ぴんぐー さん プロフィール

  •  
ぴんぐーさん: スプーンひとさじのお砂糖で
ハンドル名ぴんぐー さん
ブログタイトルスプーンひとさじのお砂糖で
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/komiha32/
サイト紹介文約7年間摂食障害だった私のブログです。 今は食べることを、そして生きることを楽しんでいます。
自由文どんなに苦いお薬だって、スプーンひとさじのお砂糖を加えることで飲めるようになる。
仕事や人生だってそれと同じ。
辛いことも悲しいこともたくさんあるけれど、どんな些細なことでも何か楽しみを見つけることが出来れば、乗り越えることが出来る。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/07/10 05:18

ぴんぐー さんのブログ記事

  • なぜこんなに怖いの?
  • 老いること、太ること、醜くなること怖くて怖くて息が苦しい ただでさえ、私は整形しまっくてるけど、自分より若くて可愛い女の子を見かけると、発狂したくなるこれから先、私は一体どうなるの? [続きを読む]
  • これまでの私。
  • 14歳の頃に摂食障害、不眠症になった拒食症、非嘔吐過食症、下剤乱用を経て、現在は過食嘔吐をしている17歳の頃に非嘔吐過食症に移行(たくさん食べても吐くことができず、どんどん太っていった。このまま醜く肥え太るくらいなら死んだ方がましだと思い、当時処方されていた睡眠薬を大量に飲んで死のうとした。翌日、怖いほど荒れた部屋の中で目が覚めた。ああ、死ねなかったんだと絶望した)その数ヵ月後に過食嘔吐へと移行。20歳 [続きを読む]
  • 昨日は、主治医の先生とのカウンセリングの日でした。
  • 私の病気は100%治るって。あなたはもう子供じゃない。大人だ。大人なら、周りのひとたちと協力していかなければならない。親に甘えたり、頼ることも、一つの協力だって。家族みんなが、同じ方向に向かってゴールを定めれば、必ず病気は治るって。今まであなたは、ゴールのないマラソンを走らされてきた。そりゃ、誰だって走るのをやめたくなるし、逃げたくもなるでも、今のあなたには、ゴールがある。進むべきゴールに辿りつくこ [続きを読む]
  • 「いつ死んでも構わない」
  • 私は、拒食症になった14歳のあの日から、「いつ死んでも構わない」そう思って生きてきた。実際に、ODや、アルコール乱用による自殺も図った。でも死ねなかった。そんな風に思って生きていたら、次々と別の病気にもかかった。横紋筋融解症、過換気症候群、うつ病、アルコール依存症まさに、次々に。今の気持ちは、「死なせてください」です。とても苦しい。一人の人間に嘘も本当もないと、いつかの記事で書いたけれど、これまでの [続きを読む]
  • また、死ねなかった
  • 22歳現在過食嘔吐がとても苦しい食べたくないのに、食べるそして、吐く過食している最中は、昔、地球儀をバキバキに踏み潰し、八つ当たりした時の感覚とても良く似ているつまり、私は食べ物に八つ当たりをしているのだろう食べている最中からも、食べ物は消化吸収される「太る」という最大の恐怖と戦わなければならないとても苦しい吐いている最中は、もっと苦しい精神的苦痛に加え、体力的にも、非常に苦しい吐き終わった後は、 [続きを読む]
  • ようやく母と親子になれた気がします。
  • ようやく、母と親子になれた気がします。14歳のあの日から、たくさん辛い思いをして、これまで生きてきました。17歳のときには、今は生産中止となった、とても強い睡眠薬を大量に飲み、自殺を図りました。翌日、大変荒れた部屋で目を覚ましました。死ねなかったんだと絶望しました。それからも、22歳の現在に至るまで、とても辛い思いを抱え、たくさん苦しい経験をしました。でも、誰にも相談できずに、いつ死んでもかまわない、 [続きを読む]
  • なんか、もう……
  • もうね、生きることに限界を感じるようになった今の私は、食べ物に依存し、お酒に依存し、母親に依存しているきっといつか、全てを失うことになるでも、なんか、もういい家族は、母は、私を愛してくれている必要としてくれているYouTubeでも、たくさん私を必要としてくれている人がいるだけど、もう、私は限界を感じます [続きを読む]
  • 「君が痩せていなければならないのは、誰のため?」
  • 過去の記事で、精神科の先生とのことを、また改めて記事にします、と書きました。今まで誰にも話してこなかった、自分の過去のこと、そして摂食障害のことを、この先生だけには全て話しました。カウンセリング中に、タイトルにある、「君が痩せていなければならないのは、誰のため?」と質問されました。私は、14歳の時、父と兄と会話中の母親の一言を盗み聞きしてしまったことがあります。「あおい、すごい太ったよね」 と、母は [続きを読む]
  • 主治医の先生……
  • 今回、二回目の入院となったわけですが、主治医の先生が変わりました。と、いうのも、前回は筋肉や甲状腺、肝臓の異常があったため、初診で見てくれた内科の先生が主治医だったのですが、今回は過換気症候群で倒れて入院し、しびれやかゆみの原因を探るべく、循環器専門の先生や神経科の先生に見てもらった方が良いと言うことで、主治医の先生が変わってしまいました。正直なことを言うと、私は前回の主治医の先生のことがとても [続きを読む]
  • しびれの原因がわかりません……
  • 私は今回は「過換気症候群」という病名で入院していますが、この病気は普通死ぬような病気ではないし、まして数日も入院することはありません。でも前回、とても辛いと書いたしびれの症状ですが、通常、過換気であれば、先に過呼吸になり、それによって血液に異常が起きてしびれや筋肉の硬直が起こるみたいなんです。私の場合は、長時間の痛さを伴う全身のしびれや、全身の硬直が先に来て、それから呼吸困難になるため、別の病気 [続きを読む]
  • また、倒れて入院することになりました。
  • 実は、1日の火曜日に一度退院できたんです。でも、今日また過換気症候群で倒れました。明らかに前回よりも悪化していました。 また入院になってしまいました。過呼吸は治まったものの、一番最初に麻痺しだしてから、もう10時間近くが経過しようとしています。ずっと痺れていて苦しいです。以前の記事で、入院中は過食嘔吐しないで過ごすことができて嬉しかったと書きましたが、実は、家に帰るとまた発症してしまっていました。や [続きを読む]
  • やっぱりマーガリンは吸収できない。
  • 今日は朝一で肝臓のエコーの検査をしました。(あっ、ちなみに前に書いたCPKという筋肉の数値も異常だったんですが、肝臓もかなりの異常値でした。)検査が終わり、遅れての朝食だったので、通常よりかなり少なく、初めてのパンでした。こんなに少なくとも、マーガリンはつけて食べられなかった。でも、それでも自分の中では大きな変化だと思う。今までは、つけて食べて、そして吐いてたから。肝臓の検査結果がもうすぐ出ると思いま [続きを読む]
  • 炭水化物を吸収するなんて今まで考えられなかった
  • 木曜日に倒れ、金曜日に国立大に入院して4日目。食事は三食全て、管理栄養士さんが考えて作ってくれたメニューが提供されます。摂食障害者にとって、自分で決めたものではなく、他人が決めたものを食べるというのは、かなり困難なことです。でも、病院で出される食事、自然と全て食べることができています。もちろん、吐いてもいません。死に直面して、何か意識が変わったのでしょうか。それともう1つ、今回の件で、自分の中で大 [続きを読む]
  • 横紋筋融解症
  • 前の記事の続きです。詳しく検査をした結果、「横紋筋融解症」という病気が見つかりました。おうもんきんゆうかいしょう と読みます。筋肉細胞の成分が血液中に流れ出す病気です。 心筋梗塞や腎不全のリスクがあるようで……この病気の判断基準となる、CPK(クレアチンキナーゼ)という検査項目の数値が、「 4966」だったんです。先生はとても驚いて、即入院を勧められました。と、いうのも、このCPKは、下限値45、上限値163 なのだ [続きを読む]
  • 突然ですが、現在入院中です。
  • 突然ですが、現在入院中です。木曜日に、顔を含む全身のしびれが2時間近く続き、さらに手の指が動かなくなりました。これはだめだと、夜間病院に母に連れていってもらうことになりましたが、その前に、汗をとてもかいていたので、シャワーだけさっと浴びることにしたんです。浴び始めて5分くらいすると、手が収縮して全く開けなくなり、足も硬直しだし、顔が麻痺して喋れなくなり、呼吸もできなくなり、お風呂場を出ると倒れこみ [続きを読む]
  • 長瀬智也、もう異次元の人……
  • 昨日、「ごめん、愛してる」 というドラマが放送されていたので、何気なしに見ていた。主演の長瀬智也、もう、異次元の人だと思った。この人には、「かっこいい」 とか、「美形」 とか、そんなんでは形容できない、しちゃいけない。ただただ美しい。顔の黄金比がどうとかのの次元とは違う。そして怖い。ここまで整った顔の人は正直怖い。この人の目に写る世界と、凡人の目に写る世界は確実に違うと思う。なぜなら、人が、この人と [続きを読む]
  • カラコンの人多すぎ
  • カラコン、つけまで濃い化粧をしてる顔は好みじゃない。それでつけまにシャドウの粉がついてるともう最悪だと思ってる。カラコンつけた目って、本来もってる瞳の透き通った色素の綺麗さを完璧に否定してる。確かに黒目は大きくなるけれど。周りの化粧ゴテゴテのキャバ嬢の同僚よりも、カラコンつけま無しで人気のある自分は、たまに最強だと思うときがある。ふと我に帰り、自分は整形しまっくてることを思い出す。二重全切開、二 [続きを読む]
  • 老いること、醜くなること
  • いつか、自分も20代後半、30代、40代になって、そしてBAAなんて呼ばれるようになるのかな?それくらいなら死んだほうがましだな現在22歳。25過ぎる頃には死んでて構わない別に今死んだって構わないかも 結婚願望もないし子供はいらないしなんでこんな思いして生きなきゃならないんだろう本気でわかんない [続きを読む]
  • 話しかけちゃいけない女性
  • 町歩いてて。「お姉さん、キャバクラとか風俗で働いてみない?稼げますよ〜」「割りきりでどう?条件教えて」「良かったらこれから仲良くしてくれませんか?」私は、そんなに声かけやすそうな、安い女なんですか?条件教えてって、何ですか?私は見るからに援交とかやってそうなの?ムカついたから、別で6万って言ってやったら、そのかわり生でやらせてだって。馬鹿かお前は。本当に綺麗な人には、声かけないんでしょ。話しかけら [続きを読む]