酒場ナビ さん プロフィール

  •  
酒場ナビさん: 酒場ナビ
ハンドル名酒場ナビ さん
ブログタイトル酒場ナビ
ブログURLhttp://saka-navi.com/
サイト紹介文イカ・味論・カリスマジュンヤの3人組による"ちょっと変わった"酒場ブログ
自由文キャッチコピーは「すいません、焼酎濃い目でお願いします」です。
都内を中心に酒場や食堂めぐりをしています。
訪れた大衆酒場や居酒屋の情報をおもしろおかしく紹介したブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供125回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2016/07/07 21:00

酒場ナビ さんのブログ記事

  • 駒ケ林「おおはら酒店」神戸長田のオッサンにシバかれた
  • 駒ケ林 神戸の長田区にあるディープタウンだ ディープタウンと言えば当然酒場 駒ケ林は石を投げれば角打ちに当たると言われるほど呑み屋天国 となると訪れずにはいられないのだが・・・ ちょっと怖い・・・ 「駒ケ林行きたいんやけどやー」「ほう」「なんか 一人で行くの怖いねんなぁ」「ワイもいきまっ!!」 と 日時も聞かず同行に承諾してくれたのが・・・ カリスマジュンヤ 小中高大学とガチで野球をやってきたス [続きを読む]
  • 和田岬「高砂」衝撃!!薪で焼くお好み焼き屋さん
  • 神戸 和田岬 三菱重工がでんと 構える工場地帯 三菱絡みのオシゴトをしてなければ地元神戸の人間でもほとんど立ち寄らない地域だ そんな和田岬に味論と一緒にやってきた 目的はモチロン酒場巡り 薪で焼くお好み焼き屋さんがある と聞いては酒場ムラムラを 抑えることが出来なかったからだ 先日記事にした「中畑商店」これが神戸下町の串ホルモンやっ!!「ひかり」愛しの神戸美人はありのままでの 稲荷市場の最寄 [続きを読む]
  • 代田橋「第一食堂」チャーミングママさん酒場漂流記 その2
  • 皆さんは「沖縄タウン」と言う商店街をご存知であろうか? 杉並区代田橋にひっそりとある「和泉明商店街」で“町興し”の為に、沖縄化を狙った商店街の事を言うのだ。 注目すべきポイントは「特に沖縄出身者が多いというわけではない」と言う事である。 その無理やり感にやはり何か心打たれるものがあったしボクは酒場ナビでも沖縄の記事をいくつかあげるくらい沖縄が大好きなので早速やってきた。 このあまり”やりきれてな [続きを読む]
  • 中村日赤「大島屋酒店」時代を越える呑み助たちの駅西
  • モテない男でも稀に女性に好意をもたれたりするもので、それは場所や時間は問わず、突然と訪れたりする。先日、そのモテない男である私とメンバーのイカで名古屋に訪れた時にも、おそらく数年ぶりだろうか、女性に好意を持たれる機会が訪れたのだが、それが奇しくも私の?憩いの場?である酒場であったのだ。 ?駅西にドヤ街がある?駅西とは名古屋駅の西側地区のこと指すらしく、その一部が我々の得意分野である?ドヤ街?を [続きを読む]
  • 富木「内海酒店」全国猫ちゃん酒場漂流記始動
  • 暑い・・・ 汗が目に入って視界もはっきりしない・・・ 足の裏が痛い・・・ 痛すぎる・・・ サンダルを脱いで確認してみる マメができて潰れている そういや昨日からめちゃめちゃ歩いているもんな・・・ 絆創膏を貼りたいがコンビニも見当たらない はたして本当にたどり着けるのだろうか・・・ こんなことなら・・・ 鳳からバス乗っときゃよかった・・・ 富木(とのき) 大阪の天王寺と和歌山をつなぐ阪和線の 鳳より和歌山 [続きを読む]
  • 大曽根「佐野屋」華麗にしてカレーな酒場カップル成立術
  • 『愛知県』…………?『名古屋』…………? 秋田に住んでいた頃も含め、生まれてから約40年間、『名古屋』という土地と全く関係することがなかった……いや、関係する?機会?がなかったのだ。それまで名古屋で思いつくことと言えば、『名古屋城』や『エビフライ』、『きしめん』くらいなもので…… ?まあ、生きてるうちには行くでしょ? その程度でしか思っていなかったのだが……『酒場ナビ』を始めたことで、まさか?名古屋 [続きを読む]
  • 東新宿「山根商店」元精肉店の奇跡!新宿の酒場オアシスはここだっ!!
  • 7月もすでに中盤に差し掛って、暑い日々が続いています。 仕事終わりに猛烈に焼き鳥でビールをキメたい時ってありますよね。 「でも仕事終わりに新宿近辺でサクッと一人で入れる店って少ないんよな〜」なんてお悩みのサラリーマンの方、もしくは一人呑み女子の皆さんに是非ともこの店を紹介したいです。 この日、筆者(カリスマジュンヤ)は夕方までに新宿で用事を済ませ、「どっかで一杯引っ掛けるかぁ〜」とウキウキ気分だ [続きを読む]
  • 久里浜「くりはま家」仲良くなった客とキスをしてお金まで貰った夜
  • 番外編からのつづき(番外編の記事はこちら) 『浜金谷(はまかなや)』での観光の後、フェリーで『久里浜(くりはま)』の港へ上陸した私とイカ、カリスマジュンヤの酒場ナビメンバーは、久里浜の酒場を目指すべく町へと向かった。 「ええ感じのアーケード街やん!」 『黒船仲通り』時間がまだ早かったせいもあり、営業している酒場は少なかったものの、その中でも一際オレンジ色の看板と煌々とした提灯群が目に引く店 [続きを読む]
  • 名古屋「のんき屋」恐怖!!味噌串カツ味噌おでんの魔力
  • 「何 勝手に名古屋行ってるっペよーー!!」 味論が烈火のごとく怒ってきた 先日僕が名古屋に行ったのが許せないみたいだ 「名古屋の道路が 何故あんなに広いか知ってっぺかよ?」「知らんわ」「なんで名古屋は台湾という名前の食べ物が多いか知ってっぺかよ?」「いや 知らんわ」「なんで 宇野がフライをオデコに当てたか知ってっペかよ?」「だから 知らんて」「オラも知らねー!!」「どないやねん!!」「オラも名古 [続きを読む]
  • 【番外編】たまにはメンバー3人で仲良く観光へ行ってみた【浜金谷】
  • 友人にこんな事を言われた。 「酒場ナビって3人いるのに、3人で登場する記事って少ないよね」 たしかに……うーん、そう言われてみれば少ないような…………そこで実際にメンバー3人の登場回を数えてみたのだ。 2018年7月現在、全263記事中―― 『22回』 少ないっ!!全体でたったの8%しか3人での記事がなかったのだ。そりゃ少ないと言われるわけだ。 まぁ、それはそれで別に構わないことなのだが……?仲が悪い? [続きを読む]
  • 船堀「大川原商店」チャーミングママさん酒場漂流記始動
  • 休日 前日の深酒がたたって起きれば15時カーテンを開けると天気は雨 うーん 今日は家で一人呑みか・・・Amazonで頼んだ鍋島があるな・・・冷蔵庫にはポールウインナーもある・・・カワイイ子猫の動画でも見ながらダラダラ呑ってXビデオ見て寝ればいいか・・・ なんて今日の予定を考えてると金髪呑んだくれパンクスことカリスマジュンヤからの電話が鳴る 「イカはん!! 船堀いきまっせっ!!」「・・・ふなぼり」「ギャン [続きを読む]
  • 「岩田屋酒店」西成ドリームガード下トリニティー
  • 『西成ドリームガード下(した)』をご存知であろうか? え? 知っている……? いや、そんな筈はない。なぜなら『西成ドリームガード下』とは酒場ナビメンバーで勝手にそう言っているだけの?造語?なのだから。 私たちが言うその『西成ドリームガード下』とは、大阪府西成にある『新今宮駅』の高架下のことで、そこには『権兵衛』『いわたや食堂』、そして『岩田屋酒店』という呑み助の大好きな焼きそば屋、食堂、立ち飲み屋が [続きを読む]
  • 千種「ぼん」教えたくない店を教えてもらったので名古屋へ
  • 大阪生まれ兵庫県育ち現在 東京在住の僕だがまぁ 44年も生きてると名古屋にも知り合いがいたりする 以前スーパーチャンプルというテレビ番組に何回か出させて頂いた その番組が中京テレビ制作だったので収録はいつも名古屋までいっていた スーパーチャンプルは終わってしまったのだが制作会社の50歳ぐらいの男の人と今でも連絡を取り合っている 「今度 三重の楠にいくんですよ」「ふーん」「せっかくなんで 名古屋で [続きを読む]
  • 成増「やまだや」他 女の子2人を《はべらせて》昼飲みはしご酒をした結果
  • 「あのー、味論さんちょっといいですか?」「なんだい子猫ち…………ああ、君たちか…………」 ある日、職場の休憩所で若い女の子社員2人にこう切り出された。 「わたしたちを《また》昼飲みに連れてってくれませんか!?」 《また》というのは、以前もこの2人の女の子に頼まれて、浅草で昼飲みをしたからである。はじめは下心満載のウキウキ気分ではしご酒をしていたのだが、天真爛漫な若い彼女たちの行動力に翻弄されるだけなら [続きを読む]
  • 楠「宮崎本店」キンミヤの酒蔵見学にいってみた
  • 「この指輪ですか 誕生日だったんで 自分へのご褒美に買っちゃったんです〜」 「仕事頑張ったから 自分へのご褒美に買ったんだ この腕時計」 こんなセリフよく聞く そういやそろそろ誕生日だ・・・ 自分へのご褒美 僕だったらなんだろうか? 野球のフィギュアか? ハードコアチョコレートのTシャツか? 物欲なんてそんなもんだ 高級な店にいってみるのはどうだ 銀座 久兵衛で寿司をつまむ・・・ いや はま寿司で十分だ [続きを読む]
  • 伊香保「ラーメン水郷」石段街は廃墟たちとともに
  • 5月の中旬、群馬県にある『伊香保温泉』に行って来たのだが、私は伊香保どころか群馬県に訪れること自体が初めてであり、小学生が遠足に行く時のテンションの如く、それはそれは楽しみで眠れない前夜を過ごした。 東京から車で関越自動車道に乗り、約2時間半ほどで目的の温泉街へ到着した。 『石段街』言わずと知れた伊香保『石段街』へ訪れるのは勿論のこと…………それとは別で?楽しみ?にしていたことがあった。 石段街 [続きを読む]