ハコニワ さん プロフィール

  •  
ハコニワさん: 箱庭富貴蘭
ハンドル名ハコニワ さん
ブログタイトル箱庭富貴蘭
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/crocus1985
サイト紹介文ベランダで富貴蘭を育てています。 同じ趣味を持つ方と交流できればと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2016/07/09 16:59

ハコニワ さんのブログ記事

  • 金牡丹A
  • 金牡丹もいくつかあるので新たに記号をつけました。この大型金牡丹をAとします。ルビー根もしっかり出ています。天葉の冴えもはっきりとしています。金牡丹の看板木としてこれからも記録していこうと思います。 [続きを読む]
  • 黒牡丹NO.1
  • うちで最も高価?な黒牡丹NO.1です。天葉もしっかり出てきました。根の出来も上々です。基本的に株分けして増やそうという考えがないので、姿良く株立ちになってくれるようしっかりと管理していきたいです。特に大事な木なので大切にしたいですね。 [続きを読む]
  • 錦織
  • 2年目の錦織です。今年の新根は淡い色の不思議な根。 子芽がついた!と思ったら動かない。もしや2つとも花芽なのか…天葉は順調に成長中。覆輪?縞?どのカテゴリーにも入らない錦織は唯一無二の美しさです。 [続きを読む]
  • 翠宝
  • 翠宝も憧れの強い品種でした。満月などと比べても趣が違います。この種はあまり大株立ちにすると雑然としてよろしくない気がします。ある程度のまとまった5本立ちぐらいが丁度美しいです。そこに至るまでゆっくりがんばるます。 [続きを読む]
  • 天橋満月A
  • 毎度おなじみ天橋満月です。素晴らしい黄大覆輪です。根出しも上々。富貴殿もそうですが、大覆輪は棚に慣れるまで時間がかかる印象です。3年くらいは様子見する必要がありそうです。 [続きを読む]
  • 富貴殿A
  • 古参の富貴殿Aです。ずいぶん茂ってきました。裏側にも子芽が付き、絶壁解消。根も生育旺盛です。5年ほど経ってようやく勢い付いてきました。富貴殿はなかなか時間のかかる木です。今年の全国大会では内閣総理大臣賞をとっていましたが、あれほどになるにはあと20年はかかりそうです。 [続きを読む]
  • パリからの来客と大江丸縞
  • 先日パリからのアクセスをたくさんいただきました。いつのまにか国際交流に発展している当ブログです。いつもありがとうございます。さて大江丸縞はと言うと。このように絶好調です。柄行きもまずまず。根はもうどっさりと。箱庭の大江丸縞は世界一!と言われるように頑張りたいですね。 [続きを読む]
  • 根の状況
  • 最新の根レポです。大江丸縞はここ2年ほど極めて根出しが良いです。ペレポストとの相性が良いと感じています。他の木も上々の根出し。水苔だけだった頃のもどかしさはありません。こちらは下段金牡丹も良い根出しです。金牡丹系は最近入手したものも多く、検証はこれからですね。しかし全体としては優秀です。素焼きラッパ導入の成果もありますが、これに箱庭流ペレポスト植えを加えた万全の体制で臨みます。 [続きを読む]
  • 二重潅水法
  • 本日も良い天気なり。素焼きラッパ鉢導入により、以前より乾燥することから二重潅水を行なっております。ジョウロとバケツに溜めた水を2回に分けて与え、2度目に液肥や活力剤を混ぜています。1度目では完全に内部まで染み込まないので、より効果のある方法かと思います。うちの棚独自のペレポスト栽培法では内部まで乾燥するのは良くない為必須の要件です。しかしペレポスト栽培法、極めてよい成績を出しています。難しい金牡丹さ [続きを読む]
  • 苦節5年
  • 初めての銘品満月を棚入れして早5年。割たてで根が3本。付いていた子芽も育たずで作り直し今日に至ります。ようやっと根も充実し、新たに子もついて株立ちとしてスタートしているところです。しかしここまで5年の歳月。目指す大株立ちまで何年かかることやら。寿命が足りないとすら感じてしまいます。この5年においてもさまざまな危機がありました。富貴蘭どころではない状況も多々あり、このような中それでも続けてこれました。 [続きを読む]
  • リズと青い鳥
  • 今日は映画の話。かつて私も勤めたことのある会社の最新作である。本日鑑賞いたしました。http://liz-bluebird.com/ただ静かで繊細。しかしそこには魂の宿を感じるものである。日本における芸術の最先端はここにあり。美とは何か。その追求の先に向かうこと、人生を捧げるほどの本気はあるだろうか?私にとっては富貴蘭も絵画もアニメーションであってもそれは美たる追求の糧、自然との対話である。この世界、若者はとても共感のす [続きを読む]
  • 日本富貴蘭会全国大会
  • 写真の一部ですが掲載しておこうと思います。なかなかの力作ぞろいで良い刺激になりました。私も私の信念を持って美なる道を進む所存です。帰りは天満の珈琲専門店で一服。実に美味しい珈琲で感心しました。その後神戸のIKEAを散策。有意義な1日となりました。 [続きを読む]
  • 黒牡丹と黒牡丹NO.1
  • 今日はうちの金牡丹ファミリーをご紹介。こちらは普通の黒牡丹。つい先日やって来ました。こちらは黒牡丹NO.1。どちらも専門店より譲っていただきました。NO.1のほうはすでに赤根を伸ばし順調に育っています。今年は皆元気に1年乗り切れるよう、しっかり管理していこうと思っています。10年、いや20年後には立派な株立ちとして披露したいですね。 [続きを読む]
  • 朝から水遣り
  • 昨日はついつい寝こけてしまい、水遣りのタイミングを逃しました。朝から緊急湧水です。いつもは夜なんで撮れないですが、こんな感じで枠ごと下におろし水遣りしてます。箱庭棚のオールスター参上!ってな感じで [続きを読む]
  • 大型金牡丹
  • なかなか出物がない大型の金牡丹です。まさかのインスタ経由でやって来ましたいい木でしょう。こういう大型金牡丹はお隣の国が大金ですぐ買い占めてしまうのでなかなか手に入りません…ルビー根もしっかり。我が家の看板木になってくれることでしょう [続きを読む]
  • 天橋満月
  • 本日は一眼レフによる転送写真を貼ってみるテストです。うーん、まだまだうまく撮れていませんね。しかしこの満月は優秀です。葉幅広く子沢山です。いずれ展示会などで披露したいものです。 [続きを読む]
  • 覆輪天国
  • 美しき、覆輪たち。うちでは圧倒的に覆輪が棚の構成を占めています。しかし今は牡丹系に熱が入っており、これから牡丹系VS覆輪系の2大勢力が棚を二分することでしょう。楽しんでまっする! [続きを読む]
  • 大江丸縞の特徴
  • さて大江丸縞。アプリのLRにより画像編集の精度が上がりました。今後は1眼レフのデータも転送出来るようになるのでより美しい富貴蘭をお届けできると思います。今回の特徴は根です。元々細めの根がでる大江丸縞ですが、今回特に根の枝分かれが多数見受けられました。細いが故か、ペレポストの影響か。今年も良い成長が期待できそうです。日本一美しい富貴蘭の写真が載るブログ、なんて感じでます! [続きを読む]
  • バッサリと
  • やってしまいました。親株には覆輪化に全力を使っていただき、青の子は新たな楊貴姫基準株として役目を果たしてもらうつもりです。早ければ今期、遅くとも来期には分割の予定です。 [続きを読む]
  • 天葉の冴え
  • 全体的に根も動き出し。成長再開です。錦織も天葉が動き出しています。良い冴えです。楊貴姫は緑の雲がモヤモヤと。この時期ならではの光景です。 [続きを読む]
  • 金牡丹の根
  • 今日はずいぶん寒々した日です。気温も10度ほど。 さて今年棚入れした金牡丹。根元をみると…すでに動き出しています。立派なルビー根が拝めるとありがたいですね。 [続きを読む]
  • 紀州緑風
  • 昨年棚入れした紀州緑風。順調な生育っぷりです。裏側もいい感じ。花物は割らずに大株立ちを目指してます。20年もすればとんでもない木になるでしょう。緑花はあと聖という品種があれば是非棚入れしたいと思っています。緑花の代表翡翠をあえて入れていないのですが、どうも葉姿が好みでなく花物とはいえ木の雰囲気も大事と考えています。 [続きを読む]
  • 快適な日
  • 今日は天気も良く、とても過ごしやすい日です。温湿度計も快適を示しています。やっぱり人にとって快適な環境は富貴蘭にとっても快適なんだと思います。すでに根が動き出しています。今年はずいぶん早いですね。植え替えが早かったおかげでしょうか。 [続きを読む]
  • 大江丸縞
  • これも記録用。ペレポスト植えでどこまで大きくなるか。大株立ちを目指します。前回から派手子を一つ外しました。ある程度子芽を選別して美しい木を保ちたいです。 [続きを読む]