七田チャイルドアカデミー多治見・瑞浪 さん プロフィール

  •  
七田チャイルドアカデミー多治見・瑞浪さん: 七田チャイルドアカデミー多治見・瑞浪のブログ
ハンドル名七田チャイルドアカデミー多治見・瑞浪 さん
ブログタイトル七田チャイルドアカデミー多治見・瑞浪のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/shichida-tajimizu/
サイト紹介文多治見、土岐、瑞浪、恵那、中津川市のお子様を対象に七田式右脳教育を行う幼児教室です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供344回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2016/07/05 01:02

七田チャイルドアカデミー多治見・瑞浪 さんのブログ記事

  • お風呂のなかで、どんなエネルギーと繋がっていますか?
  • 幼稚園で、絵を描いたよ、手袋の絵を描いたよ。お風呂に入っているところだよ。上手に描けたよ。と、自己肯定感の高い満足感に包まれたそんな絵日記を書いてくれたのは、年長クラスのANちゃんです。ネズミさんかな〜、みんな楽しそうだね〜!??たちって、どうしてあんなに楽しそうにお風呂にはいるんだろう?ふと、そう思いました。一人でお風呂にはいるようになって、いつのまにか、そこでリラックスはできるようにはなったけ [続きを読む]
  • 七五三に行ってきたよ。
  • 妹の七五三に付き添っていって、お姉ちゃんらしい気遣いを絵日記にしてきてのは、年長クラスのRちゃんです。一人で前に出ていってのを見守りながら、大丈夫かな…、と、心配したり、着物を着ておしゃれをしていて、可愛いと感じたり、実にお姉ちゃんらしいです。こんなにかわいい娘がいると!お父さんは、可愛くて、今からボーイフレンドには複雑だろうなぁ、と、案じられるくらいです。(笑)??彼女らしく、自分が感じていること [続きを読む]
  • 絵も上手になってきたなぁ!自分でもそう思ってるよね
  • 年長クラスのANちゃんは、このまま絵本にしても良いくらいの楽しい絵日記を描いて来てくれました。年長クラスは、100ペグの書き出しもはじめましたが、だれかと競うのではなく、先週までの自分と競わせます。先週までの自分を越えられたかな?を、意識してもらっています。先週から始まった100ペグのおうちでの練習にもハマったみたいで、とっても楽しそうでしたね。早く書くときには、多少字が乱暴でも、合ってあれば構いません [続きを読む]
  • どうせ描くのなら、しっかりと書き込もうよ!
  • この目線からの絵は、そうです、年長さんのAちゃんです。しっかりと塗り込んできました。久しぶりに気合いを込めて、ミッシリと、書き込んだようです。次の砂の絵は、その上に、紅葉と銀杏の葉っぱが一枚ずつしかなかったところを描いたようです。そんなところにも感動できる感覚って、凄いなぁ?と、思います。目の付け所が、違うよね。面白いなぁ、と、感心させられます。 七田チャイルドアカデミー [続きを読む]
  • 今買うのなら。コードレス、でしょ!!
  • 観察眼がさらに進化しているのは、年中クラスのSちゃんです。うーむ。と、唸ってしまいます。どちらもしっかりと フォルムが書きこまれています。そして、Sちゃんの思考や思いが、しっかりと書き込まれています。コードレスの掃除機の説明などは、その良さも、プレゼン並みに意識されて文章化されています。Sちゃんの脳は、緻密に、何よりも生き生きと、フル回転しているのが、感じられます。飽く無き探究心で、Sちゃんは、ど [続きを読む]
  • お見事? 腕をあげましたね‼
  • それはすごい!折り紙、紙皿、ジュースのからペーパーの芯、網、ティッシュペーパーの空箱そんなもので、半魚人を作ってきたのは、年長クラスのTK君です。作品もすごいのだけれど、彼の絵も、素晴らしいです。絵本作家のたかしさんとお化けを作ったとか。じょうずに作れたので、褒めてもらったのね。嬉しかったね。どんどん世界を拡げて行ってね。そのうち。君の感覚にピッタリと合う、表現世界と出会うよ。その瞬間に、君はどん [続きを読む]
  • 歯を自分で抜いちゃった!アハッ(笑)
  • 歯を自分で抜いちゃったのは、年長クラスのY君とT君です。年長さんから一年生こら二年生の時期は、歯の生え代わりの時期で、前歯が抜けて、何とも言えない可愛らしいお顔となります。その歯を自分で抜いてしまったのは、年長クラスのY君とT君です。この時期の抜けていく歯は、なんだかんだむず痒くて、気になるので、自分で抜いちゃったようです。少し前と見ると、その一連の事件?を、結構上手に絵日記の文にまとめて、取り入れ [続きを読む]
  • 年少クラスの絵日記の工夫は、見本を見ながら真似して書こう
  • 年少クラスのAちゃんの絵日記です。文字を思ったらすぐにかけるところまでは至っていない年齢です。その我が子に絵日記を書く習慣をつけさせてあげようとするお母さんの工夫が見られます。お子さんと何を書くか相談して、その見本となる文を左列に書いて有ります。プリントもそういう作りになっていますが、それを上手に取り入れられましたね。年少クラスのMちゃんは、お母さんが大好きで、ふたりは、大の仲良しです。Mちゃんもお [続きを読む]
  • 芋煮会で地元っ子ー! この俳句に、参りましたー?
  • ああ、素晴らしいなぁ、と、感動させられての俳句を二首、ご紹介です。小三クラスのMちゃんの俳句です。楽しくて楽しくて、だから生まれてきたんだよ、そんな声が聞こえてきそうなMちゃんです。一首目は、芋煮会のポスターにでも載りそうです。第二首には、参りました。つなひきだ、絶対勝つぞ!と、強い表現で惹き付けておいて、この時期てっきり運動会と思わせておいて…、お芋との綱引きです?良い意味で裏切られて、お見事? [続きを読む]
  • 照る照る坊主じゃないよ〜(笑)
  • 小雨の日のレッスンの朝、可愛いてるてる坊主ちゃんが、お教室に入ってきてくれました。プレ未満児クラスのHちゃんです。彼女はお教場に入ってくると、担当交代をしたばかりの私を、しばらくの間、じーっと、観ています。まるで、????を録っているかのように、目を見開いてじーっと、観ています。とても安心しながらそうしているのが分かり、私は、ニコニコしながらしばらくの間、彼女のデータ書き換えの脳内作業に、静かに協 [続きを読む]
  • 自分で自分を認めることが、出来ますか?
  • 11月3日は、私達が住む多治見市の市制記念日で、お祭りが開かれます。その日は、市役所前から色んなことが団体が隊列を組んで、パレードが行われます。そのパレードには、多くの園や学校から、鼓笛隊も出場します。お教室の年長さんたちも、運動会とこのパレードに合わせて、園で熱心に、練習に励んできていたことが、今年も生徒さんたちの絵日記に書き込まれています。 パレード当日は、重い楽器を持ちながら、一時間以上、演奏 [続きを読む]
  • 四角と三角と、書き順は良いのかな?
  • 年少クラスのH君が、絵日記で、丸や四角や三角を練習していました。年少さんくらいの頃は、四角や三角を書こうとすると、一筆で書いてしまうと、丸に近くなってしまいます。角を角張らせて書かせることが、大切なのです。書き順も、一周の円のように書かせるのではなく、くにがまえの書き順で描きます。三角も、同じことです。年少くらいの内に、四角と三角をしっかり書けるようになってほしいものです。 [続きを読む]
  • 絵日記を通して成長していく
  • キラキラを、いろんな色で!丁寧にていねいに描き込んでくれたのは、年少クラスのSちゃんです。ハロウィンパーティの様子のようです。カボチャも何個もありますね。年少さんの頃からの絵日記の取組は、何を描こうか題材選びからお母様の力をお借りすることになりますが、この取組を通じて、我が子がこんなことを感じていたのか!と、ビックリされることもあるくらい、汲み取れるものは深いです。続けて書き込んでいく内に、表現と [続きを読む]
  • 繰り返しが大好きなんだよなぁ!それ、いただき〜?
  • なんとも楽しそうですね〜???ママとの面談の間中、ずっと積み木で一人遊びをして待っていてくれたのは、未満児クラスのS君です。30分の間中一人遊びができました。積み木を高く高く積み上げたり、机と机の間の溝に並べたり、集中して楽しそうでした。未満児の頃は、同じ事を繰返し飽きもせずに取り組むことが出来ます。その為に、習熟が早いです。繰返しに勝るものは有りません。横で見ていて少し余裕があるようならば、その時 [続きを読む]
  • 生まれ変わるママ達へ
  • 多治見の未満児クラスのみんなです。子供さんとのあれこれで、プリントをいつやらせたら良いのかなぁー?とか、迷ううちに自分の中でもごまかしも混じってきて??子供につい無意識のうちにきつい言い方になっているけれど、自分では気がついていなくて、子供が表情が固くなっているのにも、何となく気にしつつそのままにしていた…、とか??子供が言うことを聞かないけれど、大きくなればそのうち聞き分けるようになるのかと思 [続きを読む]
  • ママが三歳ちゃんの成長に包まれる時
  • 多治見教室では、レッスンの時に独自のスタンプ制を取り入れていますが、それを楽しみにしている生徒さんが多いです。先日、レッスンお休みの時の方ばかりの為の無学年制のエキストラレッスンで、お母様が正解を出されたので、お母様にご褒美ポイントがつきました。その結果、スタンプシートのゴールまでの五ポイントを、お母様の活躍で埋まりましたので、お母様に、ご褒美の消ゴムゲットの権利が付くことに、私が声を掛けました [続きを読む]
  • ママと地下のおうちをデザインしてみたよ。
  • 年長クラスのY君が、お母さんと一緒に、楽しい地下の家を、イメージして描いてくれました。写真の廊下や将棋の部屋が有ったり、人工雲や人工太陽が有ったりして、地下としてはかなり広くて、なかなか近未来的にリアルです。地下の部屋というよりは、地下の街というような広がりを感じますね。一方お母さんのイメージは、現実的にリアルです(笑)雨の続く日、大きいお子さんとだから出きるということもありますが、こんな取組も、な [続きを読む]
  • 虫達の音楽祭 耳を傾けてみて(⌒‐⌒)
  • とても美しい詩が、スーパーエリートコースの小学生四年生のKちゃんから届きました。「虫達の音楽祭」月が美しい夜に 虫の合唱が始まるよコオロギが リリリリ と鳴いている松虫は ティリリティリリ と鳴いているクツワ虫は はでにカタカタ鳴いてるよそこでキリギリスも 飛び入り参加その後みんながいっせいに !!リリティリリカタカタリンリン秋の草むらは虫達の大音楽祭今年の秋は長雨で、 虫の音に耳を傾けるという気持 [続きを読む]
  • あなたの幸せな瞬間の一枚って、何ですか?
  • あぁ、この準備をしている間、どんなにかワクワクして????イメージしていただろうに?と!胸を熱くさせられたのは、年長クラスのRちゃんです。先日のママのお誕生日でのサプライズとして!お花のプレゼントを????企画していました。お花やさんへ行って、沢山の綺麗なお花の中から、ママにどのお花をあげたいか、一生懸命に考えて、選んでいます。お花の種類も色も、全部違っています。克明に、記憶しているのが、感じられ [続きを読む]
  • 優しいお侍さんにもなりたいなー♪
  • 大人になったらなりたいシリーズのなかでも、今回は驚かされました(笑)なんと、年中クラスのSちゃんは、今回は、優しいお侍になりきりイメージです。わあお????‼Sちゃんは、イメージでキラキラきれいなティアラを着けようと声を掛けると、私は王冠にする?と、ニッコリ。お侍さんでも、優しくて、たまに着替えて、髪型も変えるし、会社もやってると、ユニークさとリアルさが混じるあたり、ほんとに読んでて意表を突かれて、 [続きを読む]
  • 鼓笛の指揮者をやりました(^-^)/
  • 運動会で、鼓笛の指揮者になった時の思いを、克明にレポートしてくれたのは、年長クラスのRちゃんです。お客さんの前だったから、そうとう緊張したし恥ずかしかったようですが、ちゃんと自分は上手にやれたと感じています。舞台度胸も満点です。こう言う場面をいくつか体験して、子供達は、確実に伸びていきます。堂々としているRちゃん達を見ていると、頼もしくて、嬉しいです。素直な自信に満ちていて、しかもそれは、沢山練習 [続きを読む]
  • 2017.10.24結婚退職前の最後のレッスンを終えて
  • 10/24(火)の午前の未満児クラスのレッスンが、当教室の人気講師Aの、瑞浪教室並びに幼児クラスの最後のレッスンでした。クラスのお母様が、今日、レッスン後のベストショットを下さいましたので、Aに代わりまして、皆様に、感謝を送らせていただきます。Aを、有り難うございました。私が今週に入ってから、秋季面談のため本部にいなくて、Aとは、スレ違いの日程となり、写真も撮れていませんでした。写真を送ってくださったYさん [続きを読む]
  • リレーで二番になったよ。泣きそうになったよ。
  • 幼稚園は、十月半ばまでが運動会シーズンです。そこでのできごとを、何人もの年長さんが寄せてくれましたが、リレーの感動を綴ってくれたのは、ANちゃんです。リレーの練習では三番が多く、なかなか二番になれなかったのが、本番では、すごく頑張って、二番になれたとのこと。バトンタッチの瞬間のANちゃん目線のアップです。思いが溢れています。涙が出そうになるくらい、緊張したし、集中したし、頑張ったのでしょう。こういう [続きを読む]
  • 右脳の感覚の開くところ
  • バレエの発表会のチケットを頂いたので、観に行ってきました。年長クラスのAちゃんが、お辞儀のときに、スッと手を上にあげて、 お顔を上に上げて、それからフワァッと、上半身を曲げて、深々とお辞儀をしたときに!彼女が、彼女の躍りの世界にイメージで繋がっているのが、感じられました。その役になりきっているのが!かんじられて、目が惹き付けられました。Aちゃんの感覚感性の世界の充実感を、マス計算をしているときにも、 [続きを読む]
  • みんながね、踊り出すよな サンバ弾く
  • みんながね、踊り出すよな サンバ弾く?電気ショックを浴びたような気分になりました。(*_*)このところ、ピアノの才能がメキメキと伸びてきたのは、小三クラスのHちゃんです。彼女が、楽譜に向かったときに、音符から、詩情裕な旋律が溢れて聴こえてくるようになることを、私こそがイメージしています。そういう状態になる生徒さんは、迷路をしていても音楽が聴こえて来るのかもしれないと、この頃思うようになってきました。 [続きを読む]