みやわっきー さん プロフィール

  •  
みやわっきーさん: みやわっきーの太極拳ブログ
ハンドル名みやわっきー さん
ブログタイトルみやわっきーの太極拳ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/tai-chi-ace/
サイト紹介文みやわっきーが太極拳をやっている中で感じたことを毎日1件書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供328回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2016/07/03 19:40

みやわっきー さんのブログ記事

  • №0967_かかりっきり
  • №0967_かかりっきり金曜日は小阪カルチャースクール(8月10日)9月の審査会を受審される方にかかりっきりになってしまう。9月23日の審査会をめざして頑張っている二人を見ていると、しっかり教えたくなり、ついかかりっきりになってしまう。残りの人はなにしているかというと、太極拳を自習をしたり、腹筋運動をしていたり。そちらにも、目を向けたいとも思うけど、スーパーマンじゃないからなあ東大阪市にある小阪カルチャー [続きを読む]
  • №0966_歩きながら読書
  • №0966_歩きながら読書数年前に、中国の洛陽に行ったとき。ホテルのとなりに大学があって、毎朝、散歩にいくと、そこの大学生が公園で勉強をしていた。どんな風にしているかというと、本を両手でもち目線の高さに持ち上げ、歩きながら読んでいた。黙読している人、読み上げながら読んでいる人。あれ、それ辞書だよなあ。そんな重たい本もそんな高さに持ち上げるのは大変だろうなあ。でも、理には適っていそうだ。すこし運動をしな [続きを読む]
  • №0964_星の王子さま
  • №0964_星の王子さま今月の100分de名著はforティーンズ『星の王子さま』『ソロモンの指環』『走れメロス』『百人一首』第一夜は『星の王子さま』あれ、こんな話だったかなあ。6つの星を巡って、7つ目の星が地球地球から自分の星に帰るときには、肉体を置いていく。なんだろう、輪廻のようなものを感じるなあ。何回も生まれ変わる。いちど、読んでみようかなNHK100分de名著http://www.nhk.or.jp/meicho/index.html にほん [続きを読む]
  • №0963_修羅場経験
  • №0963_修羅場経験伊東乾著『しなやかに心をつよくする音楽家の27の方法』晶文社最後の方に、修羅場経験が出てきます。コンサートマスターや指揮者を育成しようとすると修羅場経験が必要。教科書を作って教えるだけでは、コンサートマスターにも指揮者にもなれない。会社の経営者や管理職も同じそれなりのカリキュラムでやるべきことは教えられても、それだけで、経営者や管理職にはなれない。ぜひとも修羅場をくぐってもらわな [続きを読む]
  • №0962_スティーブ・ジョブズ3
  • №0962_スティーブ・ジョブズ3ヤマザキマリ著ウォルター・アイザックソン原作『スティーブ・ジョブズ3』講談社「洗練を突き詰めると簡潔になる」ゴテゴテしたものより、スッキリしたものの方がよい。見た目、触り心地が惚れ惚れする。そして、十分な機能がある。そんなものに、惹かれるなあ。前回記事№0961_スティーブ・ジョブズ2https://ameblo.jp/tai-chi-ace/entry-12396022678.html№0941_スティーブ・ジョブズ1https:// [続きを読む]
  • №0960_覚えられない
  • №0960_覚えられない毎週土曜日は、よみうり天満橋(8月4日)太極拳は、覚えにくい。右手、左手、右足、左足、体重移動、上体をひねるいろいろな動きをしないといけない。手の動きに目を奪われている間に、足が動いている。全体的にどんな動きをしているかを知ることも大事だけど、一つ一つの動きを見て覚えることも必要。少しずつ分解して覚えてもらうのが一番だが、下から順番に覚えた方が良い。足、腰、上体、手、目線なかなか [続きを読む]
  • №0959_ぎっくり腰
  • №0959_ぎっくり腰金曜日は小阪カルチャースクール(8月3日)ぎっくり腰に太極拳は効くかもちろん、効きます。太極拳をやれば、足腰の筋肉も発達してくるし、ずっとストレッチをしているようなものなので、ぎっくり腰にも良い。しかし、さらに筋肉でコルセットを作った方がよい。腹筋と背筋を鍛えて、コルセットにして、しっかり背骨を支えてあげる。こうすると、ぎっくり腰の予防にもなるし、姿勢も良くなる。腹筋と背筋を鍛える [続きを読む]
  • №0958_那須与一
  • №0958_那須与一伊東乾著『しなやかに心をつよくする音楽家の27の方法』晶文社さらに読み進めると、那須与一が出てきます。平家物語のクライマックスの一つ屋島の戦いで、那須与一が船上の扇を矢で射貫く。ゆらゆら揺れているであろう扇。風も吹いているでしょう。いくら、腕に覚えがあると言っても、相当緊張しているはず。失敗したら、笑いものになるだけでなく、本人は切腹でしょうし、家族も生きていけないでしょう。的を外 [続きを読む]
  • №0957_自分先生
  • №0957_自分先生伊東乾著『しなやかに心をつよくする音楽家の27の方法』晶文社読み進めると、自分先生という言葉が出てきます。自分を導いてくれる先生。それを外に求めるのではなく、自分でする。自分の先生を自分でする。自分自身を自分自身が導く。学校で習うことや、企業ないの研修では、先生に教えてもらうことが普通。それで過ごしてきた。やりたいことをやれる自分になるためには、自分先生がいないと、なりたい自分にな [続きを読む]
  • №0956_しなやかに心をつよくする音楽家の27の方法
  • №0956_しなやかに心をつよくする音楽家の27の方法伊東乾著『しなやかに心をつよくする音楽家の27の方法』晶文社図書館で借りてきました。フェースブックで『人口減少社会の未来学』が紹介されていて、平川克美って結構気になる本をだしているなあ。晶文社の犀の教室シリーズって面白そう犀の教室シリーズのひとつが『しなやかに心をつよくする音楽家の27の方法』です。という感じで見つけました。音楽家も運動する。それは [続きを読む]
  • №0955_暑熱順化
  • №0955_暑熱順化毎日暑い日が続くので、テレビのニュースや天気予報で、水分補給・塩分補給とともに、冷房の利用を呼び掛けている。しかし、24時間連続で冷房を付けた部屋に、何日もいるとこれも身体が不調になる。春から初夏そして盛夏になるにつれて、気温が上がる。この気温の変化を受けて、上手に汗をかいて体温をさげる身体になっていく。これが暑熱順化しかし、外気温が上がるより、暑熱順化は遅れるもの。外気温が一気に [続きを読む]
  • №0954_バカになる
  • №0954_バカになるNHKドラマ「バカボンのパパよりバカなパパ」その最終回の最後に、「バカになるのは、裸の自分になること、世間の常識に流されず、自分がやりたいことをやれ」といった言葉がありました。世の中には、常識がある。その常識にのっとっていれば安心。しかし、一昔前の常識は、現在の非常識になることも多い。太陽が地球を回っているという常識は、今では通用しない。地球の方が動いている。ガリレオ・ガリレイも [続きを読む]
  • №0953_壁を越える
  • №0953_壁を越える腕立て伏せ、腹筋、スクワット17日火曜日:12回、10回、21回18日水曜日:10回、6回、20回19日木曜日:お休み20日金曜日:8回、10回、24回21日土曜日:10回、6回、28回22日日曜日:12回、10回、32回23日月曜日:8回、12回、36回24日火曜日:10回、6回、40回25日水曜日:お休み26日木曜日:12回、―、―27日金曜日:―、10回、44回28日土曜日:お休み29日日曜日:14回、12回、48回腹筋は、苦しくなったら、8回に戻 [続きを読む]
  • №0952_個人授業
  • №0952_個人授業毎週土曜日は、よみうり天満橋(7月28日)私が太極拳をはじめたのは、7月。ほぼ同時に入会した人が二人いたので、いつも3人で練習していた。先生から説明聞くのも3人、自習するのも3人。3人でだべることも楽しめる。そうしている間に、3人で勝手に判断してしまうこともある。数カ月後に違うことが判明することも。同時期に入会する人がいなかった人は、個人授業になる。先生からの説明聞くのも1人、自習す [続きを読む]
  • №0951_成長を感じる
  • №0951_成長を感じる金曜日は小阪カルチャースクール(7月27日)9月に審査会を控えた二人。目標ができたからか、成長目覚ましい。例えば、二人で腕を手首のところで合わせたまま動かしながら、前後に歩く。この前まで、その場に立ち止まっていてもなかなかうまくできなかったのに、歩くという作業を足してもできている。方向を転換するのも、合図を二人で決めて、こなしている。成長しているなあ(^^)/東大阪市にある小阪カルチャ [続きを読む]
  • №0950_熱中症予防
  • №0950_熱中症予防熱中症の予防って、水分補給・塩分補給・クーラーの使用・日傘・帽子の利用ぐらいかなと思っていたけど、もっといろいろあるらしい。環境省 「熱中症環境保健マニュアル 2018」http://www.wbgt.env.go.jp/heatillness_manual.phpのⅢ項「熱中症を防ぐためには」には・日常生活での注意事項・高齢者と子どもの注意事項・運動・スポーツ活動時の注意事項・夏季イベントにおける熱中症対策・労働環境での注意事項 [続きを読む]
  • №0949_ホルミシス3
  • №0949_ホルミシス3筋肉を強くするのは結構大変だが、使わなくなるとすぐに、弱くなる。少しずつ負荷を高くしていく、適度に休ませる。これを続けて、筋肉を強くしても、1週間も休ませると弱くなってしまう。太くなっていた筋肉が細くなり、パワーも出なくなってしまう。お金なら、貯金すれば増え、引き出せば減る筋肉は、使えば増え、使わなくなると減る。出し惜しみをすると、損をしてしまう。前回記事№0948_ホルミシス2htt [続きを読む]
  • №0948_ホルミシス2
  • №0948_ホルミシス2ホルミシスを利用して筋肉を強くするには休ませる必要がある。筋肉を傷つけ、その傷が癒えるまえに、負荷をかけてしまうと筋肉が痛んだまま。強くならない。なので、毎日筋トレをするよりは、2〜3日間を開けて、筋トレをする方が、筋力アップにはつながる。しっかり休めて、傷が癒えて、強くなったところで筋力トレーニングの負荷をかけると、さらに強くなります。前回記事№0947_ホルミシスhttps://ameblo. [続きを読む]
  • №0947_ホルミシス
  • №0947_ホルミシス恒常性機能はホメオスタシス体温や血糖値を一定に保とうとする働きがホメオスタシス筋トレで少し高い付加をかけて、筋肉を傷つける。その傷がいえる過程で、筋肉が強くなる。元に戻すのではなく、強くなる。良くなる。これがホルミシスじん帯が切れてしまうほどの高負荷をかけてしまうと、じん帯が修復するまでの間、動かせないので筋力が落ちてしまう。少しずつ、負荷を増やしていくのが必要。前回記事№0852_ [続きを読む]
  • №0946_熱中症対処
  • №0946_熱中症対処熱中症にかかってしまったらどうするか。私の経験だと、早めにポカリスエットを飲む。しかし、軽症の時はこれでもいいが、重症になると、救急車が必要。環境省 熱中症予防情報サイト 熱中症対応方法(応急処置)のページhttp://www.wbgt.env.go.jp/heatillness_checksheet.phpまわりに、熱中症の疑いがある人がいたときは、チェック1 熱中症症状があるか (めまい、失神、筋肉痛、筋肉の硬直、大量の発汗、 [続きを読む]
  • №0945_やりきる
  • №0945_やりきる毎週土曜日は、よみうり天満橋(7月21日)審査会はどんなことをするのか。と生徒さんから質問。失敗したら不合格。時間を越えたら不合格。カンニングしたら不合格。どんどん、妄想がふくらんでいる。いやいやそんなことはないです。間違ってても、遅くても早くても、カンニングしてもオーケー。最後まで「やりきれ」ばオーケー。審査会は、いつもの教室とは違う場所他の教室の生徒さん、見慣れない先生たち、宗家 [続きを読む]
  • №0944_先を見せる
  • №0944_先を見せる金曜日は小阪カルチャースクール(7月20日)太極拳をはじめたばかりの人に、太極拳をやり続けるとどうなるのかの説明。なかなか難しいなあ。自転車に乗れない人が、自転車に乗る練習をしているとき。こんなにいいことがあるという説明をするのと同じ。歩くより早く行ける。走るよりも早く行ける。歩くよりも遠くに行ける。説明は正しいけど、受け取る人にとっては、実感としてつかめないことが多い。サイクリング [続きを読む]
  • №0943_熱中症の症状
  • №0943_熱中症の症状暑い日が続きますね。テレビニュース番組でもトップで報道をしています。水分の補給や塩分の補給そして冷房を使いましょうさて、熱中症の症状はというと消防庁の熱中症情報ページの熱中症対策リーフレット(PDF4ページ)より抜粋すると1.軽度・めまい・立ちくらみ・こむら返り・手足のしびれ2.中度・頭痛・吐き気・吐いた・体がだるい・集中力や判断力の低下3.重度・意識障害(受答えや会話がおかしい) [続きを読む]