中年オヤジ さん プロフィール

  •  
中年オヤジさん: 大阪発 中年親父の道楽ブログ
ハンドル名中年オヤジ さん
ブログタイトル大阪発 中年親父の道楽ブログ
ブログURLhttp://kyanma.com/
サイト紹介文多趣味な親父が好き勝手にあらゆる物を語ります。
自由文車にグルメに旅、南の島の三線音楽にアウトドア、毎日楽しく遊んでます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/07/10 11:07

中年オヤジ さんのブログ記事

  • 野田 奄美郷土料理のわんとケンムン
  • 奄美に縁のある方なら当たり前な話かと思いますが、「わん」は「私」、「ケンムン」は南の島の妖怪ですね。沖縄地方へ行くと、ケンムンは「キジムナー」、ガジュマルの木に住む精霊です。内地ならば「河童」と言えばイメージしやすいかもしれません。わんとケンムン島の居酒屋が野田にあると聞いて、島の友人たちと足を運んだ次第。南の島好きな方ならば、○○に南の島の店が出来た、と聞けば足を運びたくなるもの、ましてや、私ら [続きを読む]
  • カンカラ三線について
  • カンカラ三線の歴史缶カンを使って作られる三線なのでカンカラ三線です。世界第二次大戦、沖縄では住民を巻き込んだ、壮絶な地上戦がおこなわれた悲しい歴史があることは皆さん、ご存知のことかと思います。戦後、米国の統治下に置かれた沖縄では、奇跡的に難を逃れた多くの人が米軍の収容所での作業に従事し、作業後の退屈な時間に唄うことで気持ちを紛らわせたと言います。米軍の上陸時には、沖縄の唄者は先祖の位牌と三線の棹を [続きを読む]
  • 三線の弦の結び方
  • 三線の弦の話三線を入手した際は当たり前の様に糸(弦)が張られてあると思いますが、遅かれ早かれその糸は切れたり、古くなったりすることで、必ず張替えと言う作業が必要になります、これはもう必ずです。ギターなど他の楽器に比べると、三線の弦が切れることはそれほどありませんが、それでも、沖縄三線に比べて強い弦の張りをする奄美三線などは、結構な頻度で弦は切れるものです。張り替えている途中に切れてしまう不良品?の [続きを読む]
  • 沖縄三線と奄美三線の型の話
  • 奄美三線の形奄美大島の三線、島唄に付いて好き勝手に書き綴り、弦やバチの違いと言った部分を紹介してきましたが、今回は三線の形について書いて見たいと思います。>>> 奄美三線のバチ>>> 奄美三線のルーツ>>> 奄美三線と沖縄三線結論から言ってしまうと、これまでも書いたことがある通り、この形が奄美の三線の特徴だ、という形はありません。奄美の三線は沖縄から伝わったもの、そういう風に文献にはありますし、亡くなった私の [続きを読む]
  • 阪急三番街 UMEDA FOOD HALL(梅田フードホール)はここが駄目
  • UMEDA FOOD HALLとは若い仕事仲間に連れられて、最近オープンしたという(2019年3月28日)UMEDA FOOD HALLなる、阪急三番街の北館B2の巨大なフードコートへと行ってきました。なんと、1000席もの共有エリアがあるそうで、平日の昼間だというのに、その1000席がほぼ埋まっているという混雑ぶりにはビックリ。関西初出店、日本初出店などというお店も多く、スイーツから一杯まで何でもある、という前段階の説明に、大いに期待して、 [続きを読む]
  • 大阪の昭和な大衆食堂特集
  • 大衆食堂とは焼き魚にとんかつ、天ぷら、うどんにそばにラーメンにカレーライス。和洋中、なんでも食べることの出来る食堂、それが大衆食堂と呼ばれる店です。それって、各地の街角にある○○食堂とか言う店じゃないの?と言われれば、たしかにそう。一昔前は、街中あちこちにあった、いわゆる大衆食堂がどんどん姿を消してしまっています。最近では、食堂がファミレス化して、好きなおかずにご飯などを選んで食べるという、きれい [続きを読む]
  • 三線のウマの立て方
  • 三線のウマについて三線は、ウマと呼ばれるパーツに糸(弦)を乗せて、はじめて音を出すことが出来る楽器です。このウマを三線に設置することを「ウマを立てる」と言って、三線を弾くにあたっては大事な作業の一つになります。ところが、思い返せば、三線を手にして以来、一度もウマについては習ったこともなく、見よう見まねでなんとなく触ってきました。今回はこのウマについて、改めてまとめてみました。ウマの素材いろいろ竹製 [続きを読む]
  • (無題)
  • 三線のウマの立て方三線のウマについて三線は、ウマと呼ばれるパーツに糸(弦)を乗せて、はじめて音を出すことが出来る楽器です。。このウマを設置することを「ウマを立てる」と言って、三線を弾くにあたっては大事な作業の一つになります。ところが、思い返せば、三線を手にして以来、一度もウマについては習ったこともなく、見よう見まねでなんとなく触ってきました。今回はこのウマについて、改めて色々とまとめてみました。ウ [続きを読む]
  • 新梅田食堂街の釜たけうどん
  • JRの大阪駅の高架下、あらゆる大阪グルメを満喫することの出来る、大阪の飲ん兵衛御用達の新梅田食道街の一角に釜たけうどんはあります。最近は観光客も多くて、行列が出来る店も少なくはありません。釜たけうどんの情報ぶっかけうどん専門のうどん屋、ひさしぶりの釜たけうどんでした。うどんといえば讃岐うどん、創業者はその讃岐うどんを始め、各地のうどんを食べあるいて行きつき、そして作り上げたのが釜たけうどんだそうで、 [続きを読む]
  • 豚骨と魚介スープ 神虎ラーメン 大阪駅前ビル店で大阪豚骨ラーメン
  • コンセプトは「博多ラーメンと関西ダシ文化の融合」だという神虎ラーメン、大阪駅前ビル店で〆の一杯をいただきました。神虎ラーメン情報加齢のせいか、近ごろは、こってりな豚骨ラーメンが苦手になってしまったり、夜中のラーメンなどあり得ないという、自分を自覚していますが、若い子に連れられて入った久しぶりの神虎ラーメンです。結論からいうと、豚骨とはいえ、出汁のしっかりと効いた、あっさりしたスープ。以前は豚骨ラー [続きを読む]
  • 広島の人気おこのみ焼き屋を地元民とハシゴしてご紹介
  • 広島へ行ったら何が食べたい?と聞かれたら、やっぱりお好み焼きは外せないメニューの一つなのでは無いかと思うのです。大阪とお好み焼きのイメージはもはや誰もが知るセット、広島とお好み焼きの印象もかなり強いと思います。今回、ゆっくりと広島に滞在して感じた広島のお好み焼きを紹介したいと思います。広島焼きという呼び方について「広島焼き」という呼び方は、我々、大阪人は広島のお好み焼きということで、当たり前に使っ [続きを読む]
  • キャンプ場だけではない 京都 笠置(かさぎ)の観光情報
  • 京都府の相楽郡、約8割が山林で占められるという山間の町が笠置町です。町の真ん中を木津川が流れ、大阪人ならお馴染みの幹線道路である163号線が通り、伊賀上野へとアクセスします。笠置町についてバイクや車でのドライブコースとしては最高のエリアではあるものの、正直、何にもない所、というのが多くの人が持つ、笠置に対する感想でしょう。私自身もそう思うものの、笠置のキャンプ場へは若い頃から足繁く通い、カヌーを楽しん [続きを読む]
  • ニッポンバル 大阪駅前第4ビル店 鶴の間の惣菜
  • 時刻は16時、さて一杯の時間です。現在地からいうと、先日入って美味しくいただけた「ニッポンバル桜の間」しか無いねと、パートナーと共に第四ビルを目指したのですが、なんと定休日。あらあら振られてしまったと、ふと斜め向かいに目をやれば「ニッポンバル鶴の間」がありま。こちらが本店だそうです。。今日はこちらでゆっくりといただきました。>>> ニッポンバル 大阪駅前第4ビル店 桜の間ニッポンバル 鶴の間店内はこんな感じ [続きを読む]
  • ニッポンバル 大阪駅前第4ビル店 鶴の間
  •  nipponbal-tsurunoma時刻は16時、さて一杯の時間です。現在地からいうと、先日入って美味しくいただけた「ニッポンバル桜の間」しか無いねと、パートナーと共に第四ビルを目指したのですが、なんと定休日。あらあら振られてしまったと、ふと斜め向かいに目をやれば「ニッポンバル鶴の間」がありま。こちらが本店だそうです。。今日はこちらでゆっくりといただきました。>>> ニッポンバル 大阪駅前第4ビル店 桜の間ニッポンバル [続きを読む]
  • 本町の魚感うえさきのランチ
  • 魚感うえさき情報滅多に街へ出ることは無い者ですが、時折、クライアントや友人と合う仕事も、まったく無い訳でもなく、この日も本町のど真ん中へとお出かけ。そんな時は、ちょっと贅沢なランチなどを楽しむことにしているのが常です。流石のビジネス街ですね、訪れるたびに、次から次へと新しい店が出現、美味しそうな店がまた出来たなと目移りばかり、さっき食べたばかりなのに、この店はどうだろうと、一生かかっても回りきれな [続きを読む]
  • 本町の 魚感うえさき のランチ
  • 魚感うえさき情報滅多に街へ出ることは無い者ですが、時折、クライアントや友人と合う仕事も、まったく無い訳でもありません。この日も本町のど真ん中へとお出かけ。そんな時は、ちょっと贅沢なランチなどを楽しむことにしているのが常です。流石のビジネス街ですね、訪れるたびに、次から次へと新しい店が出現、美味しそうな店がまた出来たなと目移りばかりです。さっき食べたばかりなのに、この店はどうだろうと、一生かかっても [続きを読む]
  • ニッポンバル 大阪駅前第4ビル店 桜の間
  • 美味しくてリーズナブルで、飲み物充実。こんな条件が揃った店が良い店だと言うことに異論がある方は少ないかと思います。さらに、フリーランスの私などが良い店だと大声で言う際には更に条件が加わるのです。「早くから開店しているお店」という条件が満たされると、更にお気に入りランクがアップするのです。ニッポンバルは正にそんなお店の一つとなります。 ニッポンバル 桜の間我々左党のオアシス、駅前ビル界隈のお気に入り [続きを読む]
  • 金運がアップするテクニックと金運の正体
  • 私は金運が良いのです、とはあまり言わないと思います。あの人は金運が良いですね、という使われ方をするのでは無いでしょうか。それは、お金持ちと言われる方は、自分は金運が良いからお金がどんどん貯まる、どうやら、そういう風には考えてはいないからでした。金運とは最初から、金運の正体というお話です。金運が良くてお金持ちになる、ということは、実は何をしなくてもお金が入ってくるという事ではなく、金運という運は「お [続きを読む]
  • 新型iPhone発表 格安SIMへの変更を検討中
  • 例年、この時期になると恒例の、新型のiPhoneが発表されました。3Gの時代から歴代のiPhoneを愛用しているiPhone者としては、気にならない訳がありません。とは言え、毎年毎年、新しい機種ばかりを追いかけても、完成されたiPhoneにメリットを感じなくなったのも事実。そこで、ふと思ったのが話題のSIMフリーはどうだろうか?ということで、絶賛検討中です。格安SIMとは近頃、格安SIMという言葉をよく耳にするようになりました。ス [続きを読む]
  • 本町 瑳こうのランチ
  • 本町 瑳こうの店舗情報摂津国の一宮、坐摩神社のちょっと南側、古い雑居ビルの奥の奥に「瑳こう」があります。界隈はご存知、大阪の中心のビジネス街、和洋中、なんでもあるランチの激戦区です。私も最初は友人に連れられてこの店へ来ましたが、度々メディアに取り上げられる有名な店だと知ったのは最近の話です。 瑳こうのランチメニュー 人気の秘密ランチメニューは三種のみ、席に案内されると「肉」か「魚」か「カレー」どれに [続きを読む]
  • 奄美三線販売の三線工房きよむら
  • 大阪での奄美三線の販売状況久しぶりに三線を新調しました、奄美三線です。奄美三線を本格的に学びはじめて、まだ3年も経ちませんが、これまで、私の愛用していた奄美三線を購入したのはもう10年以上も前の話。奄美の名瀬にある三線店で大枚はたいて購入しました。ところがですよ、こうして奄美のシマ唄にのめり込んでいく間に、諸先輩方の三線の音を嫌というほど耳にしながら、シマ唄を知れば知る程、弾けば弾くほどに物足りなく [続きを読む]
  • iPhoneの純正イヤホン Apple EarPods の使える三つの機能
  • Apple EarPodsの操作方法ご存知、Appleの純正イヤホン EarPods です。最近はワイヤレスのAirPodsなども登場していますが、まだまだこのiPhoneについてくる純正イヤホンを利用する方は多いのではないかと思います。音楽には人一倍拘りがある私です。普段はソニーのヘッドホンを使ってますが、暑い季節にはヘッドホンタイプは暑苦しくて、やっぱりこの純正イヤホンを愛用しています。そして、一年か二年でiPhoneは新しくするので、手 [続きを読む]
  • 綾蝶(あやはぶら)節
  • 綾蝶(あやはぶら)節について綾蝶節は1997年にリリースされた、坪山豊さんのアルバム「唄袋の島から」に収録されており、2000年には貴島康男さんが「綾蝶(あやはぶら)の唄」で、最近では里アンナさんのアルバム「紡唄」にも収録されている坪山さんのオリジナル曲です。綾蝶節は古くから奄美で唄われていた唄ではなく、新民謡という括りになってしまいます。わざわざ新民謡と書いて、区別する必要があるのか?というと、奄美では [続きを読む]
  • 城北公園フェアへ行ってきました
  • 城北公園フェア情報毎年この時期になると開催されるのが大阪市旭区の城北公園で行われる、城北公園フェアへ、2017年の今年も足を運びました。城北公園はとにかく地元では有名な公園で、なんと開園は昭和9年だとか。明治に行われた淀川付け替え工事で空き地になった河川敷を利用して作られたそうです。桜の季節のソメイヨシノや花菖蒲、河川敷の淀川ワンドと合わせて、大阪市内にあって一年中自然を感じることが出来る界隈は何時も [続きを読む]
  • 奄美島唄の伝承
  • 奄美の島唄島唄は奄美の各集落で唄われてきた唄だという話を、以前に書いたことがあります。こちらの記事です >>> 島唄は奄美群島のもの奄美では各集落をシマと呼び、その島々で唄われてきた唄が島唄だという話で、今回は更に深く、島々で唄われてきた島唄について書いてみたいと思います。 諸鈍長浜節先日、デイゴの花が咲き始めた、子供の頃に過ごした、加計呂麻島(カケロマジマ)の諸鈍(しょどん)へ、母親と二人で帰省しま [続きを読む]