<西日本の放浪記> さん プロフィール

  •  
<西日本の放浪記>さん: <西日本の放浪記>
ハンドル名<西日本の放浪記> さん
ブログタイトル<西日本の放浪記>
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/2238ma
サイト紹介文西日本の隠れた名所と隠された秘密を・・ ・・・粗茶も出ませんが、楽しんでください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2016/07/16 18:24

<西日本の放浪記> さんのブログ記事

  • 今週のアオリイカ釣りin徳島県南
  • 朝起きると、お日様は燦々と輝き、天気予報と大違い!?釣りができるか!?とばかりに相談し、お昼ご飯もソコソコに、お出かけしました。釣り場は、どこにしようか??あちらこちらを見るが、どこも先客が居座っています。那佐湾も軽トラがいます。そこで、ABさんお気に入りのポイントへ、左岸へ到着すると、どちらも貸切、誰もいません。それではここでとばかりに、野猿の準備中に、女房が、「パパ釣れた・・!?」慌ててヤエン竿 [続きを読む]
  • 影の立役者・・・・・めちゃイケ!?
  • ネットを駆け巡るニュースには、フェイクニュースと呼ばれる、出所のはっきりしないニュースもたくさんありますが。今、噂されるのは、フジTVのめちゃイケ終了ニュースです。リンク先によれば、5%台と言う事ですから、局にとっては荷物でしかないでしょう。フジTVの人気番組は次々と消えています。それに伴って配信力の低下は、間違い無いですね。ネット社会と、スマホの台頭は、TV不要の憂き目を見そうな状態になりつつあります [続きを読む]
  • 徳島県南からの声!?
  • 秋風が吹き、肌寒くなってくると、増えてくるアオリイカ釣り師の姿、閑散としていた、美波町日和佐のエビス浜波止にも、連日車の横付けで、せっせと竿を立てる姿が見えますね。そして、先日、釣りから帰って、翌日、しりあいのTさんから電話がかかり、Yさんたち二人ずれが、22杯と18杯釣ったとの連絡でした。場所は、昔、阿南のアオリイカ釣り師がよく言っていた場所ですが。場所によって、成長中のアオリイカは、釣果にムラが [続きを読む]
  • 徳島県南のアオリイカ釣り!?
  • 昨日の、放流イカの画像です。寄せてきたところをパチリとしましたが。あれ?アオリイカがどれかわかりますか???正面下によく似た色がいてますが・・・これは違います。掛けたアオリイカは、横に長い小枝の、左側で手を上げて、エンペラを広げているのがイカさんです。引き抜いてから放流しました。そして、次の放流は、私が、釣り上げてからの画像です。これも放流です。チビアオリイカは、すでに触手が切れていました。下手な [続きを読む]
  • 今日の釣果・・・アオリイカ釣り!?
  • am9時過ぎに、燦々と降り注ぐお日様を見て、「おっ、今日は良い天気じゃ!?」と窓から眺めて、それでは釣りにでも、と思い立ち、現地には、お昼少し前に着き、餌を手に入れて、現場へ到着、時間が中途半端なので、こんなのを釣って遊びます。3時過ぎに、地合いとばかりに、青い友達を泳がせると・・・・「おっ、はや乗った!!」引いてくると、放されました。その後すぐに連続して乗って、それはゲットです。300gくらいの小 [続きを読む]
  • 連休最終日のえびす浜波止!?
  • 早いですね。3連休も、今日が最後と言うことで、県南のアオリイカを捜索に出かけました。あは、今回は、竿ナシです。画像は今日のお昼のえびす浜波止の様子です。ゆったりと皆さん場所をとって釣っていましたが。あたりはお昼には散発的だったようで、まったりとお昼寝をする方もいました。こちらも、一級ポイントで、常に誰かいますが・・・・・あれ?誰もいません。港口にも居ませんでしたから、案外当たりが少ないので、皆さん [続きを読む]
  • 満月前のアオリイカ釣り!?
  • 次々と、竿を下げて、エギ釣りのオンパレードです。しかも、皆さんそれぞれ、数杯をビニール袋に入れて、ぶら下げて帰ってます。月が出始めると、潮が動き始め、当たりは次々とあり、アジカンのアジがみるみる減っていきます。大きければ、500gくらいですから、先週より小さくなっています。ヤエンで2杯釣り上げましたが、3杯目は小さい100gサイズなので、お帰りいただきました。そして、それを含めて7杯、うち奥さんが4 [続きを読む]
  • 満月のアオリイカin徳島
  • 夕方の東の空に、月が姿を現しはじめました。毎年、これから、アオリイカに出撃の合図なのですが、先日友人の家に訪問して、釣り談義!?その後に、電話がかかり、タチウオが16本釣れたとの事、場所は、小松島港内だそうです。しかし2本サイズも混じっていたと言うので、昨夜は、タチウオに出撃、夕方5時少し回ってから、ぽちぽちと当たりが有り、5本の内1本はお帰りサイズ、4本で、8時前に終了して、お刺身と唐揚げにして [続きを読む]
  • 荒れ後のアオリイカ釣りin徳島県
  • 今シーズン、本格的出撃です。先日は、お試しプチ釣りで、1杯だったので、今日は、朝からお出かけして、目的地で居座りました。すると、お昼過ぎて、陽が陰る前ですが、竿を大きくしならせ、ドラグの逆転音がけたたましく鳴り、ラインが出る出る・・・見ていた友人が、すごい引きで〜??そして、大きく撓った竿を、こらえながら、巻き上げていきます。十数分のち、やっと寄ってきました。強烈な引きと、ラインが1.5号なので無理 [続きを読む]
  • 11月4日は満月です。
  • 日本を吹き荒れた、選挙と台風が吹き抜けて、秋晴れの空と荒れ後の強風、そして、風も懐に吹き抜けて、寒々とするようになってきました。こうなると、待ちに待った、アオリイカの季節です。タチウオも水温の低下で、底深くに潜りました。海が凪いでくると、沖へ出ていくでしょうね。あたりも小さく取りにくくなってきます。アオリイカは最適水温になり、捕食の様子が見られるのも、この季節です。港周辺の汽水域で、じっくり観察す [続きを読む]
  • 台風21号の進路は・・・!?
  • 強さ非常に強い存在地域南大東島の南南東約350km中心位置北緯 22度50分(22.8度)東経 132度10分(132.2度)中心気圧925hPa中心付近の最大風速50m/s(95kt)最大瞬間風速70m/s(135kt) 台風21号の現在位置と風力です。 はてさて、衆議院選挙の投票には、台風直接の影響は、少ないですが、太平洋にある停滞前線の影響が、雨を降らせていますね。例年に比べて、今年は海水温の低下が遅いです。しかも、黒潮は、蛇行し、足摺岬から、 [続きを読む]
  • 徳島の歴史と現実!?
  • 画像は、第五管区海上保安庁小松島署の風景ですが。昔は、よしのの接岸岸壁は、南海フェリーそして、いぶきの着岸岸壁は、関西汽船の岸壁でした。太平洋戦争終結後、「阿波国共同汽船」は戦時中に関西汽船へと運行移管していた阿摂航路の返還を要求して受諾される。その結果、大阪 - 小松島航路は当社あきつ丸(1,038トン)と関西汽船の太平丸(966トン)、おとわ丸(910トン)、山水丸(822トン)との共同運航、そして同航路 [続きを読む]
  • 水温低下とともに、釣れにくくなるタチウオ!?
  • 今日から、雲行きが怪しくなってきた四国の空、時折、秋雨の降る天気です。朝、10時に、知り合いに電話すると、囮屋さんも終了で、囮鮎がないとの返事!?それでは出番とばかりに、出かけまして、知り合いのいる場所へ行きますと、囮鮎が取れないから友釣りが出来ないと、転がし釣りをしています。仕掛けを見て、欠点を指摘し、仕掛けを修正すると、かかりましたが小さい、その後次は良いサイズが来て、まずは友釣りが出来ます。 [続きを読む]
  • 徳島のタチウオ釣り!?
  • コスモスが咲き、山里は深まる秋を感じさせます。連日暑い日差しを、感じながら、川で魚たちと戯れた方達も、もう姿を消してどこへ行ったのか・・・!?そこであちらこちらの波止や港を巡ってみると、小松島港、旧連絡線乗り場に、たむろする人たち、そして、しおさい公園で竿を出す釣りし、豆アジ釣りやタチウオ釣りに興じています。昨夜、ぐる〜と回ってみると、赤石埠頭の人数が一番多かったです。広い埠頭が、数十台の車で埋ま [続きを読む]
  • 徳島のタチウオ釣り!?
  • 連日賑わった、川の鮎釣りも、鮎が子供を持って変色し始めたので、釣り師の姿も消えて、寂しくなりました。しかし、その分、水温低下とともに、澄み切った水が、とうとうと流れています。時折、浮き上がって泳ぐ鮎の姿も見えますが、全盛期のように、反転してコケをついばむ行動はしません。もすぐ河口へ流れていくんですかね。寂しい人生いや、魚の一生です。そして、川を後にして、お気に入りポイントへお出かけです。3時過ぎに [続きを読む]
  • 勝浦川・・晩秋の鮎釣り!?
  • 水温の低下で、澄み切った流れが、川面に、雲を写して流れます。あと僅かで、禁漁になる徳島県二級河川 勝浦川の日曜日の様子です。車で流していると、知ってる方が居たので、覗いてみると、すでに17匹を釣ってました。まだ時間は13時ですから、20匹は超えるでしょうね。見ている時にも、次々と掛けていきます。そして、腹がパンパンに膨らんで、黄色く色づいて居ます。川面を眺めていると、明らかにメスの鮎が、大きな魚体 [続きを読む]
  • 赤松神社奉納吹筒花火とは!?
  • 毎年、体育の日の前日の夜、行われる伝統火祭り!?赤松神社の吹筒花火が行われます。 昨夜が、その花火の日に当たります。昨年、見損なっていたので、そして、ポスターを見ていたので、今日は、早くからお出かけです。トップ画像は、降り注ぐ火を、あびながら、「できたん どしたん!」と叫び回る若衆です。花火は地元保存会の手作り花火、・・・もちろん花火屋ではないので、時折、失敗もあります。火が立ち上ると、歓声と時には [続きを読む]
  • 月夜のタチウオ釣り!?
  • あっ、画像を間違ってますが。幸福実現党のパンフです。そうそう、忘れるところでした。タチウオ釣りですが。夕方、先日のポイントへ出撃です。先においでた方は、帰ると場所を空けてくださって、定位置に鎮座して、4時少し回ったところで、まずは一つ、おかえりサイズです。そして、電ケミをつけると、当たる当たるで、二人は大忙しです。特に私は餌つけ係ですから、二人ぶんの餌をつけて、自分の釣りもするで、やりきれません。 [続きを読む]
  • 名月のタチウオ釣りin徳島
  • 夕暮れの東の空に登り始めた中秋の名月、シュチェーションは、申し分ありませんが・・こんな時は、案外、釣れないんですね。電ケミの明かりが見え始めた頃、当たりが有り、まずは二本サイズ、その後も同じサイズなので、お帰りいただき・・ぽちぽちある当たりも小さく、風波に当たりが見えないほどです。爆風に、ここではダメだと、エラが取れた一本を持って、場所を変更、マル秘ポイントへ移動です。かぜは、左からですが、覆いが [続きを読む]
  • 中秋の名月・・10月4日
  • 今日は、<中秋の名月>そして、満月は、10月6日です。満月でないのに・・??と感じる人は多いでしょうね。そこで、理解しましょう。国立天文台の説明です。暦の旧暦をご存知の方は多いですね。月の満ち引きは、旧暦にて表示されています。その数え方は、太陰太陽暦では、新月(朔)の瞬間を含む日が「1日」となります。中秋の名月は、太陰太陽暦の8月15日の夜に見える月のことを指します。上の図のように、今回は新月の瞬間を [続きを読む]
  • 今日は雨ですが・・・
  • 勝浦川の鮎釣りも終盤を迎えて、友釣り師の姿もめっきりと減りました。午前中は水温が下がり、陽が当たるお昼から先には、少し掛かりますが。これがまた難しいのですね。追いが悪くて誘ってやっと追いかけるが、針がかりしないで、竿が伸びきると、「コツン!」「おっ、キタキタ!・うわ!!!」竿が伸びきっているので、溜める事ができずに、「プツン!」虚しい音が響くことが、よくあるのがこの季節です。防ぐのは、常に竿をのし [続きを読む]
  • 富栄養化・・赤潮
  • 川も終盤を迎えて、昨日知り合いのKさんから電話が来て、「おい、卵パンパンの鮎食べた、うまかった!?これからは、イカに出かけるわ!?」と言う事です。そして、海を見に行くと、「あれ??」海の水の色が気に入りません。黒い水が大量に流れ込んでいます。小松島港でも、見かけましたが・・赤潮になる前の富栄養化の状態です。このまま雨が降らないと、赤潮が出て来ますね。(リンク先はWiki)一雨欲しい海と濁りが取れていない [続きを読む]
  • 川から海へ・・・フィールドが・・・!?
  • お昼から、川を覗くつもりが、足は海へと向かいまして、小松島港へ着いて、竿を出します。人は少なく、パラパラです。タチウオの疑似餌を投げて、ルアーを楽しんでいる方もいます。昼間でも当たりがあるんですね。今が一番活性が高いようですが・・・今年は魚体が小さくあまり楽しめませんね。先日釣れたところも、二匹しか釣れず、場所を港内の一番奥へ行くと、「うわ!?」赤潮の寸前です、黒く濁った炭を混ぜたような水が、少し [続きを読む]
  • 日本の秋は美しい!?
  • 画像は、昨日見かけた、運動会風景です。徳島のゆるキャラ<すだちくん>が、すだちくん音頭を、踊っていたので、パチリとしました。これから至る所で見かける運動会風景、日本の秋ですが。すだちくんは公務員!?日曜出勤ですが頑張りますね。これから当分は日曜出勤ですか、お疲れ様って言いたいですね。そして川には、友釣りの釣り師が消えて、転がし釣りの人達が出かけています。しかし、今年はおかしいです。「何が???」と [続きを読む]
  • 小松島港の釣り!?
  • 小松島港の周辺は、神田瀬川からの湧き水と外からの海水の入る汽水域です。その為、魚種は豊富で、この時期が来ると、チヌ(黒鯛)キビレ、豆アジ、マンタ、コチ、ヒラメ、サゴシ(サワラ)、グレ(メジナ)、ボラ、ジンダイ(ヒイラギ)小イサギ、さば、イワシ、ダツ、サヨリ、と数え切れないほどの魚が釣れますが。どれも可能性があるのはサビキ釣りですか。サビキ釣りは、疑似餌で釣るし、コマセを撒くので、寄せて釣る万能です [続きを読む]