にいがた経済新聞 さん プロフィール

  •  
にいがた経済新聞さん: にいがた経済新聞
ハンドル名にいがた経済新聞 さん
ブログタイトルにいがた経済新聞
ブログURLhttps://www.niikei.jp
サイト紹介文新潟経済の月刊情報誌「にいがた経済新聞」を10月に創刊。ブログやSNSでも日々情報を発信中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供308回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2016/07/03 20:02

にいがた経済新聞 さんのブログ記事

  • ブルボン、東海4県で「ルマンドアイス」の販売を開始
  •  株式会社ブルボン(柏崎市、吉田康代表取締役)は9月11日から、愛知県、岐阜県、三重県および静岡県で「ルマンドアイス」の販売を始める。  昨夏に新潟県および北陸3県(富山県、石川県、福井県)で販売を開始した「ルマンドアイス」は、その後、甲信地域、九州地域へ順次販売エリアを拡大してきた。  この度の東海4県での販売開始より、新潟県、富山県、石川県、福井県、長 [続きを読む]
  • レジエのピルケース、Apple Watchと同レベルの耐水性能を確認
  • チタンアクセサリーなどを製造・販売するレジエ株式会社(三条市、浅野良二郎代表取締役社長)は、自社で製造販売する純チタン製のピルケース(全種類)で耐水性能試験を実施し、Apple Watchと同レベルの耐水性能があることを実証した。 実証は、安全性と価値を高めることを目的に実施した。IEC規格60529にもとづくIPX7等級の耐水性能試験で、試験方法はピルケースを一時的(30分)に一定水 [続きを読む]
  • 阿賀野市の農家が結集し、野菜の新ブランド
  • 有機農業の米と野菜作りに取り組む(有)ささかみやまびこ農産(阿賀野市)が中心となり、野菜の新ブランド『あがのこよみやさい「はたけの座」』を立ち上げた。飲食店への出荷に特化し、阿賀野市で採れる野菜を月替わりで楽しむことができる野菜ブランド。21日に、お披露目を兼ねた誕生記念祭を、瓢湖屋敷の杜ブルワリーで開催した。 地元食材を使いたいという飲食店が多い一方で、同市の [続きを読む]
  • 南蛮海老ソフトクリームが登場
  •  (株)雪国リゾートインフォメーション(南魚沼市、阿部淳代表取締役)は、同社が運営する観光物産施設「雪国観光センター 魚野の里」にて、「南蛮えび煎餅」と「南蛮えびの味噌汁の素」と「えび2尾」をトッピングしたソフトクリーム「南蛮海老ソフトクリーム」の販売を始めた。1個350円。 新潟の名物笹団子をモチーフにした「元祖笹団子ソフトクリーム」、いなごの甘露煮をトッピン [続きを読む]
  • 新潟市中央区役所新庁舎が開庁
  •  新潟市は中心市街地活性化施策の一環として、これまで新潟市役所本庁舎内に置かれていた中央区役所を同市中央区のNEXT21(2階から5階)に移転し、14日に開庁式を行った。  篠田昭市長は冒頭の式辞で、「便利な中央区役所がこの場所に開設されることによって、人の流れができることを期待したい。各拠点を公共交通で結びより住みやすい街になるとともに、まちなかへの回帰を促し [続きを読む]
  • 女性リーダー養成講座が新潟市で開催
  •  新潟県がグローカルマーケティング(新潟市・今井進太郎社長)へ業務委託する「働く女性のキャリア形成支援事業」の一環として、全3回にわたる女性リーダー養成講座が新潟市の技術士センタービル1で開催されている。  既に第1回が8月9日に開催され、第2回は8月21日、第3回は9月26日に開かれる予定。 第二次安倍内閣発足以来、「女性活躍」の場がますますクローズアッ [続きを読む]
  • 新潟中央高校の放送部のメンバーが三角だるまを取材
  • 県立新潟中央高校の放送部のメンバー(広川真見さん、田口眞希さん、小野ひかるさん)が7日、新潟を代表する伝統民芸品・三角だるまを製造する「今井人形や」(阿賀野市)を訪問し、三角だるまの製造工程などを取材した。 株式会社ハリカ水原店と五泉店の今井一志社長が設立した株式会社WIN−WINが運営する阿賀野市の物販・観光PRサイト「ごずっちょねっと」を見て、三角だるまに興味を [続きを読む]
  • 一正蒲鉾が女性向けの「プレゼントキャンペーン」を実施中
  • 全国に1104人(6月現在)の女性社員が働く蒲鉾メーカー「一正蒲鉾」は、忙しい女性を対象に、「新潟発 目指せキレイ!プレゼントキャンペーン」を実施している。9月30日まで。 期間中に、「ハトムギCRDエキス+舞茸エキス」(30日分、150粒)を注文すると、初回限定で購入価格が980円(通常3900円)になるほか、旅行ギフト券などが当たるプレゼントキャンペーンに申し込むことができ [続きを読む]
  • 第2回新潟空港アクセス協議会が8日に開催
  • 県は8月8日に、行政、経済界、交通事業者のトップが集まり、新潟空港へのアクセス改善の在り方を検討する「第2回新潟空港アクセス協議会」を開催する。 先月閉会した「県議会6月定例会」の議論を踏まえ、意見交換する。 具体的には ・空港アクセスの改善の目的(県民にとっての利便性の高い地方空港、首都圏なども視野に入れた拠点性の向上) ・空港アクセス改善の [続きを読む]
  • 新潟県倫理法人会 下越北準倫理法人会の開設式典が開催
  • 新潟県倫理法人会 下越北準倫理法人会の開設式典が24日、瀬波温泉「大観荘せなみの湯」で開催された。 県内27カ所目の倫理法人会で、県内で唯一空白区だった県北地域に開設された。 会員数は50社で、会長にはカネダイ川崎商店の川崎久氏が、専任幹事には加藤組の加藤善典氏がそれぞれ就いた。 今後は、毎週火曜日に村上商工会議所にてモーニングセミナーを開催していくほか、会と [続きを読む]
  • 「『くろさき茶豆』GI登録記念生産者大会」が開催
  • 新潟市黒崎地区茶豆組合協議会(篠原辰男会長)と、越後中央農業協同組合(堀金治代表理事)は24日、新潟ふるさと村で、「『くろさき茶豆』GI登録記念生産者大会」を開催した。くろさき茶豆が、今年4月21日に国の地理的表示(GI)保護制度に登録されたことを記念し開催した。 来賓の挨拶に立った新潟市の篠田昭市長は、 「新潟には米、酒、日本海の幸など美味しいものがある [続きを読む]
  • 上越市で町家を再生する取り組みが活発化
  • 上越市で、市内中心部にある町家を再生し、街中の賑わいにつなげていこうという取り組みが活発化している。 ■シェアハウス大町(下写真) この春、大町3丁目に、学生向けをシェアハウスが完成した。  築105年の木造2階建ての町家を、「和モダン」な住宅にリノベーションしたもので、延床面積は194・5平方メートル。それまで塞がれていた吹き抜けを再現したほか、共用スペース、リビ [続きを読む]
  • 今年9月、佐渡の竹で作られた竹灯篭が東京の夜空を彩る
  • 大正大学(東京都豊島区、大塚伸夫学長)は、9月22日に「光とことばのフェスティバル2017〜ひらく〜」を開催する。8回目となる今年は、およそ5000基を超える竹灯篭と竹灯りのドームが初秋の夜を彩る予定だが、その竹には、安い筍の輸入の影響などで、竹の伐採量が減量し竹林の荒廃問題を抱える佐渡島岩首地区の竹が使用されている。   同イベントは、同大学の表現学部1年の学生が企画・運 [続きを読む]
  • リージャスが全国77拠点のワークスペースを無料開放
  • 世界100カ国以上、1000都市を超える地域で、レンタルオフィスを提供するリージャス・グループ(日本法人:東京都新宿区)は、19日から25日まで、同社が提供するワークスペースを無料開放する「テレワーク・デイキャンペーン」を実施している。 キャンペーン期間中は、キャンペーンサイトから事前予約すると、期間中、同拠点のワークスペースを無料で利用できる。 対象は、 [続きを読む]