KA-KU奈良店 さん プロフィール

  •  
KA-KU奈良店さん: 幸せ文具日和
ハンドル名KA-KU奈良店 さん
ブログタイトル幸せ文具日和
ブログURLhttp://kakunara.blog.fc2.com/
サイト紹介文万年筆やボールペンを使って書く事の楽しさを伝えたい、そんな思いで更新しております。KA-KU奈良店。
自由文書くことをコンセプトにした、万年筆とボールペンの専門店が、KA-KU奈良店として、2016年2月17日に誕生しました。文房具好き、ステーショナリー好き、書く事が好きなの皆様はもちろん、今まで万年筆に触れる機会が無かった方々にも、是非ご参加頂きたくはじめました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供168回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2016/07/07 19:04

KA-KU奈良店 さんのブログ記事

  • ツイスビー・エコシリーズ
  • もともと有名ブランドのOEM会社として実績を積んでいた台湾の三文堂筆業(1968年創業)がその技術を生かして2009年にスタートさせたのがTWSBI(ツイスビー)です。TWSBIとは三文堂の音読み「San Wen Tong」の頭文字を逆さにし、末尾に筆を意味する「BI」を付けたもの。そのツイスビーのエントリーモデルがエコシリーズです。本格的なピストン吸入式万年筆なのに手頃な価格。ステンレスのペン先はしっかりとした書き味を実現し、座って [続きを読む]
  • セルロイド万年筆
  • しばらく受注停止となっていたプラチナ万年筆のセルロイドシリーズ。KA -KU奈良店にまとめて5本入荷しました。(残念ながら今回キンギョは入っていません)落ち着いた色味のもの、色鮮やかなもの、その全てがうっとりするような美しさ。あなたに似合う一本を見つけてください。写真上からイシガキ・ベッコウ・ミッドナイトオーシャンエメラルド・サクラ各35,000+税〜KA -KU奈良店ノートの日〜製本代(¥300+税)が無料になるノートの [続きを読む]
  • 手の中のアート
  • ACME(アクメ)はアクセサリーを製作するデザイン工房としてスタートしたブランドで、エイドリアン・オラブエナガと妻、レスリー・ベイリーによって1985年ロサンゼルスに設立されました。これまでに150組以上のアーティストとコラボレーションしてきたアクメのスタンダードペンのご紹介です。フランク・ロイド・ライトやガウディ、イームズなどのデザインがボディに施されており、見た目にも楽しい筆記具です。もうすぐ新学期。節目 [続きを読む]
  • 「書く」に向き合う
  • 「みなさん、どんな時に万年筆を使おうって思うんでしょう?」先日KA -KU奈良店で万年筆をご購入いただいた男性の言葉です。プレゼントしてもらったから、流行っているから、失くしたと思っていたものが出てきたから、遺されたものをよみがえらせたい、などその理由は様々です。中でも私が印象的だったのは「書くことに向き合いたい」という男性の言葉。これまでにも仕事で文字を書いてはいたけれど、もっとしっかりと書くことに向 [続きを読む]
  • 8月15日に
  • 今日は8月15日。奈良では午後8時から戦没者慰霊の大文字焼きが行われます。8月は「いのち」について考える機会の多い月です。今日はこんな詩をご紹介します。生きる 谷川俊太郎生きているということいま生きているということそれはのどがかわくということ木もれ陽がまぶしいということふっと或るメロディを思い出すということくしゃみすることあなたと手をつなぐこと生きているということいま生きているということそれは [続きを読む]
  • 書くだけ、大歓迎
  • 万年筆、と一口に言ってもペン先の素材や字幅、ボディの太さ、ペン全体の重量などによって書き心地は変わります。また、使う人の筆圧や書き癖も大きく影響します。どんな万年筆が自分の好みに合うのか、それを知るためにも試し書きは欠かせません。KA -KU奈良店では座って試し書きができるスペースを設けています。「今日は買うつもりないけれど……」なんて心配ご無用。書くだけ、大歓迎です。いつでもお気軽に来てください。普段 [続きを読む]
  • イベントのお知らせ
  • 今日から8月。夏休み真っ只中!ということで、KA -KU奈良店では8月12日に「万年筆で写経をしよう!」というイベントを開催します。100円均一のお店でも写経用紙が売られていて、今、静かなブームとなっている写経。今回はお手本を見ながら満寿屋の原稿用紙に万年筆で写経する、をテーマにしています。この機会を通じて、万年筆の楽しさを知っていただけると嬉しいです。お買い物の合間にお気軽にお立ち寄りください。11:00〜16:00 [続きを読む]
  • 涼しげな万年筆
  • 不思議と夏に使いたくなる透明軸の万年筆。KA -KU奈良店でもいろいろな透明軸を扱っていますが、今日はドイツ・ペリカン社のクラシックM205デモンストレーター。お見合い写真を撮り直しての再登場です。シルバーの金属パーツがより涼しげな印象です。軸に直接インクを貯めこむピストン吸入式なので、インクのゆらめくさまが美しく見えるのも嬉しいですね。さわやかな色のインクを入れて手元を涼しく彩ってください。ピストン吸入式 [続きを読む]
  • リラの鉛筆
  • KA -KU奈良店のひそかな売れ筋商品がドイツのリラ(LYRA)の鉛筆です。太めに作られた軸は持ちやすい三角形。丸いくぼみには、正しい持ち方のためのガイドの役割が。可愛いだけじゃない、考えられた設計です。鉛筆を使い始めた子どもさんのためにお母さんが買っていかれます。鉛筆を正しく持ってほしいと願うのはみんな同じなんだなぁ。そういえば私も姪っ子に「正しい持ち方‼?」って口うるさく言ってしまっています。でも、大事な [続きを読む]
  • 849カランダッシュ×ネスプレッソ
  • スイスを拠点とするカランダッシュとネスプレッソがコラボレーションした限定ボールペンのご紹介です。『849カランダッシュ×ネスプレッソ』ネスプレッソの「セカンドライフプロジェクト」は使用済みのアルミニウムカプセルから新たな商品を作り出す活動で、同社のリサイクルの取り組みが25周年を迎えたことを機にスタートしました。このプロジェクトにカランダッシュが参加し生まれたのが、このボールペンです。ボディには「Made [続きを読む]
  • #3776センチュリー薫風
  • 先月発売の『趣味の文具箱vol.46』の表紙を飾った万年筆。美しいブルーグリーンに目を奪われた方も多かったのではないでしょうか。その、プラチナ万年筆#3776センチュリー「薫風」がKA -KU奈良店にも到着しています。昨年の「春暁」に続く富士旬景シリーズの第2弾。富士を望む山々の緑や青をイメージした美しい色はプラチナ万年筆のオリジナル翠風色(すいふういろ)。軸に施された曲線は新緑をかけぬける風を表現しています。日に日 [続きを読む]
  • 道具を受け継ぐ
  • 最近私のもとへやってきた古いパイロットの万年筆。かつての祖母の愛用品です。祖母より祖父が万年筆を使っている印象を私は持っていたので、「祖母の万年筆」は正直ちょっと意外でした。でも、赤い細軸のそれは小柄だった祖母によく似合っていただろうなぁ。使われなくなってからずい分時が経っていたのでペン先の洗浄にかなり手こずりましたが、すっかりきれいになりました。14金のペン先はやわらかく、そのため優しい字が書ける [続きを読む]
  • パーカージョッター万年筆
  • パーカーの初代ボールペンとして60年以上愛され続けているジョッターにこのたび万年筆が登場しました。パーカーの通常万年筆の細字よりペンポイントを小さくしたペン先はジョッターのために新たに開発されたもの。紙との接触面が少なくても繊細な線を滑らかに書ける設計になっています。発売前にメーカーさんからこの万年筆を紹介され、試筆した時、予想以上の書き心地にびっくりしました。万年筆の入門編としてビギナーさんにおす [続きを読む]
  • オールブラック続報
  • サファリの2018年限定色オールブラック。もうご覧になりましたか?定番の茶色を帯びた黒に対してより深い黒が印象的です。それにしても、なぜ、あえて黒なのか。実はヨーロッパでは定番のブラックがサファリの一番の売れ筋なんだそう。(そういえば、現在公開中の映画『Vision』(河瀬直美監督作品)でもフランス人女優ジュリエット・ビノシュさんが定番のブラックのペンシルを使われていました)カラフルなイメージが強いサファリの限 [続きを読む]
  • マカサウッド
  • ファーバーカステル伯爵コレクションのアイコンであるフルート(縦溝)を軸に刻んだクラシックシリーズ。さまざまな希少価値の高い木材をボディに使用している気品あるシリーズです。昨年新たに登場したマカサウッド。エキゾチックな雰囲気が魅力です。マカサウッドは楽器や寄木細工に用いられる高級木材で木目ひとつひとつが豊かな表情を見せています。ブランド初となるPVDコーティングが施された金属パーツは深く黒く輝きます。既 [続きを読む]
  • クラシックM205デモンストレーター
  • ドイツ・ペリカン社から人気の限定品クラシックM205デモンストレーターが届きました。もともと吸入機構を説明するためのデモンストレーション用として作られたモデルで2000年に製品化され、これまでにも様々なシリーズで発売されてきました。金属パーツがシルバーのM205は2006年以来12年ぶり。キャップ天冠リングカラーが2006年のブラックからシルバーに変更され、より上品な仕上がりになっています。カラーインクが楽しめるという [続きを読む]
  • サファリ2018オールブラック
  • 毎年人気のラミー・サファリの限定色。2018年はオールブラック。定番のブラックやシャイニーブラックとは一線を画す深いブラックです。ボディはマット素材で仕上げられ、クリップとペン先も黒というまさに黒づくしのクールな一本。ご自身のコレクションにそしてもうすぐやってくる父の日のギフトにもおすすめです。万年筆スチールペン先(EF:極細、F:細字、M:中字)4,000+税ノック式ボールペン2,500+税〜KA -KU奈良店ノートの日 [続きを読む]
  • アンビション オプアート フラミンゴ
  • スリムなフォルムが美しいファーバーカステルデザインコレクションのアンビションシリーズ。その中でも幾何学的な柄が印象的なオプアートシリーズに限定色が登場しました。『アンビション オプアート フラミンゴ』オプアートとは図柄が浮き上がったり動いたりして見える錯視や視覚の原理を利用した絵画・彫刻のアートのこと。フラミンゴの名の通り鮮やかなピンクで仕上げられた軸は手元も気持ちもパッと明るくしてくれます。万年筆 [続きを読む]
  • 849アレキサンダー・ジラード
  • スイスのカランダッシュ社の人気商品849ボールペンに個性的な限定品が登場しました。ヴィトラ社とのコラボレーションにより実現した『849アレキサンダー・ジラード』。ドイツにあるヴィトラ デザイン ミュージアム所蔵のコレクションから選ばれた柄は2種類。ピンクの「チェックストライプ」とブラックの「ダブルトライアングル」。チェックストライプにはローズゴールドの、ダブルトライアングルにはマットブラックのノックボタン [続きを読む]
  • 5月13日、母の日
  • もうすぐ母の日。今年は5月13日です。日頃の感謝を込めて、贈り物をする方も多いと思います。KA -KU奈良店でも優しい色合いの筆記具を揃えています。仕事を頑張るお母さんへとっておきの一本を贈りませんか?〜KA -KU奈良店ノートの日〜製本代(¥300+税)が無料になるノートの日。5月の2回目は13日、母の日に実施いたします。 [続きを読む]
  • ペン先調整会を終えて……
  • 4月26日、27日に開催いたしましたペン先調整会。平日だったにも関わらず、KA -KU奈良店にご来店いただきました皆さま本当にありがとうございます。そして今回もPen and message.の店主・吉宗さんに大変お世話になりました。12:00から20:00と長時間でしたが、終わってみればあっという間。スタッフ愛用の万年筆もメンテナンスしていただき、(私自身は見ていただいた3本全てが調整の必要なしとの判断でまたもや吉宗さんをガッカリさ [続きを読む]
  • アルスター2018ヴァイブラントピンク
  • 毎年人気のラミーアルスター限定色。2018年の「ヴァイブラントピンク」がKA -KU奈良店にも到着しました。少し渋みのあるマゼンタピンクが華やかに手元で輝きます。お買い上げ特典として万年筆には軸と同色のカートリッジを、ボールペンにはマグネットをご用意しています。(数に限りがございます)アルスターヴァイブラントピンク万年筆(EF:極細、F:細字、M:中字)5,000+税ノック式ボールペン3,500+税ボトルインク1,300+税〜KA [続きを読む]
  • いよいよ明日から!
  • KA -KU奈良店では明日26日(木)、明後日27日(金)にペン先調整会を開催いたします。Pen and message.の店主・吉宗さんをお迎えする約1年ぶりのイベントです。スタッフ一同、とても楽しみにしています。詳細は下記の通りです。開催時間:各日12:00〜20:00料金:ペン先調整 税込3,500字幅変更 税込8,500KA -KU奈良店でお買い上げの10,000+税以上の万年筆はペン先調整1回限り無料です。必ず保証書をお持ちください。今回は平日の開 [続きを読む]
  • クロスATX 新色
  • クロスの人気商品ATXにプレミアムな新色の登場です。流線型の太軸ボディにダイヤ柄が彫刻され、親しみやすさの中にエレガントさが宿っています。クリップなどのパーツを彩る光沢のある黒もポイント。ビジネスシーンのお供に新しいクロス、いかがですか?写真上からブラッシュトブラックブラッシュトローズゴールドブラッシュトクロームツイスト式ボールペン 各8,000+税〜イベントのお知らせ〜4月26日(木)、27日(金)にPen and mes [続きを読む]