Yuri Potterytours さん プロフィール

  •  
Yuri Potterytoursさん: ピーク&ポッタリーツアーズ ブログ
ハンドル名Yuri Potterytours さん
ブログタイトルピーク&ポッタリーツアーズ ブログ
ブログURLhttps://www.potterytours.co.uk/blog
サイト紹介文イギリスのストークオントレントとピークディストリクト国立公園への個人ツアーコーディネート会社です。
自由文ウェッジウッドやバーレイ等の歴史ある英国陶磁器で有名なストークオントレント。
そして貴族の館や世界遺産があり美しい田園風景を誇るピークディストリクト国立公園。
この全く異なる性格の二箇所を網羅する日本人経営の個人ツアーコーディネート会社の代表のブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/07/13 12:22

Yuri Potterytours さんのブログ記事

  • キーラナイトリーごっこの出来る丘へご案内&そこからチャッツワースへ
  • イギリスは一旦気温が例年平均ほどに下がりましたが、また暖かくなりました。一昨日土曜日、実は初めてとなるイギリス在住のお客様のチャーターツアーを催行いたしました。私のお客様は今までほぼ全員の方が日本からのお客様(もしくは日英どちらでもない、第三国在住の方)なのですが、設立当初はイギリス国内からのお客様を設定して居ましたので、実は驚いた事です。嬉しい驚きと共に、以前「年齢的に、もしかしたらこれが最後の [続きを読む]
  • 9月に東京 日本橋三越でのブリティッシュフェアへ参ります
  • 皆様、お元気ですか?日本は酷暑で大変と聞いておりますが、みなさま、夏バテなどしていませんか?聞くところによりますと、飲み物は麦茶にソルトタブレットというのが最強の組み合わせという事ですね。どうぞ、まめに水分補給をなさって、暑すぎる夏を乗り切ってくださいね。イギリスも昨日は暑かったのですが、ロンドンで37度を記録しても、ピークディストリクトは高地の地である為に30度に届くかどうかという気温でした。私 [続きを読む]
  • 被災地の方々へ、イギリスからお見舞い申し上げます。
  • 皆様、お元気ですか?日本での集中豪雨でご自宅を失ってしまった方々、避難を余儀なくされた方々、そしてご家族に思いもよらぬご不幸があった方々へお見舞い申し上げます。イギリスでも日本の被災地の様子は報道されており、その度に胸を痛めています。友人知人に「あなたのご家族は大丈夫なの?」と聞かれていますが、私の姉は北海道在住のため「はい、いまのところ」と答えますが、ますます胸が苦しい思いをしています。私はこの [続きを読む]
  • チャッツワースに行こう! 8月は土曜日にあいのりツアー開催です。
  • 皆様、こんばんは!日本は大雨が降ったり、台風という言葉もチラチラ聞こえてくる時期になりましたでしょうか。どうか安全に、楽しく毎日お過ごしくださいね。今回のピークアンドポッタリーツアーズのお知らせは、8月中の土曜日に少人数あいのりツアー、開催のお知らせです。行き先は、チャッツワース ハウス。ベイクウェル、そしてチャッツワース ファームショップとチャッツワースハウスを巡るあいのりツアーは当サービスだけ [続きを読む]
  • チャーターツアーのご提案
  • あいのりツアーの告知が完了しましたので、次はちょっと敷居が高いかしらと思う、チャーターツアーのご提案です。チャーターツアーはこんな方にオススメです。過去のお客様からのご意見、ご感想をまとめてみました。・英国が大好きで、過去に数回渡英しました。ロンドンはもう見たので、今度は英国の田舎町に興味が湧きました。ですが、多国籍のロンドンならいざ知らず、田舎となると列車の駅から一歩出ると不安です。 →当サービ [続きを読む]
  • 7月あいのりストークオントレントツアー
  • 夏のあいのりストークオントレントツアー開催日程が決まりました。7月10日火曜日、もしくは12日木曜日です。現在、1名の方がご予約ご希望なさっていますので、あと2名さまで開催決定です。この機会に是非、あいのりで和気藹々とめぐるストークオントレントツアーへいらしてくださいね。あいのりツアーの詳細はこちらでご覧ください。列車チケットは含まれておりませんが、お早めのご予約でかなりお安くなります。わかりにく [続きを読む]
  • 体験型の旅のお勧め
  • ご無沙汰しております。先週末は、初めてのアンティークフェア出店という経験をして参りました。趣味で集め始めたアンティークオークションハウス巡り、アンティークマーケット通いも5年を越えました。いつかはアンティークフェアやマーケットにお客様をご案内したいなと思っていたのですが、今回はその内部視察という事で、なんと自分でお店を出しちゃう事に。このフェアはBBCの「バーゲンハント」という人気アンティークお宝探 [続きを読む]
  • 日本の雑誌 RSVP誌 過去の記事掲載のお話
  • 当サービス ホームページ内「当サービスについて」のページに「メディア 関連」の項目を付け足しました。日本の英国専門誌RSVP誌の19号(2016年発行)、そして21号(2017年発行)にそれぞれ違う形のお仕事をさせて頂きました。写真を すると、RSVP誌の公式ホームページに飛びます。19号では・スタッフォードシャー&ダービーシャーの旅 記事の取材旅行をコーディネートさせて頂きました。スタフォードシャー [続きを読む]
  • チャッツワース フラワーショウの日程
  • ピークディストリクト国立公園内でも人気のある訪問先が、チャッツワース ハウスです。ロンドンから車で北上する事約3時間半。列車ですと、セントパンクラス駅からchesterfield駅までが乗り換えなしで約1時間50分。チェスターフィールド駅からチャッツワースまでは、車で約30分です。(当サービスをご利用のお客様は駅まで送迎致しますので、ロンドンから列車でチェスターフィールド駅まで移動した後はもうお任せください) [続きを読む]
  • バターミルクを使ったスコーンのレシピ
  • イギリスのティールームへ行くと、スコーンは必ずメニューにあります。アフタヌーンティーもスコーンがついてこないという設定はありません。私もティールーム巡りをするのが好きで、スコーンも大抵のティールームでいただいています。スコーンの味や硬さ、風味が理想と違うと、二回目はないかしら、とまで思うほど。自慢になりませんが、私はあまり料理が得意ではなくて、出来る物が本当に少ないのです。ですが、自宅で焼くスコー [続きを読む]
  • アンティークはお好きですか?
  • イースターも終わり、また通常運転に戻りつつある英国です。当サービスをご利用の方は、英国陶磁器の里ストークオントレントと英国田園風景を愛する方が大半で、英国での旅の目的が・「陶磁器のアウトレットでお買い物」・「大好きな窯元の美術館やビジターセンターを訪問する」・「本場でアフタヌーンティーを楽しむ」・「アンティークを買う」・「英国へは何度も訪れているので、ちょっと特別な旅を楽しむ」・「英国の田園風景を [続きを読む]
  • ストークオントレントで陶芸体験しませんか?
  • 英国では本日の金曜日が「グッドフライデー」、イースターホリデーに突入しましたね。ストーク オン トレントにいらっしゃる方も多いかと思います。さて、今回は「ストーク オン トレントで陶芸体験しませんか?」のタイトル通り、現地で素晴らしい師匠のもと、ろくろ回し体験や絵付けなどを体験してみたいお客様にオススメの訪問先のご紹介です。ストーク オン トレント市内には幾つかの陶芸体験が出来る窯元がありますが、 [続きを読む]
  • 屋根裏部屋のレシピから復活した、バクストン プディング
  • 一昨年くらいから、バクストンに行くと「ねえ、バクストン プディングって知っている?」と聞かれる事が重なりました。うん?とちょっと興味はひかれた物の、どこに行けば売っているのか、そしてどんな物なのかがわからずにとりあえず後回しにしていましたが、昨年になって、バクストンのオペラ座前にお店(バクストン プディング エンポリアム)をオープンする予定と聞きました。これは朗報、とお伺いすると、濃いネイビーの壁 [続きを読む]
  • ウェブサイトが新しくなりました!
  • 2年ぶりに、ウェブサイトを心機一転、新しくしました!見やすく、楽しくて役に立つ、そんなウェブサイトになっていたら良いなあと思います。当サービスのお客様以外でも、きっとわたくしが自信を持ってお勧めするピーク ディストリクトやストーク オン トレントの素敵なところにもっと興味を持って頂けたら、嬉しく思います。もしもこのウェブサイトをご参考になさってご自分でどちらかに行かれる時は、ぜひ「ゆりに聞いてきま [続きを読む]
  • ウェブ サイトのリニューアル作業中です。
  • もうすぐ2周年を迎えるピーク&ポッタリー ツアーズ。現在、ホームページを新しくする作業中です。新しいホームページでは、準備期間を含めてこの数年で訪問したお店や博物館、そしてもちろんストーク オン トレントの窯元のご紹介を沢山の写真とともにご紹介して居ます。現在も調整中ですが、チラッと見る事も出来ますので、良かったらご覧になってくださいね。現在は旧ホーム [続きを読む]
  • 女王様のニットメーカー ジョン スメドレー。John Smedley
  • 旧ホームページにて2016年にアップした記事を少し書き換えて再掲しました。ジョン スメドレー。John Smedley   https://www.johnsmedley.com/その物語は産業革命がまだ始まったばかりの1784年に遡り、そして230年以上もの時を経てもまだ、ジョンスメドレー社が産声をあげたダービシャー、リーミルズの工場で全ての製品が製造されています。1784年、ジョンスメドレー社の工場はシンプルなモスリンの布地、そして [続きを読む]
  • サフラジェッツをご存知ですか?
  • 「女性達に選挙権を」と書かれた旗を掲げて女性達は戦った。 写真はウィキペディアから サフラジェッツ。アルファベットではsuffragetteと書き、複数形でsuffragettesとなります。聞きなれない言葉だと思いますが、これは 「女性選挙権獲得運動者」 易しく言うと、女性に選挙権を下さいと運動した方々。 このサフラジェッツの運動は19世紀末から20世紀初頭にかけて行われ、女性にも参政権、選挙権を与える様に訴えました。 当 [続きを読む]
  • サフラジェッツをご存知ですか?
  • サフラジェッツ。アルファベットではsuffragetteと書き、複数形でsuffragettesとなります。「女性達に選挙権を」と書かれた旗を掲げて女性達は戦った。写真はウィキペディアから 聞きなれない言葉だと思いますが、これは「女性選挙権獲得運動者」易しく言うと、女性に選挙権を下さいと運動した方々。このサフラジェッツの運動は19世紀末から20世紀初頭にかけて行われ、女性 [続きを読む]