fumi8823 さん プロフィール

  •  
fumi8823さん: ポランの広場 〜福祉情報工学と市民活動〜
ハンドル名fumi8823 さん
ブログタイトルポランの広場 〜福祉情報工学と市民活動〜
ブログURLhttp://www.poran.net/
サイト紹介文重度障害者のコミュニケーション支援技術の紹介。ワンスイッチ・視線入力や筋電入力を中に扱っています。
自由文島根大学総合理工学研究科 助教 伊藤史人(ふみひと)の個人サイトです。主に重度の障害者に関連した福祉・情報および工学系の情報を掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供234回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2016/07/08 13:00

fumi8823 さんのブログ記事

  • 私の「好きになれない人」
  • 今の住まいは松江の旧市街の近くです(上写真)。なので,小さな飲食店がたくさんあります。勇気がなくてなかなか入れませんが,それでも入れるところがいくつかあります。朝イチで江戸から帰国し,ようやく表彰式・通院・面会などが終わりました。疲れた。。。久々の松江の夜,ちょっくら旧市街に行ってきます。まあ,飲めませんけどね。ところで,「好きになれない人」について,ちょっと前に友人との何気ない会話の中で考えたこ [続きを読む]
  • 熊本のテレビ局、それじゃダメだよ
  • 熊本のテレビ局が,さきさんの教員採用試験について「不備」を前面に出して,教育委員会を攻撃しているようです。。。https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1954915634594883&id=100002293969237まずい点隠して録音したものを証拠としている悪者探しになっている身体障害事例としてさきさん個人しか取り上げていない一見,正しい批判のようだけど,これは違います。メディアの力を振りかざしたリンチです。これまで,さき [続きを読む]
  • 各地からのゲストとともに「さくら会総会」へ
  • 私が理事をつとめているNPO法人さくら会。超強力なお姉さま方による,神経筋疾患患者をサポートする非営利団体です。この4月には,浅草の花やしき貸し切りイベント(上写真)をするなど,福祉系NPOの枠を超えた活動している団体。9月16日は年次総会があり,それに合わせてトークイベントや交流会が行われます。H30年度 さくら会総会(交流会)のお知らせ17日に実施する盛岡場所2018のために各地からの講師が東京入りします。講師 [続きを読む]
  • サイコーのコスパ「うな牛弁当」
  • 共同研究者のオリィ氏と友理子さんが,すき家の「うな牛」がすごいというのでどうしても気になって食べてみました。あの美食な友理子さんがおすすめしているし,オリィ氏の「最もコスパいい食べ物の1つだと思ってます」とのコメント。これは試してみるしかないと思った次第です。ちょうど大学からの帰り道に すき家 が。迷わず「うま牛弁当(大盛り)」を選択。930円。写真だとスケール感がわかりませんが,この値段にしては十 [続きを読む]
  • 【報告】出雲国大学研究表彰者として選定されました
  • 表彰ラッシュです。先日の優良教育実践表彰に加えて,研究表彰者としても選定されました。表彰タイトルは「障害者支援のアプリケーションおよび手法に関する研究」。去年の表彰式はこんな感じだったようですね。平成29年度島根大学研究表彰・優良教育実践表彰式を実施しました(島根大学・2017年9月26日)去年度は数ヶ月を病気休暇で休んでいましたので,このような評価を受けるのはたいへん助かります。一地方大学での表彰ですか [続きを読む]
  • 【募集中】宝塚市立養護学校 Special講演
  • PDFダウンロード「『この子はわかっている』がわかる支援 視線入力装置でコミュニケーション!」。なかなかアツいお題をいただきました。学校側のお話によると予算の裏付けがない中での開催ということです。それでも,私はやる気のある方がいるのでしたらよろこんで伺います!その代り,クローズドの校内研修的なものではなく,オープンに行ってもらうようにお願いしています。興味のある方はチラシの連絡先へ。今回は,給食をい [続きを読む]
  • 出鼻をくじかれるとはまさにこのこと。
  • 今朝は,出鼻をくじかれまくりです。最近は超早寝で10時前には就寝しているので,朝4時には起床。本日(9月1日)は江戸でのイベントがあるので,その前に旅費等の事務処理をしようと思って朝5時前には研究室へ。そこまではよかったのですが。。。旅費システムはサービス提供時間外,もしくはメンテナンス中。これは仕方ありませんね。きっとメールでも周知されていたのでしょうけど。まあ,そういうのはあまり見ていないもので [続きを読む]
  • 結果的についてくる「受賞」はありがたいですね。
  • まだ,推薦段階のようですがきっと大丈夫かなと思っています。出雲国大学での「優良教育実践表彰」といういたってローカルな表彰の受賞候補になってます。これまで,いくつかの「受賞」をしましたが,いずれもそれ自体を目的にしたことはありません。結果的についてきただけです。見てくれている人は見ているということでしょうね。良いことも悪いことも。これからも,目的を失わずにいたいと思いました。いくらか研究費が追加配分 [続きを読む]
  • 2回目の骨髄ドナー候補のお知らせがありましたが。。。
  • 骨髄バンクから分厚い封書が届きました。そう,「ドナー候補」のお知らせです。もう20年前,看護学生の友人に勧められて登録した骨髄バンク。10年ほど前にも同じような通知がきましたが,「体重オーバー」のため次のステップに進めず。。。今回は,病気治療中ということで却下されるでしょう。適合した患者さんには申し訳ないです。このHLA型というのは,本来は家族以外で一致するのは極めてまれ。資料にもこのように説明されてい [続きを読む]
  • 【岩手のみ】出雲国人の私ですが岩手のニュースで紹介されます
  • 昨日のミサヲさんに焦点を当てたニュースに続き,本日は私に焦点を当てたものになるそうです。シンポジウムに参加したいろんな人が登場すると聞いています。どんな内容になっているのか楽しみです。ディレクターの千葉さんは,今年からフリーになったというある意味で変人。だから信じられる。安定を第一に考えるような人生なんてつまらないですし,何より自分にウソをつくことになります。前日放送されたミサヲさんの旅やシンポジ [続きを読む]
  • 【岩手のみ】ミサヲさんの出雲国への旅が放映されます
  • 先日行われた出雲国でのシンポジウムに講師として参加するため,板倉ミサヲさん(女子高生・77歳)が岩手から島根に向かいました。ミサヲさんは松江市内の障害者宅で民泊。その模様が,岩手放送(IBC)にて8月16日18時15分から数分間放送されます。なお,17日の同時間には,私に焦点を当てたものが放送されるとのことです。まずは,本日(16日)の放送分をご覧ください!ただし,岩手県内のみです(^_^;) [続きを読む]
  • 「わかっていることがわかる」を増やすために(盛岡)
  • 障害がたいへん重い場合,スイッチがうまく使えないことがよくあります。特に,病院生活が長い子供は,積極的な療育が十分ではないことも多く,廃用が進んでしまうこともあるでしょう。盛岡のこの病院では,元担任の直実さん(教諭)が長期療養しているSMA1型の拓也さんを定期的の訪問して,スイッチ入力の練習を続けています。拓也さんは今年卒業したばかり。通常,卒業してしまうと学校との関係がキッパリ無くなってしまうもので [続きを読む]
  • 信州の地でゲリラ的EyeMoT研修会を行います
  • 2018年8月18日に,長野県稲荷山養護学校にてEyeMoTを中心とした視線入力のミニ研修会を行います。当校教諭の青木高光さんのご尽力によるものです。ありがとございます!8月16-17日は伊那市高遠の家に滞在する予定です。せっかくの長野ですから,ちょっと北上して18日午前中に青木さんとお話するために稲荷山を訪問する予定でした。そして,その午後にこの研修会となったのです。長野の方に会えるのをとても楽しみにしています。と [続きを読む]
  • 視線履歴ではヒートマップ表示が大事!
  • EyeMoT 3D シリーズでは視線履歴を大事にしています。ですから,当初からヒートマップ表示機能を実装しています。フリーソフトですと,ヒートマップ表示が簡易的であったり,そもそも無かったりします。買うとそれなりのお値段がします。また,自分で作ればこれまた面倒がたくさんです。そこで,EyeMoT 3D シリーズで使っているヒートマップ画像生成機能を無償提供することとしました。一部機能制限はありますが,実用上問題ない [続きを読む]
  • 【速報】無事、終えることができました!
  • 2017年11月5日,「重度障害者のための視線入力シンポジウム in 出雲国」を行いました。あろうことか最後のあいさつの時,ついつい泣いてしまいました(本当に)。この日は,数日前に肺がんの診断結果を受けており,盛岡での病気休暇を開始するの2日前だったのです。文字通り命がけのシンポジウム開催であり,突然の私の涙に多くの方は困惑したに違いありません。わたしは,そのときはもうそろそろ死ぬと思っていましたし,それは [続きを読む]
  • ローコスト視線入力装置と遊ぶのをちょっと卒業します
  • この4年近く,ローコスト視線入力装置の福祉・教育利用について,いろいろなカタチで情報を共有してきました。自分で言うのもアレですが,その普及と応用に一定の成果を上げてきたと考えています。もう,各地で視線入力に取り組む人が出てきましたから,私がやることもそうないかなと思うにいたりました。一方で,現状の視線入力装置の限界も強く感じていました。感覚統合が十分でない子どもには操作が難しいことも多く,それをど [続きを読む]