<西日本の放浪記> さん プロフィール

  •  
<西日本の放浪記>さん: <西日本の放浪記>
ハンドル名<西日本の放浪記> さん
ブログタイトル<西日本の放浪記>
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/2238ma
サイト紹介文西日本の隠れた名所と隠された秘密を・・ ・・・粗茶も出ませんが、楽しんでください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供130回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2016/07/16 18:24

<西日本の放浪記> さんのブログ記事

  • 炎天下の鮎釣りin勝浦川!?
  • 朝から空は晴れて、今日も暑そうです。下流域もキレイに掃除が出来て、8月末のような川になって来ました。横瀬に2台車が停まってました。それを見ながら、上勝町へ先客が三匹飼っているのを尻目に、残りから、一匹入れて、さて何処へ行こうか???囮屋さんの下は、竿が触れない程の人です。禁漁区は空いているんですが・・ネットに書くと批判されそうで、遠慮して、ちょっと空いてるポイントへ、養殖囮アユを走らせると、カミへ [続きを読む]
  • 3連休の勝浦川
  • 今日は土曜日で、3連休初日、朝10時半に出掛けて、知り合いがよく遊んでいる場所へ・・ぽちぽち川に入っている人を見かけます。ローソンでコーヒー買って飲みながら・・・前を走る車をみると、がまかつシールがよくわかります。後ろをついて行くと、「あれ??沼江に止まらない、稲葉に入らない、学校前も素通りで、どんどん下へ走ります。いつもよく今山で見かける車ですが・・・おかしいな〜??と、知り合いのポイントへ走り [続きを読む]
  • おとり鮎の購入と釣り場!?
  • 今年も、7月半ばで、鮎釣りが本番を迎え、川は先日の洪水で、掃除されて綺麗にアオサや沈殿泥が取れています。画像は、昨日pm1時過ぎの勝浦川上流部です。おとり屋さんへ寄った時は、数人いましたが。みなさんおとり鮎が、横になって寝るので、帰られたようです。貸切状態の川で、粘っている方がいました。しかし、20分ほど見てましたが・・・・・取り込みを見る事はありませんでした。昨日、朝起きると「はよう来て、おとり [続きを読む]
  • 炎天下の鮎の友釣り!?
  • 豪雨が治り、徳島県上勝町の勝浦川も水量は多いですが、新ゴケの準備も出来て、隠れていた鮎が少しずつ本流に帰って来ています。しかし、水量はいつもの二倍以上あります。でもこれくらいの流れは大丈夫です。こんな流れでも、吉野川ではドンドン登るので、勝浦川の流れはやさしいので、あゆはこの時とばかりに、上へ登っています。今日は、ポイント二箇所で、十四匹でした。サイズは20cm前後の一次放流の残り鮎です。これがデカ [続きを読む]
  • ネパール人の海釣り??
  • 昨日時間があって、港に行くと皆さん豆アジ釣りに、頑張っています。次々と連で釣れる豆アジ、サイズも一回りデカくなりました。しかし、唐揚げにすると、エラと銭が口に残るので、もう小生は豆アジは終わりです。そして、見学していると、ネパールから、入国管理事務所へ行っていたと、立ち寄ったネパール人、海にないネパールで釣る事は、不可能なので、まずは経験とばかりに、釣りをしていたおじさんがご指導です。仲良く並んで [続きを読む]
  • 海に行こうか?川に入ろうか??
  • 夏の暑さと入道雲、もう暑さがハンパないです。徳島県は、災害の被害も少なく、あとかたずけも見る間の終わり、後はお魚との勝負です。上勝町へ出かけてみると、キャンプ場前は、友釣りが7人いました。その後は、囮屋前で二人、製材前で2人、給食センター前に二人、そして、ポンプ小屋前に2人いました。キャンプ場前は見ている間に、3人が、各一匹かけてました。禁漁区前で、鮎が残りゴケを食んでいる姿が確認出来たので、これ [続きを読む]
  • 荒れ後の爆釣は??鮎の友釣りのポイント作り
  • 7月は一週間続いた雨のせいで、川はまだまだ澄んできません。昨日も稲葉を見に行きましたが。濁り水は、勢いよく流れています。いつもでしたら、もう川に入っても残りゴケを狙って釣れるのですが、これは入る気にもなれない状態です。そして、針のたくさん付いた仕掛けを流す、<転がし釣り>でアユを狙って川を上下する方を見つけましたが。Uターンして帰る時には居ませんでした。そりゃ今回は、転がしでも、アユがかかるのは、 [続きを読む]
  • 西日本大水害!?未曾有の水量、原因は??
  • 今日は、朝から、ミ~~ンミ〜ンガチャガチャ・・と一年ぶりに、ひときわ甲高く聞こえています。昨日、今年初めてセミが鳴きました。これで梅雨は開けたんですね。そして、勝浦川も、水量は多いですが、澄み始めています。なんと、一年分が、わずか5日ほどで降ったんですから、そりゃスゴイ水量です。しかし1000mmを越えても、持ちこたえた、徳島県の河川は素晴らしいです。台風には強いと言われてきた徳島県を改めて見直します [続きを読む]
  • 上勝町の勝浦川の様子!?
  • 昨日の続きですが、禁猟区下の大石回りは、こんな感じで、石が隠れていますが。あゆが泳ぐには問題ないでしょう。ココにはいつもは、デカイ石が点在してますが。今日は隠れています。しかし、鮎は泳ぐのにはちょうどいい流れです。水さえ澄んでくれば、出てくるようですね。そして殿川内周りは、八重地に比べて、濁りがキツイ感じです。ココは給食センターの上流ですが、右の淵で、生き残っていますから、水さえ澄めば言う事ないの [続きを読む]
  • 増水後の上勝町、勝浦川の様子
  • 夕方になって、雨が上がったので、ドライブとばかり、上勝町の勝浦川を見に行って来ました。ダム近くの、旧桜並木は、冬は水を貯めているのですが、夏は相変わらず流れています。そして、月が谷温泉キャンプ場前は、画像の感じで、水は駐車場には乗っていませんでした。本当なら、駐車場が、水浸しのはずですが、今回は、シトシトと止んだり降ったりなので、多い水も分散して流れた感じです。もちろん橋は、流れて両岸に引っ付いて [続きを読む]
  • 今日も雨の四国、氾濫危険水位に・・・!?
  • 台風から続く雨は、小休止しながら、延々と降り続いています。今日の勝浦川は、いつもしっかりと橋桁が見える星谷潜水橋が、今日はこんな感じです。いつ氾濫しても不思議ではない程に、増水しています。流石に昨日まで、鮎の転がし釣りをしていた人たちも見えません。そして、中洲のヨシも水の中に隠れています。昨日は少しスミかけてましたが、今日は一転泥濁りです。そして、山にはまだまだ雨の気配が漂っています。今回はこの増 [続きを読む]
  • 豪雨後の勝浦川in徳島
  • 今日も、シトシトと良く降りました。天井が敗れた様な降りかたですが・・・・夕方になって小休止!?川の状態は、沼江の囮屋さん前は、べた凪の流れに替わっています。昔は、この前と正面奥の細くなった所には、ごろた石の瀬が有ったのですが、上流からの土砂で、それがチャラ瀬になり、今日見ると、その瀬もわずかになっているので、水が引けば、ポイントは変わってしまったでしょうね。そして、変わると言えば、稲葉がころっと変 [続きを読む]
  • さて、川に行こうか海に行こうか・・!??
  • 増水で、川は濁流が流れていますが、明日の吉野川は、まだまだ濁流です。本来、雨が上がって、2〜3日は、濁流で、その後、笹濁りになり、水の濁りが取れますが。吉野川は、川が大きいので、約10日ほどかかります。しかし、川の小さい、鮎喰川や勝浦川では、数日で濁りが取れて、1週間で充分遊べます。画像は、今日の吉野川、大歩危付近です。濁流が確認できます。こんな時に、天気が回復すれば、海で遊ぶのも狙い目です。(ド [続きを読む]
  • 今日の勝浦川
  • 気になる台風7号の進路です。台風第7号 (プラピルーン)平成30年07月03日08時45分 発表の現在位置は、 存在地域五島市の南南西約130km中心位置北緯 31度40分(31.7度)東経 128度00分(128.0度) となっています。こん夜半には、四国に最大の影響ですか。しかし、日本海を通る台風は、四国への影響は案外少ないのが、通例です。そこで勝浦川を見に行くと、飯谷学校前はこんな感じで川幅いっぱいに流れています。そして、昨日のトッ [続きを読む]
  • 台風7号接近中!?その時、アユはどうするの???
  • 台風7号が接近中です。もちろん、残り梅雨と台風の影響で、川は増水が止まりません。画像は、少し水が出始めた勝浦川ですが、今日の川は、数倍の水かさになっています。同じ場所から撮りましたが、こんな感じです。徳島市内は、小雨がぱらつく程度ですが、上勝町は時折打つような雨が降ってきます。もちろん川も、それに合わせて増水が止まりません。いつもの数倍の増水です。細い支流も、水が濁っているので、川遊びは無理です。 [続きを読む]
  • 四国もこれで梅雨明けか??in勝浦川
  • 肌がべたつく今日のお天気ですが、数日の雨で、河川は濁りと増水で、鮎釣りは難しいです。今日の星谷は、一人居てました。沼江のおとり店前は、2台の車、そして、沖野には1台止まって、転がし釣りをしてました。画像は、前川の竹やぶ前ですが、あゆはここを通って上るので、いい型の鮎がここの激流ではよく掛かります。地元の方の友釣り場ですね。この瀬の肩は、竿釣り区なので、転がし釣りも出来ます。そして、今山の友釣り専用 [続きを読む]
  • 今年の鮎の相場は・・・??
  • 鮎釣りも佳境に入って来ましたが、これからは土用がくれなどで、友釣りは難しくなります。しかし、鮎相場が今年は異変を起こしています。例年だと8000円から12000円を付けるのに、今年は6000円をキープしています。例年に無い安値で6月が終わろうとしています。知り合い達は、市場への出荷規制をしていますが、それでも相場は上がりません。天然鮎の消費が減ったのでしょうか???今日は、その辺を含めてお散歩視察です。 [続きを読む]
  • 今日の友釣りはタイムリミット5時間!?
  • 今日はにわか雨のはずが良いお天気なので、お山へお出かけします。前回も書きましたが・・・この季節の鮎は成長期です。少しでも良い苔を食べて大きくなりたいですって、「お前はアユか??」という声が聞こえそうです(笑)トロ場では、苔が成長し難いので、鮎が止まりません。次の瀬尻で、エサを食みます。故に、鮎がいるポイントは、瀬尻に鮎が付いているので、そんな場所を探します。そしていつもの囮屋さんで、1匹のアユを買 [続きを読む]
  • 友釣り、序盤には、どこで遊ぶのか???
  • 昨日も、友人が行くと言うので、後から行ってみると、4匹掛けて、セットバラシが、一回で、3匹の釣果!?それでは、これからと囮アユを1匹買って、降りて行きます。隣にお邪魔して、5匹ほど掛けて友人の様子を見に行くと、掛かりが悪いと言って、声かけても口数が少〜〜い。数が取れないとボヤく、理由は、トロ場で釣っています。それが理由ですね。前半の鮎釣りは、一夜一瀬です。つまり一晩で、瀬を一つ登るのです。今日の爆 [続きを読む]
  • 徳島も晴天で、真夏日になって来ました。
  • 昨日は、朝8時に家を出て、知り合いを誘って、川へ入ります。しかし、小生は、眺めているだけで、知り合いの大名釣りにお付き合いです(笑)少し前から、「勝浦川どんなん??釣れよん??」と、川の情報を聞きにかかっていたので、同行してサービス営業??かな〜(笑)高齢になったので、同行者が居ないと出してくれないとの事なので、お付き合いです。下流の方は、増水がないので、川が死にかけて居ます。ゆえに釣れる場所は、 [続きを読む]
  • 徳島県 今日の勝浦川
  • 梅雨に入って、大雨が無いので、少し渇水気味になってきた勝浦川です。膝までしか無い流れは、鮎からも人がよく見えるので、川に立ち込めば、落ち着かず走り回って、かかりにくくなっています。昨日の稲場は、貸切状態でした。全体にも釣り人は少なく、小学校下に車二台、そして小学校前の潜水橋下に、一人見かけました。そして、稲場は、一人で、沼江には二人、ローソン前に二人でした。沼江の長瀬には小石が見え始める所がありま [続きを読む]
  • 解禁4日目の勝浦川
  • 雲早山の東斜面に水源があり、上流のから中流の勝浦町、(WIKI)下流の小松島市を経て、徳島市南部の紀伊水道に注ぐ全長49.6km、流域面積224平方km、流域人口2万6千人の河川という事で、川としては、中くらいですか。そうデカくないので、解禁後の土日曜日を挟むと、釣り荒れをしてしまい人気ポイントは釣り疲れで、鮎は掛からなくなります。昨日は全般的に釣り人は少なく、ガラガラに空いてました。昨日の稲場の4時の様子です。少 [続きを読む]
  • 今年の勝浦川の鮎は・・・
  • 6月15日に解禁した徳島県勝浦川の鮎釣りです。例年人気のポイントは竿の放列がみられます。放流鮎も例年より大きくて遊べますが・・・・放流が遅れたのか、それとも成長が遅いのか、背脂が残ってます。初日の中の2匹だけを持ち帰りして、初物ですから、お供えして食べてみると、背ヒレの下に、ゼリー状の塊が残っていました。これは養殖鮎の特長で、骨の周りに油が、ゼリー状になって巻いているのです。ですから、成りすましで [続きを読む]
  • 勝浦川の解禁!?
  • 四国は水の国、高知県の四万十川は、最後の清流と呼ばれて、有名ですが・・・・・全国の河川は、家庭排水の流入や下水整備の不整備から、その下水の混入などで、川は汚れるばかりです。そして、6月1日は全国の主要河川が鮎の解禁をしますが。個体が小さいからと、一部は時差解禁をする河川がありますが。勝浦川もそのうちの一つです。昨日15日に解禁しましたが。多い多い、釣り人の竿の放列は延々と上流上勝町から、下流の河口 [続きを読む]
  • 今日の獲物は、豆アジです。
  • 久方ぶりの快晴です。梅雨が明けたようにいいお天気で、それではとお出かけとばかりに、五時間ほど、ブロックの赤アミを買って、サビキ釣りです。この季節のアジは、お腹を絞って、内臓を出して、小麦粉をまぶして、素揚げにします。ちょっと塩などをふれば、一口サイズで、頭からパリパリ食べられます。しかし、豆アジの居る場所を、見つけるのが難しいですが。見つけるコツは、波止場などの先端ではなく、角っこなのです。小さな [続きを読む]