sofianohaha さん プロフィール

  •  
sofianohahaさん: 時を束ねて リボンをかけて
ハンドル名sofianohaha さん
ブログタイトル時を束ねて リボンをかけて
ブログURLhttps://sofianohaha.blog.fc2.com/
サイト紹介文5匹の猫を連れて、知り合いのいない田舎の町へ引っ越ししました。 猫たちと私の老々生活を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供187回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2016/07/02 16:14

sofianohaha さんのブログ記事

  • 庭に里芋があったのだ。
  • 里芋の苗を一個だけ植えたのはいつだろう?近所の畑に里芋の葉を見なくなったと思っていたが、やっと今日掘り起こした。園芸の本を見て、10月に掘り起こすと書いてあったのに、なぜか頭から抜けていた。庭の野菜は今、里芋の苗1本だけなのに。自分の家の里芋は、まるで観賞用だった。小さいけれどほったらかしにしていたわりにはできていた。苗の分の元はとれた。(これが大事)半分は冷凍にして、残り半分はがんもどきと小松菜と煮 [続きを読む]
  • 近所付き合いは自分の気持ち次第。
  • 昨日、庭にいた時に近所のご主人と息子さんが犬を連れて散歩していているのに出くわした。このワンコが、ものすごく私好みなのだ。雑種の中型犬で真っ黒で、かなりのビビりだから、散歩を嫌がってすぐに家に戻ろうとする。私を見て尻尾を振っているのを確認。だから腰を下ろしておいでおいでと合図すると、なんと私の顔に顔を近づけてきた。二人ともびっくりしている。誰の前でも近づかず逃げようとする犬だから。やっと私に慣れた [続きを読む]
  • 白菜漬けをつくってみた。
  • 漬物を付ける小さな樽と重しをセットで持っていた。一度だけ大根を漬けて大失敗をして、漬物を付けるということをやめた。だから引越した時に処分した。断捨離をしすぎてあとで失敗と思うものは多いのだけれど、これらは処分して後悔はしてない。隣からいただいた白菜1個は4分の1は一人鍋をして食べた。しかし残りは食べきれないので、白菜漬けを作ることにした。白菜漬けもスーパーで買うと高い。一応売っている白菜漬けの裏側に [続きを読む]
  • 血縁とは何か?
  • 今年、友達が遊びに来ることになっていて何しろ4時間もかかるので、昨年も来たのだから無理しないでほしいと思っていたら、スケジュールがいっぱいで結局来春になった。正直ほっとした。もうすっかり寒い。この時期に来られても、風邪をひかせて帰すようになる。布団だって、客用は1組しかないから娘と一緒なら、雑魚寝ができる夏がいい。というようなことを言って延期になって実はよかったと私は言った。彼女は今、知り合いの82歳 [続きを読む]
  • 白菜1個に頭を痛める。
  • 午後2時ころ、「いる?いるの?」という女性の声がした。そういう話しかけをする知り合いはいないので、私の家ではないと思っていた。しかし何度も聞こえるので、1階に降りていくと、なんと隣の奥さまが庭にいる。仰天。慌てた。今、外に出ますと言って、玄関から庭に行くと、庭の隅にビニール袋の入れられた白菜と柿が置かれていた。そういえば、午前中誰かが隣に来ていたことには気がついていた。玄関先で何か会話していたから。 [続きを読む]
  • 作り付けタンスの改造、完成。DIY。
  • やっと完成。階段を上ったところにあった作り付けタンスの改造。材料費厚さ1.9 幅 8.9  長さ180センチ ワンバイフォー 1×4 SPF材200円×7枚  1400円カット代      180円塗料代 こげ茶      950円失敗した空色  591円ウッドシール(すき間を埋めるシーリング?) 548円合計   3669円。白色の塗料は前に使った残り物。買い足したくなかったので、板の部分は水性だったから水でかなりうすめて使い切った。四 [続きを読む]
  • 気がつけば一人が好きという生活になっていた。
  • 録画していた10月31日分の「家ついて行ってイイですか?」を観た。人には人のそれぞれの人生ドラマがある。町ですれ違ったら、そんなことは思いもしないですれ違うだけだけど。78歳の上野でフグ料理店を営む男性。45年間夫婦で営んできた料理店。6月に11歳だったかな?年上の奥さんを亡くされたばかり。認知症だった。奥さんがお店にも出られなくなって徘徊をするようになって、施設に入れた。入居するときが1千万。入 [続きを読む]
  • そらいろ。
  • 壊したタンスの中に塗る色を、ホームセンターで探しているときに、「空色」と書かれているものを見つけた。空色だなんて。そらいろ。クレヨンだったかクレパスだったか忘れたが「そらいろ」とかあったなあ・・・となぜか懐かしくなった。「だいだいいろ」とか「みずいろ」とかあったと思い出した。そういう色の表現方法が、まだ続いているなんて。だいだいいろのだいだいなんて、食べものだなんて子供の時は知らなかった。今はWEB [続きを読む]
  • 思いがけない出費。
  • 掃除機が壊れた。ヘッドの部分が突然割れて落ちた。中の線が切れている。あ〜あ、ついに壊れたかという気持ち。時々止まっていたのは、この線が原因だったようだ。危ない、危ない。何しろ古い。紙パック式だし、10年以上使った。掃除機の底を見てみると、2006年製。12年も過ぎている。十分役目は果たしたが、新しい掃除機を買わなきゃならないということは、思いがけなくてショック。イタイ出費だ。掃除機のない生活をしようかと考 [続きを読む]
  • 狂い咲き。
  • 今日は暖かかった。不思議なことに、庭のしだれ桜が一輪咲いているのだ。前の家の持ち主が植えたものだから、私は特別大事にしていたわけではない。洗濯物を干すときに枝が伸びて邪魔だから、無造作に邪魔な部分を切ってしまったりして、かなり冷淡な扱いをしていた。「桜切るバカ梅切らぬバカ」という言葉があるのにそういうこともお構いなしだった。どうして咲いたのか。ちょっと狂ったのだろうか?狂い咲き?葉はすべて落ちたの [続きを読む]
  • 手こずっている。
  • オイル交換の時期だった。昨年の12月に車検を頼んだところで、ドアを開けるところに次回オイル交換とエレメント交換時期の走行距離のシールが貼ってくれていたので気がついた。オイル交換もその整備工場にお願いすることにしたのだが、もう私の顔も忘れているだろうから、直接行くのはためらいがあった。そもそもガス会社の担当者に紹介してもらったところだから、彼に頼んで一応予約を入れてもらうことにした。「昨年の12月に車検 [続きを読む]
  • 天気が悪いと気がそがれる。
  • 壊したタンスのベニヤ板にペンキを塗ろうと思ったのだが、昨日も今日も天気が悪くて、一気にやる気をなくしてしまった。派手な色にしようと思っていたのに、塗料を買いに行くのさえ、面倒になってしまった。ここまで天気に左右される人間だとは、自分で思わなかった。働いていた時は、どんなに天気が悪くても行かなければならないという思いで働いてきたけれど、すっかりそういう生活から離れて毎日が日曜になると、いい加減な性格 [続きを読む]
  • 作り付けのタンスを壊す。DIY.
  • 階段を上りきったところに、必要のない洋服ダンスが造り付けられている。立派なものではなく、たまたま空きスペースがあったから簡単に作ったという感じである。脚立や掃除機などを入れて置く場所として使っていたが、下の2段の引き出しの部分は使い道がない。ここの扉や引き出しを取っ払って、もう少し使いやすい物置として使いたいと思った。ここをどう改造するか考え中だが、一応扉と引き出しは外した。これをまた、直接ゴミ処 [続きを読む]
  • ファンヒーターを購入した。
  • ファンヒータが壊れた。春前、冬も終わるころになって、スイッチを入れると点火と同時にバンという大きな音がするようになった。ボンではなく、バーン。ついに壊れたと思った。何しろ古い。そのファンヒータの上に飛び乗って、その上にいるのが好きだった猫は平成22年に亡くなっている。もう8年前だ。購入したのはさらにその何年か前だから、10年を過ぎるまで使っていた。このところ寒くなって、新しいファンヒーターを購入し [続きを読む]
  • 検査結果を聞きに病院へ。
  • 昨日、先日受けた大腸内視鏡検査の結果を聞きに病院に行ってきた。車で1時間かけて病院へ。検査結果を聞いた時間は10分もかからない。支払いは3割負担で220円。今まで月に2度同じ病院に行ったことがないから、この安さにびっくりしてしまった。小さなポリープが2個あったが、小さいので取らなかったと。画像を見せてくれた。ポツンポツンと小さいポリープがあったという表現だったが、画像は拡大されているから小さいと言 [続きを読む]
  • 私はセコイ。
  • 久しぶりにガス会社の担当者が来た。検針で。この界隈の検針の女性を採用したのだが、3日でやめたそうだ。前は1日でやめた人もいる。だから、また彼が検針で回っている。「ちっとも顔を見せないで、孤独死していたらどうするのよ。」と言った。何しろ、車が置いてあって日中雨戸が全部閉まっていたら、死んでいるから警察に連絡するように頼んであるのだ。いやいや、いつ前を通っても、車がないですよ〜と言われてしまった。この [続きを読む]
  • ご近所さんの顔が覚えられない。
  • 家の周りは畑ばかりなのだが、連なってまとまっているわけではないがこの小さな集落に14世帯が住んでいる。そのうち、顔を知っている人は隣も含めて4人だけである。あとは顔は知らない。引越してきたときに挨拶回りはしたが、覚えていない。私は他人の顔を覚えられないのだ。だから近所の人とスーパーで会ったとしても、まず分からない。家の前は農道だけど、近所の人たちの車が通るし、散歩をする人も多い。前にガス会社の担当 [続きを読む]
  • 孤独死した家は事故物件と言われてしまうのだろうか?
  • 今年のお正月に、近所の60代の男性が孤独死をしていた。その後、その家は売家ではなく、売地の看板が塀に貼られていた。その家を購入した人がいる。たまたま偶然、車でその家の前を通ったときに、不動産屋さんらしき人と年配のご夫婦が家を案内されているのを見たことがあった。売地だったから、その家は解体して土地だけを売るのだなと思っていたが、家ごと購入したようだ。私の庭から、その家は半分くらいしか見えないが、何日 [続きを読む]
  • 花壇を作った。
  • 土地が狭いから、玄関から門までのアプローチは長くはないが、飛び石が置いてあって、玉砂利が敷かれている。そのアプローチの隣はコンクリートの駐車場。考えてみれば門を出て外に出るということをしたことがない。郵便配達の人や宅配便の人も門は使わない。駐車場から直接玄関に来る。駐車場と道路の間には塀はないし、ポールがあってチェーンが繋がれているが、簡単にまたぐことができる。いちいち門を開けるよりも、そっちのほ [続きを読む]
  • 安上がりな私の遊び。
  • これは壁の中の柱の場所を知る機械。壁に押し付けて横に動かすと、柱の端を知らせる。左から右へ。右から左へ。そうすると柱の位置が分かる。そこにビスを打ち付けるようにしている。電線とかが入っていると、警告音が鳴るからその場所を避ける。前の家の持ち主に、家の図面がほしいと言ったのだが、渡してくれなかった。壁は厚いとは思われないので、この機械は必需品。そうやって、猫部屋と自分の部屋に愛猫の写真を飾っているの [続きを読む]
  • 食欲がない。
  • 私にしては珍しく食欲がない。今日の夕飯はこれ。あっさり少なめカップ○ードルとゆで卵2個。(笑)番宣が流れるのを見ると、ご長寿さんの食事内容を取り上げる番組が多い。私は観ない。そういう人たちからみれば、私の食事は笑われるかもしれない。食欲がないときは、食べないという選択はしないで、その時に口に入るだろうと思うものを食べる。これがひとり暮らしのいいところ。誰かのために食事の用意をするということをしなくて [続きを読む]
  • スーパーで。
  • 今日スーパーに行った。それだけの話なのだが、スーパーが目的ではなく、薬局に目薬を買いに行って、その帰りにスーパーを覗いたという感じだ。早い時間だったせいか、レジが3つしか開いてなくて、どこも7、.8人並んでいた。私が最後尾で並んだ時に、「お店の人いないのかしら。こんなに並んでいるのに」という声がして、振り向くと女性が立っていて、私にかけた言葉だと笑顔を向けられたので分かった。「そうですね。3か所しか開 [続きを読む]
  • バイオレットウェーブがやっと咲いた。
  • 前の家の持ち主が庭に植えていったもので、一番のお気に入りがこれ。ムクゲ 紫玉(シギョク) バイオレットウェーブ咲いているのを今日見つけた。2,3個だけれど。(笑)引っ越してきたときは6月か7月に咲いたような気がしたが・・・。時季外れという気もしないわけではないが、咲いてくれたのが嬉しい。初めて見た時はたくさん花をつけたから、紫という色がこんなに綺麗なのかと紫色が大好きになった。何しろ花の名前も木の名前も [続きを読む]
  • 一人暮らしですもの。
  • 2年前の2月。大腸の内視鏡検査を、個人病院で受けた。なぜ受けたかというと血便が出たからだ。その時にポリープが見つかって、一部分を病理検査にかけると、良性だが成長するポリープということだった。(正式名は忘れた)大きくなると腹を切らなきゃいけなくなるから、今のうちに取ったほうがいいと先生にも看護師さんたちにもさんざん言われ、大きな病院に紹介状を書いてもらった。大きな病院の先生の見解は、今すぐ取らなきゃな [続きを読む]
  • 安普請の家なので。
  • 朝から風もなく雨も降らず、1日中曇ってはいたが、台風が近づくという感じはしなかった。だから窓はすべて開けていた。ここは静かで隣は90過ぎている夫婦だし、逆の隣は別荘使用。後ろは休耕田で道路を挟んだ前は畑。だから猫たちに声をあげても別に迷惑はかけないと思っている。だけど、静かな分、外での話声は結構聞こえる。隣に野菜を届けてくれた人が来て、その会話は、玄関口で話していたからすべて聞こえた。家の中にいても [続きを読む]