真栄パパ さん プロフィール

  •  
真栄パパさん: 習慣コンサ
ハンドル名真栄パパ さん
ブログタイトル習慣コンサ
ブログURLhttp://www.consadole.net/papa12/
サイト紹介文コンサドーレ命の中年ゆるサポによる備忘録的ブログです。トレカも集めています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供154回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2016/07/16 15:00

真栄パパ さんのブログ記事

  • 今日のスポーツ紙
  • 引き分けなので本来はやらないはずですが、1面のスポーツ紙があったので、紹介します。1面は道新スポーツ様。「執念ドロー札幌 ACL圏内へ勝ち点1差 クラブ初2年連続残留決定お預けも ジェイ弾!チャナ弾!2度追いついた!!」と前向きな見出しで、写真は2点目のゴールを決めたチャナティップと抱き合うジェイの姿でした。カミさんは「親子みたい」と言っておりました。裏1面はニッカンスポーツで「札幌残留お預け ジェ [続きを読む]
  • 勝ち点1
  • 何とも評価の難しい試合結果となりました。ルヴァン杯決勝進出で勢いに乗る湘南を相手に、お互いに特長を打ち出して攻め合い、2−2。第3者が見ると、純粋に面白い試合に思えたかもしれませんが。わがコンサドーレの問題点は立ち上がりからポゼッションで上回り、圧倒的に押しこみ何度も好機を演出しながら得点できなかったことに尽きるかと思います。決めるべき時に決めないと、前半終盤に湘南にワンチャンスを生かされ、本当に [続きを読む]
  • Jリーグ54クラブ巡礼
  • ひらちゃんこと、芸能界1のJリーグ通として知られる平畠啓史さんが初めての著書を出しました。その名も「平畠啓史Jリーグ54クラブ巡礼−ひらちゃん流Jリーグの楽しみ方−」(ヨシモトブックス)です。J1からJ3までの全クラブについて、1クラブ4ページずつ、各クラブの特徴を浮き彫りにするスタジアムやグルメ、イベント、寄り道など、おすすめを紹介するほか、各クラブへの愛情がこもったコラムが載っています。まだ読み [続きを読む]
  • 2019DAZN年間視聴パス
  • 先日の鳥栖戦の際に、クラブコンサドーレブースで「2019DAZN年間視聴パス」を購入してきました。DAZN(ダゾーン)にはJリーグ中継を始めた2017年から加入し、今季はクラブコンサドーレの更新の際に年間視聴パスを申し込みました。まだシーズンが終わらないうちに、来年の視聴パスとはあまりにも早い販売開始と思わざるをえませんが、購入金額の一部がクラブの強化費用としてクラブに還元されるとあっては、買うしかないで [続きを読む]
  • WCCFレジェンドカード
  • 前にWORLD CLUB Champion Football(WCCF)のJリーグカード第3弾を紹介しましたが、「WCCF 2017-2018 Ver.3.0」が9月から稼働を始めたそうで、Jリーグのレジェンド32人のカードが登場しました。何とわがコンサドーレからは野々村社長の選手時代が選ばれました。無事にヤフオクでゲットできました。野々村社長のカードが登場したのは6月に発売された「2018 Jリーグオフィシャルトレーディングカード」のレジェンドカード [続きを読む]
  • 尻すぼみ
  • うーん、横浜Mを相手に、とりわけ後半はあまり良いところなく、1−2で敗れました。主力3人が累積警告による出場停止でしたが、立ち上がりは4バック的な布陣で超攻撃的な横浜相手にほぼ互角に渡り合ったように見えました。オフサイドで幻となったチャナティップのゴールの後、汚名を返上するジェイのビューティフルゴールで先制したまでは非常に良かったと思います。ところが、相手FWと1対1の局面で菅があっさりと交わされ [続きを読む]
  • 鳥栖戦の収穫
  • 昨日の鳥栖戦は連敗を止め、勝ち点3を得たのが最大の収穫でした。都倉のPKについては「疑惑」として一部で話題になっているようで、録画を見る限り、ファウルを受けたのはペナルティーエリアの外のように見えます。そうであるならば、極めてラッキーだったと思います。これまでさんざん逆に不利なジャッジで勝ち点を失ってきました。今季もアウェイ・鹿島戦のハンド見逃しなどがありました。トータルで見て、フィフティフィフテ [続きを読む]
  • 今日のスポーツ紙
  • 昨日の興奮を伝えるスポーツ紙、今日も定期購読の道新スポーツ様以外の各紙をローソン様で大人買いしてきました。ただ1紙、1面を飾ったのは道新スポーツ様。「ロスタイム男 都倉弾で4位再浮上 ACL圏勝ち点1差追走 震災後初勝利『負けずに頑張りましょう』」とあり、写真はもちろんゴール後に雄叫びをあげる都倉。その手前にはいち早く祝福に駆けつけたものの転倒した菅野も写っています。2面にも「三好リーグ戦 待望初 [続きを読む]
  • 天国と地獄
  • いやー、疲れました。劇的な試合が終わると、2試合続けて応援したぐらい疲れ切っていました。わずか数分の間に天国と地獄を行き来したような気がしました。とにかく勝って良かった、それに尽きる1戦でした。試合終盤の89分になって、まさかの同点。つかみかけていた勝ち点3から2がこぼれ落ち、ここまで来てドローか、と落胆してしまいました。しかし、その後にドラマが待っていました。途中出場の都倉が自ら獲得したPKをゴ [続きを読む]
  • 土砂降り
  • 本当にひどい土砂降りでした。天皇杯4回戦は2−4で磐田に敗れ、16強で敗退です。あとは切り替えて、J1リーグ戦に集中しましょう。相手に先行を許すも、2度追いつく健闘も見せました。1点目はキムミンテからのロングボールがピンポイントクロスとなり、早坂がうまくトラップしてからのゴール。2点目も小野伸二のクロスから兵藤のヘッドで同点に追いつきました。しかし、この後、オウンゴールによる3失点目が響き、そして [続きを読む]
  • 鹿島戦の収穫
  • 昨日の鹿島戦は勝ち点を得ることはできませんでした。試合以外の収穫を記録しておきます。この日はJAL様による「北海道応援マッチ supported by JAL」。入場してすぐに正面にあった胆振東部地震の募金活動にささやかに協力しました。ちょうどコンサドールズの皆さんが募金を呼びかけていました。席を確保した後、最初に並んだのがあいプラン様。2019年のオリジナルカレンダーをいただきました。たくさん並べられた選手たちの [続きを読む]
  • 1枚上手でした
  • 鹿島は強かった。個々の力と組織力、いずれもさすがでした。今日は完全に封じ込められ、0−2という点差以上に完敗でした。1失点目は精度の高いピンポイントのクロスに、走り込んできた遠藤がうまく合わせ、敵ながらあっぱれな攻撃でした。これに対し、コンサドーレは惜しかった決定機は都倉のシーンぐらいでしたか。シュートが7本は少なすぎますし、うまくボールを前線に運べず、攻め手がなかなかありませんでした。試合巧者の [続きを読む]
  • 紀伊國屋にコラボグッズ
  • 先日(18日)、紀伊國屋書店オーロラタウン店に立ち寄ると、サッカー雑誌の並ぶ書棚の平台で赤黒いグッズが売っていました。7月21日にTVアニメ「ゴールデンカムイ」コラボマッチとして行われたホーム・磐田戦で販売されたコラボグッズでした。この試合の際はグッズ売り場に大変な行列ができていて並ぶのを断念したのでした。そこでとりあえず、欲しかった「ゴールデンカムイ」の主人公・杉元とアシリパのアクリルスタンドを [続きを読む]
  • 北海道150年ユニ
  • 今季、北海道命名150年 記念レプリカユニフォームが発売されました。シーズンを通して着るレプリカユニフォーム以外にこうした限定ユニが登場したのは、北海道新幹線が開業した2016年に出た20周年函館開催記念ユニフォーム以来でしょうか。個人的には大変欲しかったのですが、わずか数試合の着用では、わが家の財務省のカミさんにとても認められそうにありませんでした。毎年、レプリカユニを買うのさえ、やっとなのですから。そこ [続きを読む]
  • 新生シースペース
  • 震災を乗り越え、そして川崎戦の大敗のショックから皆さんは立ち直られたでしょうか。私はすっかり切り替えました。もう過ぎ去ったことは変えられないので、未来へ向いていきたいと思います。震災前の先日、新装なった丸井今井札幌本店様のクラブオフィシャルグッズショップ「シースペース」に行って来ました。これまで南館5階にあったのが、1条館9階に移り、8月29日にリモデルオープンしました。とにかくおしゃれな店に変わ [続きを読む]
  • 完敗…
  • 完敗でした…。試合開始とともに、北海道胆振東部地震の震災から立ち直るため、道民に勇気を与えようという選手たちの気持ちを感じました。しかし、序盤に3回あった決定機を一つでも決めていれば、また違う結果になったのでしょうが、ことごとく決められずにいると、川崎の術中にはまりました。自陣でのビルドアップからボールロストし、そしてショートカウンターからの失点を喫すると、地力に優る川崎の思うつぼの展開になってし [続きを読む]
  • 大地震&大停電
  • 皆さま、ご無事にお過ごしでしょうか。私が住む清田区は震度5強でした。木造3階建ての3階にある寝室で寝入っていたところ、揺れ出してすぐに目が覚め、激しい振動に心底、驚きました。60年生きてきてこれまでも震度5を経験したことがありますが、生涯最大の地震でした。「生きた心地がしない」というか、「もはや、わが人生もここまでか」と思ってしまいました。長い揺れが納まり、カミさんや愛犬の無事を確かめ、ホッとしま [続きを読む]
  • 神戸戦の収穫
  • 昨日の神戸戦は大勝利した試合のほかにも収穫が本当に多かったです。3万人超え確実と言われていたので、いつもより早く午前9時半過ぎに着いたのですが、すでに最先行入場の待機列も長くなっていました。この日は「サッポロビール☆presents 北海道命名150年記念マッチ supported by EZOCA・タカハシグループ」で、まず入場とともにクラップバナーをいただきました。要するにハリセンですね。これが結構、大きな音が鳴り、3万人 [続きを読む]
  • 今日のスポーツ紙
  • スポーツ4紙のうち、3紙が1面で大きく昨日の感動を伝え、1紙のみが裏1面でした。今朝、スポーツ紙を買いに最寄りのローソン様に行ったところ、すでに日刊スポーツは売り切れ。これはもしかすると、コンサドーレが1面だからかと思いながら、少し離れたローソン様に行くと、ありました。ニッカンは「都倉記録的弾 イニエスタ神戸撃破 日本人初J14戦連発 吉原並んだシーズン11点 クラブ最多通算71発 途中交代&退場W杯組 [続きを読む]
  • 祝!3連勝!!
  • 何とイニエスタ擁する神戸に3−1と勝ち、今季2度目の3連勝です!!確かにイニエスタはうまかったですね。相対する選手がなかなか間を詰められないというか、飛び込むと簡単にかわされる感じでした。運動量こそ少なめでしたが、テクニックはまだまだ健在のようです。ポドルスキとのコンビネーションも脅威でした。ただ、わがDF陣は粘り強い守備で2人を自由にさせず、3人がかりでイニエスタのボールを奪ったシーンもあり、よく [続きを読む]
  • 最終順位予想
  • 道内では昨日発売された「サッカーダイジェスト」9月13日号は、2018年シーズンのJ1&J2最終順位予想を特集してます。解説者やライターら30人が順位を予想していますが、わが北海道コンサドーレ札幌は7位でした。3位以上を予想した人はいませんでしたが、4位4人、5位6人、6位5人などと続き、全員が10位以上を予想していました!3月8日号の開幕前予想では、ぎりぎり降格圏外の15位でしたから、随分と上方 [続きを読む]
  • 今日のスポーツ紙
  • 今朝は早くスポーツ紙を読みたいと思い、先ほど、自転車で最寄りのローソン様に行って来ました。ところが、昨日は日○ムの清宮の本塁打があったとかで、1面は1紙もありませんでした。裏1面は日刊スポーツだけでした。「都倉最多タイ70発 バルデス並ぶ 自身初J1初10号 4位浮上」で、写真は試合終了後にビブスで応援に応える姿でした。道新スポーツ様は3面だったのですが、1面に出す場合とまったく同じ体裁で、下の広 [続きを読む]
  • 逆転で2連勝!
  • 2試合続けて逆転勝ちとは、かつて昇格してもすぐに降格を繰り返していたチームとは思えないほど成長をとげているのではないでしょうか。正直なところ、シュート数もそうですが、決定機の回数も明らかに堅守速攻スタイルの清水が上回っていました。うちはボール支配率は上回るものの、後ろで回していることが多く、思うようなビルドアップができませんでした。またも先制を許すも、フリーキックからオウンゴールに絡んだ宮澤がヘッ [続きを読む]
  • FC東京戦の収穫
  • 先日のFC東京戦は2点差をひっくり返す大逆転勝ちで大きな勝ち点3を得ましたが、試合以外も実りの多い1戦でした。この日は、ユニフォーム背中スポンサーのあいプラン様の「あいプランLOVE&THANKSマッチ」。入場時にかわいらしいオリジナルポーチがいただけました。本当に太っ腹です。すぐに並んだのがあいプラン様の大抽選会。1500人に当たるという太っ腹企画で、私の狙いはコンサドーレグッズである3等のあいぷらん様の [続きを読む]
  • 今日のスポーツ紙
  • 今日はスポーツ各紙を見て、昨日の大興奮の余韻に浸っておりました。何と4紙のうち、3紙が1面でした! 今季初めての快挙では。まずは日刊スポーツは「3発逆転!! ペトロ監督174勝 外国人最多J1 都倉弾!白井弾!!チャナV弾!!!」の大見出しで、写真は決勝ゴールのチャナティップと都倉です。道新スポーツ様も「チャナ劇弾 札幌大逆転 都倉弾から2点差ひっくり返した」と大きく、写真はゴール後のチャナティップと都倉の [続きを読む]