The orthodox civilization is the festival politics さん プロフィール

  •  
The orthodox civilization is the festival politicsさん: The orthodox civilization is the festival politics
ハンドル名The orthodox civilization is the festival politics さん
ブログタイトルThe orthodox civilization is the festival politics
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/nippon888
サイト紹介文「安藤真の『世界文明の正統は』」の続き、祭政は人間中心を超え物質文明を越える、これを受け継いでいるの
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供233回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2016/07/07 17:19

The orthodox civilization is the festival politics さんのブログ記事

  • The Japanese who have blue eyes・青い瞳の日本人 again 4
  •  この一文は本当なのか、本当ならば、それは、どこの地域なのか。 「この国の人は 日の本の故にや 色白くして眼の色 青きこと多し」 フシギな一文ではある、「日の本」の「の」を取れば「日本」、さあー タイヘンなことになった。 『人国樹』は室町期の成立、室町は1336〜1588年、これは16世紀ごろの作だろう。 いろいろな説があり、なにがなんだか、ゼーンブ・パス、この「日の本」が「日高見(ひたかみ)国」という意見 [続きを読む]
  • The Japanese who have blue eyes・青い瞳の日本人 again 3
  •   この女性は「男衾三郎絵詞」に登場、クチャクチャの髪はウェーブの髪の毛で白人に多い、日本人は、日本人の多くは、ストレート・直毛、毛髪の断面がラウンド(丸く)になる、この画家は、明確な意図を持って描いたようだ、日本人としては珍しい。 この女性の一般的解釈は縄文人タイプ、だが、ちょっと引っかかる、それだけなのか。 縄文のオトコの四角い顔は、女性では丸顔になる、吉永小百合が縄文人タイプで倍賞千恵子は弥 [続きを読む]
  • The Japanese who have blue eyes・青い瞳の日本人 again 2
  •       ここに登場する黄色い髪・高い鼻の男は何者であろう、明らかにフツーの日本人ではない。 この絵は「男衾三郎絵詞(おぶすまさぶろうえことば)」で、鎌倉時代の作、鎌倉は1185〜1333年。この絵詞は武蔵の国の男衾三郎と吉見二郎の兄弟の生活を描いている、上京する際に盗賊に襲撃されるのだが、このオトコ、ヘンな奴だ、外国人と言う説もあるが、それにしてはファッションが身についている、あるいは「この国の人は 日の本 [続きを読む]
  • The Japanese who have blue eyes・青い瞳の日本人 again 1
  • " This area is called as Hi no Moto , therefore they look Caucasian and many of them may have blue eyes ."  「この国の人は 日の本の故(ゆえ)にや    色白くして 眼(まなこ)の色 青きこと多し」                 − 人国記 −  I want to think about the people who have blue eyes again . It was so enchanting for me to research it . After my travelling to Italy , I went to U [続きを読む]
  • The truth of the history・歴史の真実
  • After last World War、the Zionist succeeded in establishing their own country . It was Israel , they declared proudly , " We can build my country in Palestina ." But , they dud not say about the people who lived there over several hundred years . And , Israel condemned them to exile who were 7 hundred thousand people . Of course , many journalists filmed the accident , but we can not see [続きを読む]
  • Palestina から来た人 下
  •  さまざまな国際謀略のアミの目、よくぞやってこられたものだ、これは、やはり、アメリカ側についていたからだろう。 有形無形の援助と好意があったのではあるまいか、アングロサクソンを味方にすれば、彼らと密接な関係のあるユダヤ情報グループが手をゆるめる。 「ゆるめる」といえば、岐阜県の杉原記念館には多くの白人観光客が訪れている、彼らはイスラエル人、あのエピソードを知っているのだ。 ところで、イスラムの人々 [続きを読む]
  • Palestina から来た人 中
  •      ネットには、さまざまの情報が飛び交う、あの国の慰安婦問題について、 「イスラエルの秘密グループが アドバイスしているんだ」 どーして、 「ニッポンをケンセイするためだよ」 「あんましアラブ世界に近づいっちゃあ ダメだってことかな」 そして、70年前に目を向けさせようというのだ。 だったら、こっちも杉原千畝さんだけでなくって、一大キャンペーン、それは、この間の大戦中上海には数万人のユダヤ人が [続きを読む]
  • Palestina から来た人 上
  •   放送大学の高橋先生は、いい研究をしている、on last Saturday 、第二次大戦後、 「ユダヤの人々が パレスチナの地に入植しました 長年の悲願がかなえられたと報道されています」 まるでだれもいなかった土地であるかのような伝えられかただ、ところが、 「ここには 70万人のパレスチナ人が いたのです」 ありとあらゆる方法で彼らは追い払われた、言語を絶する苦難の放浪生活、野宿のテントに入りきれない、そこで、 [続きを読む]
  • ニッポンの政治的未来 下
  •   昨夜の「ブラタモリ」は黒部ダムの秘話、資金を出している世界銀行は、高さが186メートルのプランを150メートルにするようにクレームをつけてきた、しかし、そうすると水量が半分になり、計画通りの電力が確保できない、そこで、関西電力は。徹底したロック検査をして岩盤が大丈夫だと証明し、世界銀行の説得に成功した、当時のエンジニアの意地と気骨が伝わって来た。  ところで、官僚はキレイな答案を書きたがる、しかし、経済現象 [続きを読む]
  • ニッポンの政治的未来 中
  •  サラリーマンのような候補者が多い、これでは・・・そして、今回、今のソーリの力量と本質が暴露してしまった、この人は、 「一種のタレントなんだな」 つまり一流の政治家ではないということ、それでもおバカのトランプとひねくれもんのプーチンとお友だち、   「これは ニッポンの財産ではある」 今の世界に、こんな人はいない、だから、 「しばらくカツヤクさせてもいいかな」 この判断が、どのくらいオモテの数字に [続きを読む]
  • ニッポンの政治的未来 上
  •  今回の総選挙、魅力のある候補者が見当たらない。 先日、友人が、  「吉田茂みたいな政治家が 欲しいね」 私は、それほど知らないのだが、戦後の日本を再建したことは知っている、まだ明らかにされていない秘密交渉もあるんだろう。 かつては、賀屋興宣・前尾繁三郎・大平正芳、そうそう田中角栄はどうか、それに河野洋平の父の一郎、サラシを巻いて日ソ漁業交渉、通訳一人だけをつけて直談判、 「ホンネを言うから ホン [続きを読む]
  • White birds of my boy's day ・遠い少年の日の白い鳥 21
  • A man in his 50's stayed there . When he was a student of Tokyo Agriculture University , he went out with a student mobiligat
    ion and survived , but lost the power to live completely .. His grandmother took him seriously , " So . he does not have slop
    py so much . At that time , the United States and the Soviets were in conflict , he said , " It isn't good thing .&quo
    t; I can not forget his sad expres [続きを読む]
  • Let's improve Tokyo into Paris・東京をアジアのパリにする 冬
  •  ヨコハマの中華街、 「ほんとにうまけりゃあ 地元が通う」 ヨコハマっ子はシンラツだ、味が落ちた、田舎者好みの味か。  遠い少年の春  汽笛の音  白人の少女 野毛の坂 もうひとつの少年の季節   山国の大寺の生活とは、なんという違いだろう、少年のこころは意外とタフなのかもしれない、今なら耐えきれない。 海の彼方へのあこがれ、青い海・白い船、ちいさな妹と弟、みんな消えてしまった、人はなぜ。この不条 [続きを読む]
  • Let's improve Tokyo into Paris・東京をアジアのパリにする 秋
  •   ラーメンの次がギョーザらしい、外人観光客の和食ブーム。 トンカツ定食はどうだろう、イスラムとユダヤはダメだが、キャベツとソースの絶妙なコンビ、分かるんじゃあないかな。「深める」という日本の文化・伝統が成果を上げていて、中華のメンやギョーザを打ちまかしている、こっちの方がうまい。 ギョーザに凝(こ)ったことがあり、評判のミセを食べ歩いた、自由ケ丘に数十種類のギョーザを出す店があった、 「ひとつで [続きを読む]
  • Let's improve Tokyo into Paris・東京をアジアのパリにする 夏
  •   続々と来ている、渋谷のスクランブル交差点では、 「ワオー」 なにが面白いのか、行ったり来たり、ハチ公といっしょに「パチリ」。 原宿もタイヘンだ、100円ショップではカゴ一杯の買い物、イスラムの女性は甘いもの、フランスの子供は水デッポウ、フロアに寝そべってイエロー新幹線、ジャマったらありゃあーしない、なぜ人気なのか、 1、安全である 2、清潔である   3、ワショク《和食)の魅力    4、おつり [続きを読む]
  • 才子と策士の低次元の対決 下
  •  今の総理は3代目、生粋の政治家か、父親は人間魚雷の回天で出撃する予定だった、出撃していれば、今の総理はいない、 「いい学生から 先に死んでいったんです」 学徒出陣だ、老教授は、 「経済学部の学生が 多かったんです」 「法学部は どうでしたか」 「彼らは 合理主義者ですからね」 あの三島由紀夫について、 「うしろめたい気持ちがあったんだと思います」 「あんな風に見えても 青春の悲しみを引きずってい [続きを読む]
  • 才子と策士の低次元の対決 上
  •  ニッポンの政治が、一気に流動化した、どうなるか。  民進党を解体して「希望の党」に合流、民進党には政党助成金の100億円があり、希望の党には人気がある。 一方、自民党はジバン(組織票)とカバン(お金)・カンバン(知名度)があり、浮動票の動向、これからの国際状況、どちらに風が吹くか。 北朝鮮が水爆実験をするようだと自民党が有利、だが、選挙民は、そろそろアベ政治のカラクリに気づき始めたのかもしれない、 [続きを読む]
  • White birds of my boy's day ・遠い少年の日の白い鳥 15
  • I watched all pigeons of the park flied away at once . One pigeon flew and it is not that another follows , but everyone did at th
    e same . Why is this possible ? Synchronicity of Jung seems to mention it , but the cause of the synchronicity is unknown . I
    t is not the time , but an instance . It is not the logic . but an action By the way , it is one thing that can be explain
    ed . it i [続きを読む]