代打男 さん プロフィール

  •  
代打男さん: 阪神タイガースメモ!
ハンドル名代打男 さん
ブログタイトル阪神タイガースメモ!
ブログURLhttp://tora-daida.net/
サイト紹介文阪神タイガースに関する雑記張です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2016/07/05 17:58

代打男 さんのブログ記事

  • 2018年シーズンを振り返り!福留孝介の成績 背番号8
  • チーム最年長、41歳のシーズンを終えた福留孝介。今年もクリーンナップの一角を担い続け、ここぞという場面で仕事をしてくれました。また野手だけではなく投手にも積極的にアドバイスを送っており、チームの精神的支柱となっています。成績試合打率本塁打打点盗塁出塁率長打率得点圏OPS123.28014722.389.454  .294.843チームの柱休養日を挟みながら、今年もシーズンを通して主軸で有り続けてくれた福留。夏 [続きを読む]
  • 2018年シーズンを振り返り!糸井嘉男の成績 背番号7
  • 37歳のシーズンを終えた、超人・糸井嘉男。今年はロサリオの不振もあって、シーズン途中から4番を務めました。故障の影響もあり守備範囲は若いころよりも狭まっていますが、打撃面はまるで衰えが見えません。成績試合打率本塁打打点盗塁出塁率長打率得点圏OPS119.308166822.420.480  .321.900チームトップの打撃昨年のOPS.828を大幅に上回り、.900の大台に載せた糸井。軒並み高水準の数字を記録し、特に出塁 [続きを読む]
  • 2018年シーズンを振り返り!西岡剛の成績 背番号5
  • 阪神に入団して以降、怪我に悩まされることが多かった西岡剛。今年は開幕こそ一軍で迎えましたが、不調によりシーズンの多くを二軍で過ごすことになりました。戦力外通告により、今シーズン限りでチームを去ることが決定しています。成績試合打率本塁打打点盗塁出塁率長打率得点圏OPS25.125010.186.200  .143.386さらば西岡阪神での初年度となった2013年はベストナインも獲得し、チームに貢献した西岡。しか [続きを読む]
  • 2018年シーズンを振り返り!熊谷敬宥の成績 背番号4
  • 2017年ドラフト3位、熊谷敬宥。アマチュア時代から守備・走塁の評価が高い選手です。一方打撃では課題が多く、プロ入りを機にスイッチに取り組んでいます。成績試合打率本塁打打点盗塁出塁率長打率得点圏OPS19.231023.333.231  .400.564打撃力向上が課題熊谷にとっては、ルーキーシーズンとなった2018年。一軍には19試合に出場し、出塁率は.333をマークしました。ただ主にプレーしていた二軍では打率.197出 [続きを読む]
  • 2018年シーズンを振り返り!大山悠輔の成績 背番号3
  • 2016年ドラフト1位大山悠輔。長打力と対応力を兼ね備えた、将来の4番候補です。2年目となる今シーズンは、「6番・サード」で開幕を迎えました。成績試合打率本塁打打点盗塁出塁率長打率得点圏OPS117.27411485.326.447  .212.7737月までは絶不調初めて開幕スタメンに名を連ねた今シーズン。その開幕戦では巨人のエース・菅野からライト方向にホームランを放ち、最高のスタートを切りました。しかしその後は打 [続きを読む]
  • 2018年シーズンを振り返り!北條史也の成績 背番号2
  • 2016年に台頭しながらも、翌2017年は不振に陥ってしまった北條史也。今年はシーズン中盤から固定起用されるようになり、打率.322をマーク。今度こそレギュラー定着なるか、2019年は大事な年になります。成績試合打率本塁打打点盗塁出塁率長打率得点圏OPS62.3221201.370.377  .333.747シーズン途中からショートに定着ショート争い、そして一軍争いにも敗れ開幕は二軍スタートとなった北條。しばらくは二軍で [続きを読む]
  • 2018年ドラフト指名結果! 上位を野手で固める
  • 根尾選手か、藤原選手か、それとも吉田選手か。最後まで公言をしなかった阪神が選んだのは、外野手の藤原選手。しかし、またしてもクジを外す結果になりました。指名選手1位 近本光司 外 大阪ガス2位 小幡竜平 内 延岡学園3位 木浪聖也 内 Honda4位 齋藤友貴哉 投 Honda5位 川原陸 投 創成館高6位 湯浅京己 投 BC富山育1 片山雄哉 捕 BC福井1位 近本光司高校生野手のクジはとことん外す阪神タイガース。ただこれは攻めた結果でもあ [続きを読む]
  • 2018年シーズンを振り返り!鳥谷敬の成績 背番号1
  • 阪神タイガースのカリスマ的存在、鳥谷敬。二塁手としてスタートした今シーズンは不調に陥り、成績が低下。連続試合出場も止まることになりました。成績試合打率本塁打打点盗塁出塁率長打率得点圏OPS121.2321221.333.295  .286.629連続試合出場がストップコンバートの影響もあったのか、開幕から不振が続いていた鳥谷。調子が上がる気配もなく、1939試合続いていた連続試合出場は交流戦でついにストップしま [続きを読む]
  • 2018年ドラフトの指名ポイント 1位予想本命はやはり根尾選手?
  • あと一週間に迫ったドラフト会議。阪神タイガースとしては、矢野監督になって初のドラフトということになります。去年は早々に清宮の一位指名を宣言していましたが、今年は誰になるのかいまだ不透明な状況です。投手メッセンジャーの外国人枠が外れるため、来季はもう1人先発に助っ人を増やすと言われている阪神。そうなればメッセ・新外国人・岩貞・秋山・藤浪・才木・小野・青柳・高橋遥と先発の頭数は十分。馬場・竹安・浜地な [続きを読む]
  • 2008年ドラフトを振り返り! 「天才」と呼ばれた上本博紀
  • 前年までの分離ドラフトが廃止された2008年ドラフト会議。阪神タイガースはこの年、育成も併せて7選手を獲得。その指名選手を振り返りたいと思います。指名選手1位 蕭一傑 2試合 0勝1敗0S 2.162位 柴田講平 294試合 .230 2本 22打点3位 上本博紀 611試合 .271 29本 151打点 87盗塁(現役)4位 西村憲 95試合 8勝4敗0S 3.70育1 野原祐也 22試合 .192 0本 0打点育2 吉岡興志 1軍出場なし育3 藤井宏政 1軍出場なし1位 蕭 [続きを読む]
  • 金本阪神から矢野阪神へ
  • 矢野二軍監督に一軍監督の就任要請を行っていた阪神タイガース。15日になって、矢野二軍監督が要請を受託したことを表明しました。球団からは最大5年契約を提示されたとも言われています。矢野新監督への期待金本監督が実質解任だったとも報じられる中、就任要請を受託した矢野新監督。いくら5年契約を提示されたとは言っても、3年契約の1年目だった今年の金本監督を見ていると監督における複数年契約などあってないようなもの。フ [続きを読む]
  • 2018年シーズンを振り返り!上本博紀の成績 背番号00
  • 昨シーズン、キャリアハイの成績を残した上本博紀。その打撃は今年も好調で、5月には3試合連続猛打賞を記録しました。しかしそんな上本を、またもアクシデントが襲うことになります。成績試合打率本塁打打点盗塁出塁率長打率得点圏OPS20.422164.481.556  .333.1036靭帯損傷で無念の離脱昨年オフに受けた手術の影響や、鳥谷のコンバートもあって開幕からしばらくは併用での起用となった上本。しかし鳥谷・西 [続きを読む]
  • 金本監督辞任 どうなる次期監督
  • 1試合を残して61勝79敗2分。今シーズン、最下位に終わった阪神タイガース。その責任を取るという形で、金本監督の辞任が本日発表されました。金本阪神の終わりシーズン序盤、いやオープン戦からの不振から最後まで脱却出来なかった今年の阪神。特に序盤は打線が深刻で、1割台の打者がオーダーに名を連ねる時期がしばらく続きました。打線は少しずつ改善されたものの、長打力不足はどうすることもできず。終盤になると投手も堪え切 [続きを読む]
  • 二軍成績で見る江越の方向性 甲子園向きの選手に
  • チーム関係者や解説者から、その身体能力を絶賛されている江越大賀。しかしボールへのコンタクト能力に重大な欠点があり、ここまで一軍では39打席で21三振。半分以上の打席で三振を喫しています。欠点との折り合い入団から改善する様子がない、江越の三振率。同じように三振が多いと言われている陽川でも197打席で51三振なわけですから、いかに江越のコンタクト能力が不足しているかがわかります。ここまでバットに当たらないと、 [続きを読む]
  • ロサリオ登録抹消 どうなる?来季の助っ人体制
  • 8月27日、ロサリオが抹消。ここに来ての抹消は、正直なところ残留がかなり厳しいことを物語っています。来季の助っ人体制は果たしてどうなるのでしょうか。タイガースの助っ人事情残留路線が確定と言えるのは、来季から外国人枠が外れるメッセンジャー。そしてドリスも、危なっかしい日もあれど何だかんだで必要な戦力です。また呂は元々育成を視野に入れての獲得なので、今季の成績がどうあれ残すでしょう。状況が厳しいのが、ロ [続きを読む]
  • 阪神・松田遼馬とソフトバンク・飯田優也がトレード
  • トレード期限が間近に迫った7月26日。阪神・松田遼馬選手とソフトバンク・飯田優也選手のトレードが発表されました。飯田選手は左のリリーフ投手です。リリーフ同士のトレード2017年までの成績松田 111試合 6勝6敗 128.1回 49与四球 122奪三振 防御率4.07 WHIP1.35飯田  96試合 3勝6敗 163.0回 80与四球 155奪三振 防御率3.20 WHIP1.29これまでの実績的には飯田の方がいくらか上。ただ松田の方が3歳若く、釣り合いと [続きを読む]
  • 2018年ルーキーの途中成績をチェック!
  • 今シーズンも半分以上を消化し、ここまでは首位に10ゲーム差となっている阪神タイガース。一割打者が並んでいた時期と比べると打線はかなり良くなりましたが、それでも優勝は極めて難しい状況です。そんなチーム事情は一先ず置いておき、この記事ではルーキーの途中成績をチェックしてみたいと思います。馬場皐輔1試合 0勝0敗 1.50(一軍)7試合 4勝1敗 2.25(二軍)即戦力も期待されましたが、直球が走らず開幕は二軍で迎えること [続きを読む]
  • 1999年ドラフトを振り返り! 8人獲得も・・・
  • 前年の火の玉ストレート藤川球児、翌年のレッドスター赤星憲広。後にチームを、リーグを代表することになる選手を獲得した年に挟まれたのが1999年ドラフト。毎年のようにそんな選手を獲れるわけではないとは言え、かなり厳しい結果に・・・。獲得選手1位 的場寛壱 24試合 .143 0本 1打点2位 吉野誠 340試合 4勝11敗1S 3.913位 岡本浩二 1試合 0勝0敗0S 9.004位 新井亮司 1軍出場なし5位 上坂太一郎 243試合 .248 7本 37打点6位 窪 [続きを読む]
  • 新外国人ナバーロを獲得 左の巧打者
  • 本日15日、阪神は新外国人エフレン・ナバーロ選手の獲得を正式発表。現在32歳になる左の巧打者で、ポジションは一塁の他に右翼と左翼も守れるとのこと。今季は3Aで48試合に出場し、.310 4本 29打点という成績を残しています。左の巧打者中谷や陽川が一軍に上がり少し活気付いてきたものの、依然としてチーム得点数はリーグ最下位の阪神。大砲としての期待が大きかったロサリオも、現在は二軍で調整をしています。新たに獲得したナ [続きを読む]
  • 2000年ドラフトを振り返り! レッドスター
  • 2000年のドラフトで阪神は、8人を指名。野村監督の意向もあって、俊足巧打の選手を中心した指名となりました。その中には後にレッドスターと呼ばれ、グラウンドを駆け回ったあの選手の姿も。指名選手1位 藤田太陽 156試合 13勝14敗4S 4.072位 伊達昌司 146試合 12勝7敗9S 3.333位 狩野恵輔 402試合 .255 18本 91打点4位 赤星憲広 1127試合 .295 3本 215打点 381盗塁5位 加藤隆行 1軍出場なし 6位 沖原佳典 366試合 .256 8本 76打 [続きを読む]
  • 鳥谷の連続試合出場がストップ
  • 鳥谷がルーキーだった年の秋から続いていた連続試合出場。どんな日でも、鼻骨を折った時にまで続けていた大記録です。その記録が、ついに29日で終わりを迎えました。1939試合不振の影響で2016年にフルイニング記録は途絶えさせたものの、連続試合出場は続けていた鳥谷。その翌年となる2017年は3割近い打率を残して復活し、この記録ももうしばらく続きそうな予感がありました。しかし今年は2016年を凌ぐほどの打撃不振に陥り、スタ [続きを読む]
  • 才木好投プロ初勝利! 残る先発枠の空きは0.5枠か
  • 巨人を3タテ、5連勝と投打が噛み合って来たタイガース。才木という新しい希望も現れました。これで貯金を持った状態で、交流戦を迎えることができます。才木がプロ初勝利前回の中日戦では負け投手となった才木。ただあの試合は、初先発の緊張+松坂登板による独特な雰囲気もあったはず。そういう意味で、今日の試合でこそ真価が見られると期待していました。注目の立ち上がりは150キロ台のストレートを連発し、二塁打を打たれても [続きを読む]
  • ロサリオを起用し続けて欲しい理由
  • ロサリオや糸井のホームランで久しぶりに大量点を取った22日のタイガース。これで復調してくれれば良いのですが、良い時が続かないのが今年の打線です。4番のロサリオもホームランを打った後にまた不振になるケースが多く、まだまだ安心することは出来ません。それでもロサリオを使って欲しい.234 4本 20打点という成績のロサリオ。ここまで期待に応えているとは言いがたく、高年俸や助っ人外国人という立場もあって、打てない阪神 [続きを読む]
  • 不振選手がいくら何でも多すぎる件について
  • 大敗で3連敗となった阪神タイガース。この日は投手が炎上しましたが、それよりも気になるのがずっと続いている野手の不振です。いくら何でも不調の選手が多すぎる、そして長すぎる。不振選手が多すぎる・・・糸井 .307(114-35) 6本 19打点 OPS.954ロサ .244(127-31)3本 16打点 OPS.644糸原 .284(109-31)0本 6打点 OPS.694福留 .277(101-28) 2本 13打点 OPS.799大山 .179(84-15) 2本 12打点 OPS.534高山 .186(86-16)0本 9 [続きを読む]
  • 2002年ドラフトを振り返り! 「K」と「E」
  • 星野監督に代わり、最下位から脱出した2002年阪神タイガース。オフには積極的に補強を行い、ドラフトも11人の大量指名を行いました。前年と同じく自由枠を2つ使用した阪神ですが、このドラフトで一番の当たりとなったのは5巡目の選手です。指名結果自由枠 杉山直久  94試合   21勝23敗   4.01自由枠 江草仁貴  349試合   22勝17敗   3.154巡目  中村泰広  29試合   3勝2敗    4.225巡目  久保田智之 444試 [続きを読む]