よ〜こ先生 さん プロフィール

  •  
よ〜こ先生さん: すべてはあなたの笑顔のために。
ハンドル名よ〜こ先生 さん
ブログタイトルすべてはあなたの笑顔のために。
ブログURLhttps://ameblo.jp/fukuhara-kanpo-kodakara/
サイト紹介文女性の健康とキレイを応援♪ 身体に優しい不妊改善と楽やせ漢方ダイエットのためのブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2016/07/14 15:38

よ〜こ先生 さんのブログ記事

  • 睡眠不足をすると痩せにくいと聞きましたが、どうしてでしょうか?
  • こんにちは♪岸和田駅前通り商店街の漢方 福原薬局、福原陽子です。 睡眠不足をすると痩せにくいと聞きましたが、どうしてでしょうか? 毎日の睡眠の質はダイエットに大きく関係します。睡眠不足のカラダは脂肪を蓄積しやすくなります。そのメカニズムを理解して、「太りにくいカラダ」を作っていきましょう!! 睡眠不足のカラダは脂肪を蓄積します!なぜ睡眠時間が短いと肥満につながるのでしょうか?本日ご相談のYさんは2児の [続きを読む]
  • ケトン値とつわりは関係ありますか?
  • 妊娠診断の検査でケトン値が高いといわれましたが、つわりと関係ありますか? 今、ダイエットに注目のケトン体は、妊婦さんにとってはつわりの原因、そして一つの栄養の危機状態にあることの指標でもあるのです。 37才でようやく新しい命を授かったSさん。しばらく気持ちが悪く、食欲が無く食べる量が減っていましたが、先週に受けた病院の診断で、ケトン値が高いと言われました。そ妊婦さんのケトン体が上昇するのは、つわり [続きを読む]
  • 妊活中ですが、足の冷えを改善する方法はありますか?
  • 妊活中ですが、足の冷えを改善する方法はありますか? 足元が冷えていると、冷たい血液が腹部を経過して心臓の方に戻って行き、冷たい血液が全身をめぐることになります。せっかく温かい食べ物を食べて努力しているのに、足元からの冷えで「子宮」や「卵巣」も冷えてしまいます! 秋も深まり、昼夜の温度差が大きくなってきました。子宝を望まれている方には是非頑張って頂きたい事があります。それは「冷え対策」です。 ◆冷えの [続きを読む]
  • むくみが起こりやすいのですが、食べ物と関係あるのでしょうか?
  • こんにちは♪岸和田駅前通り商店街の漢方 福原薬局、福原陽子です。 むくみが起こりやすいのですが、食べ物と関係あるのでしょうか? むくみは細胞と細胞の間にある水分が非常に多くなるために起こる現象です。この細胞間質液が増えてしまうのはアルブミンと言うタンパク質が不足するからです。野菜中心の生活をしていて水太り気味の人ではむくみが起こりやすくなります。それはタンパク質が不足している可能性が高いといえます。 [続きを読む]
  • 妊活中も気持ちを前向きにしたいのですがどうしたら良いですか?
  • 妊活中も気持ちを前向きにしたいのですがどうしたら良いですか? 生理が始まるたびに、今月もダメだった(:_;)そんな繰り返しでは元気な卵子ができません。タンパク質を摂取し必須アミノ酸を毎日体に取り入れないと精神的に不安定になります。 ポジティブなは気持ちを維持するのは大変ですが、タンパク質不足は精神的な不調にもつながるので、食事には気を付けていただきたいです。 そうです・・・タンパク質不足は心にも影響を及 [続きを読む]
  • 冷え性は痩せにくいと言われましたが、どうしてでしょうか?
  • こんにちは♪岸和田駅前通り商店街の漢方 福原薬局、福原陽子です。 冷え性は痩せにくいと言われましたが、どうしてでしょうか? 内臓脂肪をためない生活に必要なことは、代謝を上げること!意識せずに代謝を上げるためには「DIT(食事誘発性熱産生)」に注目することが大切。DITとは食物を摂取した後、消化と吸収のために代謝が上がることで、食事をすると安静にしていても体が温かくなるのはDITによるのです。 肉を食べると冷 [続きを読む]
  • どうして肉を食べると痩せるのですか?
  • こんにちは♪岸和田駅前通り商店街の漢方 福原薬局、福原陽子です。 どうして肉を食べると痩せるのですか? 筋肉量を増やして、代謝量をアップするには運動が必要です。そして運動と同じくらい大切なことは、良質のタンパク質の確保です。タンパク質が含まれる肉を食べることで、筋肉量が多くなり、基礎代謝量が高くなり、太りにくい体になります。 なぜタンパク質が必要なのか?ということですが、タンパク質は3大栄養素(タン [続きを読む]
  • 基礎体温でわかる卵巣の働き
  • 妊娠しやすい体作りでは、卵巣の働きが大切ですが、自分で妊娠力を調べるために何かできることはありますか? 基礎体温で卵巣の働きが分かります! 月経周期は卵胞期→排卵期→黄体期→月経期の4つに分類されます ストレスが継続したり、無理なダイエットした時、睡眠不足が続いたり、食事のバランスの崩れなど不摂生な生活から、自律神経のバランスが乱れると、4つの周期のどこかでトラブルが起きます。 卵胞期卵胞期は基礎体 [続きを読む]
  • 基礎体温を測ってみましょう!
  • 妊娠しやすい体作りでは、卵巣の働きが大切ですが、自分で妊娠力を調べるために何かできることはありますか? 卵巣が正常に働いているかどうかを知る目安は月経です。基礎体温を測ってみましょう! 月経が25〜38日の範囲内で規則正しく繰り返されていたら、正常な月経周期です。月経が正常な周期より短かかったり長い場合には、卵巣がきちんと働いていない可能性があります。 お仕事や家事で忙しい女性のでは、前回の月経がいつだ [続きを読む]
  • メタボはどうして体に悪いのでしょうか?
  • こんにちは♪岸和田駅前通り商店街の漢方 福原薬局、福原陽子です。 メタボはどうして体に悪いのでしょうか? メタボはお腹が出っ張りが大きいほど、動脈硬化の危険因子となる「血糖」「血圧」「脂質代謝」に、2つ以上の異常が重なった状態であるからです。ダイエットをして体脂肪が減り、適切な体重になるにつれて、様々な生活習慣病を予防したり改善できるようになります。 「メタボリックシンドローム」と言うと、お腹がポッコ [続きを読む]
  • メタボは男性の方が多いのはどうしてですか?
  • こんにちは♪岸和田駅前通り商店街の漢方 福原薬局、福原陽子です。 メタボは男性の方が多いのはどうしてですか? 内臓脂肪は男性につきやすいのに対して、女性は内臓脂肪がつきにくいからです。 女性には閉経を迎えると減ってしまいますが、女性ホルモンのエストロゲンがあります。エストロゲンは内臓脂肪の分解を促し、皮下脂肪に変える作用があります。 エストロゲンにはこれ以外にも、血管を広げて血圧を下げたり、悪玉コレス [続きを読む]
  • 質の良い卵子を作るには
  • 妊娠しやすい体作りで、質の良い卵子を作るために何かできることはありますか?低温期は栄養をしっかり摂って、ぐっすり眠るという生活を送って欲しいと思います。 生理が始まってから排卵があるまでの約15日は基礎体温では低温期と言います。低温期は卵巣の中で卵胞・卵子がすくすく育つ時期です。そのため質の良い卵子を育てるためには、低温期の過ごし方がとても大事なのです。低温期は栄養をしっかり摂って、ぐっすり眠るとい [続きを読む]
  • 生活習慣病は遺伝が原因でしょうか?
  • こんにちは♪岸和田駅前通り商店街の漢方 福原薬局、福原陽子です。 高血圧・高脂血症・高血糖の生活習慣病は遺伝が原因でしょうか? ズバリ生活習慣に気を付けてください。食事に気をつけ適度な運動を続けている人は、遺伝子を持っていたとしても発症に至らないことが多いです! 病院へ行くほどではないけれども、血圧、血糖値、LDLコレステロールの数値が悪くなって保険指導を受けるレベルの代表が、メタボリックシンドロームで [続きを読む]
  • 血糖値スパイクが問題になっていますが、体調と関係あるのですか?
  • こんにちは♪岸和田駅前通り商店街の漢方 福原薬局、福原陽子です。 血糖値スパイクが問題になっていますが、体調と関係あるのですか? 病気や不調の9割以上は血糖値の問題がからんでいます血糖値が高いことや急激な上昇と下降を繰り返すことが、私たちの体に想像以上のダメージを与えていることを知ってください。 次から次えと現れるダイエット法や最新食事法。これらは、体のメカニズムを無視した食べ方だったり、食べ物の一部 [続きを読む]
  • ビタミンCをたくさんとると痩せやすいのですか?
  • こんにちは♪岸和田駅前通り商店街の漢方 福原薬局、福原陽子です。 ビタミンCと、やせホルモンといわれるレプチンには関係がありますか?またどんな食べ物にビタミンCは含まれますか? ビタミンCには肥満細胞の分化を抑制したり、レプチンを減らすことでレプチン受容体を正常化するような作用が明らかになってきました。 レプチンとは、脂肪細胞から分泌される生理活性物質です。食事を摂ると血糖値が上昇し、脂肪細胞が刺激さ [続きを読む]
  • やせるホルモンGLP-1って何に含まれますか?
  • こんにちは♪岸和田駅前通り商店街の漢方 福原薬局、福原陽子です。 やせるホルモンGLP-1って何ですか?またどんな食べ物に含まれますか? やせるホルモンと言われるGLP-1は小腸で分泌されるホルモンで、食欲の中枢に作用して、食欲を抑える作用があると言われています。 EPAが痩せるホルモンGLP-1の分泌を促進します!青魚成分のEPAには、やせるホルモンGLP-1の分泌を促進させる効果があると研究結果で報告! EPAを含む食材に [続きを読む]
  • 40才を過ぎてから、どうして下腹が出てくるのですか?
  • こんにちは♪岸和田駅前通り商店街の漢方 福原薬局、福原陽子です。 若い頃と体重は同じなのに、40才を過ぎてからどうして下腹が出てくるのですか? 女性ホルモンの分泌は20代をピークに40代では半分くらいまで減少しています。あなたの肥満は女性ホルモンの減少が原因かも? 女性は更年期が始まる前頃から、基礎代謝の低下や女性ホルモンバランスの乱れから、太りやすくなる傾向があります。50代の女性では、なんと84%が隠 [続きを読む]
  • どうして甘い物を食べると太るのですか?
  • こんにちは♪岸和田駅前通り商店街の漢方 福原薬局、福原陽子です。 どうして甘い物を食べると太るのですか? 甘い物を食べるとインスリンが大量に追加分泌され、まずはエネルギー源として利用されます。次は筋肉と肝臓の細胞に「グリコーゲン」として蓄えられますが、過剰な血糖はインスリンによって脂肪細胞に取り込まれ、中性脂肪となるのです。 【糖から脂肪を貯めるしくみ】炭水化物や甘いお菓子などの糖質をとると血糖値が [続きを読む]
  • ダイエット中は毎日の食事にどのようなオイルを使えば良いのですか?
  • こんにちは♪岸和田駅前通り商店街の福原薬局、福原陽子です。 毎日の食事にどのようなオイルを使えば良いのですか? 積極的に摂って欲しいのは、オリーブオイルと魚油などオメガ3油です オリーブオイルオリーブの実を絞ったものです。主成分のオレイン酸は酸化に強く、心臓や血管など心血管疾患の予防効果があります。オリーブ油にはいくつかの種類がありますが、オリーブの実を絞ってろ過しただけで、加熱や化学的な処理をして [続きを読む]
  • 毎日の食事にどのようなオイルを使えば良いのですか?
  • こんにちは♪岸和田駅前通り商店街の福原薬局、福原陽子です。 毎日の食事にどのようなオイルを使えば良いのですか? 積極的に摂って欲しいのはオリーブオイルと魚油などオメガ3油です オリーブオイルオリーブの実を絞ったものです。主成分のオレイン酸は酸化に強く、心臓や血管など心血管疾患の予防効果があります。オリーブ油にはいくつかの種類がありますが、オリーブの実を絞ってろ過しただけで、加熱や化学的な処理をしてい [続きを読む]
  • ダイエット中は油抜きした方が良いのでしょうか?
  • こんにちは♪岸和田駅前通り商店街の福原薬局、福原陽子です。 ダイエット中は油抜きした方が良いのでしょうか? 脂質は悪者ではありません!脂質は私たちの体の重要なエネルギー源です。 そして体内の約37兆個の細胞を覆っている細胞膜を作ったり、ホルモンなどの原材料になるなど、体を構成する成分としても重要な役割を担っています。 必須脂肪酸と言うものがありますが、必須脂肪酸は体内で合成できないので食事からとる必要 [続きを読む]
  • 血流が悪いと痩せにくいと言われますが 本当でしょうか?
  • こんにちは♪岸和田駅前通り商店街の福原薬局、福原陽子です。 血流が悪いと痩せにくいと言われますが、本当でしょうか? 食事制限をしているのに痩せない(-_-;)運動もしているのに痩せない(-_-;)痩せない体質なの?? 血流が悪くなると太る!血流が悪くなるとダイエットしにくい!これはダイエットの定説です! 血液は体中に必要な栄養素を送り、不要な老廃物を引き取ってくれています。 つまり身体全体を巡る運び屋さんなのです [続きを読む]
  • 冷え性は痩せにくいと言われますが 本当でしょうか?
  • こんにちは♪岸和田駅前通り商店街の福原薬局、福原陽子です。 冷え性は痩せにくいと言われますが本当でしょうか? 冷えた体では痩せにくい!! からだを温め代謝を上げましょう!!約50年前、日本人の平均体温は36.8度あったとされるのに、いまや高い人でも36.2〜36.3度、多くの方が35度台の低体温に陥っているそうです。 1度の体温低下で、代謝は約12%、免疫力は30%以上低下するともいいますから、体温を維持すること [続きを読む]
  • 出産後の乳腺炎には
  • 出産後、乳腺炎に悩む方も多いです。乳腺炎は母乳の詰まりや細菌が原因で、乳房の痛み・コリ・腫れ・悪寒・微熱などの症状があらわれます。 痛み緩和に葛根湯を薦める助産院もあり、女性が漢方薬に親しむ入り口となっているのは確かです。 また牛蒡子(ごぼうの種)の煎じ液を服用すれば、乳腺炎の治療に役立つことが知られています。 牛蒡子は医薬品であるため、医薬品販売を行う薬局や薬店での取り扱いになりますが、園芸用品を扱 [続きを読む]
  • FSHを下げるためには
  • FSHは卵胞刺激ホルモンと言います。脳下垂体から分泌される女性ホルモンで、FSHが分泌されると卵巣が刺激され、卵胞を成長させるエストロゲンが上昇します。つまりエストロゲンを出す役割を担っているホルモンがFSHです。採卵周期に入る時のFSH値を測ることがありますが、これは今の卵巣の反応(働き)がどのくらいあるのか、良いのか悪いかを知る目安になります。FSHは脳下垂体から分泌されるホルモンで、卵巣に届くとエストロゲ [続きを読む]