くきは さん プロフィール

  •  
くきはさん: くきはの余生
ハンドル名くきは さん
ブログタイトルくきはの余生
ブログURLhttps://www.ebaragioba.info/
サイト紹介文60歳目前に患った癌と糖尿病についての覚え書き。これからの人生を心豊かに暮らすための活動記録
自由文食生活のこと、本やドラマ映画の感想、飼猫のことなども気ままに書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2016/07/06 09:12

くきは さんのブログ記事

  • 断捨離に収納家具はいらない
  • 我が家には、タンスとカラーボックスがたくさんありました。今は亡き祖父母の部屋と、父母の納戸(洋服や着替えなどが置いてある部屋)にはタンスが5〜6棹ずつ置いてあります。カラーボックスとなると、各部屋の中、廊下の端っこ、物置の隅など、あちらこちらに2つ3つと並んでいました。断捨離をしていく間に少しは処分したのですが、今でもなお、あちこちに置いてあります。なぜたくさんあるかと言うと、母が雑然としてい [続きを読む]
  • 中性脂肪とコレステロール・脂肪にも大事な役割がある
  • 代謝内科外来の時に、主治医から「ちょっと中性脂肪が高めですね」と言われてしまいました。血液検査の数値的には、その前の血液検査の数値よりは低くなってはいるのですが、基準値(50〜150)よりは高くなっています。そのことについて、主治医からは「肝臓が心配」と言われたのですけれど、なぜ肝臓なのか、そもそも中性脂肪とは何なのか調べてみました。中性脂肪とは中性脂肪とは、いわゆる脂肪、お腹などにつく皮下脂肪がイメ [続きを読む]
  • 断捨離のコツ・出してから捨てるか、出しながら捨てるか
  • 断捨離のやり方は、お家の大きさや、部屋数、モノの多さなど環境によって違います。やましたひでこさんの「断捨離」、こんどうまりえさんの「ときめきの片付け」他にも、色々なやり方を提唱されている方がいますので、どのやり方が自分にあっているのか、見つけるまでには少し時間がかかるかもしれません。断捨離を続けて行くうちには、私はこれがやりやすいというものがわかってくるように思います。やましたひでこ流でもな [続きを読む]
  • なると金時タルト: 夫がもらってきたゴルフの賞品
  • 夫が久しぶりに仲間とゴルフに行って、いただいてきた賞品。今回は調子が悪かったらしくBB賞(ブービー賞)だそうです。「なると金時タルト」。なると金時は徳島県の農産物だそうで、お芋がゴロゴロ乗っているお菓子でした。以前の私なら、甘い物をいただいたら大喜びするところなのですが、糖尿病だということがわかってからは、ちょっと困惑してしまいます。タルト(taete)は、フランス語で焼き菓子のことです。パイ生地 [続きを読む]
  • 焼き舞茸・低カロリーで食物繊維たっぷり:糖尿病患者の食卓
  • 番組名は忘れてしまったのですが、テレビの健康情報番組で、血糖値を上げないための食品として舞茸が良いというのをやっていました。食物繊維が豊富で、カロリーも低い、さらにインスリンの働きを良くするMX−フラクションという物質が唯一含まれている食品なのだとか。我が家でも、野菜とキノコは積極的に摂るようにはしているのですが、舞茸は料理をすると黒いアクが出るので、それが困りもの。そのアクが体に良い部分な [続きを読む]
  • ものを捨てる時には実際に脳が痛むらしい
  • 断捨離はまず、不要なもの、使わないものを「捨てる」ことからスタートしますが、その「捨てる」という行為がかなり難しいのです。人間は生き残るために、ため込む本能があるのではないかと思うのです。これは、学術的な裏付けはまったくない、私の勝手な空想なのですが……原始の時代、人間がまだ大自然の中で無力だった頃、食べ物を得ることは命を賭けるほどの大変な作業でした。食べ物がなければ、命を繋ぐことはできないの [続きを読む]
  • 気持ちに余裕があれば家事は楽しい
  • 病気後の現在の私の生活はかなり「ヒマ」です。以前は仕事でパソコンに張り付いている時間が長かったこともあって、かなり手抜きで、時間に追われるようにして一日中バタバタ家事をしていました。当時、家事は面倒臭くて嫌いなものでした。日に日に認知機能が衰えていく母の様子を気にしながら、なかなかうまく対処できない気持ちを持て余してストレスも感じていました。それなのに、「私がやらないで、誰がやるんだ」と気負っ [続きを読む]
  • 【お知らせ】ブログURLが変更になりました
  • いつもアクセスありがとうございます。独自ドメインの導入によりブログのURLが変更になりました。新URLhttps://www.ebaragioba.info/それに伴って、これまで投稿していただいた「はてなブックマークでのコメント」が表示されなくなってしまいました。せっかく書いていただいたのに申しわけありません。今後後ともどうぞよろしくお願いします。※旧URLからのアクセスでも転送されます旧URLhttps://oba.hatenablog.com/【追記】コ [続きを読む]
  • 断捨離のトレーニング、私の場合
  • 断捨離をはじめようと決心して、まず最初にトレーニングするのは「捨てる」ことに馴れることではないかと思います。まず、お部屋の中かいらないモノを選び出して捨てること。文字で書くと簡単なことに思えるのですが、実際にやっていると、捨てようか、やっぱり止めようかと迷うことも多いものなのです。お部屋を片付けようとか、掃除してキレイにしようとするのは、断捨離が終わった後と考えます。最初はとにかくモノの量を減 [続きを読む]
  • 断捨離のトレーニング
  • 断捨離をはじめようと決心して、まず最初にトレーニングするのは「捨てる」ことに馴れることではないかと思います。まず、お部屋の中かいらないモノを選び出して捨てること。文字で書くと簡単なことに思えるのですが、実際にやっていると、捨てようか、やっぱり止めようかと迷うことも多いものなのです。お部屋を片付けようとか、掃除してキレイにしようとするのは、断捨離が終わった後と考えます。最初はとにかくモノの量を減 [続きを読む]
  • スカーレット・ウィザード1〜6・茅田砂胡著を読んだ感想
  • 7月〜9月はずっと、私の中では茅田砂胡まつりでした。ふと、昔妹に借りて読んだ『スカーレット・ウィザード』が読みたいなと思って、楽天ブックの電子書籍で探したら、電子ブック化していたので、文庫版全6巻を大人買い。夢中で読み終えて、その後他の作品も読みたくなって、「ディルフィニア戦記」「暁の天使たち」「クラッシュ・ブレイズ」等々シリーズを読み続けることになってしまいました。目が疲れるから一日30分ずつ [続きを読む]
  • スカーレット・ウィザード1〜6・茅田砂胡著を読んだ感想
  • 7月〜9月はずっと、私の中では茅田砂胡まつりでした。ふと、昔妹に借りて読んだ『スカーレット・ウィザード』が読みたいなと思って、楽天ブックの電子書籍で探したら、電子ブック化していたので、文庫版全6巻を大人買い。夢中で読み終えて、その後他の作品も読みたくなって、「ディルフィニア戦記」「暁の天使たち」「クラッシュ・ブレイズ」等々シリーズを読み続けることになってしまいました。目が疲れるから一日30分ずつ [続きを読む]
  • 片付けなんてしなくても死にゃしないけど
  • 私は、以前はお部屋が雑然としていて何とかしたいけれど、体が動かない人でした。スッキリと整った部屋は好きなのです。気分が良いですし。でもなぜか、棚にモノが重なっていても、押し入れがモノで詰まっていても、足下にモノが散乱していても、片付けられませんでした。自分でも理由はわからないのです。精神的にどこか病んでいたのかもしれませんし、単にだらしなかったからかもしれません。今でもナマケモノの面倒くさがり [続きを読む]
  • 片付けなんてしなくても死にゃしないけど
  • 私は、以前はお部屋が雑然としていて何とかしたいけれど、体が動かない人でした。スッキリと整った部屋は好きなのです。気分が良いですし。でもなぜか、棚にモノが重なっていても、押し入れがモノで詰まっていても、足下にモノが散乱していても、片付けられませんでした。自分でも理由はわからないのです。精神的にどこか病んでいたのかもしれませんし、単にだらしなかったからかもしれません。今でもナマケモノの面倒くさがり [続きを読む]
  • シルルのフォトアルバム:メインクーン猫シルルのもふもふ
  • 先代猫クロロの時代からベネッセの雑誌「ねこのきもち」を愛読しているのですが、長年継読者へのプレゼントということで、オリジナルグッズを作っていただけることになりました。愛猫の写真を入れた手帳やカレンダー、フォトブックなど好きなグッッズを選んで、写真をアップロードすると、1つだけ無料でプレゼントしてもらえます♪5年以上継続の読者用のハードカバーのフォトブックを申し込んだところ、数日で届きました。 [続きを読む]
  • シルルのフォトアルバム:メインクーン猫シルルのもふもふ
  • 先代猫クロロの時代からベネッセの雑誌「ねこのきもち」を愛読しているのですが、長年継読者へのプレゼントということで、オリジナルグッズを作っていただけることになりました。愛猫の写真を入れた手帳やカレンダー、フォトブックなど好きなグッッズを選んで、写真をアップロードすると、1つだけ無料でプレゼントしてもらえます♪5年以上継続の読者用のハードカバーのフォトブックを申し込んだところ、数日で届きました。 [続きを読む]
  • 断捨離をはじめるための前準備
  • 断捨離をはじめる前、モノだらけで雑然とした我が家をなんとかしようと、何度かチャレンジしたことはあります。部屋中のモノを床にぶちまけて、それを揃えて収納場所にもどすというやり方で。断捨離を実践されている方ならご存じだと思いますが、こういうやり方では、疲れるばかりで全然片づきません。まずはモノを減らしてからでないと、スムーズに収納するのは無理なのです。家の片付けをするだけなら、あまり難しいこと [続きを読む]
  • 断捨離をはじめるための前準備
  • 断捨離をはじめる前、モノだらけで雑然とした我が家をなんとかしようと、何度かチャレンジしたことはあります。部屋中のモノを床にぶちまけて、それを揃えて収納場所にもどすというやり方で。断捨離を実践されている方ならご存じだと思いますが、こういうやり方では、疲れるばかりで全然片づきません。まずはモノを減らしてからでないと、スムーズに収納するのは無理なのです。家の片付けをするだけなら、あまり難しいこと [続きを読む]
  • 十五夜お月さん・野口雨情:満月に母の面影を追う
  • 今年は今日、9月24日が旧暦8月15日、十五夜です。お月様の詩を探していて、行き当たったのが、この詩でした。青空文庫で読めます →図書カード:十五夜お月さん野口雨情は明治15年(1882年)生まれの詩人、童謡作詞家です。東京専門学校(現。早稲田大学)に入学して坪内逍遙に師事しましたが、1年ほどで中退。この頃、詩作をはじめました。その後、廻船問屋だった父の事業失敗と死によって家督を継ぎ、資産家の娘高塩ひ [続きを読む]
  • 十五夜お月さん・野口雨情:満月に母の面影を追う
  • 今年は今日、9月24日が旧暦8月15日、十五夜です。お月様の詩を探していて、行き当たったのが、この詩でした。青空文庫で読めます →図書カード:十五夜お月さん野口雨情は明治15年(1882年)生まれの詩人、童謡作詞家です。東京専門学校(現。早稲田大学)に入学して坪内逍遙に師事しましたが、1年ほどで中退。この頃、詩作をはじめました。その後、廻船問屋だった父の事業失敗と死によって家督を継ぎ、資産家の娘高塩ひ [続きを読む]
  • 断捨離とは? モノと向き合うということ
  • やましたひでこさんが、「断捨離」を世に出してから約8年になるらしいです。今ではすっかり定着して、「日曜日にお部屋の断捨離したのよ」「そろそろキッチンの断捨離をしないと」などなど、当たり前の言葉として使われるようになっています。断捨離は、「モノを減らしてお部屋を片付ける」という意味で使われますが、実はそれはスタート地点で、モノばかりでなく、人間関係や、心の持ち方、生き方など身の回りのあらゆること [続きを読む]
  • 断捨離とは? モノと向き合うということ
  • やましたひでこさんが、「断捨離」を世に出してから約8年になるらしいです。今ではすっかり定着して、「日曜日にお部屋の断捨離したのよ」「そろそろキッチンの断捨離をしないと」などなど、当たり前の言葉として使われるようになっています。断捨離は、「モノを減らしてお部屋を片付ける」という意味で使われますが、実はそれはスタート地点で、モノばかりでなく、人間関係や、心の持ち方、生き方など身の回りのあらゆること [続きを読む]
  • その後目のむくみはなし。でも黄斑前膜が?:病気の話46
  • 先週、9月10日のことになりますが、眼科外来へ行って来ました。前回の診察から3ヶ月ぶりです。目の手術をした後、目のむくみ(黄斑浮腫)の治療のため昨年11月に目への注射をしたのですが、その後、むくみがなくなって経過観察中です。注射の効果は普通2〜3ヶ月なので、とっくに薬効は無くなっているはずなのですが、幸いその後むくみが出ずに現在に至っています。以前は、パソコンに向かうのも日に30〜40分と決めていた [続きを読む]
  • その後目のむくみはなし。でも黄斑前膜が?:病気の話45
  • 先週、9月10日のことになりますが、眼科外来へ行って来ました。前回の診察から3ヶ月ぶりです。目の手術をした後、目のむくみ(黄斑浮腫)の治療のため昨年11月に目への注射をしたのですが、その後、むくみがなくなって経過観察中です。注射の効果は普通2〜3ヶ月なので、とっくに薬効は無くなっているはずなのですが、幸いその後むくみが出ずに現在に至っています。以前は、パソコンに向かうのも日に30〜40分と決めていた [続きを読む]
  • 最強力粉のカンパーニュ・パンの保存
  • 最強力粉スーパーキングを使って田舎パンを焼きました。シンペル型を使って発酵したパンですが、やはり国産小麦のパンに比べるとかなりボリュームが出ますね。いつもの粉で作るより2回りくらい大きくて見栄えもします。天板1枚に1つずつ生地をのせて、オーブンの中を2段にして焼いたのですが、いつもより釜伸び(オーブンの中での膨らみ)が良すぎて、少し焦げてしまいました。夏の暑い時期は、小麦粉を冷蔵庫で冷や [続きを読む]