レバレンジャーズ さん プロフィール

  •  
レバレンジャーズさん: 高齢社会.com
ハンドル名レバレンジャーズ さん
ブログタイトル高齢社会.com
ブログURLhttp://xn--6oq304hkcv21d.com
サイト紹介文高齢者とそのご家族に役立つ情報(介護、健康、年金、お金など)のまとめサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2016/07/13 16:55

レバレンジャーズ さんのブログ記事

  • 高齢者が犬や猫と暮らすにあたって花火や雷などの大きな音に御用心
  •  高齢者が犬や猫と一緒に暮らすに当たり、大きな音には気を付けましょう。  中でも花火大会などがある場合、高齢者が犬を散歩に連れて行く時はなるべく会場に近づけさせないようにしたほうが無難です。  なぜなら、犬はもちろん猫も大きな音に敏感であり、花火の轟音にびっくりして逃げてしまうことがあるからです。  実際に、花火大会で犬の散歩中に行方不明になった犬は多いと報告されています。  特に [続きを読む]
  • 高齢者の手が震える原因はあるのか?
  • 高齢者のなかには、なぜだか手が自然に震えて、物が上手につかめなかったりして、酷くなると生活に支障が出るケースを目にすることがあるのではないでしょうか? 私が目にしたことがある光景  私が勤める特別養護老人ホームでも、手の震えがあり、なんだか、大変そうにしている姿を目にすることもあります。 ある、90代の女性ですが、最初は軽く手が震えて、食事の時の箸が持ちにくそうにしていました。&nbs [続きを読む]
  • 高齢の母と外出するとき
  • わたしはずっと独り暮らしをしていましたが、父が入院後に歩くのが大変になってから一緒に暮らすようになりました。 父の家から病院まではタクシーで行くには遠すぎるけれど、わたしの所からなら簡単に通院できるからです。 その後、しばらくは、母が時々わたしの家に来て手伝ってくれていました。 でも、昨年、わたしの家にくる途中の階段で母が転んで、圧迫骨折をしてからは、 両親 [続きを読む]
  • 高齢者と外出するときの注意点
  • 高齢の母と一緒に外出するときにわたしが身に染みて感じているのは思っている以上に時間がかかるということ。  歩くのも、階段を上り下りするのも、食べるのも、トイレに行くのも、  なにかにつけて、さっさと動くことはできません。  歩いていても、疲れたら途中で立ち止まったり、座りたいといったり…  病院で診察を受けるときにも、先生の声が小さかったり、早口だと聞き取れず、&nbs [続きを読む]
  • 胃腸の不調を食事で防ぐ
  • 消化器官は栄養補給の入り口 夏は外は暑いけど、室内はクーラーでキンキンに冷えます。温度差がありすぎて体がおかしくなりそうな時もあります。 さらについつい冷たいものを食べてしまい、お腹を下して胃腸の調子が悪くなることもあるかと思います。 さらに年を取れば、自然に消化器系も低下してきて、 下痢や便秘などの胃腸の不調もありさらにガンに繋がるような胃もたれにもなりやすいです。 食欲不振 [続きを読む]
  • 60〜65歳まで無収入?
  •  前述のとおり、現在の日本社会では年金だけで老後生活を送るのは難しいのが実情です。貯蓄が十分にあれば別ですが、早めに準備に取り掛かる必要があります。年齢が上がっていくと今さら遅いなどと悲観する人もいますが、それは大間違いです。  いわば取り組めば取り組んだ分、将来の自分にお金を送っているようなものです。もう間に合わないから、というあきらめの気持ちのせいですべてうまくいかなくなってしまいます。そんな [続きを読む]
  • 年金受給開始が70歳に引き上げられる?
  •  年金の受給開始年齢が70歳からになる、あるいは75歳からになるのではないかと、まことしやかに言われています。 人口の多い団塊世代(1947〜1949年生まれ前後)がどんどん定年生活に突入しているわけですから、年金の財源が追いつかなくなります。したがって、受給開始年齢に引き上げが検討されるわけです。 もし受給開始年齢が70歳になって60歳で定年退職が決まったら、そのあと10年間もいったいどうすれば [続きを読む]
  • 老後は3つのステージに分かれます
  • ステージ1 60〜64歳 仕事を引退し、仕事や生活での役割が変化することを徐々に受け入れ始める時期です。 働くには十分な気力、体力がある人が多く、この年代の72%ほどが仕事をしています。仕事を生きがいと感じ、他者とコミュニケーションをとりたいというポジティブな立場の方と、生活のためやむを得ず働かなければならないというネガティブな立場の方がいます。 仕事の形態は、再雇用・パートなどさまざまですが、5 [続きを読む]
  • 高齢者に多い危険な隠れ熱中症
  • 梅雨が明けて、本格的な夏になりました!  この季節で心配なのは、熱中症。数年前から注目されるようになりましたが、先日、驚きの新発見について知りました。  テレビ朝日の「たけしのみんなの家庭の医学」で取り上げていたのですが、  昭和大学病院の三宅康史先生によれば、「熱中症には、短時間で急激に発症するものと3日から4日かけて徐々に発症するものがある。  徐々に熱中症になる [続きを読む]
  • 高齢者が猫と暮らすには猫の性格にも注意
  •    高齢者が猫と一緒に暮らすあたって、気をつけたいことがあります。  それは、猫はマイペースな性格が多いということです。  猫は犬とは違って人にかまってもらうのをあまり好まず、一人で自由気ままでいたい傾向があるので、そこが犬よりも飼いやすいところだとも言われています。  そのため、下手にかまい過ぎると猫に嫌がれてしまうことがあるので、気をつける必要があります。  よって、高齢 [続きを読む]
  • 老後資金の作り方:できるだけ長く働き続ける
  •  この「できるだけ長く働き続ける」という提案は、老後が始まる前に準備しておくという類のものではありません(もちろん、準備できるのがベストですが)。文字どおり、老後がスタートしてから並行して資金を生み出していく方法です。 正社員にしろ派遣社員にしろ、働くことで定期的な収入を得る現役世代と年金を受け取るシニア世代の大きな違いは、「稼ぐ」という要素です。  最近は60代、70代になっても元気なシニア [続きを読む]
  • 生きがいづくりが実は節約につながる
  •  仕事や子育てが生きがいだった青年期・中年期とは異なり、老後に「生きがい」と言われても…と困惑される方もいらっしゃるかもしれませんね。 実は「生きがい」は、健康とお金と密接な関係があります。 さまざまな研究がありますが、目的・目標意識を持つような「生きがい」を見つけて暮らすことは、体や健康の維持に非常に有効であることは間違いありません。老後生活の質を高める大きな要素です。  では、生きがいとは [続きを読む]
  • 保険ショップの無料相談にはご用心
  •  駅前や商店街、ショッピングモールなど身近に存在する「保険ショップ」最近は急速に増えてきたように感じます。無料で親切に相談に乗ってくれますが、複数の保険会社と代理店契約を結んでいるため、完全に中立で公平かどうかは…ぜひ一度考えてみてください。  本当に無料で親切にその人のために、手間暇かけて複数の保険会社からあなたにぴったりの商品を選んでもらえるのでしょうか?  すべての保険ショップを否定 [続きを読む]
  • 高齢者の腰が曲がるのはなぜ?
  •  加齢に伴い、身体にその症状がいろいろと現れます。白髪になる、頭が薄くなる、シワ・シミが増える等・・・。そして、腰が曲がるという現象も加齢が原因となる場合が多いのです。 実際、高齢者の多くは腰が曲がっている   私の勤務する施設では多くの方が車椅子生活となっています。そのなかには、車椅子からベッドへ移る際は一時的に立ち上がることができます。  足には力が入っているようで [続きを読む]
  • お役所仕事で、住民のことは二の次という実態
  • 介護保険や後期高齢者保健を受けている方は、7月31日に保険証の期限が切れるのをご存知ですか?  普通なら、期限が切れるだいぶ前に、新しい保険証が届くのですが、  なんと、父が住む横浜市では、新しい保険証が届いたのが26日なんです。  保険証の期限が切れるまでに、まだ5日もあるといえばそうなのですが、  家を留守にしていたりして、保険証が受け取れなかった場合には、郵便局まで [続きを読む]
  • 介護保険、後期高齢者保健の切り替わり
  • 介護保険や後期高齢者保健を受けている方は、7月31日に保険証の期限が切れるのをご存知ですか?  普通なら、期限が切れるだいぶ前に、新しい保険証が届くのですが、  なんと、父が住む横浜市では、新しい保険証が届いたのが26日なんです。  保険証の期限が切れるまでに、まだ5日もあるといえばそうなのですが、  家を留守にしていたりして、保険証が受け取れなかった場合には、郵便局まで [続きを読む]
  • 高齢者の糖尿病は自覚症状がないので危険
  •  最近、なんかうちの親、やたら「喉が渇いた」って言って水ばかり飲んでいる。 それになんか痩せてきた。 もし自分の親のこんな症状を見かけたら「糖尿病」を疑ったほうがいいかもしれません。 うちの親が糖尿病なんて・・・って思うかもしれませんが、現代病のひとつでもある糖尿病は現在、全世界で約4億人以上の患者がいます。 日本では316万人以上が糖尿病患者です。 男性で15.5%女性で9.8%& [続きを読む]
  • ガン予防食材は血栓予防にも効果があった!
  • 生活習慣病で、最も恐ろしいとされるガン。生活習慣とつくくらいなので、普段の生活が大きく影響するところですが、その中でも体に入れる食事は最も大切ではないだろうか。   そしてそのがん予防や血栓予防に一役買うのが、この海藻類です。 成分は野菜と似てますが、ミネラル豊富な海中で光合成をする海藻は、栄養価の面では圧倒的に上。 心疾患や脳血管疾患などに有効な成分が多く含まれており、生活習 [続きを読む]
  • 高齢者が犬を飼うにあたって気をつけるところは
  •  高齢者が犬を飼うにあたっては、その犬種ないし各犬の個別の性格にも注目しましょう。  高齢者が飼いやすいと言われている犬は、小型の犬や、飼い主に忠実で、しつけがしやすい犬と言われています。  とはいえ、同じ犬種でも個々の犬によっては性格が異なるものもあり、中にはヤンチャな犬もいるので、高齢者が犬を選ぶにあたっては、自分と性格が合うかどうか、自分と一緒に暮らして幸せになれるかどうか、しっかり [続きを読む]
  • おいしく食べてもらう工夫をしよう
  • 「あなたは食べたもので出来ている」これは、有名なアメリカの諺ですが、本当にその通りだと思います。  昨日、実家のお隣の奥様に久しぶりに会いました。  以前はとても働き者で、お元気な方でしたがあまりにやせていて、正直びっくりしました。  お怪我をされた後、いろいろな不調が出てやっと今、食べられるようになったとのこと。  それで、「あなたは食べたもので出来ている」という [続きを読む]
  • 遺品を整理する前に
  • 前回、ご主人を亡くされ、お母様お一人になってご主人の遺品を少しずつ片付けていきますと、話されていましたが、その後どうされていらっしゃるか、気になってしかたありません。  「こんなに色々と物を集めて・・・」遺された家族の悲鳴にも似た言葉が、耳の奥に残っています。最愛の人であった家族が残された荷物の処分に苦しまれていると思います。  では実際にどうすればよいのでしょうか。ここでは物を整 [続きを読む]
  • 家庭の介護で一番大切なこと
  • 介護というと、食事や生活上での補助というイメージがありませんか?  確かにそうなのですが、家庭で介護をしているときに、一番大切なのは  できるだけ、話しかけて、たくさん会話をすることだと思います。  手足が動かしにくい、歩くのが大変など体のリハビリについては、専門の理学療法士の方にやってもらうことができます。  でも、毎日一緒に暮らしている家族がご老人を独りぼっちに [続きを読む]
  • 高齢者に多い膝の痛みの原因とは!?
  •  「あいたた・・ひざが痛い・・・」と訴える高齢者を見かけることがあると思います。原因を深く考えたことはありますか?加齢と伴にいろいろなところが痛くなるから仕方ないだろう〜。と考えてしまうこともありますが、実はちゃんとした原因があるのです。 痛みの原因、それは変形性膝関節症! 介護業界ではひざの痛みと言えば、変形性膝関節症というぐらい有名です。 私自身、介護の勉強をするときに習いまし [続きを読む]
  • 高齢者がペットの旅立ちを迎えるために
  •  ペットと暮らすにあたって避けて通れないのが、ペットとの死別、つまり「旅立ち」です。虹の橋を渡ると言い換えられることもあります。  もし、高齢者がペットと暮らすにあたって、高齢者よりも先にペットが旅立つようなことになれば、人間と同様にペットのために埋葬する必要になることもあります。   ペットが旅立って埋葬する時は、主にペット霊園に依頼することとなります。  ペット霊園では旅立った [続きを読む]