風媒花 さん プロフィール

  •  
風媒花さん: 風媒花
ハンドル名風媒花 さん
ブログタイトル風媒花
ブログURLhttps://ameblo.jp/fuubaika/
サイト紹介文松本零士先生の零時社に勤務しながらオリジナル作品を作り続けている板橋克己を、断固として応援中!
自由文メカデザイナー板橋克己のマネージャーです。日常生活や、日ごろ考えていることの他、板橋克己の情報(個展など)。零士ワールドサミットの情報。零時社や松本先生の情報。リアルメーテル楠本高子について、調査し、考察したことも「孝子物語」としてまとめています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供195回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2016/07/06 10:14

風媒花 さんのブログ記事

  • お城の高子ちゃん(69)
  • スペースプレーン1998には、多くのアクセスをいただきました。メカは、殿の本領発揮です。4コマは裏芸になりますが、『お城の高子ちゃん』も掲載を続けます。私の原作は、ほぼ完結しました。(ストーリー的にはとっくに終了していますが、殿の絵ができてきてからコマを割るのが癖になってしまいました)完結のあかつきには、またまた殿のお手をわずらわせてしまいますが、印刷・製本して有料配布することになると思います。まとめて [続きを読む]
  • スペースプレーン1998(恒河沙)
  • さあて!我が殿(メカデザイナー板橋克己)のオリジナルデザイン恒河沙シリーズが、動画でお目見えすることとなりました。殿みずからが、制作・公開の作業をなさっています。 これまで展示会で原画が公開されてきた、私の大好きなメカたちです。今後はこれらのメカが、お手持ちのパソコンの画面でご覧になれますぞ! 非常に多数あります。続々登場しますので、お楽しみに! URLは、https://www.youtube.com/watch?v=XFGgs-Ee0Yg [続きを読む]
  • お城の高子ちゃん(67,68)
  • 漫盲のかたは今、全人口に対してどのくらいの比率でいらっしゃるのか、わかりません。アンケート調査をしてもわからないと思います。なぜなら漫盲のかたも、「自分は漫画を読める」と思っているからです。 吹き出しの中の字が読め、絵は何を描いてあるのかわかる。それで、「自分は漫画を読めている」と思っていらっしゃるのです。(読めてません、などと言ったら怒るか、え?と不思議がるでしょう) 「漫画は読まない」と言う人の [続きを読む]
  • 生誕110年 東山魁夷展
  • 昨日のこと。国立新美術館で開催中の「生誕110年 東山魁夷展」へ。http://www.nact.jp/exhibition_special/2018/kaii2018/国立新美術館といえば、宇和島藩伊達家上屋敷の跡地。(広大です)別に高子ちゃんにちなんだ訳ではなく、やっぱり東山魁夷と司馬遼太郎は国民的人気の人。押さえておかないと、ですね。http://kaii2018.exhn.jp/東山魁夷の絵はいわゆる日本画でありながら、輪郭線がない。そもそも線というものが画面にない。 [続きを読む]
  • 殿と観光協会へ
  • 10月も明日で終わり。 殿と、北区観光協会へご挨拶に行くことに。(私は何度か訪問していますが、殿は初めて) 北とぴあの正面入り口をはいると、 そこは広いホール。まっすぐ歩きます。ボケ写真でごめんなさい。 2階に昇るエスカレーターと階段が、正面に見えます。その横の通路をずんずん直進。(ゆるい坂を下りていく感じ) 恒河沙の打ち上げで毎度使っているキリンシティを横目に見て、なおずんずん。(階段を降りると、地下展示ホ [続きを読む]
  • お城の高子ちゃん(66)
  • 第66回です。あの人にそっくりな実在の女性、楠本高子ちゃんのお話。 長崎で祖母に育てられ、13歳になった高子ちゃん。実母の楠本イネと共に、宇和島のお城に向かって旅をしています。宇和島から護衛に来てくれた侍たちが、ちょっとナニなので…心配かも? 未婚で高子ちゃんを生み、強く雄々しくカッコよく成長した母のイネちゃんが、いよいよ本性をあらわします!高子ちゃんは黒髪、イネちゃんは茶髪です。 [続きを読む]
  • 横山崋山
  • 友人のnyasperさんも見に行って、記事を書かれています。こちらも読んでくださいね。https://ameblo.jp/aoisola55/entry-12412280528.html 横山崋山 東京ステーションギャラリーhttp://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201809_kazan.html 一緒に行った夫に言わせると、東京ステーションギャラリーはマイナーな、しかし力のある画家を発掘して、いち早く紹介する、「目のある」所。ここの展示から火がついて、評判になり、 [続きを読む]
  • お城の高子ちゃん(65)
  • 手塚治虫が戦後、爆発的にヒットさせたのが、漫画の映画的手法です。これにより、漫画の絵が動いて見えるようになりました。今の漫画は、残らずこの手法で描かれています。(漫画家はほぼ無意識でこれをやっています) 「動いて見えない」と言う人も、時折いますけれども。前々回のブログに書いた漫盲か、あるいは「よく動く漫画」に当たっていないから、だと思います。よく動く漫画は、本当に物凄い勢いで、よく動きます。(中には [続きを読む]
  • 誕生日なので
  • 夫から花をもらいました。毎年もらっているんですが、今年は黄色。 殿からいただいたカードは一人占め。公開せずに私だけで楽しみます!ふっふっふ。 [続きを読む]
  • お城の高子ちゃん(64)
  • 漫画原作のみならず、何か書く時にはなるべく現地に行ってみたい(見たい)、と思っています。一度行ったきりでは、そこの土地を理解できないのは当然です。でもまったく行かないのとでは、凄い差がある気がします。 この第64回で登場する変な人(ウシオニ仮面)は、今後重要なキャラクターになっていきます。ウシオニは宇和島で愛されている(?)妖怪。水木しげるの漫画で読んだ時には、確か「ぎゅうき」と読みました。宇和島だけで [続きを読む]
  • お城の高子ちゃん(63)
  • 地方に行くとよくお目にかかるのが、漫盲のかた。特にある程度お年のいったかたに多いですね。漫画を読めないかたです。いや、東京にも沢山いらっしゃいます。 文盲と言いますが、漫盲はコマを目で追うのがやっと。台詞を読むのにも時間がかかり、「漫画を読むのは苦痛」とおっしゃいます。漫画の魅力が理解できないので、「くだらん」と思い、漫画家や漫画好きを内心見下しておられます。(どうも絵と台詞を別々に見ているようで [続きを読む]
  • お城の高子ちゃん(61,62)
  • 本日は一周年記念、二本掲載です! 一年間で、60本消費したってことですね!掲載はまだまだ続きますが、執筆のほうはストーリーがクライマックスに近づきました。書き甲斐があります。(^o^) 連載漫画の絵は、続けて描いていくと、一年間で物凄く変化します。経験上、ほぼ一年後の絵が、その漫画家のもっとも良い個性が出た絵になる、と思っています。いかがでしょう、殿の絵も素晴らしいですね! [続きを読む]
  • お城の高子ちゃん(60)
  • そろそろ連載1周年らしいです。 ストックが来年4月分まである(余裕)と聞いて、「記念に、3本載せでもします?」と殿にうかがったところ、「場所がないので無理」(殿はホームページに掲載しておられます)とのこと。 殿はこの漫画の他に、零士ワールドサミットをにらんだ制作もしていらっしゃいます。大殿のお名前を冠したサミットですが、MECCANISTA(板橋克己ファンクラブ)として使い慣れたメイン会場、北とぴあ。これはかなり、「 [続きを読む]
  • シロクマ来たる
  • 昨夜、鹿児島から届いたクール便。ミスター・グスタフ艦こと、板橋ファンのSさんが送ってくださった、シロクマ!\(^^)/ シロクマ評論家(別名、シロクマ中毒)となられた殿のために、わざわざ本店から手配してくださったのです。私までお相伴にあずからせていただき、なんとも申し訳ない気分。 鹿児島にうかがった時はまだ肌寒い気候でしたが、この夏の記録的な暑さの中で、殿は毎日のようにシロクマシロクマと、言われていま [続きを読む]
  • お城の高子ちゃん(58,59)
  • またまた予告しそこなっていまいましたが、月に一度の二本掲載。今回は第58回と、第59回です。 昨日、殿とお会いし、渋谷で遊びました。今さらながらですが、ニュースによれば昨日は安室奈美恵の引退興行が沖縄であり、沖縄に行けなかった安室ファンが渋谷に集結していた、とのこと。殿も私もチマタのそんな状態には興味がなく、まっしぐらにプラネタリウムに行き、零士ワールドサミットへの心の準備をしました。 コスモプラネタ [続きを読む]
  • 最近の赤羽
  • 来年の零士ワールドサミットのために(?)、赤羽に新しいホテルができかかっています。駅が近く、周囲に飲食店も多いです。宇和島の伊達鯛って?サミットの日程が決まったら、遠隔地のかたは、即行ホテルの予約を!(このブログでお知らせする情報が、たぶん一番速いです) サミットの会場は、板橋組の聖地、北とぴあ。 [続きを読む]
  • お城の高子ちゃん(57)
  • 今週は「涼しい」という予報です。この夏の暑さにはまいりましたね。でもやっと…秋の声かな?それともまた暑さがぶり返し、涼しいのは今週だけなのかな? 格別の暑さゆえか、殿は近頃、「シロクマ研究家」を名乗っておられます。(この中の、B.Bヤードのシロクマの項に、写真あり)http://meccanista.com/ 大殿は暑さにもまったくめげず、全国各地のイベントに顔を出しておられますが…若い我らも負けてはいられないところ…負けっ [続きを読む]
  • 東京北区観光協会(零士ワールドサミットの主催者)
  • 【お知らせ】助成金の関係で、零士ワールドサミットの主催者は東京北区観光協会(一般社団法人)となりました。 今後、こちらのホームページにサミットのお知らせ(公式発表)が載ります。いち早く情報を得たいかたは、マメにチェックをどうぞ!http://prkita.jp/(ホームページはまだ整備されていませんが、徐々に形を整えていきます) もっともサミットの本チャンもまだ当分先の話なので、当ブログに載る裏話のほうが面白いかもしれま [続きを読む]
  • お城の高子ちゃん(56)
  • 『恒河沙2』を、北とぴあのドームホールの全天に見事に投影できた件を、殿にご報告したら、殿はいたくお喜び。(『恒河沙2』は、動く画集というイメージの映像です)頭の中が、新しく作りたい映像で一杯になったそうです。 4コマ漫画も描き慣れてきましたが、やはり本性はメカ屋さんなんですねー。 殿は若い頃、特撮映画『2001年宇宙の旅』に刺激を受けて、SF漫画を描き始められました。(実は当初は、松本零士のアニメや漫画は、念 [続きを読む]
  • ドームホール(北とぴあ)
  • 零士ワールドサミットの準備にいそしんでおります。 今日は、メイン会場であるところの北とぴあへ。https://www.hokutopia.jp/ 元はプラネタリウムとして、お子様の科学教育のシンボル的に使われていた、ドームホール。ここを漫画アニメオタク向きに改造しようという企てに関わる、下見をしました。 暗くすると、こんな感じ。 もちろん「恒河沙」のプレゼンもやってしまいました。 ドームの天井一杯に板橋宇宙船が投影された時に [続きを読む]
  • 懐かしい映像(恒河沙)
  • mixiの頃に作った映像の数々を、ゆえあって見返していたら、まじ感動! 改めて言うのもなんですが。制作してくださった@とりさん、本当にありがとうございました!m(__)m ブログ読者の皆様にもお目にかけたいけど、無理ですので、Youtubeにアップされていたほんの一部を貼っておきます。 殿もご覧くださあい!懐かしいでしょ。 [続きを読む]
  • お城の高子ちゃん(55)
  • 零時社には、チーフという役職名(?)は存在しないそうです。でも、殿は事実上これ(チーフ)に違いありません。 しかも、MMプロ時代から仕事をしてきておられるため、少女漫画(牧美也子先生)もOK。「なんでも描ける」という点で、これ以上のかたはいません。 私は思春期から漫画マニアでした。当時の漫画友達が何人か、スタジオゼロ(トキワ荘出身の漫画家たちが作った会社。零時社と語感が似ていますが、無関係!)のチーフになりま [続きを読む]
  • チーフ様はなぜ怖い?
  • 漫画家のプロダクションのチーフ・アシスタント様が、なぜ周囲から恐れられているのか? 業界のかたにとっては当たり前のことですが。前回書いてみて、知らない人も多いのかも、と思ったので、補足しておきます。 先生を道場主とすれば、チーフ様は師範代。修行中のアシたちから見ると、漫画の描き方を教えてくれる先輩で、直接の師匠です。 チーフ様に「描き直し!」と言われたら、OKが出るまで何度でもやり直さなければなりませ [続きを読む]