酒場ナビ さん プロフィール

  •  
酒場ナビさん: 酒場ナビ
ハンドル名酒場ナビ さん
ブログタイトル酒場ナビ
ブログURLhttp://saka-navi.com/
サイト紹介文イカ・味論・カリスマジュンヤの3人組による"ちょっと変わった"酒場ブログ
自由文キャッチコピーは「すいません、焼酎濃い目でお願いします」です。
都内を中心に酒場や食堂めぐりをしています。
訪れたお店をおもしろおかしく紹介する"ちょっと変わった"酒場ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2016/07/07 21:00

酒場ナビ さんのブログ記事

  • 大須観音「佐喜」生で食べられるハムをはじめて食べてみた結果……
  • 酒場ナビメンバーのイカと名古屋へ来て、<急性味噌中毒>に罹患する少し前のこと。大須観音駅にあるその名も『大須観音通り』という有難いアーケード街を歩いていると、どこからともなく赤味噌の香気が漂い、その元を辿ってみると紅暖簾の前に着いた。 『佐喜』アーケード街の一角に構える小さな店。まだ陽が高いのに、暖簾の間からは地元先輩客らの賑わいが覗く。奥に空いている席が見えたので、仲間へ入れさせてもらうことに [続きを読む]
  • 両国「下総屋食堂」東京都指定民生食堂巡り始動
  • 20年前・・・ 上京したばかりの僕はとあるお笑い事務所のネタ見せで 毎月 両国に来ていた ネタ見せってなんぞや? その名の通り漫才やコントなどのネタを作って事務所の大人達に見せるのだ 大人達が気に入ってくれたらライブに出演できるという流れ 正直ひと月のうちで一番嫌いな日だった ある日ネタ見せ終わりにぷらぷらと国技館裏を歩いていると一軒の食堂が目に入った 財布に余裕はモチロンないがネタ見せをやりきっ [続きを読む]
  • 花小金井「しまむら」一番嫌いだった場所で一番うまい酒を飲む日
  • 今まで自分の歩んできた人生は、結構気に入っている。なんなら、これと同じ人生をもう2回くらい繰り返したい。だから、今パタリと逝ってしまっても?無念?はない。 「なんだ、死んじゃうのか?」と言われそうだが、 私はまだまだ呑み続ける。 何が言いたいのかって、そんな大好きな人生の中で唯一といっていい?嫌いな期間?があるのだ。その?嫌いな期間?である当時20代前半を、『花小金井(はなこがねい)』という駅がある [続きを読む]
  • 船堀「田中や」子供も大人も大興奮!家族で楽しめる駄菓子屋酒場
  • 以前「江戸川競艇場」の近くにある「大川原商店」の記事をイカが書いてたが今回はその後のハシゴ酒の続き。 この日は結果7件ハシゴしたのだが、どの店もハズレがなく良い酒が?めた。 その中でも今回紹介する酒場は特に小さなお子さん持ちの飲兵衛の方に必見だ。 船堀駅から歩いて10分ほどのところにある「田中や」という酒場。 暖簾には「お好み焼」、「もんじゃ」・・・そして「駄菓子」と書かれてる。 「お好み焼」 [続きを読む]
  • 【12.1開催】飽くなき挑戦「一日店長イベント」へ向けてメンバーが語る
  • 2018年8月末、酒場ナビにひとつの《転機》が訪れた。 その名も、『一日店長イベント』である。 幡ヶ谷「大黒屋」、神奈川「みのかん」、稲田堤「たぬきや」、そして、渋谷「富士屋本店」……振り返れば、2018年は名酒場の<閉店ラッシュ>の年でもあった。 そんな中、こちらも8月末で閉店した野方「野方5丁目23番地7号酒場」にて、酒場ナビメンバーの3人が閉店前に<一日店長>という形で初イベントを行ったのは記憶 [続きを読む]
  • 和泉大宮「山長酒店」岸和田中年愚連呑み
  • 「おい もう一匹どないしたんや 一番アホみたいなゴンタ」「あん」「しゃーけど みんな仲ようせなアカンで」「なんじゃ」「仲ようなって はよこの街出て行きさらせ」「ほな はよ豚玉もってこい!!」「やいやい言いな」「おばはん ケンカ売っとんのか!!」「売っとんで」「殺すぞ!!」「殺してんか 待っとるで」「豚玉待っとんじゃ ワシらー!!」 これは映画 岸和田少年愚連隊でのセリフのやり取りの一部だ 場所は [続きを読む]
  • 稲田堤「たぬきや」多摩川酒場最後の砦が83年の歴史に終止符・・・
  • 今年9月下旬今年一番の酒場ニュースが突如舞い込んで来た。 「稲田堤 たぬきや 閉店」 稲田堤の「たぬきや」とは多摩川沿いにある少し変わった酒場で常連の皆さんはその独特の雰囲気から『天国に一番近い酒場』と呼ぶ国宝級の酒場なのだ。 酒場ナビで以前ボクが記事にもしていてさらに酒場ナビカリスマジュンヤプロフィールでも『オススメの酒場』で「たぬきや」と書いてるほど特別な酒場なのである。 そんな「たぬき [続きを読む]
  • 湊川「ふくや串かつ店」ホンマにコレ店なんか・・・?
  • 以前に神戸の湊川の稲田串かつという店での美人の店員さんと楽しい時間を過ごした記事を書いた 今回はそのつづきのようなモノ ご覧になられてない方は是非ともこちらも見てやって下さいませ↓湊川「稲田串かつ」神戸美人のあげる串カツと奇声 稲田を後にした僕は山の方へ歩き始めた 東山商店街のゴチャゴチャとした喧騒とは打って変わって静かな坂道 マップを見ながらお目当ての店へ歩みを進めるがどうにも不安だ 一向 [続きを読む]
  • 大須観音「末廣屋」名古屋における酒場疾患 症例1『急性味噌中毒』
  • 「ワイ、もう味噌カツ食いたないっ!!」「まぁまぁ、せっかくの名古屋だし色々な味噌……」「いらんねん! もう甘い味噌いらんねん――!」 突然、?名古屋三大酒場中毒?のひとつともいわれる『急性味噌中毒』を発症したのは、酒場ナビメンバーであるイカだった。ここ名古屋に2人で来て2日目の正午、すでに12軒のはしご酒をしており、名古屋初心者であった私たちは、訪れる酒場の先々で名物である甘い味噌の《味噌カツ》や [続きを読む]
  • 山谷「日正カレーVSニューダイカマ」ドヤ街カツカレー対決
  • 「ワイ カレーめっちゃ好きやないですかー」 カリスマジュンヤが唐突に言ってきた 「えっ・・・? 知らんけど・・・」「何言うてはりますのんな」「はぁ・・・」「京都のカレクックといえば ワイのことですやん」「ジュンヤ 京都のどこ出身やったっけ・・・?」「福知山でんがな」「そこって 京都ちゃうよなぁ・・・」「京都やっちゅうねんっ!!」「福知山って韓国やなかったっけ・・・?」「なんでやねん!! せめて岡 [続きを読む]
  • 名古屋「八幡屋」大人の夏休み!自由研究の宿題は名古屋にて
  • 最近酒場ナビでは名古屋の記事が続いてる。 それは何故かと言うとある日味論が「実は酒場ナビのアクセスは名古屋人が多いっぺよ!アクセス解析でちゃんとデータとして出てるっぺyo〜〜!!」と言った事からが始まりである。 その後ボク以外の2人は早速名古屋に行ってたので乗り遅れないように、後日単独で名古屋酒場ナビを敢行したのだ。 事前にイカへ「なんか行けてない宿題店あります?」と聞いたところ・・・何件か”行き [続きを読む]
  • 沼袋「たつや」同じメンバーにだってオススメしたい極味やきとん
  • 「沼袋(ぬまぶくろ)? え――と、沼袋、沼袋……………………それ、どこだっけ?」 失礼しました。だが正直、住んでいる方には悪いが、私の『沼袋』のイメージといえば―― ?野方駅の何個か隣の駅……???もちろん、急行は止まらない??何か、デッカい煙突みたいなのが建ってて……あ、それは『井荻駅』か? ……とまぁ、それくらいなもので、ただでさえマイナー路線の『西武新宿線』の、その中でもマイナーな駅が『沼袋』 [続きを読む]
  • 銚子「犬若食堂」他 第1回アジフライ選手権開催
  • 最強伝説黒沢という漫画で僕が大好きなエピソードがある 中年の土木作業員の黒沢は現場での後輩からの人望を得るためにある作戦を思いつく それは・・・ 皆の弁当にアジフライを入れておきそれをさりげなく自分がやったと気付かせ黒沢人気を上げてやろうというモノ 結果誰からも気づかれるどころかなんやかんやで 「黒沢さん アジフライ2枚食ってたよ」「アイツは泥棒だ」 などの誤解を生み 現場から戻る車にも乗せてくれず [続きを読む]
  • 荻窪「やきや」東京三大塩辛はツンデレ和え
  • YouTubeの動画を観ていると、?あなたへのおすすめ?の中に『なぎら健壱』先輩が進行する《立ち飲みのススメ》、といった内容の動画があり、思わず をしてぼんやりと鑑賞していたのが数ヶ月前のことだった。タイトルや内容、他の出演者などの記憶はほとんどないのだが、ひとつ覚えていたのはロケ地が荻窪の『やきや』であったこと。その店は、立ち飲み屋ながらそのメニューのほとんどが?いか料理?という珍しい店で、「へ [続きを読む]
  • 西成「山本酒店直売所」23歳の女の子と特殊先輩にご馳走になった話
  • 前回と前々回ユナちゃんという女の子との西成呑みの 記事を書いた 今回もそのつづき ご覧になられてない方は是非ともこちらから見てやって下さいませ↓23歳の女の子と西成の三角公園で外呑みしてみた「おでん深川」23歳の女の子とブキミなおでん屋さんにいってみた おでん深川を後にした僕とユナちゃんはいい店を探しながら山王の商店街をプラプラしていた 「あーー こっちにもあるんですね スーパー玉出」「ここら [続きを読む]
  • 大船「観音食堂」男39歳独身、ただいま酒呑み修行中!
  • ここにひとつの方程式がある。 ?酒場力S =酒場訪問数v ×泥酔度d の2乗? 彼(か)の《アルチューノ・アイン酒(シュ)タイン》が提唱した?相対性酒論(そうしゅせいしゅろん)?の論理式である。一般的にこの方程式を頼りに己の?酒場力?を勘定しつつ酒を呑みに行っている酒徒も少なくないのだが、必ずしもこの数値が高いからと言って?立派な酒場人?であるとは言えない。かく言う私は、同年代で妻子持ちの立派な [続きを読む]
  • 西成「おでん深川」23歳の女の子とブキミなおでん屋さんにいってみた
  • 前回ユナちゃんという女の子と三角公園で呑んだという記事を書いた 今回はそのつづき ご覧になられてない方は是非ともそちらから見てやって下さいませ↓23歳の女の子と西成の三角公園で外呑みしてみた ユナちゃんは西成の下調べをしていたらしく僕がいったことのないいい店に 連れてってくれると言う 「どこなんその店? はよ行こうや」「まぁまぁまぁ そう慌てなくても」「へ?」「多分まだ開いてないと思うんですよね [続きを読む]