kana さん プロフィール

  •  
kanaさん: わが家の時間
ハンドル名kana さん
ブログタイトルわが家の時間
ブログURLhttp://wagayanojikan.blog.fc2.com/
サイト紹介文時間に追われることもなく、スローライフ楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供181回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2016/06/30 21:10

kana さんのブログ記事

  • 信州に来ています
  • お盆はどう過ごそうと考えていたらお盆がやって来た。どうする、どうする、とりあえず車を走らせた。自宅を出たのが昨日の17:30、その夜は道の駅でP泊そして今日は北八ヶ岳・双子山ヘ。下山後は温泉で疲れをとり今夜は白樺湖でP泊です。 [続きを読む]
  • お盆休み・・あなたは自宅派、旅行派
  • 世間はお盆休み。ある旅行会社が「お盆休みの過ごし方」について調査したところ上位5位は 1位:自宅でゆっくりして休む(38%) 2位:帰省(14.6%) 3位:海外旅行(13.9%) 4位:国内旅行(12.8%) 5位:仕事(11.7%)という結果で、4人に1人はお盆休みを利用して旅行などに出掛けられている。ではわが家の場合は・・・普段と変わりない。「それでは!!」と思い今日は出掛けてきました。と言っても出掛けたのは私だけで、 [続きを読む]
  • 女性アナの実況放送
  • 今日、カーラジオをつけ高校野球を聴くためNHKにセット。聴こえてきたのは女性アナの実況放送。女性アナの野球実況を聴くのは初体験。野球の実況は男性という先入感があるため少し不思議な感じがして違和感があった。でも男性アナの声と違って聞き取りやすい。後で分かったが実況を担当した女性アナは滋賀県出身という。彼女の次回実況は8月14日の第一試合。近江高校とともに滋賀県人ガンバレ!!さて今夜は自治会役員会、そろそろ出 [続きを読む]
  • 日本一小さなハッチョウトンボ
  • イチジクの実がなりました。今年初収穫です。一つは仏さまにお供えして、残りは美味しくいただきました。 夏の昆虫といえば・・・トンボその中でも日本ー小さなトンボで世界的にも最小の部類に属するハッチョウトンボをよく見かける近くの湿原まで行ってみました。先ず迎えてくれたのがサギソウ。純白で細かな切れ込みの入った姿は名前のとおりまるでシラサギが飛んでいるかのようにみえます。さてハッチョウトンボの大きさは10円 [続きを読む]
  • タヌキに暗示を掛けられた
  • 朝のウォーキング、三日坊主で終わらず続いている。今日もいつもの時間に家を出た。家を出て300m程歩くと前方から小さな動物が向かってきた。最初はネコかと思ったがそれはタヌキだった。 近くまで寄ってきたタヌキ、私をにらみつけ田んぼの中に身を隠した。タヌキを見て思い出したのが・・・私は幼いころ父親の自転車に乗せられて祖母のところまでよく行った。そして陽が落ち帰宅するとき祖母は必ず『どんどろ橋でタヌキが出て人 [続きを読む]
  • 野鳥と会話がしたい
  • 今日は「笑いの日」昨日の記事で一日1回笑いの源になる感動体験を、と思ったその矢先、近江高校が熱い感動を与えてくれました。春のセンバツでも準優勝した強豪・智弁和歌山を相手に、琵琶湖をイメージしたブルーのユニフォームから青い「花火」3発を放ち7-3で快勝。強豪相手に苦戦が強いられると予想していただけに大きな感動を与えてくれました。昨夜、録画しておいたBS放送のトレッキング番組を見ているとガイドの方が鳥の鳴き [続きを読む]
  • 感動と笑い
  • 明日、8月8日は「ハッ」「ハッ」の語呂合わせから「笑いの日」昔から「笑う門には福きたる」と言われているが最近は笑う機会も少なく、このままでは福にも見放されてしまう。なぜ人は笑うのか? ネットで検索してみると誰しも年を重ねるとともに経験済みの出来事や物事は増え日々の行動についても過去の経験に頼り、無難に済ませようとする。これでは物事は思うとおりに進み笑いの方程式「予想外の刺激」+「驚き」=「笑い」 は [続きを読む]
  • 本気の夏の思い出
  • 熱い夏、全国高校野球が開幕した。毎年、夏の高校野球が始まると思い出すのが高校時代。私が3年のとき野球部が滋賀県代表で甲子園出場を決めた。学校側より「在校生は全員応援に行くように」と半強制的な指導。しかし炎天下での応援を嫌い、仲間数人と拒否してテレビ観戦。それ以来同窓会で当時の野球部員と再会すると「薄情者」と呼ばれる始末。厳しい暑さの下で熱戦を繰り広げる高校球児たち。開会式では近江(滋賀)の主将が「 [続きを読む]
  • 小さな秋を見つけました・・伊吹山
  • 今年は自治会役員を務めている。午前中、週末に開催される役員会に向けて会長とともに会議資料と後期自治会費の請求・領収書の作成。今日の予定はこの事務のみそこで午後から伊吹山(いぶきやま)へ。岐阜県側からだと9合目までドライブウェイを利用して行くことできるが滋賀県側からは林道を利用して3合目まで。林道を走ることが好きな私には、自宅から3合目まで車で約45分「近からず遠からず」でちょうどいい距離と時間。舗装さ [続きを読む]
  • ミニミニ紀行・・敦賀市
  • 昨日のキス釣りは期待が外れ、早い時間の納竿となった。通常なら素通りする敦賀市ですが少し寄り道をしてきました。敦賀市は古くから天然の良港として知られ大陸文化の玄関口として栄えた港町。現在でも港にはコンテナ船、フェリーが就航している。現役の頃、リタイヤしたら敦賀港からフェリーで北海道に渡りノンビリと車旅を楽しもうと計画していたのですが未だ実現せず。釣の最中に沖を航行するフェリーを見ると『いつかきっと!! [続きを読む]
  • マゴチに救われた釣
  • 8月2日〜6日は七十二候の一つ『大雨時行(たいうときどきふる)』大雨時行とは、台風や夕立などにより大雨が降る頃。しかし8月に入っても期待する雨は降らず畑はカラカラです。今日は久しぶりにキス釣に出掛けた。 自宅を出たのがAM3:30、気温は24.5℃。毎日、肌を刺すような強い陽射しにいじめられた身体も、車窓から吹き込む爽やかな風が心地よく身体もリフレッシュ。幸先は良かったのですが・・・・ 平日とあって釣場は一人占め [続きを読む]
  • いただきまーす!!
  • 昨夜、珍しく長男が電話をかけてきた。9月から会社を変わるという。その言葉を聞き直感的に『またか!?』と不安な気持ちがよぎる。長男は大学卒業後、電機メーカーに就職したしかしその会社は経営危機に陥り先を見越した長男は自主退職した。そして転職した会社がこれまた電機メーカーところがその会社で粉飾決算が発覚、そこに巨額損失を抱えこの会社も経営危機に陥った。経営体質を改善するため長男の部門は売却され会社は他の電 [続きを読む]
  • 大接近・・近いの遠いの??
  • 湖北の地に生を受けてウン十年。その私が始めて見たのが・・・滋賀県最高峰・伊吹山の山頂部から太陽が昇る瞬間。少しおこがましい表現ですが「ダイヤモンド伊吹」です。こうした瞬間が見られるのも早朝ウォーキングの楽しみです。 昨夜は火星が地球に大接近。全国で観察会が行われ、大勢の子どもたちや天文ファンが、夏空の天体ショーを楽しまれた。地球の外側を公転する火星。その火星と地球は約2年2か月ごとに地球に接近し、今 [続きを読む]
  • 林道冠山線を走ってきました
  • 昨日は以前より一度行ってみたいと思っていた、岐阜県・揖斐川町から福井県・池田町に至る林道冠山線(りんどうかんむりやません)を走ってきました。実は先週に出掛けたのですが、途中5羽のコウノトリと遭遇、写真を撮るのに夢中になり行きそびれ、今回はその出直しです。 AM10:00に自宅を出発。すると先週と同じ餌場で9羽のコウノトリが!!しかし今回は空を舞う姿のみ写真に収め先を急ぎました。木之本から国道303号線を利用し [続きを読む]
  • 表彰状をいただきました
  • わが家で犬は大切な家族。そばにいてくれるだけで幸せを感じる。家族を批判することもなく、いつもしっぽを振って家族の不安や、怒りをもくみ取ってくれる家族の潤滑剤。そんな可愛い愛犬との別れは必ずやってくる。わが家も現在はミニチュアダックスのトモのみになってしまった。そのトモも今年11月で19歳。人間年齢に換算すると92歳のお婆ちゃん犬。いつもお世話になっている動物病院の中でもトモが一番の長寿犬健康診断では『異 [続きを読む]
  • 意地悪な台風
  • 最近天気予報を見ていると観測史上初、統計史上初という言葉をよく耳にする。この言葉をしょっちゅう聞いていると「最近の天気はチョットおかしいぞ!!」とおそれを感じてしまう。気象庁が統計を取り始めた1951年以降昨年までに上陸した台風は196個。その中で今回の台風12号は観測史上初の異例のコースを進みそれも西日本豪雨の被災地を直撃した。今被災地では復旧作業の多くをボランティアの方に依存されているが週末台風はそれも [続きを読む]
  • 農道桟敷席から花火見物
  • 昨夜は地元の花火大会『長浜北びわ湖大花火大会』を見に行ってきました。わが家の花火見物は混雑する会場周辺を避け会場近くの農道から。ここだと車が横付け出来て行き帰りの渋滞に巻き込まれることもない。ただ周囲には屋台など何も無く花火大会(お祭り)の雰囲気を味合うことが出来ないことそしてあの嫌な蚊が寄って来ることがここ農道桟敷席の難点。幸い昨夜は風があり蚊に悩まされることもなく花火見物が出来ました。今日の午前 [続きを読む]
  • 一念発起の早朝散歩
  • 黒ラブ・カナが元気なころ、散歩は日課の一つだった。しかしカナが亡くなり、歩く機会が一つ減った。健康維持のため少しでも歩こうと思うが、いざ出掛ける時になるとわずかな距離でも車のキーに手がのびる。 そこで一念発起!今日から朝の散歩・ウォーキングを始めてみた。初日に選んだコースは片道約2kmの農道歩く先が見えないのも不安だがこうも変化がなく先が見通せると疲労感がつのり歩く意欲も薄れる。あそこまで行けば・・ [続きを読む]
  • 懲りずに今日も・・・コウノトリ
  • 18:00頃から雨が降ってきたのだが・・・雨が降った後は一時的に気温が下がり歓迎するのだが反面、湿度が高くなり体感的には不快な暑さとなる場合がある。どうもこの降りようでは今夜もクーラーのお世話になりそうです。ところで気になるのが台風12号。予報では週末には東海や関東に上陸し日本を横断日本海に出た後は西寄りに進むらしいが再び大きな災害が発生しなければいいのですが。昨日の感激が忘れられず今日もコウノトリと会 [続きを読む]
  • コウノトリとの再会
  • 野鳥を求めて近くの峠道を目指して走っているとサギの群れから少し距離をおいて・・・・????1羽!2羽!!3羽!!!4羽!!!!5羽!!!!!予期もしていなかったコウノトリとの再会に感激それも5羽のコウノトリと!!1年ぶりの再会に喜びを隠せず無我夢中にカメラに収めてきました。昨春、島根県でハンターの誤射によりコウノトリを失う事件がありました。こうした悲劇が二度と起こることなく一羽でも多くのコウノトリが青く澄み渡る日本の空 [続きを読む]
  • 失われつつある日本人の心と季節感
  • 日本人は古き時代から四季を感じる心を大切にしてきた。日々の生活では季節に適応させる生活の知恵を編み出し大切な人には四季折々にお歳暮、年賀状、お中元などを届けてきた。ところが近年は季節感が薄れてきた。スーパーの店頭にはハウス栽培された四季の野菜が並び野菜から感じとる季節感と旬の感覚は失われつつある。日々の生活では住宅設備の技術向上と普及により四季を通し快適に暮らせる住環境が提供されるようになった。ま [続きを読む]
  • 梅花藻を見てきました
  • 梅の花に形が似て水温が低い清流にしか育たない水中花・梅花藻。梅花藻の咲く川として知られている米原市醒井地区を流れる地蔵川。その地蔵川では梅花藻が見頃となり今月はライトアップされていることを知り涼しさを求めて出かけてきました。暗闇の中に川面から可愛い顔をだしている梅花藻昼間とは違った幻想的な空間を楽しんできました。 [続きを読む]
  • 無茶な頑張り
  • 今日は朝から昨日やり残した植え込みの撤去作業に取りかかった。早朝より空には雲一つない真夏の青空が広がり体力が持つか年寄りの挑戦です。午前8時の時点で気温は29℃体感温度は間違いなく30℃を超えている。額から汗が流れ落ちる。命に関わる危険な暑さと熱中症に厳重な警戒が叫ばれているのに年寄りの無茶な頑張り、いや頑固さで作業は夕方に無事終了。昨日は県内で高齢者の方が熱中症で亡くなられている。『この暑いのに何も [続きを読む]
  • 熱った体に浸み込むビール
  • 言葉にしたくないけど・・・・暑い!!とてつもなく暑い!セミの鳴き声さえも暑い、暑い、暑い〜〜  に聞こえてくる。そんな暑い日が続くなか以前から考えていた作業に取り掛かった。それは小さな植え込みの撤去。一日もあれば撤去できるものと簡単に考えていたが・・・・この猛暑・・・・とてもとても体力が続かずギブアップ。するとタイミングよく妻の友人のご主人と愛犬サラちゃんがとりたての枝豆を持ってきて下さった。いただ [続きを読む]
  • 夏休みが無くなった
  • 明日から子どもたちが待ちに待った夏休み。強い日差しのなか終業式を終えて下校する子どもたちもどこか嬉しそう。夏休みは学校生活では得られないさまざまな体験をとおし楽しい思い出をつくる機会・・・子どもの特権ですね。実のところ私にもこの2年間夏休みがあった。2年前、リタイヤして1ヵ月程したころ知り合いの紹介で1日4時間の学校給食の配送業務に就いた。当然、春・夏・冬休みは学校給食がないので私も子どもたちと同じよ [続きを読む]