Kuro さん プロフィール

  •  
Kuroさん: JO3KRPの独り言
ハンドル名Kuro さん
ブログタイトルJO3KRPの独り言
ブログURLhttp://jo3krp-o.at.webry.info/
サイト紹介文アマチュア無線の記事解説(アンテナ、電磁気学、無線局遠隔制御、HRD、CI-V、RRC1258)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2016/07/10 12:32

Kuro さんのブログ記事

  • 平行2線式給電線-7 (位相定数β)
  •  私的事情で、この書き込みが何日か遅れてしまいました。この位相定数の部分に問題があったわけではありません。今回で、平行2線式給電線としての分布定数については完了となります。また、以前のタイトルの部分の「平行」の部分が、誤変換で「平衡」となっていた部分を全て、今回訂正しています。正しくは、「平行2線式給電線」と表現します。 [続きを読む]
  • 平行2線式給電線-6 (減衰定数α)
  •  今回の内容は、「ワイヤーアンテナ」CQ出版のP45から始まる「1.2 給電線と整合回路」の[2]給電線の諸定数および特性インピーダンス」にも同様の記述があります。 そちらはどちらかというと要約の内容ですから、初めてこの理論に触れるかたには、意味不明かもしれません。それを踏まえて、ここではきちんと説明したいと思います。しかし、アマチュア向けアンテナ理論の記事としては、正当な理論を展開しているので、評価はと [続きを読む]
  • 平行2線式給電線-2(コンデンサーC)
  •  分布定数回路の基本-5(銅線の表皮効果)http://jo3krp-o.at.webry.info/201710/article_3.html の記事中に説明図を添付するのを忘れていました。昨日記事内に貼り付けしています。さて、今回は給電線の2回目となって、線路に並列に分布する容量(コンデンサー)の部分です。 [続きを読む]
  • 分布定数回路の基本-2(振幅の減衰αと位相の遅れβ)
  •  アンテナ本では、前回の伝送線路理論抜粋(その8)伝搬定数(γ) に続く項目が今回の内容です。伝搬定数γは、減衰項αと位相項βに分かれていきます。伝送回路やアンテナでは、減衰項はほぼゼロと考えてよいのですが、位相項は無視できません。なぜなら、アンテナの長さが波長に比べて無視できるほどは短くすることができないのに対し、1/2波長でπすなわち、180度反転するように位相がまるで変わってしまうからです。 [続きを読む]
  • 分布定数回路の基本を紹介-1
  •  前回の部分は、分布定数回路における代表的な計算です。但し、ここまでに至る分布定数回路の基礎は、アンテナ本の下巻の第5章から始まっています。一方、アンテナ列の計算は、上巻の途中のあたりです。ですから、学習の順序を考えれば、今回の問題例のアンテナを給電線に見立てる部分の理論は、まだ未知の部分です。そこに給電線基礎は既に学習済みのような設定には、この問題の解法の十分な理解には、無理があるように感じまし [続きを読む]
  • アンテナ列の入力インピーダンス補足-1(分布定数回路の計算式)
  •  特性インピーダンスがZkである給電線の片側終端に負荷として、あるインピーダンスZlを接続しているとき、その負荷の位置から電源側に向かって、ある距離離れた場所x’におけるインピーダンスを計算したい場合があります。それは、その位置に負荷へのマッチング回路を設けたり、アンテナへの位相給電においては、位相回路を挿入したりといった場合における、その接続点での入力インピーダンスを計算できないと正しい位相でアン [続きを読む]
  • アンテナアレー -6(エンドファイヤーアレー -2)本論の続き
  •  前回で、今まで使用したアンテナ理論式の導出と証明を完了できました。今回からは、再び、本論のアンテナ・アレーの理論に戻っての展開となります。この最終目的は、一番初めに掲げました2エレメント八木アンテナの理論を今回まで求めた式から導出することです。それまでの道程はまだ遠くて、前回までのようにアンテナ本の基本の節項目に戻っての補足説明が必要な箇所や伝送回路の理論に基づく理論展開の箇所ありと前途多難では [続きを読む]