幕之内弁当三次元造形 さん プロフィール

  •  
幕之内弁当三次元造形さん: 幕之内弁当三次元造形のblog
ハンドル名幕之内弁当三次元造形 さん
ブログタイトル幕之内弁当三次元造形のblog
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tmakunouchi2013/
サイト紹介文3Dプリントモデルを製作しています。
自由文3Dプリントモデルを製作しています。当面は1/2000艦船モデルをつくっていくつもりです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2016/07/15 08:49

幕之内弁当三次元造形 さんのブログ記事

  • <ボルテスV>防衛軍ロケット戦闘機 資料編
  • 『超電磁マシーン ボルテスV』の第一話「宇宙からの侵略者」に登場した防衛軍の戦闘機の資料編です。↓のこれです。地球人はその歴史始まって以来の滅亡の危機に立たされようとしていた。地球征服軍司令官プリンス・ハイネル率いるボアザン軍の円盤の大群が地球に押し寄せてきます。防衛軍は宇宙防空圏に侵入する大編隊を確認し、ロケット戦闘機隊にスクランブルがかけられました。今回のテーマのロケット戦闘機です。3Dモデリング [続きを読む]
  • <ボルテスV>防衛軍メカコレクションその4
  • 『超電磁マシーン ボルテスV』の防衛軍メカの続きです。第31話「岡防衛長官空に散る!!」で国連特使を護衛する戦闘機。死に至る病気のため辞任を決めた岡長官がビックファルコンから本部に帰る際に乗ったヘリコプター。ボアザンに操作された娘の岡みぐみが忍び込みます。けっこうあっさりこのコントロールは解かれ、岡長官はめぐみを脱出させ、自身は鎧獣士ダイアンドを引き付けて撃墜されます。第34話「憎しみの炎が危機を呼ぶ」。 [続きを読む]
  • <ボルテスV>防衛軍メカコレクションその3
  • 『超電磁マシーン ボルテスV』の防衛軍メカの続きです。第12話「ボルテス起死回生」でビックファルコン周辺海域を守っていた防衛軍の軍艦。海中から現れた獣士カニガンに破壊されます。第4話で登場したパトロール艦隊とはまた違うデザイン。第13話「謀略の父が地球を狙う」でビックファルコンを守っていたミサイル戦車。獣士ゴングルに踏みつぶされて平たくされ、食べられてしまいます。第16話「ファルコン壊滅の危機」。↑防衛軍 [続きを読む]
  • <ボルテスV>防衛軍メカコレクションその2
  • 『超電磁マシーン ボルテスV』の防衛軍メカの続きです。こんなものの特集は世界初の試みかもしれません。第二話「苦闘への前進」で、危機に陥ったボルテスチームを救うべく、剛光代が獣士バイザンガに特攻した際に搭乗した戦闘機。第四話「魔のシャドウ必殺剣」で、獣士ガルドと戦ったパトロール艦隊。パトロール艦隊は獣士ガルドに斬り捨てられ全滅しました。このパトロール艦隊の軍艦はカットごとに形状が異なる様子で、ちゃんと [続きを読む]
  • <ボルテスV>防衛軍メカコレクションその1
  • 次は息抜きに特撮かアニメのメカと思ったものの、バイファムの宇宙駆逐艦レーガンは注文した資料が未だに届かず、ドラグナーのミンダナオ級宇宙戦艦は持ってたはずの資料が行方不明になり、発掘作業をするも見つからない。捨ててはいないから部屋の中にあるはずなんだが。。。『惑星大戦争』の大魔艦に傾きかけたが、いまいちピンとこず。。。ウルトラセブンのウルトラガードもウルトラマンの防衛軍戦闘機(ゼットン星人の円盤を迎 [続きを読む]
  • 1/2400 ニミッツ級航空母艦
  • 1/2000をダウンスケールした1/2400 ニミッツ級航空母艦を客注により作成しました。問題になりそうな箇所の厚みの調整を行っています。いちおうひと段落したので、次回はアニメか特撮メカのモデリングになります。※※※3Dプリントモデルを製作しています。当面は1/2000艦船モデルをつくっていくつもりです。これから、いろいろとアイテムを取りそろえてゆくつもりですので、下記のホームページをご覧ください。幕之内弁当三次元造 [続きを読む]
  • 1/1250 アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦
  • shapewaysでの外人さんからの客注により、1/2000から1/1250へ拡大したアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦のフライトⅠとフライトⅡAを作成しました。フライトⅠのアーレイ・バーク(DDG-51)フライトⅡAのマイケル・マーフィ(DDG-112)いずれも砲身とマストの太さを調整しています。まだ、shapewaysでの客注品の作業が続きます。※※※3Dプリントモデルを製作しています。当面は1/2000艦船モデルをつくっていくつもりです。これか [続きを読む]
  • 1/1250 セジョン・デワン級ミサイル駆逐艦と旅洋Ⅲ型ミサイル駆逐艦
  • shapewaysで外人さんから依頼があったセジョン・デワン級ミサイル駆逐艦と旅洋Ⅲ型ミサイル駆逐艦の1/1250へのリサイズを出品しました。これは前々から依頼されたのですが、眼病でモデリング困難になり、待ってもらっていたものです。特撮とアニメメカでのリハビリでCADの使い方を思い出し、ようやく作成に漕ぎつけました。中国海軍の旅洋Ⅲ型ミサイル駆逐艦の1/1250です。1/2000から1/1250へ1.6倍に拡大したので、砲身やマストを [続きを読む]
  • <レイズナー>アメリカ軍宇宙巡洋艦 モデリング編
  • 『蒼き流星SPTレイズナー』のアメリカ宇宙軍宇宙巡洋艦のモデリングです。こんな感じです。宇宙巡洋艦は戦闘時には上部のシャッターが開いて主砲の二連レーザー砲がせり出してきます。例によって、手書き時代のアニメメカなので設定画や映像では辛いことが多々あり、「まあこんなもんでしょう」で3Dモデリングしてます。先にモデリングした宇宙空母ボンディックと並べます。アメリカ宇宙軍は宇宙空母1隻、宇宙巡洋艦2隻で艦隊を組 [続きを読む]
  • <レイズナー>アメリカ軍宇宙巡洋艦 資料編
  • 『蒼き流星SPTレイズナー』のアメリカ宇宙軍の宇宙巡洋艦です。今回は資料編。こんな艦です。初登場は『第12話 さよならの赤い星』。火星調査のため、宇宙空母ボンディックとともに宇宙巡洋艦2隻が派遣されます。そして、グレスコの巨大宇宙母艦に発見されます。グラドスのディメンジョン・バリアー(遮蔽シールド)により、技術の劣る地球艦隊はグラドス艦を探知できませんでした。次の『第13話 宇宙にむなしく』では、アメリカの [続きを読む]
  • <レイズナー>アメリカ軍宇宙戦闘機 その3
  • まだやり足りない部分があるので『蒼き流星SPTレイズナー』のアメリカ宇宙軍宇宙宇宙戦闘機の続きです。これの設定画に着陸状態もあるので、蒼き流星SPTレイズナー コンプリートアートワークス (ENTERTAINMENT ARCHIVE SERIES) [単行本]新紀元社2006-12着陸脚もつくりました。こんな感じです。更にディスプレイとして宇宙空母ボンディックの飛行甲板をこさえました。先にモデリングした宇宙空母ボンディックの飛行甲板をコピーして [続きを読む]
  • <レイズナー>アメリカ軍宇宙戦闘機 その2
  • 『蒼き流星SPTレイズナー』に登場するアメリカ軍宇宙戦闘機のモデリング編です。こんな感じです。レイズナーは手書きの時代で、設定画もパース画のみ、映像に出てくるものも真横や、真上もあるにはあるが、なにせ手書きですから、寸法はまちまちでまるで合いません。3D化は結局、「まあこんなもんなんだろ」でモデリングするしかない辛さがあります。私は一度モデリングしたモノの「なんか違う。。。」でやり直しを余儀なくされま [続きを読む]
  • <レイズナー>アメリカ軍宇宙戦闘機 その1
  • 宇宙空母ボンディックをやってしまったので、このままアメリカ宇宙軍の宇宙戦闘機にかかります。『蒼き流星SPTレイズナー』のアメリカ宇宙軍宇宙戦闘機には2種類あります。上が、一般的な機体です。出番が多いです。レイズナーのアメリカ軍宇宙戦闘機と言えば、通常はこちらをイメージされます。イメージする人がいればですが。。。こちらをタイプAと仮称しておきます。こちらは、別のタイプの宇宙戦闘機で、「こんなのもいたんか [続きを読む]
  • <レイズナー>宇宙空母ボンディック その2
  • レイズナーの宇宙空母ボンディックをモデリングしました。動画やパースのかかった設定画しかなく、形状の把握で若干手こずりました。こんなもんです。この宇宙空母ボンディックはやられ役の雑魚メカなので全長などの設定はなく、スケールを定めることはできません。漠然と13cm程度のメカコレサイズでデザインしてます。例によって、現時点での3Dプリントは控えます。そんな厄介な形状でもないようなので、レイズナーのUSA(アメ [続きを読む]
  • <レイズナー>宇宙空母ボンディック その1
  • なんとなく、アニメ関係を物色しました。まず、ファーストガンダムはたいていメーカー商品化とかガレージキットで立体化されているようで、目ぼしいのはヒマラヤ級航空母艦ぐらいでしょうか。イデオンはムサッシ、スカラベリィ、クラップ、キャリオカ、カルテットといった地球連合軍のメカをいつかやりたいと思ってたのですが、すでにガレージキットがつくられてました。それも昨年です。マクロスのオーベルト級宇宙駆逐艦はとっく [続きを読む]
  • <ウルトラセブン>マックス号 その2
  • 下の資料を取り寄せたところウルトラセブン超兵器大研究 ~本当に飛ぶ!ウルトラホーク1号付き~ [単行本(ソフトカバー)]中村 宏治マイナビ2013-04-09マックス号が見開き2ページで紹介されており、プロップ(小道具)の写真が複数あって、映像では確認できなかった箇所、主に艦尾付近が判明しました。その他、間違っていた箇所もあり、マックス号を改修しました。合わせて艦底もモデリングして、フルハルモデルにしました。ゴドラ星 [続きを読む]
  • <ゴジラ>防衛海軍巡洋艦<あいづ>その2
  • 『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』(GMK:2001年)の防衛海軍巡洋艦<あいづ>のモデリングです。いちおうできました。こんな感じです。デスクトップフリートに合わせて1/2000でのモデリングです。砲身とかがぶっ太いのは3Dプリントの厚みの制約のためです。世界観が異なる『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』(2003年)の護衛艦<DDH-147 あいづ>もついでにと思ったのですが、艦の後半部分が映像からはま [続きを読む]
  • <ゴジラ>防衛海軍巡洋艦<あいづ>その1
  • リハビリで本格的な軍艦に挑戦します。『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』(2001年)に登場した防衛海軍巡洋艦<DDH-147 あいづ>です。動画をレンタルして資料収集のために<あいづ>の登場画面をひたすらキャプチャーします。この艦は小笠原諸島でのゴジラ捜索と横浜での決戦に出てきます。<あいづ>には同型艦<DDH-148 あこう>が存在し、横浜でゴジラの熱線で轟沈されます。ウィキペディアから諸元をコピペし [続きを読む]
  • <宇宙大戦争>戦闘ロケットの発射台
  • 超兵器R1号やスコーピオン号の発射台はワンフェスに出品する機会でもあったらモデリングすると言っていましたが、いざその時にさっくり作れるかどうか不安になりました。そこで戦闘ロケットの発射台を試みにつくってみます。戦闘ロケットの発射台には2タイプあります。画面では実際に戦闘ロケット発射があるのは宇宙センターの日本機、テキサス平原のアメリカ機ともAタイプのみのようです。シベリア平原のソ連機の発射台は異なるよ [続きを読む]
  • <宇宙大戦争>戦闘ロケットソ連型
  • 『宇宙大戦争』の戦闘ロケットの続きです。戦闘ロケットには日米型とソ連型がありました。ソ連機はシベリア平原の基地に配備され、なんたら少佐(聞き取れなかった)率いる第一戦闘集団としてナタール迎撃に発進します。日米機がほぼまんまX-15であるのに対して、ソ連機はオリジナルのデルタ翼になってます。これです。残念ながら出番は短く発進シーンのみで、宇宙での戦闘シーンではソ連機の姿は見られません。モデリングしました [続きを読む]
  • <宇宙大戦争>戦闘ロケット日米型
  • リハビリのため、より複雑なモデリングに挑戦します。今回のテーマは『宇宙大戦争』(1959年)の戦闘ロケットです。『宇宙大戦争マーチ』が『シン・ゴジラ』の無人新幹線爆弾と無人在来線爆弾のシーンで流されたために突然注目された東宝特撮映画です。 戦闘ロケットは地球人が侵略者ナタール迎撃のため地球人が総力を挙げて急きょ量産した宇宙戦闘機です。デザインはほぼアメリカのXプレーンのX-15だったりします。ナタール人や [続きを読む]
  • <リハビリ>マックス号の観測用ロケット
  • 7月16日の超兵器R1号がやや寸詰まりだったので、モデリング画像を直しました。さて、リハビリは続きます。今回はマックス号に欠かせない搭載の観測用ロケットです。宇宙空間を漂うマックス号をウルトラホーク2号のフルハシ隊員が発見しました。フルハシはマックス号に着艦しますが、タケナカ参謀、アマギ隊員、ソガ隊員とともに悪いゴドラ星人に囚われてしまいます。ゴドラ星人はフルハシ隊員に化け、ウルトラホーク2号でウルトラ [続きを読む]
  • <リハビリ>マックス号
  • 今回は艦船モデリングのリハビリです。ウルトラセブン第4話『マックス号応答せよ』の大型原子力科学調査船マックス号を選びました。これです。秘密任務のためソガ隊員、アマギ隊員そしてタケナカ参謀が乗っていたマックス号は突如空に浮かび上がり、宇宙へと連れ去らわれます。地球侵略を狙うゴドラ星人の仕業でした。ウルトラ警備隊がマックス号の捜索のために海洋に注意を向けている隙に地球を征服してしまおうと云う恐るべき陰 [続きを読む]
  • <リハビリ>第四惑星人の地球侵略ロケット
  • リハビリです。すこし複雑なものをつくります。今回はウルトラセブン第43話『第四惑星の悪夢』に登場した第四惑星人の地球侵略ロケットです。といっても、よほどのウルトラセブンマニアでないと何だか分からんと思います。これです。ダン隊員とソガ隊員が乗る宇宙船スコーピオン号は第四惑星に不時着します。そこはロボットが人間を支配する悪夢の惑星でした。第四惑星では貴重なエネルギー源である人間があと500年で絶滅すると予 [続きを読む]
  • <リハビリ>スコーピオン号
  • ブランクでCDAの使い方を忘れたため簡単なモデリングでリハビリ中です。今回はウルトラセブンの第43話『第四惑星の悪夢』に登場したスコーピオン号です。スコーピオン号は地球が開発した有人恒星間高速ロケットです。ダン隊員とソガ隊員が搭乗して試験航行に飛び立ちました。ですが、何者かに誘導されてスコーピオン号は地球から約120万億キロ(ママ)離れた第四惑星に不時着します。そこはロボットが支配する悪夢の惑星でした。グ [続きを読む]