナルゴーフレット ビール工場なのに液体物でなく固形物に少しトーンダウンでも娘の気持ちに感謝して柿の種で晩酌モードに入ったのですが・・・ミスマッチな取り合わせとなりました。 [続きを読む]
  • 四国 UFOラインを爽快に・・・?
  • 久しぶりの四国旅です。トヨタ・カローラスポーツのCMで若いカップルがアルプスのような光景の道路を走るのを見て何処だろうと?調べてみると高知県と愛媛県の県境にある「瓶ケ森(かめがもり)林道」通称「UFOライン」と分かり、連休を利用して出掛けてみた。自宅を出たのが7日のお昼前、明石・鳴門海峡を渡り徳島県へしかしこの日にUFOラインまで行くのは時間的に厳しい。そこでこの日は「日本の棚田百選」「国の重要文化的景観 [続きを読む]
  • 顔の見えるよもぎ餅
  • 気になった台風は日本海に進み一安心。でも台風の影響で蒸し暑い日となった。お昼前、台風の余波による雨が降る中 近くの道の駅「浅井三姉妹の郷」まで出掛けた。 「浅井三姉妹の郷」は戦国一の美女とも言われ数奇な生涯を送った織田信長の妹・お市の方が嫁いだ浅井長政の居城の近くにある。 道の駅を訪ねた目的は 地元の老夫婦が作っておられるよもぎ餅を買い求めるため。ロに甘さが残らない素朴なお餅は時間が遅いと売り切れ [続きを読む]
  • 畑も食卓も 秋 真っ只中 
  • この週末は台風が気になる。そこで雨が降る前に「鳴門金時」と「安納芋」を収穫した。わが家の場合、サツマイモは手間がかからないという先入感もあり植え付けて4ヶ月間は全くの放任主義。だから掘り起こした芋の太りが悪かったり数が少なくても文句は言えない。サツマイモで思い出すのが子どもの頃 よく食べた焼き芋。田んぼで燃やされている籾殻の中に芋を放り込み遊び疲れた頃に取り出し、ホカホカの焼き芋で空腹感を満たした [続きを読む]
  • 木ノ芽峠 茶屋番所の前川家
  • 今日は家に閉じこもっているにはもったいない天気そこで以前より気になっていた木ノ芽峠まで出掛けてみた。びわ湖の北端・木之本から国道365号線を利用し、滋賀県と福井県の県境・椿坂峠を越え、今庄町から旧北陸道に入り木ノ芽峠に向った。   落葉が目立つ林道を走っていると木ノ芽峠手前で「言奈地蔵(いうなじぞう)地蔵」の案内板があり立ち寄ってみた。山道を200m程歩くとお目当ての「言奈地蔵」が見えてきました。祠の横に [続きを読む]
  • コウノトリが運んでくれたもの
  • 昨夜の台風、湖北は予想していたほど風は強くなく何事もなく通過しました。そして台風一過の朝、青空が広がった。昨日のムラサキサギの出会いもあり、懲りずに車を走らせたのですが・・・「一度あることは二度ある」とはいきませんでした。しかしその帰り道、電柱で羽根を休めるコウノトリとの出会いがありました。 ところがカラスを嫌ったのか、コウノトリは電柱から飛び去ってしまった。こちらの方は「一度あることは二度ある」 [続きを読む]
  • 童心に返った楽しい時間
  • 『嵐の前の静けさ』なのか今日の湖北は曇り空。久しぶりにびわ湖に注ぐ姉川の河口へ出掛けてみました。河口には数多くのシラサギが舞い降り捕食の真っ最中。中には大きな魚をとらえる要領のいいサギがいるかと思えばこの子の場合は・・・  サギを観察した後、湖岸を走っていると数台の車が農道に止まっている⁇不思議に思い近寄ってみると、全員が双眼鏡を手に同じ方向を見ている。尋ねてみると『ムラサキサギ』が茂みの中に潜ん [続きを読む]
  • 女心と秋の空
  • 昨日、帰宅した次男が思い立ったように『夜釣りに行く』と支度を始めた。その言葉に私の心も揺らぎ、慌てて釣仕度。月明かりに照らされた波音だけが響く静かな砂浜で竿を振ったのですが・・・釣果はゼロと残念な結果でした。 そして今日は昨日とはうってかわって冷たい雨が降る肌寒い一日でした。この時期は暖かい日、寒い日を繰り返し秋が深まっていきます。そして悪いことに明日は台風の追い打ち。ここ数日の目まぐるしく変わる [続きを読む]
  • 車中泊 FFヒーターの防振対策
  • 今日も湖北の空は爽やかな青空が広がりました。でも予報では明日からは台風の影響を受け傘マークが並んでいるそこで今日は以前より考えていた車いじりをやりました。これからの季節、車中泊で欠かせないのが夜の暖房。気温が下がった夜は車に装備されたFFヒーターを使用する。ヒーターは車の燃料を使用して稼働するが、その際の燃料ポンプの作動音「カチカチ」が車体を通して室内まで伝わり、周りが静かだと結構うるさい。 問題の [続きを読む]
  • 天高く馬肥ゆる秋
  • 今日の湖北は、青空が広がり爽やかな一日でした。『天高く馬肥ゆる秋』この言葉を聞くと澄み渡る秋の空がイメージするのですが実のところこの言葉は戦いに備えた言葉だそうです。中国の秦・漢時代に活躍した遊牧騎馬民族・匈奴(きょうど)その匈奴は秋になると、夏に草を沢山食べて強くなった馬に乗り漢民族の収穫物を略奪するため攻め込んでくるためこれを警告するために発せられた言葉だそうです。しかし匈奴が滅んだ後は略奪は [続きを読む]
  • "ポチ"で済ませる便利な時代、でも・・
  • 先日の自治会行事での救急搬送がきっかけで健康管理の大切さを改めて認識させられ、今日は検診に行ってきました。診察室に入り事情を説明すると医師より『このまま放置すると血圧はもっと上がり、大変なことになるよ。』と灸をすえられ、明日から降圧剤の服用、少し面倒な朝と夜の血圧測定が日課となりました。ノートパソコンがおかしい・・・?パソコンを操作していると聞き慣れない「ジッ・ジッ」という音がした。『何?』と思いつ [続きを読む]
  • やってまった!  下見ドライブ
  • 今日は久しぶり出掛けてきました。行先は滋賀県と福井県の県境にある標高約820メートルの林道に位置する『おにゅう峠』まだ少し早いが紅葉シーズンにはヤマモミジが林道を彩り見事な風景がまた、これからの時期は気象条件が揃えば見事な雲海が見られる。美しい紅葉と神秘的な雲海のコラレボーションが望める「おにゅう峠」本格的な紅葉シーズンを前に今日はその下見です。秋の気配を感じる湖北路・湖西路を一気に駆け抜け高島市朽 [続きを読む]
  • 心にグサッと刺さった一言
  • 天高く馬肥ゆる秋この時期は何かと催しごとが多い。今年は自治会役員昨夜は連合自治会主催の防災研修会に参加し今日はビーチボール大会の応援に駆り出された。そのビーチボール大会で予期せぬ事態が発生自治会でお願いした選手が腰を痛め、その場から動けなくなってしまった。しばらく様子をみるも症状は回復せず、やむなく119番のお世話にそして私はその方に付き添って救急病院へ。こうした競技会に出場される方の多くは『昔とっ [続きを読む]
  • 『一雨一度』 秋支度
  • 今日は秋の彼岸入り。今日の湖北は気温も上がらず20度と10月下旬並みの気温窓を開けていると薄着では少しヒンヤリ感じられる。今年の夏はエアコンと扇風機がフル稼働でも最近はその出番もなくなってきた。そこで今日はわが家の秋支度 第一弾この夏お世話になった扇風機を片付けました。お昼前には雨が降り始めました。『一雨一度』この時期は、こうして日に日に秋が深まっていくのでしょうね。自民党総裁選で安倍首相が3選を果たし [続きを読む]
  • 元同僚と飲む酒が益々旨い
  • 今週の月曜と火曜日は、退職後も交友関係が続いている、元職場の気の合う仲間と京都へ。今回の幹事は学生時代を京都で過ごした京都通。その幹事が設営した宴会の場は”京都祇園”その祇園で舞妓さんに舞ってもらったりお酒を注いでもらったりと楽しい時間を過ごしました。 とは言っても『しょせん田舎者』の集まり少し敷居の高いところもあり、宴が終わると田舎者の本領発揮。水を得た魚のように路地裏をウロウロして一軒の居酒屋 [続きを読む]
  • 深まる秋色と季節外れの花
  • 今日の湖北、雲が低く垂れ込み、小雨が降ったり止んだりと肌寒い一日でした。午後から久しぶりに友人宅へ出掛けたが、友人は外出して不在。仕方なく帰ろうとすると庭先に小さな秋を見つけました。 そろそろ紅葉シーズン周りの山も深い緑から黄色や赤色が目立つようになり雨の合間の帰り道、美しい淡い秋色のグラデーションが広がっていました。こうした光景に秋の深まりを感じていると      ・      ・      ・ [続きを読む]
  • シルバー川柳に “にんまり”
  • 明日の敬老の日を前に全国有料老人ホーム協会からシルバー川柳の入選作が発表された。自らの老いを笑い飛ばす入選作に一人にんまり。長年連れ添った夫婦の関係、老いを自虐的に読んだ句などはシルバー川柳の真骨頂。シルバー世代の心理を巧みに表現し、老いをユーモラスたっぷり捉え前向きに年を重ねる生き方には共感を覚えます。以下、入選作です。皆さんもお楽しみ下さい。第18回シルバー川柳入選作○デイサービス「お迎えです」 [続きを読む]
  • 老いた気持ちが 若返った!
  • 最近、家の内外の整理をすることが多くなった。その姿を見て妻曰く『いつお迎えに来られても大丈夫なように準備してるの・・?』以前の私なら『おまえが整頓しないから片付けているのが分からんのか バカモン!!』と怒鳴り返していただろうが、最近はモラハラ夫と言われないよう返す言葉を胸の内に仕舞ってダンマリ作戦。やはり老いたのか・・・・・???さて今日も屋根裏収納の整理をしていると懐かしいものが出てきた。  アマチュ [続きを読む]
  • 9月も半ば・・・無花果の食べ納め
  • 9月も半ばに差し掛かりました。9月上旬は台風や秋雨前線の影響で気温は上がらずおまけにここ数日は急激に涼しくなり、秋の気配を感じます。そのためか無花果(イチジク)も熟する実が少なくなってきました。昨夜はその無花果が食卓にあがりました。無花果の生ハム巻きです。ところで無花果は果物?それとも野菜?そんな素朴な疑問から調べてみました。一般的に木になる実は果物、畑になるものは野菜。でも無花果は花を咲かせて実をつ [続きを読む]