平塚市の堀口塾長 さん プロフィール

  •  
平塚市の堀口塾長さん: 一万人指導の塾長がこれからの教育をマジで語るブログ
ハンドル名平塚市の堀口塾長 さん
ブログタイトル一万人指導の塾長がこれからの教育をマジで語るブログ
ブログURLhttp://hgjuku.blog.jp/
サイト紹介文大手予備校や私立トップ校のプロ講師として一万人を指導し多数難関校の合格に導いた塾長のブログ
自由文プロ講師が徹底した個別指導!平塚市八重咲町の堀口塾はJR平塚駅前にある小・中学生対象の個別指導塾です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供267回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2016/07/03 09:02

平塚市の堀口塾長 さんのブログ記事

  • 小学4年生・5年生の生徒さん大募集の理由
  • 小学4年生・5年生の生徒さん大募集!なんて記事をホームページのブログに載せました。もちろん中学生のやる気のある子にもぜひ来て欲しいわけですが、なぜ、そのようなことを書くのか?といいますと、小学生のうちにしっかりと学習習慣をつけて欲しい、そして、学習習慣をつけるのには今がベストタイミングだからです!小学生の時に何もしないで、子供が中学生になってから、勉強ができない、と嘆く親が山のようにいます。そうな [続きを読む]
  • 子供の成績不振の一番の原因は親にあり
  • 子供の成績不振を悩む保護者は非常に多いと思います。なぜ成績が上がらないのか?子供が勉強しないから・・という風に簡単に子供が原因であるとしてしまうものですが、実はその前に、親に原因があるケースが多いです。勉強に一番大事なモチベーションを子供から奪ってしまっている場合がとても多いです。しかも、親自身がそれに気づいていないのが最悪なことです。続きを読む [続きを読む]
  • 志望校は偏差値よりも行きたいかどうかで決める
  • 子供の学校選びというものは難しいものですが、与えられた時間を子供が楽しく過ごすためには、“偏差値で入れる高校を決めるよりも行きたい学校をまず探せ!”ということが大切です。偏差値で行ける学校を決めるよりも、その子が楽しく過ごせて、その子に合った学校、つまり本人が本当に行きたい!と思う学校を見つけるのが先です。それが決まったら合格に向かって挑戦!公立とか私立とかに関わらずです。続きを読む [続きを読む]
  • 子育てと夫婦のバランス
  • 言っても言っても子供はなかなか勉強に集中しないものです。子供は子供の人生ですから親とは違います。だから親がどうこう言いすぎるべきではない部分もあります。親ができたからと言って子供が同じようにできるわけではないし、自分ができなかったことを子供に押し付けることもおかしいわけです。だからと言って何も言わないで放置するのもいけません。難しいことでもあります。親の価値観を一方的に子供に押し付けるということht [続きを読む]
  • 子供の今は今しかない。だから子育てを楽しみましょう。
  • 先日、何を思ったのか子供から「ねぇ、私たち子供がいてよかった?」と聞かれました。もちろん「よかったよ」と答えました。そんな質問をするものだから・・もし子供がいなかったら家の中はどうなんだろう?と考えてしまいました。うるさくても、叱っても、言うことを聞かなくても・・やっぱり、いた方が全然良いに決まってます。さて、ポカポカ陽気の土曜日に、相模原市の小山公園のグランドまで子供のサッカーの試合の応援に行っ [続きを読む]
  • 入試でも一番好きなことは続けよう
  • 一番好きなことは入試前であっても続けて欲しいと思います。これが勉強の調子を保つ秘訣でもあります。確かに入試前jは勉強する時間をしっかり確保しなければなりません。しかし、本人の知らない間にストレスも溜まるものです。そういう時に気分転換は必要です。この気分転換はやはり一番好きなことをすることです。中学受験の勉強は楽しく家族との時間を大切にhttp://hgjuku.blog.jp/archives/24616505.html家族で出かけるなら子 [続きを読む]
  • 生徒を叱れない今の学校の先生たち
  • 今の時代、学校の先生は生徒をなかなか叱れなくて大変だと思います。私は単純に「叱ればいいのに」と思います。子供が悪いことをして叱らない事自体おかしな事ですよ。だから学級崩壊が起きるわけです。学校教育は麻痺してしまっているのです。以前、授業参観に行った時も後ろで生徒がペチャクチャ喋っているのに先生は全く叱れない・・私が代わりに叱ろうか?と思ったくらいです。学校教師の使命とは?http://hgjuku.blog.jp/arch [続きを読む]
  • 苦手な国語を克服して100点!!
  • 最近、小学生の生徒さんたちから100点報告をたくさんいただいています。5連続100点という生徒さんもいます。苦手な国語も克服して100点を取ったり、惜しくも99点であったりで、みなそれぞれ頑張っています。では苦手な国語をどうやって克服したのでしょうか?続きを読む [続きを読む]
  • 10月の人気記事ベスト20ランキング
  • 10月の人気記事ベスト20ランキングです。まずは11〜20位です。11.2018-10-07 平塚『のりさん』で個人塾の塾長さんたちとのミーティング12.2016-09-07 平塚中等教育学校はこの学校に合う生徒だけが受験して下さい13.2018-09-10 平塚中等適性検査のグループ活動対策14.2017-10-27 平塚中等の文化祭に行って思ったこと15.2016-06-27 平塚中等教育学校に合格するために大手塾通いは本当に必要なのか?16.2018-10-17 小学 [続きを読む]
  • 公立中高一貫校のお金に関する入試問題、解けますか?
  • 前に主要4教科以外にも大切な教科があるという内容の記事を書きました。平成24年度の平塚中等教育学校の適性検査で為替の問題が出題されています。ざるそば、冷麺、ハンバーガー、チョリパンなど、海外の食べ物が現地通貨でいくらなのか?また、それをドルに直すといくらなのか?という問題です。為替は常に変動するということも問題では聞かれています。平塚中等受験の塾選び、大手塾と個人塾どちらを選びますか?http://hgjuku. [続きを読む]
  • 心温まるお父様との三者面談
  • 今ちょうど保護者様との三者面談を行っていまして、そこで色々とお話を聞き、私なりの見通しやこれからどのように指導を進めていくか、また勉強に取り組んでいくか、などをお話しています。先日、私は、お父様がいらっしゃった三者面談でお子様のことについて、失礼になるかもしれないとは思いつつ、「あること」について言わせていただきました。続きを読む [続きを読む]
  • 塾長のぶらり一人旅〜渋谷編
  • 塾長のぶらり一人旅ということで箱根編を書きましたが、今回は渋谷編です。一人旅とは言っても、渋谷ですから、湘南新宿ライン乗ればすぐに着きますので、まあそんなに遠くはないと思いますが、一応旅とうことで。旅と書くと平塚から都内までそんな遠いのか?ということになりますがそんなことはありません。続きを読む [続きを読む]
  • 平塚中等の適性検査で合否を左右する大事な教科とは?
  • 平塚中等の過去問を解いていていつも思うことは、よくこのような問題を作るなぁ、ということです。算数、国語、理科、社会の壁を取っ払って問題が作られるので、自由で面白い問題も作れます。ただ計算するだけでなく実生活の中で普段の勉強と関係する問題が出ます。私も高校でそのような問題を作ったことがありますが、学校の勉強をしっかり理解した子供たちの総合的な学力を診るためには、そのようなテストが理想です。続きを読む [続きを読む]
  • 流星群に思いをはせて
  • 11月17日〜18日にかけてしし座流星群が見えるということで、午後10時ごろ夜空を眺めましたが雲が多く、見れないかなぁ〜と思いましたが、夜1時ごろベランダから夜空を眺めると雲がなくなっていました。チャンス!とばかりにベランダから夜空を眺めました。続きを読む [続きを読む]
  • ゲームが子供たちから奪うもの
  • 子供にゲームを買ってあげるご家庭がほとんどだと思いますが、私は正直ゲームに反対です。今のゲームはVR(ヴァーチャルリアリティ)ゲームなどリアリティに富むもあり、子供が興味を惹くような仕掛けがされています。テクノロジーに関係している方の著書の中では、ゲームを否定せず、触れず、で書かれています。しかし、子供たちに接する立場である私は、ゲームの存在を無視するわけにはいきません。アップル創設者が子供にiPhone [続きを読む]
  • 内申点が決まった後、高校受験で大切なこと
  • 中学3年生は入試の内申点に関係する全定期テストが終わり、学校側では内申点もすでに出ているという時期になりました。受検生はこの内申点を基準に志望校を決めていき、合格に向かい勉強を進めます。高校受験での志望校の決め方と大手塾のアドバイスの注意点http://hgjuku.blog.jp/archives/8379798.html内申点はある意味土台みたいなものですが、あとは模擬試験などで問題を解く実力がどのくらい伸びるのか?ということが大切にな [続きを読む]
  • 子供の態度が悪いのは子供を叱れない親が原因
  • 反抗期でもなんでも、態度や素行が悪いのは誰のせいかと言われると、やはり家庭のせい、親のせいです。親が甘いからです。結局、大事な時に叱れないからです。いつも叱ればいいというもんではありません。これだけはいけない、これだけはやってはいけない、ということが生活の中であるでしょう。親は絶対にそこを見逃さないことです。続きを読む [続きを読む]