medicalinfo さん プロフィール

  •  
medicalinfoさん: 製薬・医療医薬リファレンス
ハンドル名medicalinfo さん
ブログタイトル製薬・医療医薬リファレンス
ブログURLhttp://medicalinfo.livedoor.biz/
サイト紹介文製薬業界に携わるMRや新人さん、関連SE、コンサルタントの卵の方には役に立つ情報があると思います。
自由文製薬業をターゲットにした情報サイトはそれほど多くありませんので、 浅く広く独特な用語や役立つ知識を紹介しようと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/07/03 22:44

medicalinfo さんのブログ記事

  • 米国の医薬品市場動向(その2)
  • 米国のハイテク医療ITによって医薬品業界・ヘルスケア業界に革新が起こっている。ITやデジタル化が医薬品業界やヘルスケアにおいて与える影響では以下の6つのトレンドがある。1.患者とのコミュニケーションの円滑化 日本でもそうですが、医薬品メーカーをはじめとするヘルスケアのプレイヤーが患者にリーチする方法を模索するのがトレンドのようです。2.医薬品だけではなくサービスを提供 医薬品のマーケティングやプロモー [続きを読む]
  • 米国の医薬品市場動向(その1)
  • 日本貿易振興機構(ジェトロ)が2018年3月にまとめている「米国における医療関連市場動向調査」に米国の市場やデジタルヘルス・モバイルヘルスの最新動向、スマートホスピタル、遠隔診断などの動向がまとめられていたので紹介します。https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Reports/02/2018/2d86e22aeac9d7dd/rp_us.pdf■米国内の医薬品市場規模 ・米国では最も競争力の高い産業と位置付けられている。 ・2016年でグローバルでは8 [続きを読む]
  • データから見るヘルスケア産業
  • 厚生労働省や経済産業省からヘルスケア産業や社会保障費の未来についての統計データが公開されていたりしますので、それらのデータから未来の日本についてのまとめをしたいと思います。平成30年4月18日に経済産業省 次世代ヘルスケア産業協議会から公開されている「アクションプラン2017」の進捗についてという資料が大変参考になります。http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/shoujo/jisedai_healthcare/pdf/007_03_0 [続きを読む]
  • 医療情報技師とは
  • 医療情報技師という資格をご存知でしょうか?一般社団法人 日本医療情報学会医療情報技師育成部会が専門家人材を育成する目的で医療情報技師という資格の認定事業を行っています。詳しくは、http://jami.jp/jadite/new/first/info-f.html受験科目は、以下の3つです。・情報処理  情報の表現  ハードウェア  ソフトウェア  データの種類と変換  データベース技術  ネットワーク技術  情報セキュリティ  情報シス [続きを読む]
  • 3省4ガイドラインとは
  • 医療情報をクラウドで扱う際にはデータがデータだけに規制に準拠する必要があります。上記を目的に厚生労働省、経済産業省、総務省の3省から出されている4つのガイドラインを総称して3省4ガイドラインと呼ばれています。1つ目厚労省医療情報システムの安全管理に関するガイドラインhttp://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000166260.pdf2つ目総務省ASP・SaaS [続きを読む]
  • GDPRとは
  • GDPRをご存知でしょうか?お恥ずかしながら私はあまりアンテナを張ってなく、最近勉強しました。GDPRとはGeneral Data Protection Regulationの略で、EU一般データ保護規則の事で、早い話日本で言う個人情報保護法みたいなものです。ただ、この規制、非常に厳しく欧州経済領域(EEA)域内で取得した個人データに対する規制なので、インターネット取引などでこの市場を相手にしたり、出張でこの地域に行った社員の情報を扱ったりし [続きを読む]
  • グローバルでの偽薬について
  • 日本の国内にいては中々考えづらいですし、手にすることはまずありませんが、グローバルでは偽物の薬が課題になっており、様々な対抗策が講じられています。中国やインドを起点に東南アジアやアフリカに偽薬が流通しているようです。アフリカなどですとマラリアの薬などが偽薬のターゲットになってしまっているそうです。厚労省の調査によると、2005〜10年に、世界で少なくとも1337人が健康被害を受けており、うち424 [続きを読む]
  • PHRに求められる機能について
  • 「個人が健康情報を管理・活用する時代に向けて」という日本版PHRを活用した新たな健康サービス研究会というところが出している情報では、その名の通りPHRについて易しく詳しく解説されていますが、その中にPHRの定義がありましたので、紹介します。PHRと呼ばれるものは以下が備わっている事とまとめられています。・個人が自らのQOLの維持・増進を目的として、自らの健康に関する情報を収集・保存・活用することをサポートする仕 [続きを読む]
  • ヘルスリテラシーとは
  • 「ヘルスリテラシー」という言葉をご存知でしょうか?健康に関する適切な意思決定を行うための情報収集・理解・活用のための能力です。PHRは一昔前から整備が検討され、最近ですと自治体や病院グループの間で取り組みが進んでいますが、個人のヘルスリテラシーが伴わないと何も意味を持ちません。アメリカやイギリスではヘルスリテラシーという言葉を明確に定義していますが、日本では明確に定義しておらず、このあたりの啓蒙活動 [続きを読む]
  • リアルワールドデータ(RWD)
  • MID-NETの提供開始やGPSP省令の改定によって、メディカルアフェアーズ(MA)やR&D部門におけるリアルワールドデータ(RWD)の活用が進んでいます。従来はS&M領域でいわゆるMRのプロモーション活動やマーケティングに用いられる事が多かったサードパーティーデータですが、上記の通りR&D領域でも活用が進んできています。代表的なサードパーティデータについてご紹介しようと思います。JMDC(ジャムダック)日本医療データセンター [続きを読む]
  • 混合介護とは
  • 2018年5月14日の日経でも厚労省が今後、混合介護を拡大していくという記事がありました。では、混合介護とは何でしょうか。混合介護とは、原則1〜2割の負担で利用できる介護保険サービスと、保険の対象外で利用者が全額を自己負担する保険外サービスをあわせて提供することを指します。今の保険制度でも混合介護は認められていますが、保険適用されるサービスと保険外のサービスを明確にわけなさいという要件がありますので、そ [続きを読む]
  • 未病管理とは
  • 最近「未病管理」という言葉を聞く機会が増えていると思います。健康な状態と病気の状態の間の状態を指しますが、この言葉、古代中国で生まれた概念のようです。2千年前の医学書である「黄帝内経」というものに、未病の概念が書かれています。日本では2013年に神奈川県で、2017年に政府が未病の考え方を示しており現在の取り組みにつながっています。もう何年かすれば未病管理のためのサービスやインフラが当たり前のようになって [続きを読む]
  • エーザイ、後発薬を売却
  • 2018年3月29日の日経より日医工がエーザイの後発薬事業を買収すると発表がありました。売却額は170億円。医薬品メーカーのそれぞれ得意な領域に特化するというスタンスが出ていますね。後発薬市場は日医工・沢井・東和の御三家が台頭していますが、このような動きは今後も続きそうな気がしますので、勢力図もまた変わってくるのだと思います。 [続きを読む]
  • Veeva Vault
  • Veeva Vaultとは規制対象の文書をクラウドで管理するためのツールです。これらの業務を対象とするツールの中では非常に勢いも強くデファクト化しつつあると思います。どういう事ができるのかというと、いわゆる文書管理システム的な事ができます。管理されている文書を内部・外部で共有したり、コンテンツの状態を可視化・共有したり、コンテンツに関するワークフローを管理したりという感じです。仕組みはCSV対応されており、いわ [続きを読む]
  • ER/ES指針とは
  • ER/ES指針とは、厚生労働省医薬食品局長から「医薬品等の承認又は許可等に係る申請等における電磁的記録及び電子署名の利用について」として平成17年4月1日に通知されましたものです。日本版のPart11と言われるものでPart11とは別物です。上記の通り、電磁的記録及び電子署名を利用する際に必要な要件を定めたものです。(関連記事)GxPとはPart 11とe-Discovery、CSV [続きを読む]
  • ビジネスモデルキャンバス
  • 新規ビジネスを検討する際、ビジネスモデルキャンバスというフレームワークを利用すると検討すべき内容が漏れなく・ダブりなく(MECE)検討できます。ppt形式でサンプルも用意していますのでご利用ください。ビジネスモデルキャンバスのサンプル※右 から「名前をつけてリンク先を保存」でダウンロードKP(パートナー)外部に委託される活動や、外部から調達されるリソースKA(主要活動)ビジネスモデルが機能するよう組織 [続きを読む]
  • 塩野義、インフル新薬で狙う「勝利の方程式」
  • シオノギから新たなインフルエンザの薬が発売されるとニュースがありました。本来計画されていた承認のスケジュールを前倒しし、承認を得ました。インフルエンザは国レベルで対策が取られる病気なので、以前大流行した際なんかはパンデミックに備え大量に備蓄なんて話はよく聞きました。こうした需要もあるのでシオノギが言っている強気の販売計画はうなづけますね。http://toyokeizai.net/articles/-/210982?utm_source=gunosy-p& [続きを読む]
  • クープマン目標値とは?
  • 事業計画を作っている時にターゲットの市場規模などを見積もるシーンがあると思いますが、どのようにされているでしょうか?過去の経験則であったり、ターゲットとしている業界などの一般的な感覚値、とりあえずシェアだったら10%!というような思い切りのよい設定だったり様々だと思います。クープマン目標値とはそんな悩みを解決する、ランチェスターの法則で有名なクープマンによって作られた理論です。目標値は7段階に分けら [続きを読む]
  • ブロックチェーンの医療への応用
  • Fintechから生まれたブロックチェーンが医療分野で応用できるのではという検討や取り組みが増えてきています。特に医療情報を記録し蓄積・活用する仕組みにおいてブロックチェーンは相性がよいとされています。データの正確な記録、セキュリティ、低コストでのシステム運用など、ブロックチェーンの持つ特徴は医療情報を扱う基盤で求められる要件との相性がよいです。ブロックチェーンとは(Wikipediaより)ブロックチェーン(英語 [続きを読む]
  • 医療医薬 カオスマップ
  • カオスマップをご存知でしょうか?カオスマップとは「Landscape」などのキーワードでも色々なカオスマップを検索できますが、いわゆる業界に属する事業者同士の関係や業界内の色々なカテゴリに属する事業者を俯瞰的に見てとる事ができる図です。「Digital Health Landscape」や「Healthtech Landscape」などで検索すると色々と出てきます。どの領域にどんなプレイヤーがいるのかざくっと把握するのに良いですね。こういう情報を使 [続きを読む]
  • SS-MIX2とは
  • すべての医療機関を対象とした医療情報の交換・共有による医療の質の向上を目的とした「厚生労働省電子的診療情報交換推進事業」(SS-MIX:Standardized Structured Medical Information eXchange)において策定された、医療機関を対象とした医療情報の交換・共有のための規約のこと。平成16年度に静岡県で医療機関間の診療情報交換を推進するために開発が進められていた電子カルテシステムから生まれた厚労省の事業のようですね [続きを読む]
  • MID-NETとは
  • 平成30年末から医療情報データベース基盤整備事業で構築されたデータベースが利活用できるようになります。医薬品を上市した後、副作用の発生状況(安全性)を定められた期間トレースする必要がありますが、このようなPMSの仕組みを維持師期待通りのデータを集めることは難しく、課題としてありました。利用料は一品目で製造販売後調査用に利用すると約4200万円です。製薬個別にシステムを導入したり、プロモーションの一部として [続きを読む]
  • 生活習慣病の医療費
  • 生活習慣病で年間いくらの医療費がかかるかご存知でしょうか?初めのうちは通院などしてせいぜい数万円から10万円程度と思います。徐々に重症化してくると合併症を引き起こし、50万円程度というオーダーの医療費がかかってくるようになります。その後、入院などの必要性が出てきたり、深刻な糖尿病を患った場合には透析を受けるなど、100万円から200万円、時にはそれ以上の医療費がかかります。例えば二型糖尿病の場合、蛋白尿期や [続きを読む]
  • 製薬業界の花形職種に冬到来、大手で希望退職に400人殺到
  • http://diamond.jp/articles/-/155776?display=b最近、製薬メーカーの早期退職・リストラのニュースをよく見かけます。SOVからの脱却ということで、MRの人数を絞り込む動きがありますが、いわゆる研究開発系でも人員削減の動きが出ています。これまで人間がやっていた業務がRPAで代行されたり、人間がさばききれないようなデータが蓄積されているところにはAIが活用されたり、必ずしも人間でなくてもいい業務が増え、そうしたもの [続きを読む]
  • 地域医療連携推進法人とは
  • 地域医療連携推進法人というのをご存知でしょうか?私、知らなかったのですが、平成27年9月に公布された医療法の一部を改正する法律によりできた制度で、平成29年4月2日から施行されているようです。その名の通り、地域包括ケアシステムの構築をより進めるためにできた制度で、各都道府県知事が一般社団法人を認定する仕組みとのことです。平成29年10月時点では愛知県の尾三会、兵庫県のはりま姫路総合医療センター整備推進機構、 [続きを読む]